fc2ブログ

2016-07-16

2016年上半期 歌手別とまとめ

上半期はこれで最後。


20           AKB48

19           MAN WITH A MISSION

18           LoVendoЯ

17           EGOIST

16           GReeeeN

 

横文字が並んだブロック。割と実績ある組が連なってます。

 

15           乃木坂46

1412位、159

(今、話したい誰かがいる、ハルジオンが咲く頃)

階段を上がっている乃木坂。見た目順位は下がったけど、今年も順調と見てよさそうです。

アイドル系はリリースが多いのが最大の強みだよなぁ

 

14           モーニング娘。'16

1113位、1212位、1314位、1412

(冷たい風と片思い、泡沫サタデーナイト!)

2年ぶりに20位入り。2枚とも結構良いデキだなと思いました。

調子は上向いておらず…下期も続けば良いんだけど

 

13           カントリー・ガールズ

1511

(ブギウギLOVE

昨年11位のカントリー、上期は13位スタート。1曲のみですが、しっかり上位に。妙な強さがあります。

メンバーの体調次第では下期リリース無し?

 

12           KAT-TUN

099位、112位、1214位、1317位、1518

TRAGEDYUNLOCK

上期は2枚のリリースでした。

KAT-TUNはこれにて活動休止。素晴らしい実績を残してくれただけに、本当に惜しい。

 

11           Buono!

081位、091位、104位、111位、121位、1516

BravoBravo、初恋サイダー)

復活とともに過去曲が上がってきました。獲得した1位は4回、歴代1位。

下期リリースするならば、5回目の獲得も有り得る。というか濃厚。

 

10           家入レオ

Hello To The World、僕たちの未来)

基準値が順調に上がっている家入レオ、10位入りで折り返し!

女性シンガーソングライターでは実に久しぶりです。

 

9            KEYTALK

1517

(スターリングスター、HELLOW WONDERLANDMATSURIBAYASHI

たくさんリリースしている印象のKEYTALK、家入レオと同じく基準値を上げて10位入り。

このペースならもっと上にいくのかも。

 

8            L'ArcenCiel

116

Wings Flap

年末にリリースした1枚のみ。それでもこの順位に。下期は出さないのでしょう。

第一線からは退いでますが、特別な存在です。

 

7            

095位、102位、1111位、1218位、138位、1410位、1510

(復活LOVEI seek

何と言う安定感…。活動を絶やさないというのは何よりのファンサービスかもしれません。

上期は2枚、いずれもドラマ主題歌で高い数値をマークしました。

 

6            DOES

129位、1420

KNOW KNOW KNOW

KNOW KNOW KNOWが上半期4位に入り、そのまま6位に!

3人自体への信頼はとても厚いです。もう1枚くらいリリースしてくれないかな。

 

5            -ute

098位、105位、113位、128位、131位、141位、152

(ありがとう~無限のエール~、人は何故争うんだろう?)

大黒柱の一角。リリースペース、基準値ともに強い。ここ3年の1位→1位→2位は凄い。

ただ今年はアルバムもリリースし、シングルの方は1枚のみ。数値も下がり、出遅れた形となった。

 

4            パスピエ

153

(ヨアケマエ)

4本柱の一角、パスピエ。ヨアケマエが3位に入ったのでそのまま4位に。

新曲リリースも決まっていて、2年連続の5位入りどころか1位も視野に。

アベレージの高さは屈指! 

 

3            アンジュルム

139位、1414位、154

(七転び八起き、出すぎた杭は打たれない、次々続々)

アンジュルム旋風が続き、4本柱に風穴を空ける今年も3位で折り返し。

下期は不透明だけど、地力がついているのは確か。

 

2            こぶしファクトリー

(ドスコイ!ケンキョにダイタン、桜ナイトフィーバー)

上半期1位を取った桜ナイトフィーバーが大きく貢献!歌手別でもそのまま2位へ。

7月には新曲もリリース。全てが絶好調、2年目にして年間1位獲得はBuono!以来5組目のこと。

どうなるかな?

 

1            BLUE ENCOUNT

157

(もっと光を、DAY×DAY、はじまり、Survivor

 大黒柱の一角!ブルエンが1位で折り返すことに。

リリースも多く、曲もかっこよく。昨年曲も盛り返すほどの勢いでした。

新曲もすでにリリースしており、年間1位も視界良好!嬉しい。


LiSAが8月戻ってきてくれればまた盛り上がりそう。

そして……


 

1            桜ナイトフィーバー / チョット愚直に!猪突猛進 / 押忍!こぶし魂          こぶしファクトリー

2            Survivor  BLUE ENCOUNT

3            ヨアケマエ           パスピエ

4            KNOW KNOW KNOW          DOES

5            何故 人は争うんだろう? / Summer Wind / 人生はSTEP!       -ute

6            次々続々 / 糸島Distance / 恋ならとっくに始まってる             アンジュルム

7            Wings Flap           L'ArcenCiel

8            はじまり              BLUE ENCOUNT

9            ブギウギLOVE / 恋はマグネット / ランラルン~あなたに夢中~          カントリー・ガールズ

10           I seek / Daylight    

11           ハルジオンが咲く頃           乃木坂46

12           KABANERI OF THE IRON FORTRESS              EGOIST

13           復活LOVE            

14           宝物 / イツワリ   LoVendoЯ

15           HELLOW WONDERLAND    KEYTALK

16           MATSURIBAYASHI              KEYTALK

17           Hello To The World              家入レオ

18           Memories              MAN WITH A MISSION

19           スミレ    秦基博

19           君はメロディー    AKB48

21           BravoBravo       Buono!

22           あなたの好きなところ       西野カナ

23           TRAGEDY            KAT-TUN

24           出すぎた杭は打たれない / ドンデンガエシ / わたし  アンジュルム

25                      GReeeeN

26           泡沫サタデーナイト! / The Vision / Tokyoという片隅   モーニング娘。'16

27           Next is you! / カラダだけが大人になったんじゃない   Juice=Juice

28           アクセンティア    藍井エイル

29           冷たい風と片思い / ENDLESS SKY / One and Only      モーニング娘。'16

30           UNLOCK KAT-TUN

31           初恋サイダー       Buono!

32           僕たちの未来       家入レオ

33           white forces          fripSide

34           THE DAY              ポルノグラフィティ

35           始まりの唄           GReeeeN

36           ID           LiSA

37           ドスコイ!ケンキョにダイタン / ラーメン大好き小泉さんの唄 / 念には念(念入りver.  こぶしファクトリー

38           チキンLINE          SKE48

39           カザキリ              やなぎなぎ

40           魔法って言っていいかな?              平井堅

41           七転び八起き / 臥薪嘗胆 / 魔法使いサリー  アンジュルム

42           princess  miwa

43           fragile     TOKIO

44           ランアンドラン    KANA-BOON

45           心雨       indigo la end

46           NEW WALL / I want u to love me        [Alexandros]

47           Rising Hope          LiSA

48           中途半端なスター              ファンキー加藤

49           みなと    スピッツ

50           サイレントマジョリティー              欅坂46

スポンサーサイト



2016-07-13

歌手別1位~20位とまとめ

20           AKB48

19           MAN WITH A MISSION

18           LoVendoЯ

17           EGOIST

16           GReeeeN

 

横文字が並んだブロック。割と実績ある組が連なってます。

 

15           乃木坂46

1412位、159

(今、話したい誰かがいる、ハルジオンが咲く頃)

階段を上がっている乃木坂。見た目順位は下がったけど、今年も順調と見てよさそうです。

アイドル系はリリースが多いのが最大の強みだよなぁ

 

14           モーニング娘。'16

1113位、1212位、1314位、1412

(冷たい風と片思い、泡沫サタデーナイト!)

2年ぶりに20位入り。2枚とも結構良いデキだなと思いました。

調子は上向いておらず…下期も続けば良いんだけど

 

13           カントリー・ガールズ

1511

(ブギウギLOVE

昨年11位のカントリー、上期は13位スタート。1曲のみですが、しっかり上位に。妙な強さがあります。

メンバーの体調次第では下期リリース無し?

 

12           KAT-TUN

099位、112位、1214位、1317位、1518

TRAGEDYUNLOCK

上期は2枚のリリースでした。

KAT-TUNはこれにて活動休止。素晴らしい実績を残してくれただけに、本当に惜しい。

 

11           Buono!

081位、091位、104位、111位、121位、1516

BravoBravo、初恋サイダー)

復活とともに過去曲が上がってきました。獲得した1位は4回、歴代1位。

下期リリースするならば、5回目の獲得も有り得る。というか濃厚。

 

10           家入レオ

Hello To The World、僕たちの未来)

基準値が順調に上がっている家入レオ、10位入りで折り返し!

女性シンガーソングライターでは実に久しぶりです。

 

9            KEYTALK

1517

(スターリングスター、HELLOW WONDERLANDMATSURIBAYASHI

たくさんリリースしている印象のKEYTALK、家入レオと同じく基準値を上げて10位入り。

このペースならもっと上にいくのかも。

 

8            L'ArcenCiel

116

Wings Flap

年末にリリースした1枚のみ。それでもこの順位に。下期は出さないのでしょう。

第一線からは退いでますが、特別な存在です。

 

7            

095位、102位、1111位、1218位、138位、1410位、1510

(復活LOVEI seek

何と言う安定感…。活動を絶やさないというのは何よりのファンサービスかもしれません。

上期は2枚、いずれもドラマ主題歌で高い数値をマークしました。

 

6            DOES

129位、1420

KNOW KNOW KNOW

KNOW KNOW KNOWが上半期4位に入り、そのまま6位に!

3人自体への信頼はとても厚いです。もう1枚くらいリリースしてくれないかな。

 

5            -ute

098位、105位、113位、128位、131位、141位、152

(ありがとう~無限のエール~、人は何故争うんだろう?)

大黒柱の一角。リリースペース、基準値ともに強い。ここ3年の1位→1位→2位は凄い。

ただ今年はアルバムもリリースし、シングルの方は1枚のみ。数値も下がり、出遅れた形となった。

 

4            パスピエ

153

(ヨアケマエ)

 ヨアケマエが3位にランクイン!歌手別でも4位に。

既に新曲リリースが決まっているので、この勢いならばブルエンにも届きそう。

 

3            アンジュルム

139位、1414位、154

(七転び八起き、出すぎた杭は打たれない、次々続々)

吹き荒れるアンジュルム旋風、上半期も3位に!

状況次第では1位も狙える位置に。まさかここまでに上るとは。

 

2            こぶしファクトリー

(ドスコイ!ケンキョにダイタン、桜ナイトフィーバー)

上半期1位を取った桜ナイトフィーバーが大きく貢献!歌手別でもそのまま2位へ。

7月には新曲もリリース。2年目にして年間1位獲得はBuono!以来のこと。どうなるかな?

 

1            BLUE ENCOUNT

157

(もっと光を、DAY×DAY、はじまり、Survivor

 リリースペース、過去曲の上がり方、曲の平均値。

総合力で1位になりました。立派な大黒柱の1人です。

想いを込められるバンド。下期も、来年も上位に入り続けるでしょう。

 

1            桜ナイトフィーバー / チョット愚直に!猪突猛進 / 押忍!こぶし魂          こぶしファクトリー

2            Survivor  BLUE ENCOUNT

3            ヨアケマエ           パスピエ

4            KNOW KNOW KNOW          DOES

5            何故 人は争うんだろう? / Summer Wind / 人生はSTEP!       -ute

6            次々続々 / 糸島Distance / 恋ならとっくに始まってる             アンジュルム

7            Wings Flap           L'ArcenCiel

8            はじまり              BLUE ENCOUNT

9            ブギウギLOVE / 恋はマグネット / ランラルン~あなたに夢中~          カントリー・ガールズ

10           I seek / Daylight    


11           ハルジオンが咲く頃           乃木坂46

12           KABANERI OF THE IRON FORTRESS              EGOIST

13           復活LOVE            

14           宝物 / イツワリ   LoVendoЯ

15           HELLOW WONDERLAND    KEYTALK

16           MATSURIBAYASHI              KEYTALK

17           Hello To The World              家入レオ

18           Memories              MAN WITH A MISSION

19           スミレ    秦基博

19           君はメロディー    AKB48


21           BravoBravo       Buono!

22           あなたの好きなところ       西野カナ

23           TRAGEDY            KAT-TUN

24           出すぎた杭は打たれない / ドンデンガエシ / わたし  アンジュルム

25                      GReeeeN

26           泡沫サタデーナイト! / The Vision / Tokyoという片隅   モーニング娘。'16

27           Next is you! / カラダだけが大人になったんじゃない   Juice=Juice

28           アクセンティア    藍井エイル

29           冷たい風と片思い / ENDLESS SKY / One and Only      モーニング娘。'16

30           UNLOCK KAT-TUN


31           初恋サイダー       Buono!

32           僕たちの未来       家入レオ

33           white forces          fripSide

34           THE DAY              ポルノグラフィティ

35           始まりの唄           GReeeeN

36           ID           LiSA

37           ドスコイ!ケンキョにダイタン / ラーメン大好き小泉さんの唄 / 念には念(念入りver.  こぶしファクトリー

38           チキンLINE          SKE48

39           カザキリ              やなぎなぎ

40           魔法って言っていいかな?              平井堅


41           七転び八起き / 臥薪嘗胆 / 魔法使いサリー  アンジュルム

42           princess  miwa

43           fragile     TOKIO

44           ランアンドラン    KANA-BOON

45           心雨       indigo la end

46           NEW WALL / I want u to love me        [Alexandros]

47           Rising Hope          LiSA

48           中途半端なスター              ファンキー加藤

49           みなと    スピッツ

50           サイレントマジョリティー              欅坂46

2016-07-10

2016年上半期 1位~3位

3            ヨアケマエ           パスピエ              72.8

今年も絶好調パスピエ!4位と大きく引き離しています。

相変わらず言葉遊びが面白い。革命・格言・宿命の韻踏みや、やや皮肉めいた歌詞。

少し中世的な、そして最後の晩餐のような不思議な情景が思い浮かびます。

曲終わりのギターアレンジがまた情緒的です。

昨年は「トキノワ」が4位、「裏の裏」が7位、そして今作も上期3位。非常に高いアベレージ。

今年は確固たる柱の1つとして、リリースにライブなど活動してくれて本当に嬉しい。

7月末には新曲もリリース。楽しみです。

 

2            Survivor  BLUE ENCOUNT   77.9

アニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」OP

パスピエと並び、確固たる柱になってくれたブルエンが2位!

イントロのスラップ効いてるベースがもう既にかっこいい。

 2番Bメロが特に好きです。虎視眈々たん

カップリングのHOPEも同じく疾走感とギターが走るロックナンバー。

2曲とも大満足の、素晴らしい1枚でした。

「はじまり」もリリースし、上半期は2枚。そして6月末に1枚。

凄いリリースペースです。上半期の主役でした!

 

1            桜ナイトフィーバー / チョット愚直に!猪突猛進 / 押忍!こぶし魂          こぶしファクトリー           100.8

上半期を1位で折り返したのは、昨年の最優秀新人・こぶしファクトリー!

2位のブルエンsurvivorと大差をつけました。

チョット愚直に!は作詞作曲がヒャダイン。ももクロの怪盗少女のイメージが強い方ですが

転調は控えめに、それでもキャッチーに。フリも併せて、完成度高いイメージを持ちました。

押忍こぶは応援団をイメージした1曲。歌詞もふりもすべてが応援ずくし。

地味に熱い歌詞が好きです。

そして…1位にまで押し上げた1曲が、「桜ナイトフィーバー」

作詞作曲はKANさん。オリコン1位取ったので、愛は勝つ以来23年ぶりでしょうか。これも大偉業。

桜を擬人化し、「どうして?」と色々と投げかけてくる歌詞。ポップでキャッチーなのは間違いないのですが…

桜の風情とかけ離れたお祭り騒ぎ、言葉遊び、日本の文化。「いかがなものでしょう?」と皮肉ったり。

間奏のオーオーオーオオー…という叫びも妙に情緒的。桜の優雅さと儚さを添えます。

そしてブロッサムナイトフィーバー!の掛け声、桜もこぶしも咲きほこれ!の締め、アイドルらしいアレンジもまた面白い。

この1曲にたくさんの面白みが詰まっています。

何度でも言いたい。この「桜ナイトフィーバー」は凄い曲!

2016年上半期、たくさんの躍進がありましたが抜けたのはこの1枚。

数字的には年間1位も大いに狙えるほどの大躍進!桜もこぶしも…咲きほこれ!!

2016-07-07

2016年上半期 4位~10位

10位はやっぱりいつもの顔ぶれになります。

…カントリー!?


10           I seek / Daylight               36.6

ドラマ「世界一難しい恋」主題歌

ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」主題歌

I seekは大野君主演の月9ドラマということで

恋愛の難しい感情を明るく歌ってます。Love so sweet系ですね。

Daylightは…サクラップキター!

クールなナンバーになっています。truth系かな。

もう嵐についてはほんと言うことないです。いきものがかりやゆずと同じ感じ。

長年ずーーっと最前線でいてくれることに感謝です。

…特に嵐は安定感がやばい

 

9            ブギウギLOVE / 恋はマグネット / ランラルン~あなたに夢中~          カントリー・ガールズ       42.5

2年目(13年目)のカントリー、自己最高の指数で上半期9位入り!

ブギウギLOVEはジャズテイストの1曲。

アイドルに特化しながら、謙虚にスキルを磨く7人は違和感無く歌い上げます。

恋はマグネットはサビのファルセットでふわふわしたイメージが出る歌謡曲テイスト。

ランラルンはマツコの知らない世界です…。

まったく現場では見ていないんだけど、リリースした3作全てが上位に入っているというアベレージの高さ。

好みはどうであれ、徹底的に変化球を投げていくスタンス。このブレなさは好きです。

 

8            はじまり              BLUE ENCOUNT   43.4

「全国高校サッカー2016」応援ソング

昨年は2枚のリリースながら、歌手別7位にまで上ったブルエン!

年始にリリースされた、ブルエンシングル初のミディアムナンバー。

全国サッカー応援歌ということで、熱い気持ちを歌に乗せられる田辺さんの歌がぴったり。

個人的に気に入ったのはカップリングの「AI」。

テンポと疾走感がとても気持ち良い!

 

7            Wings Flap           L'ArcenCiel     57.9

ひっさびさすぎる!約2年ぶり?ラルクの新曲。

作曲はkenhydeの共作です。

イントロの瞬間、caress of venusを思わせるような爽やかさ。

ゆったりとしたサビの入り、ファルセットで描く情緒的な雰囲気。

歌で世界観を作る上手さというか凄さは…ラルクがナンバーワンだと思います。

私にとって歴代2位のラルク。出してくれて本当に嬉しい。

 

6            次々続々 / 糸島Distance / 恋ならとっくに始まってる             アンジュルム       60.3

15年年末から吹き荒れたアンジュルム旋風は16年上期も続いた。

次々続々は打ち込みが目立つダンスナンバー。そして言葉遊びが凄く面白い。

糸島と恋なら~は歌謡曲系。ハロっぽいですね。

3曲とも生で見て、丁寧な演出でさらに数字を挙げていきました。

今回で田村芽実が最後のシングルに。1番見てきた人なので寂しいところ。

全員が120%の力で、闘争のオーラを纏っているように見えたこの半年。

少し、落ち着きが見えてきてしまった印象。

 

5            何故 人は争うんだろう? / Summer Wind / 人生はSTEP!       -ute     64.6

アルバムリリース後に出した、℃-ute16年初のシングル。

何故~は矢島美容室のような衣装と、明るめのミディアムナンバー。

サマーウィンドも恋心を描いたミディアムナンバー。

STEPはジャズ色の強いナンバーです。自分はこれが1番好み。

℃-uteにしか歌えない曲、に面白みを感じる自分としてはこれに惹かれる。

しかし…3曲とも流し打ちで進塁打を狙ったような曲たち。インパクト小さく、前作より40近く指数を落とすことに。

今年はちょっと厳しい…最近のリリースペースを考えると年間1位は難しくなった。

 

4            KNOW KNOW KNOW          DOES     66.2

アニメ「銀魂」OP

DOESの1年ぶりのシングル!彼ららしい、疾走感ある和風ロックが届きました。

タイアップのこともあり、特に力が入っている印象。2番Aメロで鈴が鳴るところとか。

Cメロからの盛り上がりといい、ひたすらにかっこいい!

DOESはずーーっと好きだけど、特に好きなのはケーサクさんのドラム。

DOESと出会ってから色んなバンドを見たけど、やっぱり彼らは唯一無二です。

2016-07-06

2016年上半期 11位~20位

20           スミレ    秦基博    25.7

ドラマ「スミカスミレ 45歳若返った女」主題歌

昨年「ひまわりの約束」でブレークした秦基博。

個人的には2010年リリースの「アイ」が物凄く大好きでした。

今回はアップテンポのポップソング。これもこれで面白いと思います。

毎年苦しい春にリリース。支えてくれました。

しっかり基準値が上がっている秦基博、アイ以来の20位入りです。

 

19           君はメロディー    AKB48    25.7

AKBがここまでの順位になるのは超久々なんじゃ…?

コテコテの昭和の歌謡曲。案外こういうのがツボだったりします。

3月にリリースし、新譜が少ない4月にじわじわと伸ばしました。

 

18           Memories              MAN WITH A MISSION         26.0

JR SKI SKI CMソング

年初に発売された、マンウィズの第1弾シングル。

JRスキーのCMに合うように、マンウィズには珍しい冬のミディアムナンバー。

見た目は狼ですが、音楽自体はとても素直な印象です。

昨年から…特にRaise your flagの影響が強く

基準値が上がっており、今年も上位に入りました。

 

17           Hello To The World              家入レオ              26.4

CDTV OP

プロデューサーは元superflyの多保孝一さん。

今までの中でもロック色が強い、かっこいいナンバーになっています。

miss you」のような、言葉に力をこめたエモーショナルな曲が合うのかな、と思ってたけど

こういう曲も凄く合うのね。ますます興味持ちました

YUI、絢香ら先輩とは違うパワフルさを持つ家入レオ。

気がついたらシンガーソングライター1番手になっている。

 

16           MATSURIBAYASHI              KEYTALK              28.1

昨年、「桜花爛漫」を中心に大きく基準値を伸ばしたKEYTALK

2016年に入ってさらに好調!相変わらず超キャッチー。

夏のパーティソングということで、掛け声が入ってたり。どことなくORANGE RANGEっぽい。

イントロのベースが走っててなかなかかっこいいです。

5月リリース、7月ももう少し伸ばしそうです。

 

15           HELLOW WONDERLAND    KEYTALK              28.4

MusicTV ED

連続でKEYTALK!こちらも彼ららしい、勢いあるお祭りソング。

この路線をずっと続けるのかな。スターリングスターのように少し情景を変えたり

ちょっとアクセントを加えていってみてほしい。

上半期2曲、下半期次第では歌手別10位入りもいけるかも。

 

14           宝物 / イツワリ   LoVendoЯ           29.0

CDTV ED

昨年メジャーデビューのラベンダーのメジャー2ndシングル。

「宝物」はミディアムナンバー。

作詞はまさかの田中れいな。破天荒で自我が強い人ですが、まさかここまでやわらかい歌詞を書くとは…。

イツワリは激しいロックチューン。サビが小気味良いです。

このグループ、普通にロックバンドしてて普通に良い曲なんですよね。

自然と上に来てしまう。

 

13           復活LOVE                       29.2

NTTドコモ SMソング

嵐ももう17年目でしょうか…。

作詞は竹内まりや、作曲は山下達郎の邦楽界のレジェンド夫婦。

聞きやすく良い曲なんですがちょっと期待しすぎた感はあったかも。

 

12           KABANERI OF THE IRON FORTRESS              EGOIST  33.4

アニメ「甲鉄城のカバネリ」OP

今年も精力的に活動するEGOIST!作詞作曲はもちろんsupercelryoさん。

アニメのイメージ通り、ダークでギラギラした重厚なサウンドになっています。

その中でも聞きやすさが残るのはさすがryoさん。

やっぱり打ち込み重視になるEGOISTよりも、バンドサウンドのsupercellの方が好みなんですよね。。

リリースしたばかりで12位はさすがなのですが、かつてBuono!と唯一肩を並べたsupercell

ハマった時はこんなレベルじゃない。

 

11           ハルジオンが咲く頃           乃木坂46             33.9

スマホアプリ『sizebookCMソング

allfuz『乃木恋〜坂道の下で、あの日僕は恋をした〜』CMソング

乃木坂の第1弾シングル。CMで大量オンエアしていました。

この曲もクセを無くし透明感でるように声を統一し、雰囲気つくりを徹底しています。

「何度目の青空か?」で14年に躍進後、15年は歌手別9位。

そして今年の上期もこの曲があり、良い流れでターン。

ここまで清楚?ふわふわした雰囲気造りを徹底していると非常に好感持てます。

2016-07-05

2016年上半期21位~30位

徐々に書くことが厚くなる。

このブロックはKAT-TUNがね…


30           UNLOCK KAT-TUN 18.8

ドラマ「怪盗 山猫」主題歌

ギターが特徴的なロックナンバー。これもKAT-TUNらしいです、

なお、田口君が脱退を表明。KAT-TUNはこの曲を最後に活動休止に入ることに。

デビューから紆余曲折あったけど、シングルは全部チェックしてたし…本当に残念です。

年間2位に入ったこともあるしね。。

 

29           冷たい風と片思い / ENDLESS SKY / One and Only      モーニング娘。'15             19.1

NHKワールドTVJ-MELOOP

昨年末にリリースされた1枚。この曲を最後に鞘師が卒業。

個人的には「One and Only」が凄く好き。

壮大で透き通るようなアレンジとキャッチーなメロディ。

聞いていると清清しい気持ちになれます。

近年の中でも「わがまま気のまま愛のジョーク」以来のお気に入り。

 

28           アクセンティア    藍井エイル           19.4

ゲーム「デジモンワールド -next Order-」主題歌

藍井エイルの2016年第1弾シングル。

エイルらしいロックテイストの疾走感ある1曲で、基準値通りに積上げてくれました。

更に興味が上に行くには、もう少し何かパンチが欲しい。

 

27           Next is you! / カラダだけが大人になったんじゃない   Juice=Juice           20.2

ドラマ「武道館」主題歌

Juice名義とNext you名義のスプリットシングル。

2曲ともギラギラした歌謡曲チックな1曲。スキルを磨き上げた5人がパワフルに歌ってます。

13年の鮮烈なデビュー、14年は11月まで歌手別1位を快走するも後半に大失速。15年は1曲のみのリリース。

そして16年…基準値は更に下がってしまった。不満は無いけどこれ以上何を望めばいいのか?

ここまでの短期間での失速も珍しいけど、理由も分からない。ひたすら惜しいです。

 

26           泡沫サタデーナイト! / The Vision / Tokyoという片隅   モーニング娘。'16             21.0

‘16としては初めてのシングル。この曲を最後に鈴木香音が卒業。

LOVEマシーン2世」と謳うように、今までの路線とは大きく変わり、明るいパーティソング。

やっぱりアイドルが明るくて分かりやすい曲を歌うと単純に良いですね。

自然と、数値は娘。の中で近年最高の水準となりました。

 

25                      GReeeeN              21.4

「キャリタス就活2017CM」ソング

GReeeeN1弾シングル。

GReeeeNらしく、真っ直ぐで前向きな応援歌です。

年明け近くにCMで大量オンエアされておりました。

あんまり特筆するところは無いんだけど…この人たちは安定しているんですよね。

 

24           出すぎた杭は打たれない / ドンデンガエシ / わたし  アンジュルム       21.7

201610

昨年11月リリースのアンジュルム第3弾シングル。15年年間10位から続き、16年上期も24位に。

出杭は今までの路線とガラっと変えてきた、ハイスピードなメタルアレンジ曲。作曲はラベンダーの魚住有希。

メタルはよく同じ調子になりやすいけど、「どうして どうして」等アレンジ入れることでアクセント入ってます。

ドンデンガエシも力強いハードロック。2016年も続いた要因は、どんどん演出がかっこよくなるこの曲が要因。

この1枚が、ここまで大きく上がったのは、ライブでのメンバーたちの気迫。

ツアー初日、越谷。百花繚乱のVとともに後ろ向きで現れるメンバー。その後姿から出てくる気迫で圧倒された。

150%の力で1曲目、この曲だった。歌が上手い下手ももちろん大事だけど、自分は演者のメンタルに強く惹かれる。

 

23           TRAGEDY            KAT-TUN 24.4

アニメ「金田一少年の事件簿ROP

日本テレビ系『Going!Sports&News』テーマソング

日本テレビ系プロ野球中継「次の瞬間、熱くなれ。」イメージソング

KAT-TUN2016年第1弾シングル!

TRAGEDYは哀愁漂うロックナンバー。

カップリングの「熱くなれ」は今年の日テレの野球テーマソング。

クールなナンバーとスポーツ用の前向きなナンバー…

この毎年ある組み合わせが好きでした。

活動休止は本当に残念。

 

22           あなたの好きなところ       西野カナ              25.2

大塚製薬「MATCHCMソング

気がついたらベテランの域に入っている西野カナ。

お得意の、相手を思う気持ちを描いた優しいラブソング。

やや狂気染みているような歌詞も健在です。

西野カナはなんと言ってもノビ上がって透き通る声が凄く好き。

どんどん安定していく。

 

21           BravoBravo       Buono!   25.4

201033

2009年の年末にリリース。他のBuono!曲に漏れず、ちょくちょく出てきたりしてました。

そして今回大きく再上昇したきっかけは…カップリングの「-Winter Story-」。

「今年の終わりと来年の始まり 一緒にいれたらステキじゃない?」

2年越しのありがとう よろしく」という歌詞。

カウントダウンコンサートでこれを聞いてみたい。悲願の1つでした。

昨年大阪で歌ったときは本当に悔やんだ。

暖かい雰囲気で、Buono!の中でも好きな1曲。もっと好きになれました。

2016-07-03

2016年上半期 31位~40位

40           魔法って言っていいかな?              平井堅    12.8

パナソニック4KカメラCM

平井さんは久々に入ってきた。

綾瀬はるか出演のCM曲としてオンエア、優しいメロディと歌声で

しんみりと染みるミディアムナンバー。

6月末リリース、たった1週で入って来ました。

下期でも伸ばすことになるので、年間でも上位に入りそう。

 

39           カザキリ              やなぎなぎ           13.2

アニメ「ノルン+ノネット」OP

壮大なポップですが、引き出しをもうちょっと増やしてみてほしいな…。

2013年は3位にもなったやなぎ。supercell時代はBuono!とともに最前線にいた。

ちょっと寂しい数字です。

 

38           チキンLINE          SKE48    13.7

2013年は歌手別4位に入り込んでいたSKEだけど…38位。

この人たちはもっと馴染みやすいベタベタな曲でも良いと思う。チョコの奴隷とか凄く良かった

あの頃から、基準値は3分の1に。

グループに思い入れが無い以上、浮上も落ちるも全ては曲次第。

 

37           ドスコイ!ケンキョにダイタン / ラーメン大好き小泉さんの唄 / 念には念(念入りver.  こぶしファクトリー              13.9

201519

16年春はこぶしが主役の1人だった。年始から長く入り続け、上半期にもランクイン。

 

36           ID           LiSA       15.3

201516

昨年末に配信にてリリースされた、LiSAの幕張メッセ公演のテーマ曲。

カップリングのギフトギフトも含め、個人的にはイマイチ。

LiSAにしては伸び悩み、年が明けてからは失速しました。

 

35           始まりの唄           GReeeeN              15.8

「エイブル」CM

非常にGReeeeNらしい、なじみやすい応援歌です。

GReeeeNもBuono!と同級生だから…ながいな。

 

34           THE DAY              ポルノグラフィティ           16.3

アニメ「僕のヒーローアカデミア」OP

久々にポルノ。あたり曲が来た印象!

 

33           white forces          fripSide  17.7

アニメ「シュヴァルツェスマーケン」OP

キャッチーで疾走感ある打ち込みサウンド…が好きだったけど

最近はなんだか振り切れてないfripSide。

前は年間10位に入るほど好きでした。もっとキャッチーで良さそう。

 

32           僕たちの未来       家入レオ              17.9

ドラマ「お迎えデス。」主題歌

昨年から地味に上昇傾向の家入レオ。

メッセージ強い1曲になっていて、元気をもらえます。

 

31           初恋サイダー       Buono!   18.7

20121

201344

歴代1

2012年リリース。当時は圧倒的な初動で抜け出した、歴代1位の王者。

もう散々書きつくしました。

11日、止まっていた時が再び動き出した。

 

2016-07-02

2016年上半期 41位~50位

19年目でしょうか?今年もやっていきます。

上半期ということで、最初はパパっと簡単に。

 

2016年はやや低調。2015>>20142016といった感じ。それでもずっと下がり基調だった2013よりは遥かに上。

要因は…その3年を支え続けたLiSAがリリース0、℃-uteも不調。ゆず・いきものがかりら名脇役も出さなかった。

代わりに新興勢力も出てきており、前向きに捉え「補ってくれた」という印象。

 

50           サイレントマジョリティー              欅坂46   7.4

欅坂がこれがデビュー。乃木坂系列です。

透き通るようなポップ曲が多い乃木坂とは違い、ちょっぴり重めのサウンド。

 

49           みなと    スピッツ              7.8

安定のスピッツです。入るのは相当久々かも。

アップテンポ曲が多い世の中ですが、だからこそスピッツが際立ちます。

 

48           中途半端なスター              ファンキー加藤    7.9

ファンキー加藤らしい、前向きで馴染みやすい応援歌です。

別の方向で話題になってますね。前向きなポップを歌う人なのでこれはイメージが…

変なケチを自らつけんでも。

 

47           Rising Hope          LiSA       8.2

2014年年間1

「魔法学校の劣等生」OP

2年前の年間1位。ツアーに伴い上昇。やはりこの曲のパワーは強い。

 

46           NEW WALL / I want u to love me        [Alexandros]         8.3

フェスで引っ張りだこ、トリを務めることも多いアレクサンドロス。

初のランクインになりました。ただそこまで好みに近いわけでもなく…

これ以上は難しいかも。

 

45           心雨       indigo la end         9.0

ゲスの極み乙女・川谷絵音も所属するバンド。

ふわふわした世界観で、初登場となりました。

割と好きな方なので、諸々のバッシングに負けず曲を歌い続けて欲しい。

 

44           ランアンドラン    KANA-BOON         9.6

2015年の躍進のきっかけとなったバンド勢の一角。

フルドライブの期待時よりはかなり基準値が落ちてしまった。

 

43           fragile     TOKIO    10.5

 

 

42           princess  miwa       10.5

2014年の主役、miwa。1週間でここまで入りました。

とわいえ、基準値下がりすぎ。柱になるのを夢見て5年以上。

何があかんのかな。。

 

41           七転び八起き / 臥薪嘗胆 / 魔法使いサリー  アンジュルム       12.6

昨年リリースながら再浮上。15年下期からのアンジュルム旋風は上半期も続いた。

特に再評価のきっかけとなったのは七転び八起き。

メンバーの役割をチェンジしてみたり、色んな顔を見せてくれて面白かったな。

プロフィール

あるせす

Author:あるせす
とりあえず気になったらコンサートに行ってみよう
という趣味

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる