fc2ブログ

2016-09-23

9/5 ℃-ute「℃-Fes!Part1 9月5日も℃-uteの日」

@日本武道館

 

さらっと「あ、武道館でやります」と喋って開催されたコンセプトライブ。

事前にシングル曲の人気投票を行ない、それを基にセトリを組んでいくんだとか。

解散を目の前に、こういうやりたいことを固めたライブは本当に良いと思う。

 

アリーナB通路。開演!

 

OPアクト

Hello! まっさらの自分/ハロプロ研修生

01 世界一HAPPYな女の子

02 めぐる恋の季節

03 暑中お見舞い申し上げます

04 桃色スパークリング

05 江戸の手毬唄II

1はメドレー

伊調 登坂 吉田 レスリングメダリスト降臨

06 EVERYDAY 絶好調!!

07 キャンパスライフ~生まれて来てよかった~

08 心の叫びを歌にしてみた

09 LALALA 幸せの歌

10 何故 人は争うんだろう?

11 君は自転車 私は電車で帰宅

12 この街

13 会いたいロンリークリスマス

14 次の角を曲がれ

15 都会っ子 純情

16 THE FUTURE

17 都会の一人暮らし

18 わっきゃない(Z)

19 桜チラリ

20  抱きしめて

21 大きな愛でもてなして

22 まっさらブルージーンズ

1822 はメドレー

23 The Power

24 愛ってもっと斬新

25 Crazy 完全な大人

26 The Middle Management〜女性中間管理職〜

27 I miss you

28 Summer Wind

29 Bye Bye Bye!

30 人生はSTEP

31 SHOCK!

32 Love take it all

33 涙の色

34 悲しきヘブン

35 悲しき雨降り

36 FOREVER LOVE

37 アダムとイブのジレンマ

38 会いたい 会いたい 会いたいな

39 嵐を起こすんだ Exciting Fight

40 Danceでバコーン!

アンコール

41 我武者LIFE

42 ありがとう~無限のエール~

43 Kiss me 愛してる

 

1位はぶっちぎりでKiss me2位は世界一HAPPYな女の子、4位はアダムとイブのジレンマだったという。

3位はダンバコかな?

ていうか公開してくれないのかな。。

 

・メダリスト

吉田さん、伊調さん、登坂さんが登場!メダルまで…凄い!

 

恐らく人気だった曲はフル、人気が無かった曲は1番のみでおしまいなど…面白かったな。

暑中お見舞いとかも久々に聞いた。キューティーJUMP以来か!?フリ覚えてて笑える

過去の曲は全て当時のアレンジで。都会っ子も舞美から始まり…大歓声。

SHOCKも愛理無双のまま。本当に歴史を辿っていった公演でした。

 

やりたいことを形にしていく…ベリの末期を見ているよう。

3連戦できつかったけど、℃-uteにはホームという他の現場に無い安心感があります。

楽しかった。

スポンサーサイト



2016-09-23

9/4 TREASURE05X 2016

@蒲郡ラグーナビーチ

 

2日目。少し雨が降って砂埃が収まった。

気温も3度近く下がって快適に。

脳内麻薬出ていた昨日の夜よりも朝の方が疲れている…

 

■グッドモーニングアメリカ

01.空ばかり見ていた

02.ジェットコースター

03.コピペ

04.光となって

05.そして今宵は語り合おう

06.未来へのスパイラル

 

タナシンの出落ちはポケモン!タナチュウ。

ステージ脇のオブジェからピカチュウの格好で登場しました。

気がついたら曲も分かる曲が増えてた。

 

9mm Parabellum Bullet

01.Answer And Answer

02.Discommunication

03.インフェルノ

04.Lost!!

05.新しい光

06.Black Market Blues

07.生命のワルツ

 

ギターの滝さんは怪我?体調不良で弾けない模様。

新しいアルバムからはLost!!が重宝されてるのね。

火祭りあたりも聞きたいなぁ。

 

WANIMA

1450

01.THANX

02.リベンジ

03.いいから

04.1106

05.BIG UP

06.ともに

 

結構間が空いたけど、WANIMAのパワーを思い知った。

物凄いお祭りバンド!特にBIG UPのパワーが凄い。

当時流行った青春パンクを、聞きやすい綺麗な声で歌えば…そりゃ受けるよね。

年末のCDJではEarth stageも充分にいけそう。今一番勢いありそう。

 

TOTALFAT

01.Room45

02.宴の合図

03.ONE FOR THE DREAMS

04.夏のトカゲ

05.Place to Try

06.PARTY PARTY

 

個人的に、10-FEET、ロットンに並ぶフェス3大バンドの一角!

安心して楽しいし、かっこいい。

参加者のほとんどが夏のトカゲを歌えるっていうのも凄いw

フェスに来た!っていう気持ちにさせてくれる大好きなバンド。

 

BLUE ENCOUNT

01.Survivor

02.THANKS

03.Just Awake

04.HEEEY!

05.LIVER

06.DAY×DAY

07.もっと光を

 

今年の夏フェスのラストをブルエンで締めくくる…できすぎ!!

ちなみに始まりはロッキンの10-FEETでした。

先頭Survivorはかなり適性ありそう!

かかってこいよーー!というTHANKS

そしてやっぱりJust Awakeは凄く好き。一気にスイッチ入る感じ。

LIVERでの携帯ライトも面白かった。10-FEET以来

そしてMC…、やっぱり、仕方ないけど自分たちが歌っている中移動されるのは悔しいという。

だから来年は絶対にトリだ!!という話。良かった。



これで夏フェスも終わり!

2016-09-12

9/3 Treasure 05X 2016

@蒲郡ラグーナビーチ

 

今年もやってきた、1番大好きなフェス!天気さえ良ければ。

どんどん改善をしていこうという姿勢だったり、発信を細かくしたり…

良い意味でロッキンをパクっているイメージです。

 

何より規模もよく、見たかったら頑張れば全部見れるんですよね。

広くて適度にフリーで、出演アーティストもキラーチューンが揃いやすいイメージ。

天気さえ良ければ。

 

今年は…快晴だあああ!!!!!!!!

 

KNOCK OUT THE MONKEYS

01.Wonderful Life

02.Paint it OUT!!!!

03.Scream & Shout

04.BREAK

05.JET

06.Flight


8ビートが心地よいノクモ。男らしいボーカルはやっぱりかっこいい!

 

ROTTENGRAFFTY

01.世界の終わり

02.This World

03.So...Start

04.D.A.N.C.E.

05.STAY REAL

06.金色グラフティー


曲変わらねーーwwwフェス番長の一角、ロットン!!

猛暑できつかったけど楽しかったです。

新曲もかっこいい、今度こそ定着してほしい

最後の3曲きつすぎ><

 

HEY-SMITH

01.2nd Youth

02.Living In My Skin

03.I'M IN DREAM

04.Endless Sorrow

05.Jump!!

06.Radio

07.Truth Inside

08.We sing our song

09.Dandadan

10.Come back my dog


ロットンで疲れたのでかっこいいサックスを聞きながら少し休憩。

 

KEYTALK

01.太陽系リフレイン

02.S.H.S.S.

03.Combat song

04.MABOROSHI SUMMER

05.MATHURI BAYASHI

06.MONSTER DANCE


桜花爛漫とスターリングスターが無くて残念。

でもKEYTALKはキャッチーさを徹底してて好感度上がってる


LiSA

01.brave freak out

02.say my nameの片思い

03.Empty MERMiD

04.ROCK-mode

05.Raising Hope

06.コズミックジェットコースター


エース登板の時間だああああ

セトリはいつも通りかな、と思ったら

Risigではユニゾンの田渕さんをゲストに!!

攻めに攻めたラインアップで圧倒された、くっそ楽しかった!!!

MVPはやっぱりLiSAです。

ここらへんでプッツンと脳内がおかしくなって、疲れを感じなくなった。

LiSAはほんとやばい。考えてる。

 

Fear, and Loathing in Las Vegas

01.Rave-up Tonight

02.Jump Around

03.Party Boys

04.Let Me Hear

05.Virtue and Vice

06.Love at First Sight


念願の初ベガス。かっこいい!


04 Limited Sazabys

01.Remember

02.monolith

03.fiction

04.warp

05.letter

06.me?

07.midnight cruising

08.Terminal

09.swim


アルバム聞いたけどボーカルの声が好きになれず、マークしてなかったけど…

なんだこの疾走感!?地元ということもあって大盛り上がり。

凄く見直しました。でも聞かせる曲でリフトダイブ多すぎだぞ

 

The Oral Cigarettes

01.気づけよbaby

02.GET BACK

03.STARGET

04.起死回生STORY

05.DIP BAP

06.カンタンナコト

07.狂乱 Hey Kids!!


骨太なサウンドで最近聞いてたオーラル。

ていうかこの日1番の人入りか!?凄かった。

Mr.ファントムとかはまたの機会に。


UNISON SQUARE GARDEN

01.23:25

02.mix juiceのいうとおり

03.天国と地獄

04.BUSTER DICE MISERY

05.リニアブルーを聴きながら

06.シュガーソングとビターステップ

07.フルカラープログラム

アンコール

08.hermonized finale

 

初ユニゾン!

ユニゾンで一番好きな「リニアブルーを聴きながら」を聴けて感動。

ていうか天才的と言わざるをえない、超綺麗なメロディライン。

芸術的過ぎて感動を覚えた。




やっぱり楽しすぎる。

チケット代考えると、ホテル代込みでもロッキンより安上がりなんだよねw

大好きなフェスです。

2016-09-11

8/20 SUMMER SONIC 2016

@海浜幕張

初のサマソニ!エース様も出るのでね。
導線が悪すぎて…不親切すぎて…うーん。。

■CHICO with HoneyWorks

すげーキャッチーでした。うーん…もう1つ惹かれるものはなかった。

■RADIO FISH
01.黄金時代
02.golden tower
03.NKT34
04.paradise
05.perfect human
06.mind beach
07.good-bye
08.ultratiger

すんげぇ人気で草

■coldrain
01.No Escape
02.WRONG
03.EVOLVE
04.RUNAWAY
05.FIRE IN THE SKY
06.Die tomorrow
07.THE WAR IS ON
08.Gone
09.To Be Alive
10.The Revelation

日本凱旋。
かっこいい!!演奏力含めてもうレベルが違う。

■LiSA
01.brave freak out
02.say my nameの片想い
03.DOCTER
04.Empty MERMAiD
05.Rising Hope
06.シルシ
07.Hi! FiVE

エース登板だあああああ
シルシやHiFive入れたりと、色々満遍なく詰めてきた感じ。
しかしサイリウム持参するかねぇ…。

■MONOEYES
01.When I Was A King
02.Like We've Never Lost
03.Just A Little More Time
04.My Instant Song
05.HOMELY GIRL [Scott & Rivers]
06.Run Run
07.明日公園で
08.グラニート
09.Remember Me

楽しかった!Weezerとのコラボもあったり。
出演者自身が楽しんでいれば、こっちも楽しい。

■The Offspring
01.You're Gonna Go Far, Kid
02.All I Want
03.Come Out And Play (Keep 'Em Separated)
04.Coming For You
05.Hammerhead
06.Original Prankster
07.Have You Ever
08.Staring at the Sun
09.One Fine Day
10.What Happened to You?
11.Hit That
12.Kristy, Are You Doing Okay?  /  Gone Away
13.Why Don't You Get a Job?
14.Walla Walla
15.(Can't Get My) Head Around You
16.Pretty Fly (For A White Guy)
17.Want You Bad
アンコール
18.Americana
19.The Kids Aren't Alright

悲願の1つ、オフスプ!
ほぼベストのような、よくばりセットでした。
嬉しかった!

2016-09-03

8/25 Buono!Festa2016

@日本武道館

9年、待ち望んだ。
4年、飢えていた。

俺にとってのNo.1はいつも変わらない。
Buono!の頭脳、そして聞かせるパートを味わい深くさせてくれるリーダー桃子。
ツボにはまると唯一無二の歌を聞かせてくれる雅。
最年少で、誰よりも楽しそうで、そして最も頼れる歌唱力の愛理。

「小さなステージでも、私たちにはブドーカン」
これから9年。悲願だった。長年の悲願だった。
2016年8月25日。年初、武道館が決まった瞬間は泣き崩れた。
4年のうっ憤と、9年の悲願を成就する日が来た。

全ては、Buono!のために。2016年、このために生きてきた。
10時半ごろにグッズで並んで、買えたのは15時。笑える
久々のBuono! with DolceTシャツ。

入場すると、岩里祐穂さんから花が届いていた。ありがとうございます。

目の前には誰もいない。
Buono!の垂れ幕に、機材があるのがわかる。
そして開演の瞬間…ドルチェとともにBuono!登場、待ちわびた一夜が始まる!!

セットリスト

1. ロックの聖地
2. We are Buono! ~Buono!のテーマ
3. ロッタラ ロッタラ
 VTR(PINK CRES. オーデ)
4. 曲名不明/PINK CRES.
5. 曲名不明/PINK CRES.
6. Summer wonderland/PINK CRES.
7. 恋泥棒/カントリー・ガールズ
8. どーだっていいの/カントリー・ガールズ
9. 愛おしくってごめんね/カントリー・ガールズ
10. 都会っ子 純情/℃-ute
11. 人生はSTEP!/℃-ute
12. Kiss me 愛してる/℃-ute
13. Danceでバコーン!/℃-ute
14. ホントのじぶん/ももち愛理抜きのカン℃
15. Independent Girl~独立女子であるために
16. 雑草のうた
17. JUICY HE@RT
 MC(自己紹介、雅ハピバ)
18. ソラシド~ねえねえ~
19. ガチンコでいこう!
20. マイラブ
21. Kiss! Kiss! Kiss!
 衣装チェンジ
 MC(バンドメンバー紹介&バイオリニストあめちゃん)
22. うらはら(アコースティックVer.)
23. 君がいれば(アコースティックVer.)
24. You're My Friend(アコースティックVer.)
 VTR(スタッフインタビュー)
25. 泣き虫少年
26. カタオモイ。
27. 初恋サイダー
28. Bravo☆Bravo
29. じゃなきゃもったいないっ!
30. れでぃぱんさぁ
31. MY BOY
32. 恋愛ライダー
 アンコール
33. ロックの神様
 MC
34. ワープ!
35. タビダチの歌

Buono!は全てフル。
こんなに喜んだライブはあったかな。
こんなに泣いたライブはあったかな。
こんなに楽しんだライブはあったかな。

■1曲ずつ振り返る
・ロックの聖地
武道館公演を踏まえ、星部ショウさんからのシングル。
ロックの神様を意識しすぎてるのもあるけど、全体的にツギハギ感が強く…
個人的にはイマイチ。分かりやすいオープニング曲ではあるけれども。

・We are Buono!
スイッチが入ったのはここから。これが2曲目に来るのは予想通り。
ここで「そうか、今Buono!は日本武道館にいるんだ」と実感が沸いてきた。
そして涙もこぼれてきた。I Love music~と、あの6年前も、こうして会場で歌った。
公演は始まる、開幕を告げたんだ!

・ロッタラロッタラ
恐ろしいほど…ここまで3曲は予想通り。
俺にとってはBuono!崇拝が始まった1曲。
Bメロで愛理が腰を落として気合を入れて歌う仕草。
2番Aメロで「手と手を繋げば 感じられる何か ずっと消えないものが欲しい」
雅と愛理のアーチをくぐる桃子。何度見たんだろう。全て鮮明に覚えている。
「誰かが言った 幸せになるため生まれ そして誰かの幸せのために生きていくんだ」
何回も聞いたこのフレーズ。8年前でも、そして社会人となった今でも染みてくる。
Buono!の曲は、成長とともに表情を変えてくれるからたまらない。

・ピンククレス
通称雅ファクトリーお披露目。一時代前のK-POP風。
うん…苦手なジャンルです…

・カントリー
ヒールをフッ飛ばしたやなみん?に草
さすが頭脳派集団、やることをしっかりやりきって武道館を後にしました。

・℃-ute
まさかの全力勝負。中間管理職あたりかなと思ったら…Buono!に合わせて割と攻撃的に組んできたよう。
今日はスイッチが違うので、どうしても控えめになってしまった。ていうかマイマイこの夏は歌の調子すげー治ってるな

・ホントのじぶん
Buono!抜きで℃とカントリー。この曲はBuono!で聞きたかったけど……
つなぎに1曲は絶対に必要だったこと。それは非Buono!の彼女らに任せるしかなかったこと。
みんなで歌えて、気軽なアイドル寄りな曲…この曲しかなかった。
愛理の「ご一緒に!」も聞きたかったけど、これは仕方ない。
逆にホントのじぶんは、大役を果たしてくれたと思う。
自分の始まりの1曲は、武道館公演を縁の下から支えてくれました。ありがとう。

そして、ここからはBuono!の幕が再び上がる。
・独立女子
錆びついていたスイッチが入る。Buono!のためのスイッチだ。
We are Buono!の中で、カタオモイ。やうらはらとともに重宝された1曲。
Re;Buono!では2曲目に入ったりと、開幕適正も充分にあったから…この起用も納得。
リズム隊が心地良い、ヘビーなアレンジだけどポップさもあるのが素敵。
自然と体が動き出す。これが生バンドだよね。
桃子のBメロもかっこいい。声の調子はかなり良さそう。またリーダーと呼べる喜び!

・雑草のうた
ちょっと選曲に驚いた。リリースが空いたけど、当時1年ぶりにリリースされた2011年の1作。
地味だけど、分かりやすい応援歌で自分は結構お気に入り。
そしてこの日、4年ぶりにBuono!ライブで印象が変わったと思ったのがこの曲。
ツインギターで音に厚みが増したのか、凄くかっこよかった。

・JUICY
これも雑草のうたと同収録。
後期は重宝されたけど…最後まで好きにはなれなかったな。

・MCとケーキ
よく4年もほっといてくれたな、という話w
雅の24歳の誕生日。ケーキ出た。

・ソラシド
今回出された新曲。明るく爽やかなナンバーです。
生で聞くと大サビ前のスネア連打がすんごい気持ちいい。さすが舞さん!
ハロプロで過去最高の高さじゃないか?という最後の愛理。しっかり出てた…流石です。
桃子のハイトーンもさすが得意エリア。
この曲については年末に書く機会ありそうなので。

・ガチンコでいこう!
流れた瞬間身体が跳ねた。待ちわびていた曲の1つ!
なかなか干されていた曲で、生バンまで遡るとRe;Buono!横浜公演以来。
映像ではRock'n Buono!2以来になる。
2番「誰も最初は怖がりで どうしたらいいか分からない」「本当の気持ちは何故かやせ我慢をしている」
ここの歌詞の繋がりが本当に好き。大好き。
様々なジャンルがあるBuono!楽曲の中でも、最も応援歌色が強い1曲。
この曲に何度励まされたんだろう。そして、また元気を貰えて本当に嬉しい。
…試行錯誤を重ねた間奏は、生バンドでかっこよくキメるという過去1番の流れに!スキルじゃなくて頭脳も成長したなぁw

・マイラブ
カップリングでも大好きな1曲!!桃子が好きらしいから本人セレクトかな
スカに乗った、多幸感あふれる歌詞と雰囲気。
目を瞑って聞くと、綺麗な赤い夕焼けが見えてくるよう。
この曲に振りが無いので、歌っている3人も自由に動き回って楽しそう。
自然と笑顔になれる、最高の1曲!

・Kiss!Kiss!Kiss!
Buono!ライブ定番の1曲!!
恒例の落ちサビでは…でっかいベッドが出てきた!!w
3人で寝る→目覚ましがなる→桃子が寝ぼけながら止める→目覚ましスヌーズ→桃子止める
桃子「…眠いからみんなで歌って?」そして合唱に!
いくつもの演出を重ねた1曲だけど、この4年ぶりの舞台にて引出しを増やしてきた!

ここからストリングスも登場。Dolce拡大しすぎぃ!
着席にてミディアムナンバー。武道館でもこういうことができるのはBuono!の強みだよね。
・うらはら
より大人になった3人が歌ううらはら、本当に楽しみにしていた。
歌うだろうな、とは思っていた。
特にBメロの雅パートが象徴的だけど、この曲は3人の声の甘さに溶けたくなる。
ストリングスが入ってよりメロディアスに、情緒が深まっていました。
これができるのはやはり3人しかいないと思う。

・君がいれば
これは予想外…最後の1曲だと思っていた。もしくはラスフォ。
何度この曲でエンディングを迎えたんだろう。
いつもと違うアレンジで、また違う顔を見せてくれました。

・You're My Friend
全編を通じて、1番喜んだ瞬間はココ。Buono!の中でも、1番好きな曲。
甘酸っぱい歌詞ですが、年を取った今…さらに自分に違った形で染み込む。
「いつもそばにいて 君の全部知ってるくせに」「これ以上 近づけないよ 君と私はだって友達だから」
この1番好きなパート…自己投影したくなるパートを桃子が綺麗に歌い上げる。
前よりもさらに声量も深みも増した歌声。
この人が推し1位なのは、この曲だったり…歌詞をしっかり聞かせてくれる歌を届けてくれること。
5年ぶりに聞いても、自分という人間に浸透してくれる、最高の1曲です。
本当に嬉しかった。今日という日を迎えられてよかった。
今日来てくれている、作詞の岩里祐穂さんにも甚く感謝。

・映像
おふざけVTRw雅はファッションデザイナー役。各メンバーの肌の露出具合をネタにしてました。
愛理は生地が少なくて済むから安い…とかw
愛理は愛理ばあさん。BD恒例の達人芸w裏でガシャーンとか鳴ってます
桃子は無口なSP。質問にも無口。隣でガシャーンとか鳴ってます(繋がった)w
最後「好きなメンバーは?」「ももち!」と即答。
この企画…まんま後期のベリじゃねーかww確実に嗣永プロデュースですねぇ…

そして後半戦へ。3人がサブステージに出てくる…
・泣き虫少年
ついに来た。4年間、眠っていた喜びの源泉が蘇ってくる。
Buono!が持つ応援歌の主力曲。
「屋上から見たあの日の街も 思い出も今はここにおいていけ」
旅立ちを背中推してくれるような歌詞。当時自分は、上京したてだったな…
きっとここからはBuono!にしか作れない唯一無二の至高の時間だ。

真ん中に桃子。スティックの音。ガッツポーズは、一声よりも早かった。
・カタオモイ。
「最初はね…」ここ。
桃子の低音は…笑顔だけど、綱渡りするような慎重に歌い上げる癖がある。
これがたまらなくかっこよくて美しくて大好き。
「何ももう気づいたら…」
雅の2番Aメロ。歌詞に併せて苦笑まじりに歌う。
雅は曲に艶だったり、素朴な感情を載せるのがとても上手い。
常に考えながら歌う愛理も、ここでは奔放に歌う。それも歌だよね。
カタオモイ。はBuono!3人の魅力がぎっしり詰まった至高の1曲。
思い出を何度脳内で美化しても、生で見て聞く3人には及ばない!

少し暗転。センターは愛理。そして3人の雰囲気。
もう分かる。Buono!をずっと見てきたから…空気で分かる。
勝負を仕掛けようとしている。指祭りの時のように、その声で会場を一閃してほしい。
・初恋サイダー
「キスをあげるよ……」
凄まじい大歓声。最新曲にして代表曲。興奮じゃなくて、この歓声に嬉しくなってしまった。
たくさんのアイドルの卵がコピーして、憧れている1曲。
あの時と同じように、愛理の歌声は武道館全てを一閃し、包み込む。
あの時以上の歌声で、自分は一瞬金縛りにあったようだった。
どうか、この曲を好きで歌ってくれている人は…この一瞬を忘れないでほしい。
初恋サイダーを歌った、勝田、室田、金澤、和田桜、井上玲、段原らハロメンもそう。
「友達同士…」桃子の落ちサビも完璧。カウコン以上の柔らかさだった。

・Bravo
これも定番曲なんだけど…お馴染みの声出し演出!
自分が好きなのはここでも桃子。落ちサビ。「そう…」の部分。
元々Buono!では慎重に歌うシーンが多いけど、その癖と「そう…」がベストマッチ。
語りかけてくるような入りに壮大な情景が浮かび上がる。

・じゃなきゃもったいない
これは意外。ほんと意外。
割と重宝されていた曲ではあるけど、まさかこの場に入ってくるとは。
Bメロの伸びが魅力的な、恋愛ライダーのカップリング曲。
実はBuono!の中でもかなり再生数が少ない1曲でもある。

・れでぃぱんさぁ
Buono!ツアーでもとても重宝された1曲!A面のガチンコよりもやってるんじゃないか。
あの時と同じように、やたら布面積に差が出てたり…w
ツアーの時は一部歌詞を変えたり、色んな工夫がまぶされていた。
Buono!はそれほど多くない、可愛い系の1曲なのでドルチェとの絡みが楽しかったりもした。
当時を思い出せて…嬉しかったな。

・MY BOY
舞い上がる炎!走り出すギター!地味な人気曲。
リリース当初はカップリングのワープ!にも押されて評判は上がらなかったけど
Re;Buono!横浜の生バンドで変貌を遂げた1曲。舞さん最強の1曲
色んなバンドサウンド聞いてきたから…改めてかっこよさを再認できた気もする。

最後は…イントロと疾走感が心地いい、Buono!皆勤賞のこれ!!
・恋愛ライダー
ツインギターがやばい!!過去最高の心地よさ!!!

アンコール…。そして。
・ロックの神様
悲願の1曲。この曲を武道館で歌うことで、Buono!のストーリーに1つの完結を迎える。
5年前、ベリキューで歌った時とは違う。
センターに愛理、メイン上手にリーダー、下手に雅が静かに立つ。一瞬だけど、本当に静かだった。
曲はもう分かっていた。それだけのオーラが出ていた。
イントロが始まる。どことなく静かに曲が進んでいく。少し緊張感もある。
そして、このフレーズを迎える。
「小さなステージでも 私たちには武道館」
泣かない、しっかりとメンバーを観よう。
3人にも思い入れがあるフレーズ。雅は嬉しさと緊張が混じったような歌声。
2人はずっと笑っている。
あの時とは違い、今日はこの歌詞を正面から迎えることができた。
世界で1番、Rock'n Girl!

・ワープ
タオル回しの1曲!
 
・タビダチのうた
終わりはこの曲。ゴール、Last Forever、BSBのどれかと思っていた。
当然思い出すのは昨年3月の有明ベリでのこと。
号泣した愛理だけど、この日は笑顔で。 

■これから。
同窓会というような内容。またいつかやりたい、そういった雰囲気でした。雅は来年もやりたいという。
これ以上は望めません。バチが当たる。やってくれたら狂喜乱舞だけど
望むのは……今日、会場に来てこのライブをみたハロの後輩たち。もしくは、今地下で頑張っている子や、アイドルを志している子たち。
凄く楽しい夜だったと思う。何か感銘を受けた夜だったと思う。
いつか、Buono!のようなグループを作ってほしい。もしくは今のグループを成長させてほしい。
そして、Buono!に支えてもらった自分のように、励まされ、救われる人を生んでほしい。
℃-uteも解散をする。俺も、いつまでもBuono!に頼ってちゃダメなんだと思った。次世代に託していかないと…
それでも自分は、自分が見た時代の人たちが1番と思いたい。きっとそれは次世代へ障害になってしまう。
もう…自分はいちゃいけないような気がした。引こう。そんなことを思った。
ハロならば…次世代筆頭は宮本・室田・浜浦あたりでしょうか。どうか、今日という日を忘れないでほしい。

■さいご。
Buono!というストーリー。伏線は回収しつくされた。
今までは渇望し続けた。これ以降は見守るしかない。
それでは、またいつの日か。ロックの神様…最高の夜をありがとう。
夢を見ているよう。1秒でも永くこの余韻に浸りたい。
どうか、このまま醒めない夢でありますように。
プロフィール

あるせす

Author:あるせす
とりあえず気になったらコンサートに行ってみよう
という趣味

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる