fc2ブログ

2014-12-30

2014年年間 6位~10位

10 熱情のスペクトラム / 涙が消えるなら いきものがかり 53.1
下半期4位
アニメ「七つの大罪」OP曲
TBS「NEWS23」テーマソング
下半期は圧倒的なリリースペースで主導権を握ってくれたいきものがかり。
その中でも10月に出たこの1枚が、年末まで入り続けて10位入り!
「熱情のスペクトラム」は、いきものがかりではあまりなかった
低いメロディでかっこよく歌い上げています。
個人的にはサビのドラムと、Cメロのファルセットがかっこいい。イメージ的にはブルーバードかな
「涙が消えるなら」は心温まるミディアムナンバー。ニュース番組タイアップで、よく耳にできました。
いきものがかりの10位入りは、2008年の「帰りたくなったよ」以来!
基本的には20位前後を安定して出してくれるグループだけど、今年は強かった。
最前線に入って8年…ありがたい存在です。

9 心の叫びを歌にしてみた / Love take it all ℃-ute 58.8
上半期5位
昨年曲別2位・4位、歌手別1位の℃の14年1枚目のシングル。
「心の叫びを歌にしてみた」は、日常を描いた、正統派なミディアムナンバー。
可愛くほのぼのとした雰囲気で、メロディも馴染みやすく…純粋に良曲な印象。
Love take it allは大人なダンスナンバー。最近多用しているサビのちょっとだけファルセット。
これまでは愛理1人でやってたけど、今作は千聖も任されてたり。
これだ!というインパクトは無いけど、2曲とも平均以上の良い1枚…かなと
「昨年の武道館特需の勢いは望めない」「さすがに落ち着くだろう」
と言いつつも、気がつけば58.8という指数は昨年4位のCrazy完全な大人も超えてる。しっかり基準値が上がってるのかな。
昨年よりもリリースペースが落ちているものの、歌手別2連覇も圏内で推移してました。
08年から入り、既に6年目。すっかりベテラン

8 black bullet fripSide 58.9
上半期6位
下半期48位
アニメ「black bullet」OP曲
EDの方は9位でした。アニメタイアップということで、作品に合わせてダークで重い雰囲気の1曲。
どんな路線でも恐ろしくキャッチーで心地よい疾走感があり…小室サウンドっぽい。八木沢さん本当有能
イントロの瞬間「進撃の巨人か!?」と思わせるコーラスを入れたり、若干の遊び心?チャレンジ心?も面白い。
個人的に好きなのはBメロ「形を無くしてく 曖昧な真理に」このパートが大好き。メロディといい厳つい歌詞といい、南條さんの低音といい。
ボーカルの南條さんが歌が本業ではないため、活動も隔年だったりと限定的でしたが
今後はFCも立ち上げ、アルバムリリース、ツアーも実施していく模様。
13年は曲別9位、歌手別6位。11年は曲別15位。10年は曲別23位。09年は曲別20位。
毎作確実に上位に入ってくるfripSideが本格的に活動するなら…これは本当嬉しい。
年々存在感が強くなるfripSideが、過去最高の9位でフィニッシュ!

7 裸の裸の裸のKISS / アレコレしたい! Juice=Juice 61.7
上半期4位
昨年のルーキー、Juiceが上半期4位・年間7位入り。
ラテンっぽいアレンジが全面に出ていて、感覚的にはポルノのジョバイロと似ている。
Juiceは毎回そうなんだけど、短いパートを3人で歌い紡いでいく構成が多い。この曲なんてAメロからそうだしね
サビの愛して愛して…や裸の裸の…ていうテンポも凄い小気味良くて好き。
この構成がかなり好きなので、今作も見事にツボってしまいました。
もう1つのA面「アレコレしたい!」はドストライクなアイドルポップ。
こういう曲になると前列が少し交代したりと、そういう柔軟さもこのグループの魅力。
5人全員がしかりと自分の役割を全うできていて…今、見ていて聞いてて面白い。
前作イジ抱きよりは若干落ちたものの、60超えの高指数で堂々の7位入り!
当時は1位最有力候補でした。

6 BRiGHT FRiGHT / L.Miranic LiSA 74.7
下半期3位
LiSAが久々にノンタイアップで出した両A面シングル!
安定も安定のLiSA。基準値自体は伸びてます。
BFは超ポップな明るい1曲。
みんなでジャンプしたり手を振ったり、手軽に盛り上がれる1曲!
伴奏が心地よいです。
L.Miranicの方はSiMが作曲。
その通り、疾走感と勢いあるパワフルな1曲になってます。
間奏のGO!って叫びとともに走り出したいけど、現場ではどうなるやらw
それでもLiSAらしく、馴染みやすさも残っているのはさすが。
実は、年を跨いだoath signを除くと6位は自己最低位。
このアベレージの高さはマジでおかしい。
スポンサーサイト



2014-12-29

2014年年間 11位~15位

このへん、去年なら5位くらいです。
それぐらい今年の水準は高かった。

15 トコハナ やなぎなぎ 48.4
上半期9位
アニメ「black bullet」ED曲
2ヶ月に1作は出しているんじゃないか…と思うほどハイペースのやなぎなぎ。
情緒ある出だしからヘビーな前奏に!構成は昨年のZoetropeに似ているかも。
やなぎなぎの楽曲の中では多くない、疾走感溢れる曲だけど
本来のような、独特な優しさは兼ね備えていたり…お気に入りと為りました。
カップリングも同タイアップ曲が1つと、新海監督が手がけたZ会アニメのテーマ曲。
新海監督の描く自然の風景が好きなので、声と映像で聞くとより一層暖かさが増して良い感じ。

14 ヒカレ ゆず 48.6
上半期7位
日本生命CM曲
ソチ冬季五輪時に、高橋大輔のCMとして大量オンエアされましたね
虹、With youの同タイアップと同じように、壮大なアレンジと美しい2人の声がマッチしている印象。
特にサビ前の静寂のBメロ→一気に盛り上がるサビがより壮大。
昨年からゆずへのモチベが右肩上がりであったことと、前作「表裏一体」が爆発したこともあり
基準値が大きく上昇。表裏一体の確変には終わらず、ヒカレも上半期7位と絶好調!
16年目の2人組が今年に入って覚醒とは…

13 ラブソングはとまらないよ いきものがかり 49.7
下半期7位
「カルピスウォーター」CM曲
夏に発売された、いきものがかり2014年初のシングル。
軽やかで可愛らしい、あるようで今までには無かったいきものがかりのミディアムナンバー。
能年玲奈が出演したCMのタイアップも効果抜群で
この曲が流れると夏祭りの雰囲気が思い浮かびます。
カップリングの「虹」もヤマザキランチパックのCM曲としてオンエアされていました。
こちらもいきものがかりらしい、明るく馴染みやすいポップです。
安心して聞いてられる2曲のリリース。大安定のいきものがかりでした。
勢いのあった夏を引っ張ってくれた1枚です。

12 紅蓮 DOES 52.4
下半期6位
アニメ「NARUTO」OP曲
いきものがかりと並ぶ安定先、DOES!
アニメタイアップは修羅、曇天、バクチダンサーに次ぐ4作目。
過去3作を踏襲するように、疾走感とパワー溢れる爽快な1曲に。
Cメロでオイ!とみんなで叫ぶところも凄く熱いけど
個人的には「強くなりたいと願う」っていうBメロが好き。
砂嵐もドラムが心地よい、フェス向けの勢いのある1曲!
DOESはやっぱり渋さとかっこよさ、そしてケーサクさんのドラム。
2曲とも光ってました。

11 ブラックバタフライ / 風に吹かれて Juice=Juice 52.6
下半期5位
この曲は7月にリリース。Juice=Juiceの4thシングル。
ブラックバタフライは正直それほど好きになれなかったけど
風に吹かれては相当お気に入り。昭和なメロディとアレンジで、前作とは少し毛色を変えてきたイメージ。
何より大好きなのは、宮本・高木・金澤のBメロ!
「ズルいのは私よ(金澤)自分を責めないで(高木)君は悪くないよ(宮本)」
この歌い紡ぐ構成が超好き。過去2作も、こういう構成が見れて好きだった。
前2作ほどではないにしろ、好調な推移だったため
Buono!以来となる2年目で歌手別1位に大きく迫る1枚となりました。
なお、秋以降の大失速で適わなかった模様

2014-12-29

2014年年間 16位~20位

5曲単位で!

20 GOLDEN GIRL いきものがかり 39.7
下半期10位
ドラマ「女はそれを許さない」主題歌
年末発売のアルバムの先行シングルとして、11月にリリース。
前作「熱情のスペクトラム」より僅か1ヶ月のリリースでした。
今回の作曲は、吉岡聖恵さん。同じく手がけた「キミがいる」と似たイメージで
ポップで明るく、前向きな1曲に仕上がっています。
今年は色んなジャンルの曲を聴いたからこそ、馴染みやすいポップを確かな歌唱力で歌ういきものがかりが
より存在感が大きくなった気がします。

19 イジワルしないで抱きしめてよ / 初めてを経験中 Juice=Juice 41.0
2013年22位
上半期8位
昨年年末にリリースし、僅か3週で22位入り。昨年の新人ですが
年始も勢いを保ち、上半期も8位・年間19位に入りました。
A面はオリコン2位を取った前作と同じく、ディスコっぽいクールなナンバー。
大人っぽい声を持つ高木・金澤が中心…だけど、ファルセットを多様する個所も多く、すんごく難しそう。
全体的に完成度が凄い高い印象。ハロ抜きにしても、初聴から手放しで絶賛してしまいました。
個人的には、Cメロの「愛してる 愛 愛してる」の部分がすっっっごく魅力的。
カップリングの「初めてを経験中」はアイドルらしく、可愛らしい1曲。落ち着いたメロディで、昔のタンポポっぽい。
近年のハロでは、昨年℃のアダムとイブのジレンマに次ぐ高い数値に。

18 君に出会えたから miwa 41.5
下半期9位
「シーブリーズ」CM曲
今年、待望の躍進を果たしてくれたmiwa!
可愛らしい声が最大限に発揮された、明るく爽やかな
そしてみんなでタオルを回したり、ジャンプしたり等フェス向きの1曲となっております。
Faithの勢いを受けて、基準値は上昇。初週から好スタートを切り
今夏を代表する1曲となりました。今年は色んな歌手が躍進したけど、代表格は間違いなくmiwaでしょう。
待ち続けてたけど、ここで柱となってくれました。

17 In fact KAT-TUN 44.7
上半期7位
ドラマ「ファースト・クラス」主題歌
日テレプロ野球中継2014主題歌
KAT-TUNの2014年第1弾、そして唯一となった1枚。
In factは何度も聞いてるとだんだん味が出てくる感じ。
そして、特に気に入ったのはカップリングのBelieve In Myself
野球中継曲ってことでリリース前からよく耳にしていたけど
凄く爽やかでアイドル曲っぽいw「全てはBelieve In Myself」ってフレーズが最高に熱い。
6月上旬にリリース。僅か3週間の集計で上期10位入りと、最高の初動を切りました。
09年にONE DROPが10位入りし、そこから5年間前線に立ってくれてます。
順調にデビューを飾るも、メンバーが減ったりと平坦な道ではなく…それでも今できることを必死でやってる状況
うーんどうも被るのでどうしても応援したくなるw

16 何度目の青空か? 乃木坂46 47.6
下半期9位
「HTC J butterfly HTL23」CM曲
伴奏から入るイントロで既に耳を傾けてしまう。Aメロでは呟く様に静かに進んでいきます。
曲中は終始哀愁が漂いながら、落ちサビにて半音上がると
歌詞も含めてふぁっと明るくなっていくのが印象的。
疾走感がある曲ではないものの、全体を通して非常に丁寧に
かつ、年頃の女の子たちが歌うのにぴったりな前向きな曲に仕上がっています。
初めて、ふと耳にした時から年末まで上位に入り続けました。
48グループは、ともかく楽曲次第。来年も良い曲を出してくれれば。
渦中の乃木坂、初の20位入り。本当に気に入った1曲。

2014-12-29

12/23 DOES「DOES Tour 2014 紅蓮」

@渋谷 TSUTAYA O-WEST

今年なかなか見れなかったけど、DOES!
知り合いと合流後、会場はO-EAST。
結構余裕あった。

アルバムツアーってことでアルバム中心でしょう。
今回アルバム好みなので、きっと楽しい!

セットリスト
01.カリカチュアの夜
02.曇天
03.リリス
04.黒い太陽
05.ブラック・チェリー
06.アイスクリーム
07.サブタレニアン・ベイビー・ブルース
07.春
08.ロッカ・ホリデイ
09.問題
10.わすれもの
11.レーザー・ライト
12.修羅
13.君とどこかへ
14.殺伐とラブニア
15.レイジー・ベイビー
16.紅蓮
17.終わりのない歌
ENCORE1
18.ハッピーエンド
19.バクチ・ダンサー
20.今を生きる
ENCORE2
21.フューチャーボーイ
22.砂嵐
23.明日は来るのか


やっぱり安定してかっこいい!熱い!楽しい!

アルバム曲も随所にハマってて良いツアーでした。
レーザーライトでは緑のレーザーが飛び交ってた!
リリス、アイスクリーム、殺伐とラブニアあたりは今後もたくさん聞けそう。

内容もたっぷりで楽しかったな。
余裕があればもう少し…

2014-12-29

2014年年間 21位~30位

これを片付けないと来年を始められない。

30 時空を超え、宇宙を超え / Password is 0 モーニング娘。'14 31.7
上半期13位
「au学割キャンペーン」CM
時空を超え~は今までのハロ楽曲には無いイメージ。
ピアノが連弾してたり、Cメロがあったり、やたら壮大だったり。
Password is 0はauタイアップで大量オンエアされました。
今年たくさん聞いたし、耳にも馴染んでいるし
個人的には鞘師の「この世は~」のパートが凄く好きです。かっこいい。
しかし勝負の1作なはずだけど、物足りなかった印象は否めず。。
勢いはあるのに、どうも安定しない。

29 三つ葉の結び目 やなぎなぎ 32.3
上半期12位
アニメ「凪のあすから」OP曲
今年もリリースを重ね続けるやなぎなぎ!ちょっとタイアップアニメはチェックしてませんが
2月に発売されたこの曲が29位という好位置に。
Nagiさんの透き通る歌声を存分に活かしたミディアムナンバーで
サビは優しいファルセットが響き渡り、耳に淀み無く流れてくるよう。
多くリリースされたやなぎなぎのミディアムナンバーでも、特にお気に入りとなりました。
昨年は歌手別3位。supercell時代から常に上位に入ってくれている、貴重な柱です。

28 愛はいつも君の中に / 普通、アイドル10年やってられんないでしょ!? Berryz工房 32.3
上半期42位 下半期25位
6月リリースにつき、上期下期で入りました。
「愛はいつも君の中に」は軍歌のような、過去のベリに無い1曲。
嵐のEndless Gameっぽい感じで、割と好きなんですよね。
普通、アイドル~は完全にベリ専用曲w歌詞カード見てると面白い。
ベリへのモチベは大きく上がりつづけた1年。
活動休止宣言後、アイドル10年を聞くと何だか急に趣深いものとなり
グングンと指数を伸ばしていきました。

27 未来とは? SKE48 32.8
上半期11位
昨年歌手別4位と大確変したSKE。
今年も順調なスタートで、上半期11位に入った!
曲調はとにかく明るく、爽やかな疾走感がたまらない応援歌。
どことなくエイベ臭が漂うのも変わらず。
サビ入り前のギターが何かやたらツボ。
SKEはデビュー時から楽曲が割と好みなんですよね。

26 泣いてもいいんだよ ももいろクローバーZ 34.8
上半期14位 下半期77位
映画「悪夢ちゃん The 夢ovie」主題歌
作詞・作曲は中島みゆきさんが手がけています。すっげぇかっこいい。
歌詞が非常に力強い…を通り越して厳つい!
それでも馴染みやすい、自分好みなロックナンバーに仕上がっており、前作GOUNNを上回る水準に。
個人的にはAメロ→Bメロ→サビ…というスムーズに流れていくのが好き。何だかんだでももクロらしい1曲に
12年は歌手別2位という大躍進だったももクロ。
リリースペースは控えめなのもあるけど、以降はそれほど存在感が…
今後は…どうなるのかな。やっぱり曲次第か。

25 BANG!BANG!BANG! Silent Silen 35.4
下半期15位
夏にぴったりな疾走感ある爽やかな1曲!
可愛い声と流れるような歌詞が特徴的だけど
それと裏腹に力強い演奏が曲を支えている印象です。
12月にCDJで聞けたけど、もっと前から聞けてればもっと上に来ただろうなぁ
8月を彩ってくれて、サイサイの躍進を確定するものとなりました。

24 I miss you / THE FUTURE ℃-ute 35.6
下半期14位
℃-uteの3枚目。11月末リリースでここまで入りました。
可愛い、力強いという今までの℃-uteでは見られないような
愛理千聖-舞美-中島舞の三重唱で構成されています。
聞きごたえは十分で、こういうチャレンジングな姿勢は好きです。
FUTUREの方は…好きになれるのか少し不安
さすがに基準値は下がるけど、やっぱり存在感は強い。

23 Hopes Bright WHITE ASH 36.1
下半期13位
「東京モード学園」CM曲
今年のニューカマー!WHITE ASHが満を持して初登場。
透き通るけど力強いボーカル、メッセージの強い歌詞…はもちろんですが
他のバンドでは聞けないような、重低音のかっこよさが凄い魅力!!
立ち位置的にはDOESと似た期待をできそう。
来年、通ってみたいバンド!

22 Fallen EGOIST 36.5
下半期12位
アニメ「サイコパス」ED曲
EGOISTが1年半ぶりにリリース!
chellyさんの伸びあがる歌声を活かした、力強くエモーショナルな1曲になってます。
11月末にリリース、年末を彩ってくれました。
少し懸念なのが、打ち込み系はEGOIST、バンド系はsupercell…という形で差別化してたイメージだけど
この曲は力強いギターのリフから始まるなど、境界線がなくなってきている印象。
FCも立ち上げたし、supercellはもう活動しないのかな…。
EGOISTに不満があるわけじゃないけど、やはりBuono!とともに時代を築いたグループなので、不安。

21 鍵のない箱 Kinki Kids 36.9
下半期11位
近年、また強くなってきたキンキ!
昨年に続き、キンキの原点とも言える、馴染みやすくも
メロディアスで哀愁ある1曲になっています。
こういう原点回帰されると、自然と高くなってきちゃいますね。
カップリングも堂島さんが書いてたり、ツボを押さえまくってくれてます。

2014-12-28

2014年年間 31位~40位

CDJのレポも控えてくるので、早めに早めに・・・

40 GUTS! 嵐 25.3
上半期18位
ドラマ「弱くても勝てます」主題歌
今年も強い嵐!かなりのハイペースでリリースが続いています。
メロディもアレンジも昭和の歌謡曲の雰囲気を受けます。
その中でもドラマに合うよう、力強い応援歌となっていました。
5月にリリース。近年屈指の激戦月をさらに分厚くしてくれました。

39 モアモア 大塚愛 26.6
上半期19位
昨年から活動を再開し、今年も5月にリリース。
前作のRe;NAMEは暖かいミディアムナンバーとなっておりましたが
今作はフワフワしたポップなナンバー。
この人が凄いのは、とにかくキャッチー。どの路線でも、1回聞いたらすぐに覚えられるんだよね。
Re;NAMEと似た感想なのは、大人になったのが凄い伝わってくるところ。感情を歌詞にしっかり書いている印象です。
一線を退いているけど、リリースが決まったり歌声聴いたりすると、自然と心が温まります。
やっぱり、過去とはいえ大黒柱です。

38 Count ZERO / Runners high T.M.Revoluthion / SCANDAL 27.1
上半期17位
ゲーム「戦国BASARA4」OPとED
BASARAタイアップということで、西川兄貴とSCANDALのスプリットシングル。
アクションゲームらしく、どちらも勢いと疾走感のあるパワフルな楽曲になっています。
ただ、こういうスプリットシングルってどうなんだろうね。
今回の指数付けは凄い悩みました。2組とも好きだからこの順位になったけど。
やなぎなぎとかもスプリットシングル出したけど…今後増えていくのかな。
タイアップありきになっちゃうのが不安。。

37 ローラの傷だらけ ゴールデンボンバー 27.6
下半期19位
ゴールデンボンバーが8月にリリースしたシングル。
敢えてタイアップも無く、特典もつけずにリリースという1枚。
曲自体は馴染みやすさとヘドバンしたくなるようなかっこよさが備わっていて、間違いなく良曲!
けど案の定、枚数はあまり売れず…。
エアバンドやコミカルな部分が目立つ金爆だけど、音楽に対しては凄い真面目な印象。
こんなところももっと評価されてほしいな。年末見ても女々しくてしか歌わせてもらえてないじゃないか…

36 『生命のワルツ』 9mm Parabellum Ballet 28.3
下半期18位
9mmの久々のシングル!!12月リリース、僅か2週間で36位に入りました。
歌謡曲+パンクな9mmらしい1曲で、相変わらず演奏もかっこいい!
リリースぺースは遅めだけど、ポジション的にはDOESに次ぐバンド。期待しています。
この勢いならば来年も顔を出すことは間違いなし。

35 シルシ LiSA 28.8
下半期17位
アニメ『ソードアート・オンラインII』マザーズ・ロザリオ編ED曲
現在の1番手、LiSAの最新シングル。9mmと同じく年末リリースにつき、2週のみのカウントに。
それでも35位…と言いたいけど、LiSAなら2週あれば15位付近まではいける試算。
自身初、シングルA面がミディアムナンバーということで、出だしは少し遅れることに。
これからライブでも聞けると思うので、好きになっていくんじゃないかと思います。

34 Bittersweet 嵐 29.0
上半期16位
ドラマ「失恋ショコラティエ」主題歌
またまた嵐!
Love so sweetを彷彿とさせるような、暖かい1曲に仕上がっています。
嵐のこの路線は好きなんですよね。無条件に高くなっちゃいます。
トップ50位入りは2007年のHapinessから7年連続なんですかね。
本当にすごいのは、ずーーっと最前線にいるということ。
ちょっと凄すぎる。

33 ラブサーチライト 柴咲コウ 29.3
上半期15位
映画「名探偵コナン 異次元の狙撃手」主題歌
作曲はandropの内澤さん。
間奏ではサーチライトのようにサイレンが鳴って「コナンっぽい?」と思えば
バスがやたらかっこよく目立ってたり。
明るく馴染みやすいキャッチー差とアレンジのかっこよさ…ラバソーみたい。
ちなみに柴咲コウが入るのは、その2009年のラバソー以来5年ぶり。数年に1回確変するのかなw
例年閑散期となる4月を支え続け、上半期15位・年間33位という結果に!

32 輝け ファンキー加藤 29.6
上半期21位 下半期66位
「カルピスソーダ」CM曲
元ファンキーモンキーベイビーズのファンキー加藤のソロ。
カルピスソーダタイアップということで、底抜けに明るく爽やか。
CMで流れるとバッと振り向くくらい、掴みは完璧。
HipHopよりもポップな路線で行くみたいですね。その方が声的にあってるのかも。
ドリカムに続き、こういう確変曲が彩ってくれるのは大きい。

31 足音~Be Strong~ Mr.Children 30.1
下半期16位
ドラマ『信長協奏曲』主題歌
ミスチル…何年ぶりだ!?
強さと優しさを持つ、ミスチルらしいメッセージ性の強い1曲。
声だけで安心感がある。
オリコン1位記録が途切れたのは残念だけど、今後も曲を出し続けてほしいな。

2014-12-28

2014年年間 41位~50位

ペースアップしていこう!

50 AGAIN DREAMS COME TRUE 21.3
上半期24位
日テレ「NEWS ZERO」テーマソング
ドリカムが入るなんて何年ぶりだろうか…。福山雅治、稲葉浩二、氷室京介、絢香と続いたタイアップ。
ニュース番組のテーマソングということで、訴えかけてくる…「もう1度 今のあなたで」と、メッセージ性の強い歌になってます。
静かに、そして吉田さんの歌声で力強く励ましてくる印象。
今回は宣伝にも力が入っており、自分の中でも久々に上位に入りました。
今年はこういうランクインが多い。充実している上半期だったんだなぁ

49 君がいない、あの日から… Acid Black Cherry 21.6
上半期23位
ジャンヌダルク時代の06年あたりからずっと前線にいてくれるAcidさん。
今作はミディアムナンバー。相変わらず綺麗な歌声と綺麗なメロディで、聞いてて落ち着くんだけど
以前のようなキャッチーさは少し無くなった印象。
2008年付近では柱の1つだったけど、近年はちょっと低調かも。。

48 誰も知らない 嵐 21.8
上半期26位
ドラマ「死神くん」主題歌
ピアノの旋律と大野君の歌声からスタート。この掴みはとても良いんですが…
似た路線のLotusあたりと比べると情熱的なアレンジでもなく、あまりパッとしない印象。
最後のシャウトはかっこいいんだけど…
嵐にしては、若干低い推移となりました。それでも強いんですが

47 恋い雪 Silent Silen 22.1
下半期24位
今年ブレイクしてくれたサイサイの武道館公演を控えたシングル。
やさしい1曲で、高い勢いを保ちつつ
12月リリースにも関わらず50位以内に入りました。
ボーカルの子の声が細いのが気になるけど、曲は凄い好み。
アルバムも買ってみたい。

46 嗚呼 すすきの / 地球は今日も愛を育む スマイレージ 22.7
下半期23位
どことなく漂うプラチナ臭。
こういう路線で行ってくれるなら面白そうだったかも。
スマの2014年リリースの中では、最高位になりました。
2015年は名前を変えて再発進。
好きになれそうで、イマイチ踏み出せない状況が続きます。

45 桜、みんなで食べた HKT48 22.7
上半期22位
うおお…HKTが初めてのランクイン。50位、100位入りも初めて。
非常~にキャッチーなメロディ。特にサビは聞いたら1発で覚えられる。
凄く爽やかな1曲で、気に入りました。
歌声の方は、48グループの中でも特に幼い感じ。それがこの曲には功を奏していたかも。
他の支店と同様、グループ自体には思い入れは特に無いので
今後も楽曲の好み1つで浮き沈みしていくのかな

44 Dragon Night SEKAI NO OWARI 24.4
下半期22位
今年ノリにノッたセカオワの最新シングル。
やさしいメロディと雰囲気で、世界の平和?を歌っています。
先鋭的な発言が色々と注目されるけど
彼らの曲は凄く馴染みやすくて、純粋に聞いてて良いなぁって思います。
どんどん基準値が上がっていき、来年もきっと活躍してくれるでしょう。

43 TIKI BUN / シャバダバ ドゥ~ / 見返り美人 モーニング娘。'14 24.5
下半期21位
道重さゆみのラストシングル。
Aメロは相変わらずのEDMで、少しみんなでフリできるところはありましたが、大体おんなじ。
基準値は下がっていく一方ですが、今回押し上げた要因は「見返り美人」
は?演歌?と思ったけど、歌詞は近年のブレークの立役者となった道重さゆみを送る1曲。
耳にはとどまらず、心に響く1曲でした。

42 Image SCANDAL 24.7
下半期20位
12月のリリース、わずか1か月で42位に。
頑張る人を励ます応援歌!SCANDALらしいポップな1曲です。
今年は少し低迷もあったけど、地力はあるので
来年にも期待したい。

41 炎と森のカーニバル SEKAI NO OWARI 24.8
上半期20位
「ひかりTVみらい系エンタメ」CM曲
大ブレイク中のセカオワ。
軽やかなアレンジと柔らかい声とメロディで、聞いているとふわふわする気分に。
バンドでは使わないような楽器もふんだんに取り入れて、世界観をさらに独特なものとしています。
相当注目されている存在になったため、言動等も逐一マークされておりますが
曲自体は、かなりお気に入りです。物語のような、童話のような…
躍進の上半期20位入り!

2014-12-27

2014年年間 51位~80位

ペースが鈍い。一気にやってこう!

80 Departure SCANDAL 13.1
79 7日目の決意 UVERworld 13.4
78 あの夏で待ってる やなぎなぎ 13.7
77 シリウス 藍井エイル 13.7
76 控えめI love you! HKT48 14.1


アニメエリア?
やなぎはミディアムナンバー続きで少し基準値が…。
SCANDALは今年もかっこいい曲が少なめで、なかなか伸びなかった。
80位は近年最低位かも。

75 believe kalafina 14.4
74 ミステリーナイト! / エインティーン エモーション スマイレージ 14.5
73 INCUBUS Acid Black Cherry 14.8
72 Esse やなぎなぎ 16.0
71 Darling 西野カナ 16.2


ここも元々は上位組だけど、不調につきここに留まったイメージ。ABCとか。
でもずっとこのポジションの西野カナはある意味強いかも。

70 12月のカンガルー SKE48 16.7
69 生きてゆく KANA-BOON 16.8
68 背伸び / 伊達じゃないよ うちの人生は Juice=Juice 17.0
67 キラキラ-go-round 中川翔子 17.3
66 太陽 ファンキー加藤 17.5


SKEは2週だけで70位に。ここもあまり伸びなかった勢。
Juiceはもう少し伸びてれば歌手別1位だったのに…大失速。
しょこたんもKANABOONももう少し…

65 東京VICTORY サザンオールスターズ 17.6
64 STEP  ClariS 17.7
63 ゆめのはじまりんりん きゃりーぱみゅぱみゅ 17.9
62 さかさま世界/Once Upon a Time -キボウノウタ- 中川翔子 18.2
61 都会の一人暮らし / 愛ってもっと斬新 ℃-ute 18.8


サザンは何年ぶりだろう。そしてClariSは2人時代はこれでラスト。
しょこたん、℃は昨年に続き。特に℃の都会の一人暮らしは
カップリングのプリモア、誘惑の休日の影響で年間通して稼ぎ続きました。

60 希望の環(WA) / 月食~winter moon~ miwa 19.1
59 今、咲き誇る花たちよ コブクロ 19.3
58 CLICK ClariS 19.7
57 夜明けの流星群 SCANDAL 19.7
56 IGNITE 藍井エイル 19.9


コブクロは懐かしい!そういえば冬季五輪でしたね。
エイルは昨年からいい感じに勢い保って今年も活動してくれました。

55 ラッキーガール Silent Silen 20.0
54 シルエット KANA-BOON 20.2
53 We Don't Stop 西野カナ 20.3
52 MOON PRIDE ももいろクローバーZ 20.6
51 ええか? / 「良い奴」 スマイレージ 20.7


KANA-BOONは来年に期待。とにかくフルドライブは気に入ったし
サイサイも今年ブレーク!
スマは昨年から引き続き。ええか?好きです。

2014-12-27

2014年年間 81位~100位

もうこんな季節です。2014年の瀬。
今年はとにかく好調だった!水準は年々右肩下がりだったけど
6年ぶり、2008年以来と一気に水準を上げた。怪物曲が1枚で持ち上げた2012年も超えました。
要因は…と思ったけど、アイドル・バンド・ポップス勢全てが好調だった。アニメ勢は後退気味だけど
新人はほぼ皆無だけど、今年出てきたニューフェイスも多く、楽しい1年でした。
てことで、フェスとかで色々発掘できたのが最大の要因かな。

それでは早速。50位までは早送りで。

100 ヌイグルマーZ 中川翔子 9.4
99 初恋サイダー Buono! 10.0
97 Door / Hot Stuff JUJU 10.1
97 もっとずっと一緒にいたかった / Rock エロティック Berryz工房 10.1
96 俺たちのセレブレーション ポルノグラフィティ 10.2


初恋サイダーは3月の桃子生誕イベにて浮上。これで歴代2位となってます
歌謡曲路線のポルノは…うーん。。

95 蒼い星 柴咲コウ 10.2
94 心のプラカード AKB48 10.4
93 前しか向かねえ AKB48 10.6
92 ツナガルオモイ 藍井エイル 10.8
91 笑顔の君は太陽さ / 君の代わりは居やしない / What is LOVE? モーニング娘。'14 10.9


一時期は3年連続で歌手別10位入りしたAKBもすっかり基準値が低く。。
勢いは衰えていないんだろうけど、近年はいかんせん曲が…

89 スノーマジックファンタジー SEKAI NO OWARI 11.4
89 さよならはエモーション サカナクション 11.4
88 虹の音 藍井エイル 11.4
87 ラストシーン JUJU 11.7
86 LOVE HOLIDAY TOKIO 12.0


JUJUのラストシーンはお気に入り。何だかこのブロックはまともだね

85 大人なのよ! / 1億3千万総ダイエット王国 Berryz工房 12.0
84 GET AWAY VAMPS 12.3
83 夏のFree&Easy 乃木坂46 12.4
82 ファミリーパーティ きゃりーぱみゅぱみゅ 12.5
81 不器用太陽 SKE48 13.0


昨年大躍進のSKEは、案の定失速。
48グループは本当曲次第。

2014-12-27

12/21 X'masイベント ℃-ute

@山野ホール

去年散々な評判だったクリスマスイベント。
今年も期待はできないけど、℃の場合は何と言っても「ロンクリを必ず歌う」というアドバンテージがある
ってわけで2回目だけ。

※トーク
※抽選会
会いたいロンリークリスマス
EVERYDAY YEAH!片想い
誘惑の休日

うん…。
■トーク
℃-uteに関するお題を出して「○○に聞きました」という、またロンハーっぽい企画。
2回目はBerryz工房ってことで、ベリキューの長い関係なので名前はある程度オープンに。
ちなみに1回目は研修生だったと以下は面白かった話。

・℃-uteでおばさんくさいメンバーは?
ほぼ満場一致で愛理。桃子も相当おばさんくさいけど…という話になり
愛理から桃子のエピソード。
「この前一緒にライブ行って、はしゃぐ桃を見れた。もつ鍋も食べた」
ゆずのコンサートだろう。俺もいたと思われる
「Buono!の時は湿布を貼ったままライブに出てた」
Buono!という言葉に超反応してしまいます

・3バカ
3バカが3バカと呼ばれていることについて言及。
本人らはあんまり悪い気はしてなく、むしろLINEのグループで「3バカ」とつけるくらいには気に入ってるらしい。
最近は中島が抜け出そうとしてる
千聖「バカなのに大人ぶろうとしてる」
なお、最近は愛理が1強と化してきている模様

・友達になりたくない℃-uteメンは?
3つ意見が上がってた。
1つ目は雅より、舞美。
友達というか、お姉さんというイメージらしい。舞美も「一緒に遊んだこと無い」というように
あんまりこの2人が絡むイメージは無い。

2つめは桃子より、マイマイ。
妹にしたいから、とか。それを聞いたマイマイは「なんだ桃か~」と急にリラックス
楽屋で一緒になると、まあさと桃子から一緒に可愛いねー攻めらしいw

3つ目は愛理。
「愛理は天才。私はバカ。悲しいかな、会話が噛み合わない。」by 徳永千奈美
草不可避w 愛理も「確かに会話の途中、言葉の意味を良く聞かれる」という

■曲
3曲だけ。Oh…
・ロンクリ
満を持してフル披露。これ目当てです!
やっぱり名曲で自分も大好きだけど、ペンタグラムの時のような感動は味わえなかった。
今年の愛理は地味に調子悪い時期が長かった気がする。

・エブ片
もうこの曲もまともに歌えないというか、声を出せないマイマイさん。
いかんでしょう…。

・誘惑の休日
地味に大好きな1曲。ポップなサビも良いけど、Aメロが凄く好き。
愛理と千聖のハモりで進んでいく構成が好き。2トップがしっかりしてる℃ならでは


抽選会はカスリもしませんでした。いつも通りだね。


まあ…ロンクリ聞きに行ったイベントでした。

2014-12-25

12/13 ℃-uteコンサートツアー2014秋~モンスター~

@NHK大阪ホール

℃年内ラスト。
春ツアーなど、色々迷うことはあったけれど
やはりハロ1番手は揺るがず。全体でも2位。
5年間の現場経験と思い入れから、もはやホームの安心感を与えてくれます。

さて、大阪による振替公演でラスト。
昼は2階最後列。一般でとりました。たくさん席使えた。。
夜は1階C通路。

いざ!

OA テーブル席空いててもカウンター席/ハロプロ研修生
01. THE FUTURE ★
02. 愛ってもっと斬新 ※MC
03. I miss you ★
04. ジュリエットジュリエット
05. 「大好き」の意味を教えて!
06. ひとり占めしたかっただけなのに
07. FARAWAY
08. 【チャレンジアクト】
09. ベーグルにハム&チーズ
10. YES! しあわせ
11. 誰にも内緒の恋しているの
MC【モンスターなエピソード】
12. 【ソロメドレー回替わりシャッフル】
13. Big dreams
14. 会いたいロンリークリスマス ★
ゴールデン初デートの寿司VTR再現 ★
15. 世界一HAPPYな女の子/全員 ★
16. 都会の一人暮らし/全員 ★
17. Midnight Temptation
18. Love take it all
19. 大きな愛でもてなして (オリジナルVer.)/矢島鈴木 ★
20. 即 抱きしめて (オリジナルVer.)/中島岡井萩原 ★
21. 都会っ子 純情 (2012神聖なるVer.)
22. 悲しきヘブン (Single Version
23. Kiss me 愛してる
24. Danceでバコーン!
E1. まっさらブルージーンズ (2012神聖なるVer.)
MC
E2. SHINES


なんと、120分超えのスペシャル公演。大ボリュームでした!ほぼ武道館と同じ。
振替公演になっても来てくれたお客さんに感謝を込めて、東京でもやったように
大阪でもホール仕様+武道館使用の2種類を見てもらいたかったという。

感想は大体武道館の通りかな。昼は思いっきりフリができて、夜は千秋楽を味わうことができた。
やっぱり印象に残ったのはロンクリ。流れた瞬間大歓声!人気なんだね。
自分は本当に好きなので、特徴的なあのフォーメーション見ればすぐ分かっちゃう。
愛理も言ってたけど、今年は聞ける回数が多くて嬉しいね。

■今ツアー
今回のツアーは本当に好き。
Monsterというように、アレンジが劇的な楽曲たちから始まり
ベーグルから始まる、日常の幸せを描いたブロック。個人的には、ここのベーグルが好きすぎる。
天使になった研修生がメンバーを起こし、目覚めを描いていく構成。曲の良さを120%にしてくれた。
かっこいい曲たちのブロックでは、MTなど惜しみもなく。
後半は大もて→即抱き→都会っ子→Kiss me→悲しきヘブン→バコーンというラッシュ。
春の温存をぶちかましてくれた感じ。

■メンバー
相変わらず武道館から調子はいまひとつなイメージだけど、5人を見るだけで落ち着く。

■1年振替って
春ツアーは迷ったけど、最近は色々チャレンジして
色んな顔を見せるようになってくれたイメージ。
見ごたえあるので、来年もまた楽しませてほしい。

2014-12-19

2014年末ソート

2014年も全てのハロ単独ライブは終わり。
てわけでソートしてみます。
ちゃゆ…どこなのちゃゆ…><

3→1 1位   嗣永 桃子  →
1→2 2位   鈴木 愛理  →
2→3 3位   岡井 千聖  →
5→8 4位   矢島 舞美  ↑
6→4 5位   田村 芽実  ↓
8→6 6位   中島 早貴  →
4→5 7位   金澤 朋子  ↓
7→10 8位   鞘師 里保  ↑
11→7 9位   宮本 佳林  ↓
18→15 10位   夏焼 雅   ↓

25→21 11位   菅谷梨沙子  ↑
24→25 12位   徳永千奈美  ↑
16→18 13位   石田亜佑美  ↑
12→14 14位   小田さくら  →
9→16 15位   萩原 舞   ↑
19→23 16位   熊井友理奈  ↑
14→9 17位   和田 彩花  ↓
28→19 18位   中西 香菜  ↑
17→20 19位   宮崎 由加  ↑
33→11 20位   福田 花音  ↓

10→13 21位   生田衣梨奈  ↓
15→17 22位   高木 紗友希 ↓
20→22 23位   譜久村 聖  ↓
26→26 24位   清水 佐紀  ↑
21→24 25位   植村 あかり ↓
32→32 26位   須藤 茉麻  ↑
27→31 27位   鈴木 香音  ↑
22→29 28位   飯窪 春菜  ↑
29→27 29位   竹内 朱莉  ↓
23→28 30位   工藤 遥   ↓
31→30 31位   勝田 里奈  ↓
30→33 32位   佐藤 優樹 ↑

上位常連のさゆがいなくなったんだから、上げ基調。
ベリ勢は既に上がいない桃子を除いて全員上昇!

■上がった人たち
・13位上昇
徳永千奈美(25→12)

・10位上昇
菅谷梨沙子(21→11)

・7位上昇
熊井友理奈(23→16)

■下がった人たち
・9位下降
生田衣梨奈(13→22)
福田まろ(11→20)

・8位下降
和田彩花(9→17)

■トップ10
・1位様
去年は3位にまで後退したけど
今年、力強い歌をまた聞かせてくれた桃子がガッチリと1位。
最近、攻撃的な性格がよく表に出てくるようになった印象だけど、ひとまず3月までは1位でしょう。
カンガルーメインになってからは…やっぱり歌次第。聞ける機会無くなると、必然的に下がっちゃうかも。

・℃コンビ
2人とも思い入れが強く、来年以降も下位に転がることはないでしょう。
動向が読めない桃子次第では、愛理は1位に上がるかも。
Buono!補正が弱まっていても、やはりこの2人は違う。

・舞美
地味に4ランクアップで自己最高位の舞美。上位陣との境界線みたいな立位置。
これという要素は無いけど、JJとスマが上期と比べると少しペースダウンしたので。
ついにハロのリーダーに就任。来年以降も安定して上位にいるのでしょう。

・めいめい
「こんなのただの人気投票じゃないか!」「スマイレージはいつもこうだ…。」など数々の名言
そしてプライベートで滝に打たれに行くという奇行
悲運の努力家なイメージに磨きがかかり、楽しく?応援させてもらいました。
Buono!3人+千聖以外では、kntm・めいめいのみソロイベに行きました。
もう少し、kntmみたいにクールに考えて配慮できる頭脳が磨かれるとすっごく好きになれそうです。

・中島
気がつけばすっかり上位常連。まさかの歌進化といい、急激な体重増加といい
大事な武道館で成長したはずの歌不調といい、今年の中島は見てて楽しかったです。
ブツクサ言いながらちゃんと努力してる印象。

・kntm
昨年から上位入り。ソロイベでの配慮というか頭の良さ、ワープ!での愛理完コピの衝撃
今年も上位でフィニッシュ。とはいえ、JJを見る機会が減って少し落ち着いた模様

・さやすん
印象的なのは広島公演。
「頑張れる自信はありますから」驚異的なメンタル力は心底尊敬する。
もう少し思い入れと、歌に惹かれるようになれば愛理クラス待ったなし

・カリン
ばくわら世代こと第2次ゴールデンエイジの代表格。
幼少期から苦労を重ねてついにデビュー、可愛く健気に頑張る姿。
もう一皮向けてくれたらきっとトップ3いけるんじゃないかってレベル。今のままでも応援しています。

・雅
Buono!補正時は3位だったことを思い出すと、ここ最近は15位あたりに低迷。
相変わらず歌は調子が悪い日が多かった印象だけど
ベリを見る機会が増えたこと、大人びて良い発言が増えたこともあり10位に上昇。
…やっぱり、武道館の悲願成就も大きかった。この3人は別世界なことを再確認。10位だけど。

■ピックアップ
・梨沙子
ジャンプアップ。ベリは見る機会増えたしね。
根は凄い良い子なんじゃないか?と思い始めたのと
魂込めた永久の歌に惹かれました。最後のソートで自己最高位。

・千奈美
こちらも超ジャンプアップで自己最高位…かと思ったら、2007年の第1回目のソートで10位だった。草生える
あのキャラと、良く見てると絶妙なMC。ネックすぎる歌も、もうあれはあれで魅力あるんじゃないかって思えてきた。
完全に千奈美ワールドに引きずり込まれて、7年ぶりの高順位。

・だーいし
5ランクアップ。娘の中では1番上がり、さゆ卒業に伴い2番手に。
気合たっぷりだけどどこか締まらない感じ、たまに見せるかっこいいファインプレーなど
劇場型の人だなぁ…って印象。歌も順調に成長してるし。面白い。

・熊井ちょ
ベリフィーバーの波に乗りました。元々は10位常連さんだったんだよね。

・あやちょ
まさかの急降下、というか前回が高い!
可愛いし歌えるし踊れるんで、何か不満あるわけじゃないんだけども。

・まろ
本当気分屋じゃなければ…

・生田
一時期は10位いりも、魔法が解けました。



これ、ベリがいなくなるんか…。寂しくなる。

2014-12-15

12/7 Berryz工房デビュー10周年記念コンサートツアー2014秋~プロフェッショナル~

@イズミティ21

ベリ単独ホールコン、ラスト。
仙台は震災で中止になった会場。3年ぶりに凱旋!

昼は通路、夜は真ん中。知り合い連番。
すごく回りも楽しく、ベリコンの醍醐味を味わえました。


【セットリスト】
 映像上映「プロフェッショナル 工房の流儀」
01 すっちゃかめっちゃか~
02 アジアン セレブレイション ※間奏でDJ MIYABIによるメンバー紹介
 ※挨拶MC 徳熊夏菅嗣須清
03 ロマンスを語って
04 コイセヨ!
05 愛はいつも君の中に
06 恋するテクニック
 ※MC
07~09 【回替わり曲(別掲)】

07 Loving you Too much/徳永・須藤
08 友達は友達なんだ!/夏焼・熊井・菅谷
09 もっとずっと一緒に居たかった/清水・嗣永

07 愛のスキスキ指数 上昇中/嗣永・徳永・菅谷
08 さぼり(2番)/清水・夏焼
09 VERY BEAUTY/須藤・熊井

07 女子会 the night/夏焼・菅谷    
08 女のプライド/嗣永・熊井
09 真っ白いあの雲/清水・須藤・徳永

10 秘密のウ・タ・ヒ・メ
11 付き合ってるのに片思い
12 恋してるときはいつも…
 ※MC 前列から須菅熊・清嗣・夏徳
13 サヨナラ ウソつきの私(今ツアー限定アレンジ)
14 君の友達
15 世界で一番大切な人
16 ジンギスカン
 映像上映「プロフェッショナル ○○の流儀」 ※○○はメンバー名で回替わり
17 シャイニングパワー/研修生チャレンジアクト ※曲中にスクリーン字幕のみで名前紹介
 ※研修生MC
18 素肌ピチピチ/研修生チャレンジアクト(2番からBerryz工房合流)
19 普通、アイドル10年やってらんないでしょ!?
20 I'm so cool!
21 なんちゅう恋をやってるぅ YOU KNOW?
22 愛の弾丸
 ※煽りMC 前列から夏熊・須清・徳菅嗣
23 cha cha SING
24 ライバル
 ※進行MC 須徳清夏菅嗣熊
25 永久の歌
E1 ハピネス~幸福歓迎~ / 抱きしめて 抱きしめて / 世の中薔薇色
 ※挨拶MC
E2 ちょっとさみしいな
 メンバー退場後に映像上映「○○の流儀」の続き

■ウタヒメ
サビのふわふわした雰囲気…水の中にいるような心地。
こういう情景が浮かぶ曲は好きです。
そして、最後なんだろうな…

■君の友達
アウトロの伴奏が何度聞いても絶品である。
流れるようなフリにしているのもまた良い。
ベリの中でも屈指の良曲。恐らく聞けるのはラストだったと思います。
聴き終わった瞬間の心地よい余韻とともに、今日は少し悲しかった。

■もっとずっと~他
静かに力強く伸び上がる、大好きな桃子の歌。
結構力押しだったけど、この日は調子良さそうで心躍った!

■ライバル
先日検証した通り、超大正義Buono!に対抗できるレベルのハロ1好きな曲。
好きなパート1位でもあろう、「未来は自分の手の中さ」は本当に心を打たれた。

■永久の歌
最後の落ちサビ。
涙で歌えなくなる雅、笑顔で歌う桃子、堪えながら震え声で歌う梨沙子
それぞれの思いが詰まった、ほんの20秒間。
物凄く心動かされた、濃密な20秒間でした。


■最後の単独ツアーを終えて…
今年に入ってからの吹っ切れたベリは本当に楽しかった。
ヲタになって以来、初めて℃以外のグループが参戦数トップに立った。
見応えという点ではそりゃ個性派集団なので首をかしげるシーンは多いけど…
「わいわい楽しもう!」という気概が本当に伝わってきて楽しかった。
それを受けて、周辺の人と楽しく盛り上がれるこの雰囲気が凄く良かった。

今になって思うけど、本当に惜しい、惜しすぎる…

■If
自分がこの世界に飛び込んだのは、Buono!から。
ハイブリットパンチが終わり、ベリキューの方にも飛び込んだ。
恐らく自分の中では最短距離だったと思う。
そして、ベリと℃どちらに重きが傾くか…という段階になってくるんだけども、ここで選択肢が違ったら?と考えると、今でも趣きある。
もしも最新シングルがMADAYADE vs Forever Loveじゃなかったら?
1推し、というかBuono!2人がいるベリに傾いてた可能性は高かったかもしれない。
そしてそっちの道を歩んでいた時、この公演を見たら何を感じていたんだろう…と少し考えてしまった。
それでも、ちょっぴり泣きながら「楽しかった!」って言ってるのかも。


着々と時間は進み、残りもわずか。
楽しもう、楽しもう。

2014-12-09

2014年楽曲大賞

そんな季節です。昨年はスマイレージ旋風と思いきや、℃が強かった。そんな年でした。
今年は過去最悪の外れ年。アルバムも出ない、両A面ばかり。
早くつんく元気になってくだされ。、。

■‘14
勢いを保って駆け抜けた14年でしたが
さゆ卒業以降、地力が落ちるのは避けられなさそう。来年以降は果たして。。
曲でいえば、唯一アルバムをリリースしたのね。曲数は随一。昨年よりは好きな曲多かった。
来年に期待…は、現路線が続くならばやっぱりちょっと難しい。

・Password is 0
Bメロの鞘師がほんとすき

・大人になれば 大人になれる
ポップな曲調と勢いよく出てくるだーいしが好き。

・キラリと光る星
「大好きだから許せない」よりも成長が伺えました

・見返り美人
ちゃゆ…。

・恋人には絶対に知られたくない真実
ちゃゆ…。2 とても可愛らしい

■Berryz工房
年初はまったく想像もしなかった、ラストイヤーを迎えることに。
最も強く惹かれたのは、10年間を振り絞った1曲・永久の歌。
近年ではめっきり数少なくなった、心を動かされた1曲です。
曲数が少ないので3曲のみ。

・永久の歌
1位に送り込みます。説明不要。

・ロマンスを語って
あったかい雰囲気。雪がちらつくよう。情景が見える曲は好きです。

・コイセヨ
ベリらしい、手軽にのれる1曲。
手軽に真似られるフリも好き。

■℃-ute
様々な試みを見れた1年でした。
可愛い、クール、激しく…綺麗に分けて詰め込んだ秋ツアーでは、原点回帰したような楽しさでした。
曲の中では、カナブン再登板という禁忌。扱いに困った。
℃も今年は4曲だけ。
・悲しきヘブン(Single ver.)
通称ララブン。3年前のカバー。ハロの中でも屈指のお気に入り曲。
当時はまだBuono!が健在だったね><
再リリースに近いので、正直入れたくないけど。。

・心の叫びを歌にしてみた
何か、最近好きな曲です。純粋に良曲なのでは

・Love take it all
ラブテキトー。非常に今の℃らしいかっこいい1曲。
夏ハロコンではダンス部→ラブテキ、秋ではラストスパート1発目と
かなり優遇してもらい、徐々に好きになっていきました。

・I miss you
舞美を1トップに据えた三重唱。
そういうチャレンジングな姿勢は凄く好きです。

■スマ
スマも3曲。去年は大旋風だったけど…。。今年は物足りない。
・エイティーンエモーション
スタンダードな曲だけど、最近こういう明るい曲が少ないので
相対的に上がって来るよね

・ええか!?
これぞスマイレージだよね!大好き。

・嗚呼すすきの
サビはきっと歌ってて気持ちいいんだろうなって思う。どことなく漂うプラチナ期臭。


■Juice
アベレージならば圧倒的。上半期は本当に凄かった。
ただ、後半はやや失速。というのも、小さい箱ばかりでホールコンが見れず…。


・イジワルしないで抱きしめてよ
2位に送り込みます。Cメロはほんとすき。
永久の歌がなければ、文句なしに1位だった

・風に吹かれて
Bメロの3人が歌いつむいでいく部分が本当好き。
5位入り間違いなし。

・裸の裸の裸のKiss
同じく3人体制が本当好き。この頃あたりはマジでJuice超キタと思った。

・アレコレしたい!
3トップ体制だけじゃないことを示した、可愛らしい1曲。この頃あたりは略

・伊達じゃないようちの人生は
フリコピ厨待望であろう。

■投票
以下は投票ママ。

楽曲部門

1位 [Berryz工房] 永久の歌
6.5 pts. 歌詞はもちろんだけど、涙をこらえながら歌ってた仙台公演を見ると、凄く心動かされる
2位 [Juice=Juice] イジワルしないで 抱きしめてよ
1.5 pts. CメロのI love you 愛 I love you...のとこがツボです
3位 [Juice=Juice] 風に吹かれて
1 pts. Bメロで3人が歌い紡いでいく構成が凄くすき。
4位 [Juice=Juice] 裸の裸の裸のKISS
0.5 pts. ラテンな感じが良い。
5位 [Bitter & Sweet] 月蝕
0.5 pts. 良い曲!

MV部門
1位 [モーニング娘。’14 見返り美人
3 pts. さゆうううう
2位 [℃-ute] 心の叫びを歌にしてみた
2.5 pts.
3位 [スマイレージ] ミステリーナイト!
0.5 pts.

推しメン門
嗣永桃子
Berryz工房が終わっても、そのメンタルの強さと頭の良さと魅力的な歌をぜひ。
プロフィール

あるせす

Author:あるせす
とりあえず気になったらコンサートに行ってみよう
という趣味

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる