fc2ブログ

2019-07-02

2019年上半期 4位~10位

2011年、震災の年に次ぐ指標の低さ。。

10 Oh No 懊悩/ハルウララ こぶしファクトリー 33.7
懊悩はファンキーなポップ。ハルウララは恋心を描いたミディアムナンバー。
5月、中野で魂の籠った素晴らしいライブを見せてくれた。
3人もの脱退がありましたが、今が円熟の時を迎えていると思います。
せっかくだからロックナンバーをシングルに持ってきてほしい

9 ADAMAS / 赤い罠(Who loves it?) LiSA 35.5
2018年26位
昨年12月にリリースしたLiSAが年を跨いで入った。
力強いロックナンバーで、ライブ映えもばっちり。Cメロが大好きです。
ただ、肝のライブがほぼ同じ演出・セトリが続いており、前ほどワクワクしなくなっているのも事実。
大黒柱、フェスシーズンで巻き返してほしい!

8 マスターピース/まばたき SCANDAL 36.9
独立レーベルに移籍後、初のシングル。
2016年のテイクミーアウト以来のランクインでした。
もう10年を超えたベテラン、ライブアクトも素晴らしかったです。

7 三回目のデート神話/ふわり、恋時計 つばきファクトリー 37.3
2年目は確かな勢いで素晴らしい1年だったつばきファクトリー。
中島卓偉さん、児玉雨子さんを起用してなじみやすい1曲でした。
「ハロプロは3年目に失速する」というジンクスを払拭してくれる1枚でした。
…が、リリース後は例にもれずメンバーのアクシデントで失速気味。リリースペースも鈍くなる。
どうしてこうなるんだろう。

6 Lemon 米津玄師 40.0
2018年35位
2018年の大ヒット作ですが、紅白を経て更に加熱。驚異的なDW数を記録しています。
改めて聞くと、気持ちにすーっと入ってくる声と歌詞。超名曲です。
年始から再び跳ねて、2019年も入りました。

5 マリーゴールド あいみょん 44.4
2018年103位
米津玄師と並び、若手の超ホープ。
2018年の曲ですが、今でも有線で流れ続けています。

4 名もなきヒーロー 9mm Parabellum Bullet 46.5
15周年を迎えた9mmの配信シングル。
9mmらしい、スピード感ある1曲でした。珍しく応援ソングとなっていて、少し新鮮。
滝sなんもギターに復帰し、ライブが待ち遠しい。
スポンサーサイト



2019-07-02

2019年上半期 11位~30位

2019年もこの時期になりました。
世の中の流れも変わり、CD媒体でのリリースが激減。配信シングルが中心になってきました。
CDを売る時代から、フェスや単独ライブ…パフォーマンスを売る時代へと変わりました。
それに伴い、以前のような年間に何回も新曲を出すことは少なくなってきてます。

この形式もオリコンと似たイメージで始めているので、母数が少なくなってきたことに伴い、急激な低指標化を避けられず。
時代の流れとしては全く不満も異論も無いですけどね。やっぱり耳だけで聞くよりも、目と耳と身体で音楽を聴いた方が楽しいし。

イベントが付帯しているアイドル、アニメ系が必然として多くなってきました。もともとだけど、更に。
それでは、今年は規模を縮小して。

30 ブギウギLOVE / 恋はマグネット / ランラルン~あなたに夢中~ カントリー・ガールズ 13.0
29 咲かせや咲かせ EGOIST 14.0
28 BUBBLE-GUM MAGIC KEYTALK 14.2
27 泣けないぜ…共感詐欺 / Uraha=Lover / 君だけじゃないさ…Friends(2018アコースティックVer.) アンジュルム 15.0
26 バケノカワ ポルカドットスティングレイ 15.8


低指標化に伴い、過去曲が上がるとすぐ上位に入っていています。
EGOISTは伸びなかった。

25 待てないアフターファイブ / 傘を差す先輩 カントリー・ガールズ 16.8
24 Good Job!! WANIMA 16.9
22 レイメイ さユり×MY FIRST STORY 18.4
22 ハグルマ KANA-BOON 18.4
21 Remember Me MAN WITH A MISSION 18.5


バンドが多いですね。
さユりは移籍、KANA-BOONは諸問題で活動が危ぶまれてしまい…2019年はそんな心配も重なってます。
カントリーはバスツアー…梁川さん卒業の影響ですね。

20 人生Blues/青春Night モーニング娘。'19 19.0
19 Face My Fears 宇多田ヒカル 19.6
18 書いては消しての"I Love You" カントリー・ガールズ 19.7
17 トウキョウ・コンフュージョン/宇宙の女は甘くない PINK CRES. 19.9
16 ZIPANG HYDE 22.5


モーニングは僅か2週で入った。令和の時代に、昭和っぽいブルース。妙にツボに入りました。
宇多田ヒカルはキングダムハーツにて新曲もリリース。
カントリーは上記と同じく、バスツアー+梁川さん引退による再浮上です。
PINK CRES.はこれが1stシングル。伝説を残した、Buono!メンバーの1人、夏焼雅が所属するユニット。
K-POPを取り入れており、自分には少し合わない路線ですが…今回は妙な中毒性があります。
HYDEは今年精力的。

15 微炭酸 / ポツリと / Good bye&Good luck! Juice=Juice 23.0
14 会いたい、会いたい、会えない Kinki Kids 23.7
13 ハルノヒ あいみょん 25.4
12 Rain 亀梨和也 29.0
11 黒い羊 欅坂46 33.1


最近好きなミュージシャン、山崎あおいさんが手がけたJuice。こちらはJuiceとしての梁川ラストシングル。たくさん聞いたこともあり、伸びました。
Kinki
あいみょんは昨年より大ブレーク。こちらはアニメ主題歌にもなり、順当に入った。
亀梨ソロシングルは野球テーマ曲がとてもツボでした。
黒い羊は最初聞いてても良かった…
プロフィール

あるせす

Author:あるせす
とりあえず気になったらコンサートに行ってみよう
という趣味

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる