fc2ブログ

2014-06-28

6/21 LiSA「LiVE is Smile Always~LANDSPACE~」

@赤坂BLITZ

エース登板の時間だあああああああああああああああ
1月の武道館を経て、5ヶ月半ぶりのライブとなるLiSA。
遅れたけど、2ndアルバムツアーということに

ちょろっと山野ホール寄った跡に会場着。知り合いと合流
番号は500番台。入場料も高かったみたいね
最新シングルが売上好調だったり、上り調子のLiSA。
まっったく安定してくれない喉の調子以外は特に心配点も無い。
さあ開演!

セットリスト
1. Canvas boy × Palette girl
2. コズミックジェットコースター
3. crossing field
4. confidence driver
5. DOCTOR
6. ヒトリワラッテ
7. POKER FACE
8. シロイトイキ
9. うそつきの涙
10. アシアトコンパス
11. Rising Hope
12. EGOiSTiC SHOOTER
13. say my nameの片想い
14. ROCK-mode
15. 逆光オーケストラ
16. 僕の言葉で
-ENCORE-
17. BRiGHT FLiGHT
18. best day, best way


ステージ後ろにはアルバムのロゴ、上には「LiSA」のブロック、カーテンには「LiVE」
遊園地を意識したというセット。

・開幕
基本的には武道館と同じ出だし。煽り方も特に変わらず。
コズミックジェットコースターの1,2,3,4!は相変わらずパワーが凄い><
そしていつもは山場に持ってきたcrossing fieldがスタートに。
黄緑色のレーザーサークルが囲う演出もお馴染みに。
そして、confidence driver!!1stシングル・oath signのカップリング、疾走感あふれる力押し曲。
割と重宝されてるけど、間奏の煽りがさらにパワーアップしてた。

・アルバム曲たち
基本的には大きな変更は無く。
Poker Faceは生で聞くと凄いかっこいい!
アシアトコンパスは振り付き。Wild Candy、Say my nameに続いて3作目ですね
このフリなら朝飯前やで!曲としても好み。イントロは一瞬Cafe Buono!かと思ってドキっとした。

・Rising Hope
前評判も高く、crossing fieldを上回るヒット曲となった今作。
後半戦の入口での起用という、重要役を担いました。
右拳を突き出しながら歌い出すLiSAがやたらかっこいい。
2番以降がアホみたいに熱すぎるだろ!!久々に頭のネジが飛んでぶっとびそうになった。
非常に攻撃的だけど、ライブだとさらに映えるね

・後半戦
後半戦は2ndアルバムの中のキラーチューンと、既存の定番曲を合わせて安定の盛り上がり。
初めてWild Candyとジェットロケットが外れたのかな。
周りでワーワー騒げて楽しかった><

・新曲
アンコール明けは新曲。
なんかビックリするくらい、ストレートで爽やかなポップ。
キャッチーさは健在です。
9月にリリース、両A面だとか。もう1つは「RockなLiSA」だそうで。楽しみ

・大団円の…
「デート(ライブ)の日は、いつだって最高の日!」と言い始まるのは、最強のラストバッターbdbw。
この曲の大団円感は本当に凄い。
恐らく、人気曲ファン投票やった場合、1位大本命じゃないのかなって思うくらいの愛されっぷり。
自分も総合的には1番好きな曲かも。最後はラ~とみんなで歌って終わり。

・MC
MCはいつも通り。ギュウギュウの会場に周りを気遣うよう促したり
MC中もステージ左右あちこち動き回ってサービスしたり。
「見づらいかもしれないけど、私の顔見れてればいいでしょ」とサラっと言うナルシストっぷりも健在でw
ソロ歌手は少しくらいぶっ飛んでないとね
やっぱり、武道館での絶不調は本人も相当気にしているみたいで、話は出てました。
それを踏まえてしっかりトレーニング積んできて、この日は凄く良かった。
こういう貪欲な姿勢、本当好き

ライブも、この人もスタンスも変わらず楽しい。いや今まで以上に楽しい。
やっぱりエース!
スポンサーサイト



2014-06-26

2014年上半期 31位~40位

引き続き!

40 スノーマジックファンタジー SEKAI NO OWARI 11.4
「全部、雪のせいだ」JR東日本のCM曲として大量オンエア。
最近超流行りのセカオワですね。バンドの代名詞とも言えるギターをあまり使わないというバンド。
発言が色々と注目されてますが、曲自体は絵本、童話のようなほのぼのとした雰囲気。
力強さや疾走感!とは縁が無いけど、実は結構好きです。
てかCMの川口春菜がかわいい

39 虹の音 藍井エイル 11.4
アニメ「ソードアートオンライン Extra Edition」テーマ曲
元日にリリースされ、2014年のスタートを切る1曲となりました。
同タイアップの世界観を表したミディアムナンバーです。
2ヶ月前にリリースした「シリウス」が非常に気に入った影響で、基準値が跳ね上がっております。
曲調や起用などもLiSAと似た部類ですが…そう簡単にライブ行こう!という気にはまだ行ってない。

38 LOVE HOLIDAY TOKIO 11.6
JRA60周年記念曲。
日本一愛されていると言っても過言じゃないTOKIO。長瀬くんが作詞作曲しています。
歌詞や曲調も暖かい雰囲気が出ている印象。
昨年のリリックといい、作詞作曲の才も凄いよね。農作業の才能はもっと凄いのかもだけど、
もっと音楽も活動増やして欲しい気もあります。TOKIOならいつ1位取っても驚かない

37 大人なのよ! / 1億3千万総ダイエット王国 Berryz工房 12.0
正直曲としてはあんまり褒めるところが…。
それでも37位に入っているのは、上期はベリを中心に動いてたということなのかな。
それでも37位留まりなのは、そこらへんベリらしいのか…
今後、この2曲はちゃんと起用されるんだろうかw

36 ファミリーパーティ きゃりーぱみゅぱみゅ 12.5
映画「クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」主題歌
昨年からじわじわと基準値も上がり、顔を出し始めているきゃりぱみゅさん。
今作も電子音がピコピコと鳴り響き、映画のようなロボットが情景に浮かびます。
きゃりぱみゅが強いのは聞いたら一発で耳に残ること。というか頭に刷り込まれる。この力は歴代屈指だと思う。
激戦だった4月の中でも、なかなかの存在感でした。まあ今年の上半期は常に激戦だったけど。

35 Departure SCANDAL 13.1
スプリットシングルをのぞけば、2014年第1弾シングルとなるSCANDAL。
ストレートで甘酸っぱく、ポップなナンバーになっています。
実は、B面含めて初のメンバー作詞なんだとか。
SCANDALももう7年でしょうか。気がつけば、併走したり後を追ってくるユニットも少なく。
自分の中でも頼れる存在です。この曲はあまり琴線には触れなかったけど、今後も変わらぬ期待を注ぎます!

34 シリウス 藍井エイル 13.7
2013年51位
アニメ「キルラキル」OP
昨年秋にリリースも、年明け後も聞き続け、粘り強く推移。
伸び上がる歌声と、疾走感あるアレンジが爽快でかっこいい!
カップリングのAddictもドラムが強いヘビーなアレンジで、自分好み。
この曲はぜひともライブで聴いてみたい1曲。

33 ミステリーナイト! / エインティーン エモーション スマイレージ 14.5
昨年は歌手別10位に入ってくれたりと、良曲続きで躍進となったスマ。
しかし今作は電子音だったり声が加工されてたり…
ストレートなポップ曲がスマには1番良い気がする。その点でエインティーンは良かったけど…
基準値を下回る結果に。リリースも1枚のみ。武道館特需も特に無く。
去年ほどの水準にはいかないかも。

32 STEP ClariS 17.7
アニメ「ニセコイ」OP曲
livetuneのkzさんの提供曲。2011年、2012年と上位だったClariS。
綺麗なメロディに綺麗な歌声。ClariSの魅力が存分に出ている曲だけど
最近路線が凝り固まってしまっていて、なかなか繰り返し聞くことは無かった。
このシングルを持って、アリスが卒業を発表。今後はクララ1人での活動に。
別路線の曲にチャレンジ欲しい気もする。

31 ゆめのはじまりんりん きゃりーぱみゅぱみゅ 17.9
CMでもたくさん流れてました
きゃりぱみゅさんの14年第1弾シングル。
コミカルであったり、電子音を多用した世界観であったり…それも面白いんですが
この曲は何だかとても優しいんですよね。ツボにはまりました
決してイロモノではない、面白い存在だと思ってます。

2014-06-24

2014年上半期 41位~50位

始まりました、上期決算!
今年は近年まれに見ぬ高レベル週。
Buono!、supercellは不在だったものの
miwaなど、新たに頑張ってくれる人が出てきたり。
よし、進めていこう

49 君の隣 aiko 8.8
ガーナCM曲としてオンエアされてました。
馴染みやすい曲調と、もはや聞きなれて耳に通りやすい声。
聞いていて安心感があります。
またライブに行きたいな。

49 Aino Arika Hey!Say!JUMP 8.8
平成ジャンプが入るのは久々でしょうか。本人たち出演ドラマの主題歌でもあったようです
鐘が響いたりと壮大なアレンジになっていますが、作詞作曲がHIKARIさんということで、
1回聞いたらすぐ覚えられる、馴染みやすい1曲になってます。
自分の中で、過去に平成JUMPが上位に入った曲は「真夜中のシャドーボーイ」「瞳のスクリーン」。
あんなクールな曲をもう1度聴きたい。

48 鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの AKB48 8.9
2013年69位
2013年年末に引き続き、今年の上期もランクイン。
長すぎるタイトルで有名になりましたが
作詞作曲は織田哲郎さんということで、曲としてはとっても耳に馴染みやすい良曲。
タイトルの長さでイロモノ扱いされるのが残念。

47 ヌイグルマーZ 中川翔子 9.4
正確にはこの人ソロ名義じゃないんだけどね。
独自のルートから取ってきたタイアップからの特別曲。
まあ曲としてはアレだけど、この人の強さは好きです。

46 初恋サイダー / DEEP MIND Buono! 10.0
2012年1位、2013年44位、歴代2位
今更語ることも無いけど…桃子生誕に伴い、再浮上。指数はついに歴代2位に。
捜索願を取り下げるレベル。
思いのほか、高レベルとなった14年上期。ここにBuono!がいたらどれだけ楽しかったのかな、と思う。

45 Door / Hot Stuff JUJU 10.1
資生堂マキアージュのCM曲として、特にHot Stuffがよく流れていました。
JUJU初のダンスロックということで、初聴の段階ではJUJUと分からずw
声といい高音多用のサビといいオンエア数といい、かなり耳に残りやすい1曲となってます。
JUJUってそんなに好きな路線ではないけど、ここにも割と顔出してるよなぁ…

44 都会の一人暮らし / 愛ってもっと斬新 ℃-ute 10.4
2013年13位
昨年秋にリリース、今年の上半期も入りました。
A面2曲も良くセトリに入ってた記憶があるけど、春ツアーでのカップリング2曲がかなり良かった。
「Please,love me more!」は少し即抱きっぽい雰囲気。5人が短いパートを歌い紡いでいくサビがかっこいい。
こういう構成好きなんだよね
「誘惑の休日」はイントロの伴奏、そして愛理・千聖のハモりが好き。
カップリング2曲のほうが、A面2つより好みになりました。

43 前しか向かねえ AKB48 10.6
今作で大島優子が卒業。荒天で延期になってたけど。
ヘビーローテーションやGive me Fiveを彷彿とさせる馴染みやすいロック。
けど上記2作と比べると、全体的に雑というか…。
売上げは伸ばしているけど、曲のクオリティは右肩下がりの印象が…。

42 愛はいつも君の中に / 普通、アイドル10年やってられんないでしょ!? Berryz工房 10.7
6月リリースも、42位に滑り込みました。
「愛はいつも君の中に」は軍歌のような、過去のベリに無い1曲。
嵐のEndless Gameっぽい感じで、割と好きなんですよね。
普通~は完全にベリ専用曲w歌詞カード見てると面白い。
ベリへのモチベは大きく上がった上期だけど、ここでの水準は変わらず。それもベリらしい
今後も肩の力を抜いて見るとします

41 笑顔の君は太陽さ / 君の代わりは居やしない / What is LOVE? モーニング娘。'14 10.9
年明けにリリースされ、冬季五輪応援曲にも選ばれました。この作品でオリコン5作連続1位。
自分の中でも昨年は最終週まで歌手別10位争いしてくれたり
個別で切り取ってもわ気愛Jは19位だったしね。
確かに勢いはあるけど…今作は大きく水準を下げることに。
「君の代わりはいやしない」は、サビ前のBメロが好きだけど
全体的には何度も聞きたいと思うような力は無く。前作の3分の1以下に。

2014-06-19

6/8 真野恵里菜「ライブハウスで燃え尽きよう!」

@Zepp DiverCity Tokyo

卒業後、約1年半ぶりの単独ライブ。
別次元の2人を除けば、ソートでは千聖に次ぎ2位か3位か、というくらいずっと注目してた人。
卒業後も女優として仕事を重ねており、今後も頑張ってほしいね。

入場。椅子出しかい!ファミの意味が…
昼はファミ、夜は後方段差席で知り合いと連番。
空席が割と目立ったけど、Juiceも℃も娘スマ(リリウム)も重なってた中、かなり埋まった方なのかなと思う。
それでは開演!

■セットリスト■
春の嵐
10カラットの煌めき。
MC1
青空が笑ってる
ゼンブダイスキ
ごめん、話したかっただけ
MC2
Ambitious!

マノピアノ(弾き語り)
MC3
おやすみなさい
息を重ねましょう(安倍なつみカバー)
花言葉
MC4
ダレニモイワナイデ
MC5
お願いだから…
真野恵里菜メドレー(ドキドキベイビー〜純情警察"K・I・S・S"〜21世紀的恋愛事情〜ラッキーオーラ
〜はじめての経験〜ラッキーオーラ〜Song for the DATE〜ドキドキベイビー)
Ambitious Girls
Glory days
世界は サマー・パーティ
バンザイ!〜人生はめっちゃワンダッホーッ!〜
元気者で行こう!
ENCORE
青春のセレナーデ
MC6
My Days for You
NEXT MY SELF


セトリは拝借。感謝

・前半
前半はアルバム曲中心でポップで爽やかに。
ディナーショー等でも帯同してくれたバックバンドつき!
やっぱり音が生で届いてくるのは凄くいい。

・パトレイバーとケンタッキー
全面的に宣伝してました。宣伝打ってるもんね。
スクリーン使ってCM流して着替えタイムを消化したり、MCのネタにしたり。

・中盤
個人的に好きなダレニモイワナイデが聞けて満足。
この人にしか歌えない曲だと思う。
ていうかやっぱり可愛い><その中でもドSっぽい中身が見え隠れしたりw

・後半の全力パンチ
ちゃん真野のライブに入って、最初に良いと思ったのが…
曲数も少なく、本人もまだまだ力不足の中でも、ラキオラを中心とした必死の全力パンチ。
なんか心地よかった思い出がある。その頃から不思議な力あったんかな
そしてGlory daysがかっこいい!さすが生演奏。

・アンコール明け
まさかのセレナーデフルww
最後は三部作2つを使ってシメ。
相変わらずの暖かいパワーを持っていました。

・まとめ
歌も決して上手くないし、ダンスも申し訳程度、終盤にヘバり出すなど…
スキルではそんな感じなんだけど、相変わらず「頑張れ!」だったり、無性に心動かされたり、不思議な力を発揮してました。
ぶっちゃけMDfYでまた泣きそうになった><アレンジもよかった。この曲本当好きなんだよね。
特に三部作は心に直接訴えてくるような、他の人にはできない感覚。
自分は結構スキル厨なんだろうけど、「歌がうまいって何だろうね」と思わせてくる、本当に不思議な人です。
暖かい、とても良いライブでした。

2014-06-15

6/7 ハロプロ研修生 生タマゴSHOW

@ディファ有明

本日3戦目。雨も激しさを増し、もうへろへろでありんす。
席は24列通路。21列まではファミ席。
いそいそとカリンTに着替えて開始。セトリも見れてなかったので楽しみ

M1 Crying(ハロプロ研修生新曲) ハロプロ研修生
M2 笑顔YESヌード(モーニング娘。曲) 吉橋・小川・野村・一岡・和田・井上・山木・新沼・段原
M3 旅立ちの春が来た(スマイレージ曲) 田口・野村・岸本・稲場・田中・三瓶
M4 バカにしないで(Berryz工房曲) 吉橋、田口、野村、段原
M5 風に吹かれて Juice=Juice
M6 インスピレーション Juice=Juice
M7 裸の裸の裸のKISS Juice=Juice
M8 泣いちゃうかも(モーニング娘。曲) 吉橋くるみ
M9 Memory 青春の光(モーニング娘。曲) 段原瑠々
M10 おへその国からこんにちは ハロプロ研修生
M11 チョトマテクダサイ!(スマイレージ曲) 新人研修生によるダンスパフォーマンス
M12 アダムとイブのジレンマ(℃-ute曲) 吉橋・田口・小川・野村・山木
M13 ゴールデンチャイナタウン(Berryz工房曲) 高木・金澤・吉橋・一岡・田中・井上・新沼
M14 彼と一緒にお店がしたい(モーニング娘。曲) 宮崎・宮本・植村・田口・佐々木・山木・段原・船木
M15 ロマンスの途中(Juice=Juice曲) 全員
M16 天まで登れ!(ハロプロ研修生 feat. Juice=Juice) 全員


今回は田辺・加賀がリリウム、室田・浜浦・牧野・藤井・山岸が℃コン帯同、大浦へろへろが体調不良で不在。
すっかすかやないか!
代理リーダーは吉橋くるみん。あと岸本稲葉あたりがセンターに。

・Crying
新曲。何か48系っぽい感じ。衣装は好きです

・バカにしないで
梨沙子=段原はなかなかハマってんなw

・Juice
風に吹かれては新曲。カバーかと思ったけど新曲だったみたい。
今回は結構爽やかな感じだけど、3人を中心に歌い紡いでいく構成は変わらず。この構成好きなんだよねー。
同じ理由で娘。の笑ヌーとかかなり好きです。

・アダム
千聖は野村みなみながパート。
最後のおいしいマイマイパートはくるみんが持ってったり、結構流動的だった

・黄金中華街
Juiceの2人はほぼ歌わず。それで良いと思う。なお

・彼店
しっかりカリンがさゆパート歌ってたもよう。


インタビューコーナーも適当だったり、手抜き刊満載でした。。

2014-06-15

6/7 LoVendoЯ LIVE TOUR 2014 SprinteЯ ~Bitter&Sweet~

@SHIBUYA GARRET

単独では初参戦のラベンダー。
去年一昨年とれいなT着てたのに…すっかり優先順位が低くなってしまってた。
どうしても、当初の昭和ロック路線が好きではなく…。最近は自作で揃えてるみたいだけど。
てわけで、リリウム→研修生はしごには良いタイミングだったので、参戦を決意

01.不器用
02.Sweet Tweet
03.880円
MC.メンバー紹介
04.思うがままを信じて
05.愛の儀式
06.意気地なし
07.むせび泣く
08.インストール/Bitter&Sweet
09.Bitter&Sweet/Bitter&Sweet
10.恋心/Bitter&Sweet
11.雨夜の月/Bitter&Sweet
12.Rolling Days/Bitter&Sweet
13.雨あがりの夜空に(LoVendoЯ&ビタスイ)
MC.LoVendoЯ&ビタスイ
14.この世に真実の愛が一つだけあるなら
15.Rockの定義
16.人生マニアック
17.ホントノキモチ
18.だけどもう一度 それでももう一度
[アンコール]
19.Oh my friends!
MC.メンバー挨拶~告知
20.BINGO!


正直あまり期待しておらず、とりあえず聞ければ良かったかなと思ったけど
なかなか楽しかった!やっぱり生バンドの感じが好きなのかも。
新曲も卓偉ってことで、そんな感じが漂ってました。

1番熱かったのはBitter&Sweetのインストール(バンドver.)かも。
めっちゃ熱かった。割とマジで楽曲大賞1位候補

おかまりあたりも凄い伸びてたので、頑張っているんだなぁと感じる。れいなはれいなでしたが
公演後に握手会があったらしいけど、時間が無いのでパス。
また機会あればこれれば、と思う。やっぱれいな好きやねん!

2014-06-15

6/7 演劇女子部 ミュージカル「LILIUM-リリウム 少女純潔歌劇-」

@池袋サンシャイン劇場

さて、ミュージカル。
さゆ・生田・メシ窪を除く娘メンとスマと研修生3人が出演。
劇ハロが終わり、男役も全てメンバーがやるというコンセプトで、演劇女子部がスタート。
ステーシーズ、ジャンヌ、戦国自衛隊等が過去作に。

以下はネタバレ含みまくるのでご注意を


■配役
鞘師里保 / リリー
和田彩花 / スノウ

福田花音 / 紫蘭 - 監督生
譜久村聖 / 竜胆 - 監督生
田村芽実 / マリーゴールド
佐藤優樹 / マーガレット - お嬢様だと思ってる勘違いの女の子。3人の召使がいる

鈴木香音 / ローズ - 仲の良い4人組
竹内朱莉 / カトレア - 仲の良い4人組
勝田里奈 / ナスターシャム - 仲の良い4人組
石田亜佑美 / チェリー - 仲の良い4人組

中西香菜 / キャメリア - 男子寮 監督生
工藤遥 / ファルス - 男子寮 監督生

小田さくら / シルベチカ - 失踪した少女

田辺奈菜美 / ジャスミン - マーガレット親衛隊
加賀楓 / クレマチス - マーガレット親衛隊
佐々木莉佳子 / ミモザ - マーガレット親衛隊

■全体の感想
序盤は、リリーがシルベチカを捜しつつ、基本は日常の中で監督生に叱られながらも楽しく生活する様子が描かれる。
何だかハリーポッターみたいな世界観。
一通りの世界観の説明が終わった後は、好奇心旺盛なチェリーサイド、迷い続けるリリー・スノウサイド、記憶に違和感を覚えるキャメリアサイドと
3サイドがそれぞれ、物語の核心に近づいていく。
・探検していたチェリーらは、紫蘭達の部屋に入り、「シルベチカ」名が載ったクラン名簿と、いるはずのないリリー・スノウが写った800年前の写真を見る→殺そうとする紫蘭に追われる
・リリーに執着するマリーゴールドは、イニシアチブを悪用しリリーが頼ろうとするスノウを殺そうする→ファルスも交えて殺陣
・キャメリア、思い出す
この3つのサイドが1つに交わり、クライマックスへと進んでいく。
ファルスが不老不死のドランプであったこと、クランのヴァンプ達はみなファルスの血を飲み、イニシアチブを利用され、記憶を操作されていたこと。
不老不死を拒んだシルベチカは、恋人にキャメリアに「忘れないで」と言い死んでいったこと。
800年生きているリリーとスノウには、血を搾取し続けた結果、最早イニシアチブが聞かず、ドランプの一部となってきていること。
永遠の時を生きるファルスは、孤独を紛らわすため、永遠の繭期…クランを作ることにした。
全てを思い出し発狂するキャメリアに切られても死なないファルス…再度イニシアチブで記憶を消そうとするも、もうリリーとスノウには効かない。
どうすんべーと思ったら、スノウはドランプの血を利用し、イニシアチブでマリーゴールドに自分を殺させる。
リリーとスノウがお気に入りのファルスは激怒し、マリーゴールドを焼死させる。
狂うファルスを見たリリーの決断は…
「イニシアチブを利用し、クラン内のヴァンプを自決・殺し合いさせ、永遠の繭期を終わらせる」というもの。
孤独を紛らわすコミュニティを失ったファルスは絶望の中去っていくも…
ドランプの血を搾取し続けたリリーまでもが不老不死に。何度自決しても死ねない絶望の中、物語はおしまい。
全員死に、残った者は死よりも苦しいことに。超バッドエンド。

■演者について
・まろ(紫蘭)
監督生役。途中から黒幕の1人として、秘密を知ったローズサイドを殺そうとしたり
何かと難しい役だったと思う。でもさらっとこなしてるあたり、基本的に何でもできる人なんだなって

・だーいし(チェリー)
動きや台詞が多かった。物語上、核心に迫るキーマンになるんだけど…
シリアスなシーンでも、何だかコミカルに見えてしまうw
でも声も通っていたり、小さい体を大きく使ったり・・・想像以上に好印象でした。

・あやちょ(スノウ)
歌でも特に印象無く。役でもスノウというよりは、和田彩花の延長というか。
基本不器用な人なのかもしれない

・工藤(ファルス)
物語において、最も大きなカギとなるファルス。カギというかラスボス。
滑舌が悪くて何言ってるか分からなくなることもあったし、そう上手いとも思わなかったけど…
何しても目を引く!現役ハロメンでも1番と思われる、天性の華やかさ。おいおい主役か、と
公演も終盤になると、成長してくれるのだろうか。それだけでも、もう1度見に行ってみたくなる。

・ズッキ(ローズ)
「誰が相撲取りだって?」

・ばくさん
役作りなど一切無い、そのまんまのばくわらさんでした。楽しそうで何より。

・めいめい(マリーゴールド)
リリーに依存しまくる、混血のヴァンプ。超ヤンデレ。1番難しい役割だったと思う。
歌い出す瞬間の雰囲気がやばい。ゴゴゴゴゴゴっていう効果音が聞こえるw
オーラを体に留めさせている、というか。
発声の仕方といい、明らかに他メンバーと一線を画してる。本当凄い。
最期、ファルスに殺される時も存在感たっぷりでした


難しいのが、舞台って何を思って見ればいいんだろう。
ライブばっかり行ってるからよくわからん、、
内容は、素直に面白かった。

2014-06-09

5/29 モーニング娘。’14コンサートツアー春 ~エヴォリューション~

@河口湖シアターホール

娘。千秋楽@山梨河口湖!
千秋楽ってこともそうだけど、山梨観光も楽しみに。
前日飲みすぎて色々怪しかったけど、何とか到着。
そして富士急に乗り換えたら・・・メンバーの顔写真が車両一面に貼られとる!w
リアルに「工藤が俺を見ている!」状態。
昼はスルーし、樹海や洞窟を探索。自然あふれる森林浴で、色々とスッキリしました><
ほうとう食ったけど、何か普通。

そして会場着。道中もたて看板があったり、町全体が歓迎ムード。こういうお祭りムードは好きです
シャトルバスも出てたしね。有料だけど
会場は、天井に覆われていてミニ武道館のような、囲い込むような構成。距離は近いので、なかなか見やすい
自分たちの席はほぼ横から見る位置。なんだか新鮮。

セットリスト
01.Password is 0
02.君の代わりは居やしない
VTR
03.HOW DO YOU LIKE JAPAN?~日本はどんな感じでっか?~
※MC
04.Only you
05.ブレインストーミング
06.恋愛ハンター
07.愛の軍団
08.愛の園 ~Touch My Heart!~/研修生
※告知/研修生
09.笑顔YESヌード
10.ワクテカ Take a chance
11.気まぐれプリンセス
12.君さえ居れば何も要らない
13.泣いちゃうかも
14.恋愛レボリューション21
※MC3(EGOLUTION) ※トークメンバー回替わり
15.【カップリングメドレー】
 友(とも)/道重譜久村飯窪佐藤工藤~ふんわり恋人一年生/生田鞘師鈴木石田小田
 ~大好きだから絶対に許さない/鞘師小田~大好き100万点/譜久村石田BD研修生~坊や?/道重譜久村飯窪佐藤工藤
 ~何は友あれ!/生田鈴木佐藤工藤~私がいて 君がいる/道重鞘師飯窪石田小田BD研修生~彼と一緒にお店がしたい
16.LOVEマシーン
17.Help me!!
18.One・Two・Three
19.What is LOVE?
20.笑顔の君は太陽さ
-ENCORE
21.時空を超え 宇宙を超え
22.わがまま 気のまま 愛のジョーク


■公演
・寝起きドッキリ
正月の寝起きドッキリ撮影をしかけた場所でもある。
ってことで、テレビ放送をそのまま放映したり。ドッキリに気づくもまた布団に入って休むさゆに草
その後も当時のパジャマでラブマ歌ったり。

・アイ・ライク・トォォーンムゥゥxーー?!!
【悲報】だーいし、千秋楽でやらかす
フジヤマー!って言うつもりが、東京と言いかけて吹っ飛んじゃったよう。
曲後、ガチで凹み直すもMCでやり直してました。
こういう、全力なミスは嫌いじゃないですw

・ここで数年で1番
ここ数年入った娘コンの中で1番楽しかった!
客もメンバーもテンション高く、鞘師あたりは気合入りすぎて走り気味になってるしw
こういうのが楽しい。
途中から屋根が開き、公演終わりには花火が打ちあがったり。
お祭り感満載の、熱い公演でした。このテンションが毎回続けば良いんだけど

そんなこんなで、このツアーも終わり。
現路線の集大成のような内容で、結構ハードな構成だったと思う
中盤見に行った際は、ツアー前半と比べて凄く成長しているメンバーがいたり…(だーいしとか)
まだまだ変化があって面白いなって思います。
と、個人的に見れば面白いメンバーが揃っているんだけど…
箱で好きになれそうかと言えば、まだちょっと難しいかも。

0:30に地元駅着。帰りに銭湯寄ったらすげー気持ちよかった。
ハマりそう
プロフィール

あるせす

Author:あるせす
とりあえず気になったらコンサートに行ってみよう
という趣味

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる