fc2ブログ

2016-12-28

2016年年間4位~10位

やっぱり現状の四天王は強いです。
安定感が違う。

10 永すぎた春 / ハイパーリアリスト パスピエ 61.3
下半期4位
永すぎた春はマーチのようなアレンジが印象的な、風情や和を感じさせる1曲。
「永すぎた春よ 四分の一の永遠よ」「等身大の自分なんてどこにもいなかった」
皮肉というか、少し儚い歌詞も、パスピエの曲の中ではあまり無かった。
聞けば聞くほど味が出てくる、面白い1曲です。
ハイパーリアリストは、「フェスでやりたい」というように、分かりやすい1曲。
その中でもパスピエらしく、ねじったようなシンセが印象的です。
2曲とも、というか今年のパスピエに言えることだけれども、リリースする全てがそれぞれテーマや世界観が違って
飽きず、楽しみに曲を聴くことができました。

9 魔法って言っていいかな? 平井堅 61.8
上半期41位 下半期9位
パナソニック4KカメラCM曲
平井さんは久々に入ってきた。
綾瀬はるか出演のCM曲としてオンエア、優しいメロディと歌声で
しんみりと染みるミディアムナンバー。衰えない、優しい声です!
6月末リリース、下半期も長く聞き続け、なんと2003年のLife is...以来、13年ぶりの10位入り!

8 何故 人は争うんだろう? / Summer Wind / 人生はSTEP! ℃-ute 64.6
上半期5位
アルバムリリース後に出した、℃-ute16年初のシングル。
何故~は矢島美容室のような衣装と、明るめのミディアムナンバー。
サマーウィンドも恋心を描いたミディアムナンバー。
STEPはジャズ色の強いナンバーです。自分はこれが1番好み。
℃-uteにしか歌えない曲、に面白みを感じる自分としてはこれに惹かれる。
しかし…3曲とも流し打ちで進塁打を狙ったような曲たち。インパクト小さく、前作より40近く指数を落とすことに。

7 KNOW KNOW KNOW DOES 66.2
上半期4位
アニメ「銀魂」OP
DOESの1年ぶりのシングル!彼ららしい、疾走感ある和風ロックが届きました。
タイアップのこともあり、特に力が入っている印象。2番Aメロで鈴が鳴るところとか。
Cメロからの盛り上がりといい、ひたすらにかっこいい!
DOESはずーーっと好きだけど、特に好きなのはケーサクさんのドラム。
DOESと出会ってから色んなバンドを見たけど、やっぱり彼らは唯一無二です。
それだけに…活動休止は非常に残念。バンドに再び興味を持てたのも
彼らのおかげと言っても過言ではない。10年間、お疲れ様でした。

6 夢幻クライマックス / 愛はまるで静電気 / Singing~あの頃のように~ ℃-ute 68.5
下半期3位
解散発表後、℃-ute初のシングル。
夢幻クライマックスはシンガーソングライダーの大森靖子さんが手がけた。
伴奏の連弾と、それに合わせた流れるようなフリが印象的。
大人になった℃-uteと高いスキルを見せてくれます。
愛はまるで静電気は久々に可愛らしさを前面に押し出した1曲。
ラストで上にハモる愛理はさすが。愛理の存在が最大の差別化。
個人的にはBメロがポップで可愛らしくで好き。
Singingは歌詞で魅せる曲。12年という歴史があってこそ。
大人になった姿、昔のように可愛らしい姿、そして歴史を振り返る姿。
多様な顔を持つ℃-uteをしっかり楽しめる3曲です。
近年最高の高レベル月となった11月。その11月を制した1枚となりました。

5 ヨアケマエ パスピエ 78.5
上半期3位
今年も絶好調パスピエ!第一弾シングルです。
相変わらず言葉遊びが面白い。革命・格言・宿命の韻踏みや、やや皮肉めいた歌詞。
少し中世的な、そして最後の晩餐のような不思議な情景が思い浮かびます。
曲終わりのギターアレンジがまた情緒的です。
昨年は「トキノワ」が4位、「裏の裏」が7位、そして今作も5位。非常に高いアベレージ。
今年は確固たる柱の1つとして、リリースにライブなど活動してくれて本当に嬉しい。
来季はさらなる期待をしてみたいです。

4 Survivor BLUE ENCOUNT 81.9
上半期2位
アニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」OP
パスピエと並び、確固たる柱になってくれたブルエンが自己最高の4位!
イントロのスラップ効いてるベースがもう既にかっこいい。
2番Bメロが特に好きです。虎視眈々たん
カップリングのHOPEも同じく疾走感とギターが走るロックナンバー。
2曲とも大満足の、素晴らしい1枚でした。
「はじまり」もリリースし、上半期は2枚。下期も2枚。
凄いリリースペースです。間違いなく、今年の主役でした!
スポンサーサイト



2016-12-24

2016年年間11位~20位

20 インフェルノ 9mm Parabellum Ballet 46.3
下半期13位
2分にも満たない、超攻撃的な1曲!
イントロから畳みかけるようなアレンジに驚き。
再生時間を感じさせない、濃厚な100秒となっています。
そして、ギターの滝さんが体調不良で無期限の活動休止に。
あのギターがかっこよかっただけに、非常に残念です。。

19 サンバ!こぶしジャネイロ / バッチ来い青春! / オラはにんきもの こぶしファクトリー 46.7
下半期12位
夏にリリースされた、こぶしファクトリー3rdシングル。
「サンバ!」は五輪にあやかったお祭りソング。個人的にはベタすぎてあんまり…。
「バッチ来い青春!」はとても面白い。甲子園の歌詞に載せながら、昭和のブルース風に作られています。
合いの手、フリ…こぶしらしい、たくさン詰め込んでくれてます。
「オラはにんきもの」はクレヨンしんちゃんのカバー。
スカを前面に押し出したアレンジとなっていてとても気持ちいい。完成度高いと思います。
前作の勢いの中でのリリースを考えると物足りないけど、今年のこぶしは楽しませ続けてくれた!

18 DIP-BAP THE ORAL CIGARETTES 46.8
下半期11位
CDTVオープニング
ORALの声帯ポリープから復帰第1弾シングル。
ORALと言えばSTARGETや狂乱HeyKids!のような、リードギターが暴れる曲が強かったけど
今回は山中さんの「オオオオ…」と静かに暗く始まる。
重低音が響く骨のある演奏、ダークだけどキャッチーな世界観。
そして何かを訴えてくるような魂のボーカルがこの曲に込められています。
夏フェスから聞き、秋から最終週までずーっと入り続けました。
今年は下半期より大躍進のORALでした。
売れ線と思いきや、妖しい魅力を感じました。来期は柱候補として!

17 だいじょうぶ BLUE ENCOUNT 47.3
下半期10位
波にのるブルエン、8月で3枚目のシングル!
ジャケットは有名書道家、武田双雲さんがやってくれたり、やっぱ売れてるんだなって。
何度も聞いているとAメロ→Bメロの流れが綺麗だったり
どんどん味が出てきました。みんなで歌えるのもいいね。
夏にリリースも、初動は伸びなかったけどじわじわと上げてきました。

16 LAST HERO BLUE ENCOUNT 51.1
下半期8位
ドラマ「ラストコップ」主題歌
ブルエンが続いていきます!
初のドラマ主題歌ということで、物凄くキャッチー。サビは特に1回聞いたら覚えられるのでは。
初聴は凄く良いと思ったけど…なかなか続かなかった。
とはいえ、11月末リリースで僅か4週で16位。地力は違う。
来年はもう少し基準値が上がってほしい。

15 人生はすばらしい ジャニーズWEST 53.0
下半期7位
アニメ「逆転裁判」OP曲
初登場になったジャニーズWEST!!!
底抜けに明るい歌詞と弦楽器、そしてチュルチュルいってる面白いアレンジ。
メロディも捻りを入れない、分かりやすいポップスに。
超シンプルなんですが、多様化した現代の音楽の中で
こういう曲が逆に際立ったりするんですよね。
8月にリリースされ、こぶしとともに高い推移で支えてくれました。
来年は…曲次第かなぁ。

14 メーデー パスピエ 53.7
下半期6位
パスピエとしては異例の、2016年3枚目のシングル!ハイペースです。
本人たちは「ライブで演奏していることを意識」して書いたよう。
間奏の不協和音といい、相変わらず予想の斜め上の
ただパスピエ独特な中毒性が足りなく、やや平均より劣る形になる。
カップリングの月眩は面白かったんだけど…
11月末のリリース、僅か4週の集計で14位。同発のブルエン「LAST HERO」とともに年末を彩ってくれました。

13 So…Start ROTTENGRAFFTY 56.1
下半期5位
アルバム販売停止等、紆余曲折の直後のリリースとなったロットン。
シングル自体は久々のリリースになります。
ロットンらしい、電子音とヘビーなサウンドを融合、転調を繰り返しながらも
キャッチーなメロディで聞きやすく、洗練された1曲となっています。
D.A.N.C.Eに近い構成でしょうか。
今まで以上に歌詞に熱が入っている印象で、年間1位の人たちの爆走を阻止した1枚になりました。

12 Wings Flap L'Arc~en~Ciel 57.9
上半期7位
ひっさびさすぎる!約2年ぶり?ラルクの新曲。
作曲はkenとhydeの共作です。
イントロの瞬間、caress of venusを思わせるような爽やかさ。
ゆったりとしたサビの入り、ファルセットで描く情緒的な雰囲気。
歌で世界観を作る上手さというか凄さは…ラルクがナンバーワンだと思います。
私にとって歴代2位のラルク。出してくれて本当に嬉しい。

11 次々続々 / 糸島Distance / 恋ならとっくに始まってる アンジュルム 60.7
上半期6位
15年年末から吹き荒れたアンジュルム旋風は16年上期も続いた。
次々続々は打ち込みが目立つダンスナンバー。そして言葉遊びが凄く面白い。
糸島と恋なら~は歌謡曲系。ハロっぽいですね。
3曲とも生で見て、丁寧な演出でさらに数字を挙げていきました。
今回で田村芽実が最後のシングルに。1番見てきた人なので寂しいところ。
全員が120%の力で、闘争のオーラを纏っているように見えたこの半年。
少し、落ち着きが見えてきてしまった印象。

2016-12-24

2016年年間21位~30位

やっぱり近年はフェス組みがこのあたりから入ってきますね。

30 裸足でSummer 乃木坂46 33.0
下半期18位
すっかり強い乃木坂。夏に発売されました。
今までの乃木坂は昭和歌謡曲のような覚えやすい曲を
全員の透き通り安くした歌声で紡いでいきましたが
この曲は台詞が長かったり、急に現代風にアレンジ変えてきた。
それでも乃木坂らしい爽やかさは残っており、面白い1曲です。

29 ハルジオンが咲く頃 乃木坂46 33.9
上半期11位
スマホアプリ『sizebook』CMソング
allfuz『乃木恋〜坂道の下で、あの日僕は恋をした〜』CMソング
乃木坂の第1弾シングル。CMで大量オンエアしていました。
この曲もクセを無くし透明感でるように声を統一し、雰囲気つくりを徹底しています。
「何度目の青空か?」で14年に躍進後、15年は歌手別9位。
そして今年の上期もこの曲があり、良い流れでターン。
ここまで清楚?ふわふわした雰囲気造りを徹底していると非常に好感持てます。

28 アンテナラスト 10-FEET 33.9
下半期17位
4年8ヶ月ぶりとなった、フェスの帝王・10-FEETのシングル!
フェスではお祭り番長のイメージが強いですが、今作は何かを訴えかけるようなソウルフルなミディアムナンバー。
それでも常に何かを伝え続けてくれる、彼ららしい1曲だと思います。
夏、彼らを見る機会が多く、その時期に発売された曲はしっかりと数値を伸ばしました。
また来年もリリースしてくれると嬉しいな。

26 KABANERI OF THE IRON FORTRESS EGOIST 34.9
上半期11位
アニメ「甲鉄城のカバネリ」OP
今年も精力的に活動するEGOIST!作詞作曲はもちろんsupercelのryoさん。
アニメのイメージ通り、ダークでギラギラした重厚なサウンドになっています。
その中でも聞きやすさが残るのはさすがryoさん。
やっぱり打ち込み重視になるEGOISTよりも、バンドサウンドのsupercellの方が好みなんですよね。。
リリースしたばかりで27位はさすがなのですが、かつてBuono!と唯一肩を並べたsupercell。
ハマった時はこんなレベルじゃない。

26 5150 THE ORAL CIGARETTES 34.9
下半期16位
今年最も躍進したと言っていい、ORAL!
読み方は「ファイブ・ワン・ファイブ・オー」
キレ味抜群のリードギターが今回も目立ちます。
ちょっと綺麗にまとまりすぎてるというか、妖絶さが物足りず、前作よりは勢いが控えめ。
11月のリリースから年末まで入り続けました。

25 薔薇と太陽 Kinki Kids 39.1
下半期15位
「大人になった硝子の少年」というテーマの元、イエモンの吉井和哉さんが手がけた1曲。
ステージを半分に割り、光一君はダンスを、剛君はギターを。
2人の個性を存分に出しています。
第一印象は絶妙に力を抜いているところ。
Hey!みんな元気かい?からやってたけど、Kinkiは応援ソングとかでも上手く肩の力抜いて届けてくれる。
他の人たちにはできない特長だと思います。そこがたまらなくかっこいい。
Kinkiは歴代4位の実績。来年には3位に上がるかも。偉大な人たちです!

24 I seek / Daylight 嵐 39.2
上半期10位
ドラマ「世界一難しい恋」主題歌
ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」主題歌
I seekは大野君主演の月9ドラマということで
恋愛の難しい感情を明るく歌ってます。Love so sweet系ですね。
Daylightは…サクラップキター!
クールなナンバーになっています。truth系かな。
もう嵐についてはほんと言うことないです。いきものがかりやゆずと同じ感じ。
長年ずーーっと最前線でいてくれることに感謝です。
…特に嵐は安定感がやばい

23 ラストシーン / ぼくらのゆめ いきものがかり 40.3
下半期14位
映画「四月は君の嘘」主題歌
日本コカ・コーラ「爽健美茶」2016年度キャンペーンソング
いきものがかりらしい、綺麗なミディアムナンバーとなっています。
あまり特筆点はないけれど、聞くだけで落ち着けるというか。
いきものがかりのリリースはこの1枚のみ。
物足りないシーズンとなりましたが、何も心配していません!

22 ブギウギLOVE / 恋はマグネット / ランラルン~あなたに夢中~ カントリー・ガールズ 42.5
上半期9位
2年目(13年目)のカントリー、自己最高の指数で22位入り!
ブギウギLOVEはジャズテイストの1曲。
アイドルに特化しながら、謙虚にスキルを磨く7人は違和感無く歌い上げます。
恋はマグネットはサビのファルセットでふわふわしたイメージが出る歌謡曲テイスト。
ランラルンはマツコの知らない世界です…。
まったく現場では見ていないんだけど、リリースした3作全てが上位に入っているというアベレージの高さ。
好みはどうであれ、徹底的に変化球を投げていくスタンス。このブレなさは好きです。

21 はじまり BLUE ENCOUNT 43.4
上半期8位
「全国高校サッカー2016」応援ソング
昨年は2枚のリリースながら、歌手別7位にまで上ったブルエン!
年始にリリースされた、ブルエンシングル初のミディアムナンバー。
全国サッカー応援歌ということで、熱い気持ちを歌に乗せられる田辺さんの歌がぴったり。
個人的に気に入ったのはカップリングの「AI」。
テンポと疾走感がとても気持ち良い!

2016-12-24

2016年年間31位~40位

こう見ると今年は上半期よりも下半期の方がアベレージ遥かに高いんですね。

40 Hello To The World 家入レオ 26.4
上半期17位
CDTV OP
プロデューサーは元superflyの多保孝一さん。
今までの中でもロック色が強い、かっこいいナンバーになっています。
「miss you」のような、言葉に力をこめたエモーショナルな曲が合うのかな、と思ってたけど
こういう曲も凄く合うのね。ますます興味持ちました
YUI、絢香ら先輩とは違うパワフルさを持つ家入レオ。
気がついたらシンガーソングライター1番手になっている。

39 Power of the Paradise 嵐 28.0
下半期22位
日テレ リオデジャネイロオリンピック2016主題歌
五輪主題歌として、壮大でお祭りなナンバーでした。
さすがのメディア受けですね!
ただいつもの基準値よりは低く…。

38 恋 星野源 28.1
下半期21位
ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」」主題歌
一世を風靡した「恋」がここに!
曲としてはイントロが耳に残り、ドラマ用に上手く作られています。
そこまで特筆点は無いけれど…
最初はあまり印象は無かったけど、ドラマの盛り上がりとダンスがはやるにつれて
徐々に上がっていきました。
現在も上位に入り続けているので、2017年も入るのは間違いなさそう。

37 HELLOW WONDERLAND KEYTALK 28.4
上半期15位
MusicるTV ED
連続でKEYTALK!こちらも彼ららしい、勢いあるお祭りソング。
この路線をずっと続けるのかな。スターリングスターのように少し情景を変えたり
ちょっとアクセントを加えていってみてほしい。
リリースペースも速いです。

36 70億のピース / 終わりのない空 秦基博 28.5
下半期20位
テレビ朝日系『土曜ワイド劇場』主題歌
ここで再び秦基博。
秦さんの歌うミディアムナンバーは上手い下手ではなく、物凄く魂が伝わってくるんですよね。
唯一無二のシンガーだと思います。
どんどん基準値が上がっている…2017年も楽しみにしたい。

35 テイクミーアウト SCANDAL 28.9
下半期19位
淡々と刻んでいくAメロ、急にエモーショナルになるサビ。
ギターソロからリズム隊が濃厚に乗っかってくるアレンジ。
構成がとても面白いんですが、その中にかっこよさがあります。
地味に下げてたSCANDALですが、この曲でまた上昇。
すっかり実力派になってくれて嬉しい限り。

34 宝物 / イツワリ LoVendoЯ 29.0
上半期14位
CDTV ED
昨年メジャーデビューのラベンダーのメジャー2ndシングル。
「宝物」はミディアムナンバー。
作詞はまさかの田中れいな。破天荒で自我が強い人ですが、まさかここまでやわらかい歌詞を書くとは…。
イツワリは激しいロックチューン。サビが小気味良いです。
このグループ、普通にロックバンドしてて普通に良い曲なんですよね。
心臓部の魚住さんの脱退は非常に残念です。

33 復活LOVE 嵐 29.2
上半期13位
NTTドコモ SMソング
嵐ももう17年目でしょうか…。
作詞は竹内まりや、作曲は山下達郎の邦楽界のレジェンド夫婦。
聞きやすく良い曲なんですがちょっと期待しすぎた感はあったかも。

32 MATSURIBAYASHI KEYTALK 31.4
上半期16位
昨年、「桜花爛漫」を中心に大きく基準値を伸ばしたKEYTALK。
2016年に入ってさらに好調!相変わらず超キャッチー。
夏のパーティソングということで、掛け声が入ってたり。どことなくORANGE RANGEっぽい。
イントロのベースが走っててなかなかかっこいいです。
5月リリース、7月ももう少し伸ばして32位に。

31 princess miwa 32.7
上半期43位、下半期27位
片思いをイメージした、甘いミディアムナンバー。
水の中にいるような、柔らかい歌と歌詞とアレンジ。
全てが絶妙です!驚いた。
自分の好みのmiwaは441のようなエモーショナルさや、Faithのようなかっこいい曲を好んでいると思ってましたが
こういう1曲でツボにはまるとは思わなかった。
6月下旬にリリース、期を跨いで入りました。
miwaは未だに自分の中でもツボがわからない。

2016-12-24

2016年41位~50位

50 君への手紙 桑田圭祐 23.3
下半期25位
映画「金メダル男」主題歌
11月にリリースされた、桑田さんの4曲入りシングル。
夢追う者への応援歌となっており、挫折した悔しい思いを美しいメロディと優しさで包み込んでくれます。
人生賛歌のような、心落ち着く1曲です。
年始にも入り続けるでしょう。

49 TRAGEDY KAT-TUN 24.4
上半期23位
アニメ「金田一少年の事件簿R」OP
日本テレビ系『Going!Sports&News』テーマソング
日本テレビ系プロ野球中継「次の瞬間、熱くなれ。」イメージソング
KAT-TUNの2016年第1弾シングル。
TRAGEDYは哀愁漂うロックナンバー。
カップリングの「熱くなれ」は今年の日テレの野球テーマソング。
クールなナンバーとスポーツ用の前向きなナンバー…
この毎年ある組み合わせが好きでした。
活動休止は本当に残念。

48 あなたの好きなところ 西野カナ 25.2
上半期22位
大塚製薬「MATCH」CMソング
気がついたらベテランの域に入っている西野カナ。
お得意の、相手を思う気持ちを描いた優しいラブソング。
やや狂気染みているような歌詞も健在です。
西野カナはなんと言ってもノビ上がって透き通る声が凄く好き。
どんどん安定していく。

47 Bravo☆Bravo Buono! 25.4
2010年33位、上半期21位
2009年の年末にリリース。他のBuono!曲に漏れず、ちょくちょく出てきたりしてました。
そして今回大きく再上昇したきっかけは…カップリングの「-Winter Story-」。
「今年の終わりと来年の始まり 一緒にいれたらステキじゃない?」
「2年越しのありがとう よろしく」という歌詞。
カウントダウンコンサートでこれを聞いてみたい。悲願の1つでした。
昨年大阪で歌ったときは本当に悔やんだ。
暖かい雰囲気で、Buono!の中でも好きな1曲。もっと好きになれました。

46 Gravity ClariS 25.5
下半期24位
アニメ「クオリディア・コード」エンディングテーマ
昨年久々に躍進しましたが、今年は少し大人しく。。
今やしっかり顔を出して、年明けには武道館公演も控えます。

45 Rising Hope LiSA 25.6
2014年年間1位 上半期51位 下半期41位
「魔法学校の劣等生」OP
2年前の年間1位。ツアーに伴い上昇。やはりこの曲のパワーは強い。
ツアーやフェスで見ると、何度でもあげたくなってしまいます。

43 スミレ 秦基博 25.7
上半期20位
ドラマ「スミカスミレ 45歳若返った女」主題歌
昨年「ひまわりの約束」でブレークした秦基博。
個人的には2010年リリースの「アイ」が物凄く大好きでした。
今回はアップテンポのポップソング。これもこれで面白いと思います。
毎年苦しい春にリリース。支えてくれました。
しっかり基準値が上がっている秦基博。来年も楽しみ

43 君はメロディー AKB48 25.7
上半期19位
AKBがここまでの順位になるのは超久々なんじゃ…?
コテコテの昭和の歌謡曲。案外こういうのがツボだったりします。
3月にリリースし、新譜が少ない4月にじわじわと伸ばしました。

42 Memories MAN WITH A MISSION 26.0
上半期18位
JR SKI SKI CMソング
年初に発売された、マンウィズの第1弾シングル。
JRスキーのCMに合うように、マンウィズには珍しい冬のミディアムナンバー。
見た目は狼ですが、音楽自体はとても素直な印象です。
昨年から…特にRaise your flagの影響が強く
基準値が上がっており、今年も上位に入りました。

41 Dream Road~心が躍り出している~ / KEEP ON 上昇志向! / 明日やろうはバカやろう Juice=Juice 26.1
下半期23位
ドラマ主演、武道館公演と話題目白押しだったJuice。
Dream Roadは落ち着いたアレンジ、力強い歌詞を刻み続けるミディアムナンバー。
聞いていると不思議な気分になる、難しい1曲です。声が独特なJuiceにあってる
KEEP ONはカントリーミュージックのような印象。
低迷が続いていたJuiceですが、この曲は上向きました。
先輩がいなくなり、ハロプロ1の実力派となっていきますが
2017年はどうするんでしょうか、。

2016-12-24

12/22 パスピエ 5th Anniversary Hall Tour

@中野サンプラザ


パスピエホールコンサート!


01.ハイパーリアリスト
02.とおりゃんせ
03.うちあげ花火
04.つくり囃子
05.チャイナタウン
06.開花前線
07.トロイメライ
08.月暈
09.あの青と青と青
10.トーキョーシティ・アンダーグラウンド
11.ヨアケマエ
12.ON THE AIR
13.永すぎた春
14.メーデー
15.YES/NO
16.シネマ
17.裏の裏
18.MATATABISTEP

ENCORE

19.トキノワ
20.S.S

ENCORE2

21.スーパーカー


音楽は芸術だ


それを体現するような、レーザーや照明を使って曲の世界観を倍増させてた。

これは凄い!


後日さらに更新

2016-12-24

12/2 カントリー・ガールズコンサートツアー2016冬

@Zepp Tokyo


実はカントリーの単独現場は始めて。

桃子いるんだけど…なかなかふんぎりつかなくて。

席は前方が椅子あり、後ろが自由。いいと思います。


1.VIVA!!薔薇色の人生 
2.愛おしくってごめんね 
MC

3.初めてのハッピーバースディ! 
4.恋人は心の応援団 
5.わかっているのにごめんね 

MC 

6.キスより先にできること 
7.ブギウギLOVE 
8.シャイニング 愛しき貴方 
9.BYE BYE 最後の夜

MC 

10.あぁ いいな!(梁川、船木) 
11.好きすぎて バカみたい(嗣永、山木、森戸、小関) 
12.ブギートレイン'03(森戸、小関、船木) 
13.スクランブル(嗣永、山木、梁川) 
14,妄想リハーサル 
15.浮気なハニーパイ 
16.リズムが呼んでいるぞ! 
17.
革命チックKISS 
18.
どーだっていいの

ENC

19. 涙のリクエスト
MC
20. 
恋泥棒

21. 女の子の取り調べタイム
思ってたよりも…遥かに見ごたえがありました。
シャイニング愛しき貴方の桃子メインは言うまでもないけど
みんながしっかりやれている印象。
逆に言うと「みんな平等に伸びている」から、なかなか頭1つ出てこれないのもあるかもだし
でもPMの立場上、差別するのは難しいだろうし…
見ている以上に桃子に問われていることって大変なのかな。

2016-12-24

11/27 LiVE is Smile Always~NEVER ENDiNG GLORY~「the Moon」

@横浜アリーナ


Moon公演!

色々あってライブ見れる心境じゃなかった。


01.crossing field
02.ROCK-mode
03.Bad Sweet Trap
04.アコガレ望遠鏡
05.ヒトリワラッテ
06.DOCTOR
07.Psychedelic Drive
08.シロイトイキ
09.蜜
10.traumerei
11.No More Time Machine
12.WiLD CANDY
13.アシアトコンパス
14.エスケープゲーム
15.Rally Go Round
16.Brave Freak Out
17.She
18.Rising Hope
19.Hi FiVE!
20.終わらない冒険

ENCORE

21.Catch the Moment
22.ツヨガリ・ファンファーレ
23.best day, best way


・2日間やった曲

DOCTOR

Rally Go Round

ツヨガリファンファーレ

後半曲



今回は歌詞で選んだという。少し後ろ向きなムーンに合わせてくんだ、負の感情が多い曲たち。

「曲がどうか」というより、1つの物語として楽しませてもらいました。

エスケープゲームでの対決も見事です。


この時期、辛かった。個人的なことで、本当に色々あって辛かったんです。

それでもこの2日間のライブは楽しむことができました。

楽しませてくれました。心の底から。

辛いことも全部全部自分のライブにぶつけてくれ!と背中を押してくれるLiSA。

感謝してもしきれません。来年はBuono!が本当にいなくなってしまう。

どうかまた力をくれれば。

2016-12-23

11/26 LiVE is Smile Always~NEVER ENDiNG GLORY~「the Sun」

@横浜アリーナ


LiSA最大規模となる、横浜アリーナ2days!

熱い曲とパフォーマンスはもちろんだけど、LiSAの凄さはエンターテインメントを考える能力。

本人は「ねりねりする」「私は未来にワクワクを作り出す天才」と表現してますが

きっと、ライブハウスとは違うやり方で楽しませてくれるんでしょう!

期待を膨らませて、センター席へ。超近い


01.コズミックジェットコースター
02.Rally Go Round
03.say my nameの片想い
04.エレクトリリカル
05.ANTIHERO
06.DOCTOR
07.L.Miranic
08.僕の言葉で
09.変わらない青
10.ツヨガリ・ファンファーレ
11.ジェットロケット
12.ラブリーデイ
13.BRiGHT FLiGHT
14.confidence driver
15.rapid life シンドローム
16.Brave Freak Out
17.She
18.Rising Hope
19.Hi FiVE!
20.終わらない冒険

ENCORE

21.Catch the Moment
22.halo-halo
23.best day, best way


こうセトリだけ見ると心は動かされないんだけど

実際に見てたら、とても充実した気分になりました。

物語はサンとムーンという姉妹喧嘩から始まり。

声優も小林ゆうさん、映像も凄く可愛くて凝ってるw

喧嘩別れした、活発な妹ルートが今日のSun公演。


・最初の3曲はフェス仕様!コズミックの叫べーー!!!は本当いいね。


・ANTIHEROからの流れは圧倒的。Lミラは読めた。


・ラブリーデイ

自転車で飛んだー!!!


・confidence

サブステージに移ってからは…なんと久々の1曲から!

この初期の我武者羅な突っ走った曲大好き。now and futureもそうだけど。

ウェーブは失敗気味でした。。


・新曲

まとまってて凄くいい曲。SAO劇場主題歌らしい。

ゴリゴリのロックだったこの1年の曲もいいけど、胃もたれ気味。

完成度の高い1曲が来て嬉しい!



見て聞いて動いて、全身で音楽を聴けました。楽しめました。

圧倒的な安心感と満足感で満たされた!

2016-12-11

楽曲大賞2016 投票結果そのまま

投票者情報
ニックネーム あるせす
サイト名  
サイトURL  
コメントURL  
楽曲部門
1位 こぶしファクトリー 桜ナイトフィーバー/こぶしファクトリー
4.0 桜を擬人化し「どうして?」と色々と投げかけてくる歌詞が面白い。ポップでキャッチーな曲調の中で、桜の風情と離れたお祭り騒ぎする日本の文化。「いかがなものでしょう?」と皮肉ったり。
間奏のオーオーオオー…というアレンジも妙に情緒的。桜の優雅さと儚さを添えてくれる。
ブロッサムナイトフィーバー!の掛け声、桜もこぶしも咲きほこれ!の締め、アイドルらしいアレンジもまた面白い。この1曲にたくさんの面白みが詰まっています。何度でも言いたい。この曲は凄い!
2位 Buono! ソラシド ~ねえねえ~/Buono!
3.5 念願だった4年ぶりのリリース。シンプルな楽曲に3人の綺麗なユニゾンが乗って、完成度の高い作品になっている!
リーダーの落ちサビ、愛理のラストを始め個々のレベルの高さも伺えます。
Buono!と言えばバンドアレンジだけど、間奏のスネア連打も武道館ではかっこよかった。青春の喜怒哀楽を歌う曲が多いBuono!だけど、すっかり大人になったような印象をくれる1曲。
3位 こぶしファクトリー 押忍! こぶし魂/こぶしファクトリー
1.5 この曲は歌詞。歌詞が大好き。今を、一瞬を生きる様の歌詞は何だか心に響いた。ラストもスパっと終わるあたりが潔くて好きです。
4位 モーニング娘。'16 One and Only/モーニング娘。'15
0.5 壮大で青空が広がるようなアレンジと、キャッチーなメロディ。自然に笑顔になり、両手を広げたくなります。
5位 ℃-ute 人生はSTEP!/℃-ute
0.5 ジャズアレンジで身体を動かしたくなるリズム。近年の℃-uteらしい、チャレンジングな面白い1曲でした。
MV部門
1位 Buono! ソラシド ~ねえねえ~/Buono!
4.0 特筆点無いけど…3人が並んでドルチェが演奏する画を見るだけで嬉しかった。根拠のへったくれも無くて申し訳ない
2位 こぶしファクトリー 桜ナイトフィーバー/こぶしファクトリー
1.5 桜の優雅さを活かすような作り。たぐっちの桜でちょっとふざけるあたりもこぶしらしいし、たくさん詰まっているこの曲をさらに面白くしてくれてると思います。
3位 こぶしファクトリー 押忍! こぶし魂/こぶしファクトリー
0.5 応援歌としてこれ以上にない映像だと思います。
推しメン部門
カントリー・ガールズ 嗣永桃子
プロデュース力。どうすれば客が楽しめるか?エンターテイメント力。「考える」ことができる人。そして、歌詞を届けようとする情熱的な歌。この人よりも歌上手い人はたくさんいるけど、この人の歌が一番好き。心の底から尊敬しているし、迷わず応援させてもらった。応援できて幸せだった。生まれ変わってもこの人を応援したい。

2016-12-04

2016年ハロプロ楽曲大賞 その1

今年もやってきました。
去年は我武者ライフ、デス杭、嵐を起こすんだ、次の角を曲がれ、大器晩成の順でした。
さて、歴代の1位チョイスは。

2008年:ロッタラ ロッタラ(Buono!)
2009年:You’re My Friend(Buono!)
2010年:カタオモイ。(Buono!)
2011年:ショートカット(スマイレージ)
2012年:初恋サイダー(Buono!)
2013年:新・日本のすすめ!(スマイレージ)
2014年:永久の歌(Berryz工房)
2015年:我武者LIFE(℃-ute)

ユニット毎に主な候補曲を観ながら絞っていこう。

■℃-ute
シングル2枚とアルバム1枚をリリース。
解散発表があったのもそうだけど、グループとしては円熟期を超えて過去を振り返る終幕へ。
魅せていく方針も℃にしかできないから良かったけど、静電気のような可愛い曲も懐かしかったな。

・何故 人は争うんだろう?
・Summer Wind
・人生はSTEP!
・夢幻クライマックス
・愛はまるで静電気
・Singing ~あの頃のように~
・アイアンハート
・男と女とForever
・情熱エクスタシー
・デジタリック→0(LOVE)
・羨んじゃう
・夜風のMessage

推したいのは「人生はSTEP!」ジャズアレンジで、ハロでは初めて味わう魅力。
そしてフェスで楽しかった「情熱エクスタシー」も残しておきたい。
「アイアンハート」もね。
3曲残して最終考察へ

■モーニング娘。'16
鞘師・鈴木の卒業はありましたが
グループとしては泡沫という最高の武器を手に入れましたね。
個人的には…鞘師卒業からは見る意欲が無くなってしまった。
逆転ホームラン待ってます

・冷たい風と片思い
・ENDLESS SKY
・One and Only
・泡沫サタデーナイト!
・The Vision
・Tokyoという片隅
・セクシーキャットの演説
・ムキダシで向き合って
・そうじゃない

年末の1枚が入るのか…。世間的には泡沫集中になるんだろうな
自分はこの中なら「One and Only」一択。サビでパッと夜が明けていくような開放感。
娘。曲で久々に何度も聞きたいと願えた1曲だった。
時点は「ENDLESS SKY」。やっぱり鞘師ファンでした。この2曲です。

■アンジュルム
エースになりかけていた田村めいめいの卒業はあったけれども
3期とかみこを中心に、グループとしての力がグンとついた印象。
やっぱり気分屋集団だけど、ハマった時のパフォーマンスはこっちが気圧されるくらい。
一推しの卒業はあれど、ますます好きになれた。今後も見ていきたいグループ!

・次々続々
・糸島Distance
・恋ならとっくに始まってる
・上手く言えない
・愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間
・忘れてあげる

リリースはシングルのみ。去年はアンジュルム旋風ということでたくさん送り出したけど…
今年良いと思ったのは「糸島ディスタンス」のみ。切なさは好きだったけど、5曲には残れ無さそう。
なので0曲

■Juice=Juice
全国225公演を経て、武道館まで来たJuice。
これまでは個人スキル集団のイメージが強くて気持ちは離れてたけど
今はそれも良いな、と思えるようになってきた。
これからどうするのかな…?注目はしていきたい。

・Next is you! [NEXT YOU]
・カラダだけが大人になったんじゃない
・大人の事情 [NEXT YOU]
・Dream Road ~心が躍り出してる~
・KEEP ON 上昇志向!!
・明日やろうはバカやろう

Next Youとか忘れてたな…。
どれも個性的で面白いけど、一推ししたい曲は弱いかも。
でもアベレージは高いと思う!少し古臭いけどかっこよかった、「カラダ~」「KEEP ON上昇志向」を推したい。

■カントリー・ガールズ
いなばっちょが卒業という痛手を負ったけど、PMの元したたかに続けているイメージ。
一推しがいるから見てたけど…今後は不安。

・ブギウギLOVE
・恋はマグネット
・ランラルン ~あなたに夢中~
・どーだっていいの
・涙のリクエスト

断然、ブギウギ一択。この曲はジャズアレンジの心地いいリズムと
Bメロのマリアの下りも妙に声と合ってて面白い。

■こぶしファクトリー
今年はこぶし旋風。出す曲全てが面白かった。
そもそもわちゃわちゃした雰囲気のグループと、攻撃的なカオスな曲が良くあってます。
アルバムもとても良い。来年も6月以降は1番手で見ていたい。

・桜ナイトフィーバー
・チョット愚直に! 猪突猛進
・押忍! こぶし魂
・サンバ! こぶしジャネイロ
・バッチ来い青春!
・オラはにんきもの
・急がば回れ
・未熟半熟トロトロ
・懸命ブルース
・残心
・TEKI
・GO TO THE TOP!!
・辛夷の花

絞り切れなかった…。7曲残します!
別に書く機会あるから省略するけど、ツボにはまる曲ばかりだった。
5曲全部こぶしでも良いくらい。

■つばきファクトリー
来年メジャーデビュー。見てないので何も言う資格ない。頑張れ!

・気高く咲き誇れ!
・独り占め

「気高く咲きほこれ!」は難しい曲だと思うけど、紡ぐように歌い上げる様子がとても好き。
最終まで残したい。

■Buono!
4年ぶりの復活。今更言うこともないです。最後1回やってほしい。

・ソラシド ~ねえねえ~
・ロックの聖地

…難しいんだよなぁBuono!は…
他のユニットと同列に見れません。
曲的にはこぶし軍団の方が上だと思うけど、3人が歌う…それだけですべてを覆すパワーがあります。
いっそ入れないのもいいかなぁ。逃げだよなぁ。入れるならソラシドのみです。

■最終
・人生はSTEP!
・アイアンハート
・情熱エクスタシー
・冷たい風と片思い
・ENDLESS SKY
・カラダだけが大人になったんじゃない
・KEEP ON 上昇志向!!
・桜ナイトフィーバー
・チョット愚直に! 猪突猛進
・押忍! こぶし魂
・バッチ来い青春!
・未熟半熟トロトロ
・懸命ブルース
・GO TO THE TOP!!
・気高く咲き誇れ!
・ソラシド ~ねえねえ~

計16曲。絞ろう。
・人生はSTEP! / ℃-ute
・One and Only / モーニング娘。'15
・桜ナイトフィーバー / こぶしファクトリー
・チョット愚直に! 猪突猛進 / こぶしファクトリー
・押忍! こぶし魂 / こぶしファクトリー
・懸命ブルース / こぶしファクトリー
・ソラシド ~ねえねえ~ / Buono!

こっからどうしよう。もう少し考えます。



2016-12-02

11/23 ℃-ute「コンサートツアー2016秋 ℃OMPASS」

@パシフィコ横浜
 
今回は5公演しかいけなかった。
 
オープニング映像:℃-ute5人の寝起き
 
01.超WONDERFUL!
02.世界一HAPPYな女の子
03.僕らの輝き
04.いざ、進め!Steady go!
MC1
05.愛はまるで静電気
06.キャンパスライフ~生まれてきてよかった~
07.EVERYDAY 絶好調!!
08.青春ソング
MC2
09.夢幻クライマックス
10.涙も出ない 悲しくもない なんにもしたくない
11.Crazy 完全な大人
12.Kiss me 愛してる
13.次の角を曲がれ
MC3
14.幸せの途中
15.The Party!
16.Love take it all
17.アダムとイブのジレンマ
MC4
18.ザ☆トレジャーボックス
19.情熱エクスタシー
20.Danceでバコーン
21.SHINES
 
《ENCORE》
22.JUMP
MC5
23.夢があるから

原点回帰のようなツアー。
押せ押せ時代の℃-uteが戻ってきた感じ。
今回は自分たちがやりたいことを詰めたそうな。

演出はシンプルに、パフォーマンスは派手に。武道館前のスタイルが一番楽しかったのかな…。

2016-12-02

11/13 モーニング娘。’16「MY VISION」

@川口リリアホール

 

娘。をホールで見るのは久々。

少しでもワクワクできるものがあれば良いけど…

 

Bパターン

 

-メンバー紹介VTR-

01. The Vision

 02. Tokyoという片隅

03. ブレインストーミング

04. 強気で行こうぜ!

-MC-

05. 秋麗

06. 色っぽい じれったい

07. 今すぐ飛び込む勇気

-MC-

08. I'm Lucky girl(尾形・野中・牧野・羽賀)

09. 怪傑ポジティブA

 10. 愛の軍団

11. 泡沫サタデーナイト!

-MC-

12.18. スペシャルメドレー~MY VISION

-12.ゼロから始まる青春(佐藤・工藤・小田・野中・羽賀)

-13. ING(飯窪~飯窪・石田・佐藤・工藤)

-14. ガラスのパンプス(石田)

-15. せんこう花火(生田~譜久村・生田)

-16. ブギートレイン'03(譜久村)

-17. Take off is now!(佐藤・工藤・小田)

-ライトセーバーパフォーマンス

-18.Only you

-19. ドッカ~ン カプリッチオ

-MC-

20. 私は私なんだ

21. 君さえ居れば何も要らない

22. Password is 0

 23. わがまま 気のまま 愛のジョーク

24. What is LOVE?

 -MC-

 25. Be Alive

 -Encore-

 E1. そうじゃない(新曲)

-MC-

E2. OneTwoThree

 

あまり期待はしていなかった分、なんか純粋に楽しめた。

だーいしが物凄い成長していた。

後半はもうマンネリかも。。楽しいライブ、を考えて欲しい。

プロフィール

あるせす

Author:あるせす
とりあえず気になったらコンサートに行ってみよう
という趣味

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる