fc2ブログ

2014-01-30

1/28 スマイレージ コンサートツアー2014春 ~スマイルチャージ~

@厚木 三ダースねーく

1年3カ月ぶりくらいのスマ単独コン!
苦戦が続いているけど、個人的なスマへのモチベーションは1年前よりも遥かに上がってる。
要因は1番に良曲たち!昨年のスマイルセンセーションは本当に良かった。
てわけで半休取れたので参戦。

最寄りは本厚木駅。駅のチャイムがいきものがかりのYELLっていうw
会場も、全ポスターが貼られてて、ちょっとしたヒストリー状態。
待ち時間が苦じゃなかったw
会場キャパは300。自分の番号は210番台。入ったら身動きできないぐらい詰め込まれてパンパン。手も上げられん。こんな詰め込むならホールでやろうぜ…近くの座間ぐらいなら埋まるでしょ

【セットリスト】
01. 新・日本のすすめ!
02. 私、ちょいとカワイイ裏番長
03. 新しい私になれ!
04. 夕暮れ 恋の時間
05. 天真爛漫
06. パン屋さんのアルバイト
07. 私の心
08. ええか!?
09. 寒いね。
10. 学級委員長 和田
11. 男友達 中西
12. 黄色い自転車とサンドウィッチ
MC(クイズ)
13. ○○ がんばらなくてもええねんで!!
14. チョトマテクダサイ!
15. ショートカット
16. 同じ時給で働く友達の美人ママ
17. 有頂天LOVE
18. 夢見る 15歳

en-1. 「良い奴」
en-2. ヤッタルチャン
en-3. スキちゃん


マジで動けん。サイ持ってこなくて良かった。途中足が痺れてしんどかったw
当然、周りでもジャンプ・フリまったく無し。

・新・日本のすすめ!
個人的に2013年ナンバーワンの1曲。イントロが流れ、歌うはめいめい!
前のめりすぎて、豪快に外すっていうwwwエンジン掛け過ぎてエンスト起こしてますよ!><
やっぱりこの曲は本当に凄いし、面白い。フルだったのも嬉しいね。

・ちょいカワ
ちょいカワ!と叫ぶ煽りは無し。
ああーー曲調的には思いっきりヘドバンしたいんだけどな><
しかしこの開幕1・2番はかなり強い。先頭の勢いづけと括れば、全ユニットでも最高の2曲な気がする。℃も、Kiss meはやっぱりアレ後半用だと思うの

・寒いね。
この日は花音がびっくりするぐらい絶好調。あれは……エースかにょん!?
これも好きな1曲なので嬉しかったな。

・MC
どっちが「ええか?」ってことで、AとB2択のクイズコーナー。勝った人は後で厚木名物食べられるんだって。
Q1.厚木B級グルメで有名なホルモンの値段は?
○400円 or 600円×

Q2.厚木に実際にある地名は?
×勝田町 or 田村町○

Q3.厚木に実際にある温泉は?
×六沢温泉 or 七沢温泉○

ばくわら「動かなくて良いから全部Bでいいやー」→(ラストMCにて)「私ーこのコーナー、クイズ凄い好きなんですよ~」ならやる気出せやwwというばくわらワールド。

・過去曲
もーー泣きそうになった><割と好きな曲をチョイスしてくれてた
ええねんでが妙にツボなんだよね。「愛情に飢えてる私たち ゆっくりその手で…」「日本を素敵なスマイルで…」あたりのくだりがやたら好き。
ちょこっとLOVEと似た雰囲気の良曲…と思ってます。
ショートカットは言うまでも無き名曲。マジで好き。Buono!(つっても雑草とパルテンツァの年だけど)を差し置いて1位に入れたんだもんな。
ラストの見せ場、花音はしっかり歌ってました。上手くなったんだなぁ。
美人ママで思いっきり前に駆け出したくなったけど、自重

・アンコール
スキちゃんでは客も色々解放されててワロタw最初からそういうノリで行ってほしかった><
スキちゃんは飽きたを通り越して、これが無いとスマ見に来たって感じがしなくなるレベル。

・握手会
ライブ後の握手会。やらんでいいからもっと曲聞きたかったぞ。大人の途中とかやってないしね
外に並ばされてさみーっての><寒さには自信あるけど、濡れてると別だわ
並びはほぼ年齢順。やたらと低速。

めいめい→「かっこよかったよ!」「めっちゃ応援してるよ!」って感じ。もう弱ってた。
タケ→前がタケ推しってことであまり良かったよ!としか
ばくさん→覚えてない
かななん→「歌良かったよ、自信もってね!」と言うと「はいぃ~…」という感じ。
あやちょ→「歌上手くなったね!」って言ったら「えぇ?そうですかぁ?」とリターン。いや、本当に上手くなったと思うけど…w
まろ→なぜか固まったので当たり障りのないことしか。

まったく動けない中だけど、かなりの満足感。
やっぱり、他のハロユニットと圧倒的に違うのは楽曲の差!!セトリは見てこなかったので、どんな曲が来るのか終始わくわくしながら聞けた。
棒立ちのスタンディングってやたらしんどいんだけど、この日はワクワク感が勝ってくれた。
とにかく動いたり、+αがナンボのハロだと忘れがちだけど
例えこう動けなくても、良曲を連発していけば、もう無条件で楽しめちゃうんだよね。
この日は、今までみたいにめいめいだけじゃなく、6人への印象が変わった。

逆に思うのが、これをホールでやってたらどんだけ楽しかったんだろうか。
余所から一気にファンを持ってこれる力を持ちうるツアーになったかも。
本当最近スマが好きなんだけど、年初のハッパ掛けや最近の冷遇を見ても、崖っぷちなのは間違い無いと思う。事務所も娘プッシュに全力を注ぎたいみたいだし。
何とか、良い1年になってくれるといいんだけど。


ふと、過去に楽曲大賞で1位投票した曲を振り返る。
08年:ロッタラ ロッタラ Buono!
09年:You’re my Friend Buono!
10年:カタオモイ。 Buono!
11年:ショートカット スマイレージ
12年:初恋サイダー Buono!
13年:新・日本のすすめ! スマイレージ
こう見ると凄いなw
スポンサーサイト



2014-01-30

1/26 中島卓偉 HERE WE GO! BEAT&LOOSE TOUR~BEAT&LOOSE Side~

@shibuya duo MUSIC EXCHANGE

ずっと単独で見たかった卓偉さん。
15周年記念千秋楽ということで!

アルバムツアーなんだけど、アルバムはレンタルで出ておらず。。予習不足><
場所は、最初は真ん中後ろ目あたりのとこに。
ファン層は女性が8割。女の子ではなく、女性。
開演!

セットリスト
【捜索中】

ロック→パンク→みんなで楽しむナンバー→締め
という流れ。
途中から自分も最前中央に混ぜてもらいました。激しすぎず、みんな楽しくって雰囲気。
卓偉さんも15周年なら、ファンも場数を踏んで落ち着いている人が多いね。
感想としては、めっちゃ楽しかったわけだけど……
何よりも、卓偉さん歌上手すぎ!!!!><かっこよすぎるだろ
最後の高円寺とか魂こもり過ぎてて、泣きそうになった。

また行きたいな!

2014-01-26

1/24 ℃-ute「都会の一人暮らし / 愛ってもっと斬新」個別握手

@時事通信ホール

土曜かと思ってた。。申し込み間違えた><
でもまあ会社出れたので、行くことに。銀座なのでアクセス良いし

券は愛理×2、舞美×2。すんげー引きだけど、いつもTシャツ来ているのに千聖券はやっぱり来ない。
まあ℃は誰が来ても良いんだけど

・舞美
从・ゥ・从<こんにt・・・こんばんわー
( ^ω^)<外は夜ですw
从・ゥ・从<いやぁ~…w
( ^ω^)<最近、歌上手くなったよね。
从・ゥ・从<えぇー!?本当
( ^ω^)<武道館あたりから、すんごい声出てるなぁって
从・ゥ・从<本当!?嬉しいー
( ^ω^)<今年もめっちゃ応援するんで
从・ゥ・从<はーい(バイバイ)

上手くなったというか、戻ってきたというか…。
一時器はまっさらの見せ場も歌えて無かったもんね。
秋ツアーでは、自分の入った公演では全部決めてました。
自分の入った公演って3分の2なので、残りの3分の1も元気だったんじゃないんでしょうか

2回目は略。春ツアーについて話した。

・愛理
なんかやたら緊張する。そういえば愛理個別って初めてだった。
愛理に関しては思い入ればっかりだからなぁ…
( ^ω^)<どうもー
州´・ v ・)<どもー
( ^ω^)<応援はハイブリットパンチからしてるんだけども
州`・ v ・)<ハイブリットパンチ!!!!!!!
州`・ v ・)<髪型が…こう!こんな!!こんな時!!!(髪型作る)
州`・ v ・)<こんがりアツアツグラ~タンの時!!!!
州´・ v ・)<あぁ~~~懐かしいなぁ~~~
( ^ω^)<今年は……Buono!をぜひ……!
州´> v <)<あーやりたい本当やりたい絶対やりたいです

これは…給食係愛理!?ってくらい急にバグり出した><
身振り手振りし始めて可愛いと思ったのと、やっぱり1番のボノヲタは愛理だなって思った8秒間
勝てる気せーへん!w


2回目は略。歌について賞賛。「まだまだ…私はまだまだ!」とのこと



帰りは新橋のつけ麺名店「朧月」を食べました(`・ω・´)久々
濃厚すぎず、麺との絡みがバツグンで相変わらずめっちゃ上手い。
2月22日も来れるので、今度は辛つけ麺かラーメンもいただいてみようかな。

2014-01-22

1/18 ニッポン放送開局60周年記念 LIVE EXPO TOKYO 2014 ALL LIVE NIPPON Vol.2

@代々木第一体育館

日本放送開局60周年を記念した、ラジオ・オールナイトニッポンのライブイベント。
アクセスが良かったことと、新規発掘を進めたい背景と、ずっと見たかった西川兄貴が出るよ!ってことでお誘いいただき、知り合いと参戦。感謝。

席は1階4列。自分には都合の良い左側で、見やすいとこでした。
周辺は金爆ファンばっかりw本日出演全アーティストは、AKB以外初見。

【BABYMETAL】
1.メギツネ
2.ド・キ・ド・キ☆モーニング
3.ヘドバンギャー!!
4.イジメ、ダメ、ゼッタイ


案の定先頭打者はベビメタ。3人いるけど、真ん中の子しかほぼ歌わず、両隣の2人は相の手入れてる感じ。歌ってるSU-METAL…中元すず香は歌も上手く、好印象。結構可愛い。
曲はメタルに、ちょくちょくアイドルっぽい可愛らしさを混ぜ込んでる印象。メタルなポップみたいな。初めて聞く路線だけど、割と自分好みのもの。
骸骨スーツのバックバンドもノリノリで、しかもやたら上手いっていうねw
あえてMC入れず駆け抜けたのも、良かったのかも。
色物かと思いきや、思いのほかしっかりしていた。コンセプトも分かりやすく、好印象。ヘドバン!ヘドバン!
武道館やるのかー、チケット今売ってるのかー、その日あいてるなぁー……

【back number】
1.青い鳥
2.花束
3.fish
4.高嶺の花子さん


花束でブレークした印象のバックナンバー。
印象としてはflumpoolみたいな、馴染みやすい系のバンド。
花束や花子さんなど、聞いたことある曲もありつつ、みんなで盛り上がる曲もあった。
歌も安定していて、自分好みの路線のバンドじゃなかったけど、好印象でした。
後のMCでも頑張ってて面白かったw

【AKB48・柏木、渡辺麻、小嶋真(特別ゲスト)】
1.恋するフォーチュンクッキー


みんなで踊りましょうっていう企画。講師はキンタロー。…は営業で来れませんでしたと。
代わりに3人の講師…柏木、まゆゆ、初めて見る子が生で登場><VTRかと思った。
ワンハーフ踊るんだけど、ハロヲタ…しかも最近難易度が上がってる℃ヲタとしては速やかに理解。周りの金爆ファンもさすがの速さw
ていうか柏木と握手したのももう4年前なんだねw言い訳Maybeイベだったかな。
やたら長くて途中でダレたけど、宴会芸の1つとしてストックさせてもらいます。

【ゴールデンボンバー】
1.Dance My Generation
2.101回目の呪い
3.抱き締めてシュヴァルツ
4.毒グモ女(萌え萌え編)
5.女々しくて


・ヘドバン!ヘドバン!とベビメタをパクりながら開幕
・体中に墨を塗りたくって人文字で「大ノジ」を作成
・back numberとの絡みで、間奏中に綿あめを作る
・ずっと真っ黒
・西川さんの控室名札にウ●コを書く
なんじゃこれwwフリーダムすぎw会場はどのファンもみんなで踊り倒しました。
抱腹絶倒

【DJ ダイノジ】
豊満之風といいつつ、ダイノジがパフォーマンスの披露。
とにかく動かす仕様で、長くて結構疲れたなw

【MAN WITH A MISSION】
1.Emotions
2.Get Off of My Way
3.database
4.TAKE MY HOME
5.FLY AGAIN

最近、波に乗りまくっている狼さん。
CDで聞いた時は、それほど琴線に触れなかったんだけど…
生で聴くとすんごいかっこいい!特にdatabase。
FLY AGAINでみんなでバンザイしたり、そっちの方でも楽しかった。
レーザー使ったりお金かかってたな…
ぜひワンマンツアーも行ってみたい。
この後、松村邦洋も駆けつける。

【T.M.Revolution】
1.HIGH PRESSURE
2.WHITE BREATH
3.HEAVEN ONLY KNOWS ~Get the Power~
4.Count ZERO
5.Preserved Roses
6.革命デュアリズム


トリはもちろん西川アニキ!
名曲2連発は、単純に聞けて嬉しかった。
セルフカバーとのことで、ロック色が強くなってて、かっこよさが増した!
新曲2つも、そのかっこいい路線が続いている印象。
そして煽りが熱い!「知ってるかどうか何て関係無いんだ!」っていう。
ただ、水樹奈々コラボ曲2連発はちょっと…うーんという感じ。
奈々様パートは声が流れてくるだけで、かなりノリにくい。これで紅白も出たわけだし、セトリに入れた考えも分かるけど…。
それでも、圧倒的だったのは歌唱力。うますぎ!

※メッセージ
ナイナイ、オードリー、クドカン、ゆず

エンディングでは、出演者再登場。研二が倍返しされてたり、終始ふざけつつ和やかな雰囲気で終わる。

進行も結構円滑で、どのグループも自分たちの持ち味出してて、良いイベントでした。
西川さんは現在予定ないみたいだけど、特に狼さんはぜひツアーに行ってみたいね。ベビメタはもうチケット申し込んじゃった><

2014-01-22

1/18 LiSA「LANDSPACE」 発売記念アコースティックライブ

@渋谷TOWER RECORD B1F CUT UP studio

エース登板の時間だあああああああああ
LiSAのアルバムイベント。タワレコで購入すると封入されている専用応募葉書に申し込み、当選すると当選はがきが来るっていう流れ。
まあ、行かない理由が無いよね!ってことで応募したら、自分も知り合いも見事当選!さて、記載されている整理番号は…
「12」ファッ!?
まさかの最前確実の良番。2013年は結構席運が良かったな(当選葉書が来たのは13年)

道中に発見。

整列している最中も、スタッフが率先して番号を読み上げたり、並ぶ場所を細かく指示してくれたり、番号確認・整列しやすくしてくれた。このスタッフたちの有能さは、LiSAの現場が好きになった要因の1つに間違いなく入る。ハロのヴィーナスフォートはほったらかしだった。。移動の時もスタッフが最後までアテンド。

最前中央左を余裕で確保。マジで近い。手を伸ばしたらサイが当たっちゃうレベル。
テーブルにはモモコがスタンバイw
今日はアコースティックライブなので、CO-Kさんのみ。開演!

crossing field
say my nameの片思い
僕の言葉で
コズミックジェットコースター
traumerei
ジェットロケット


LiSA「盛り上がる準備できてる?」えっアコースティックライブじゃないの…?!w

・crossing field
ふつーーに煽ってくるっていうw
でも普段とアレンジも違うので、どこで声出すの止めれば良いかちょっと迷った。
それを予想してたのか、経験値として溜めていたのか、自分が歌う直前に「シー」と一瞬人差し指を立てる合図。これだけで迷いなくノれた!

・say my name
フリ講座つき。奥の方の客にも「大丈夫?大丈夫!?」とチェック。

・MC
武道館のお話。モモコの話とかもあったけど
見に来てくれた母親、妹たちの話。「ありがとう」と言おうと思ったけど、自分が帰ってきたら母親・妹に全部占領されて寝ていて、言う機会が無かった
けど、ブログに色々書いてたら「言わなきゃ」と思い直し、LINEでちょっと照れながら伝えたら…
スタンプ1つだけ返信が来たという話wというオチ。互いに照れていたよう。

・コズミックジェットコースター
Aメロ中は前の方に手を伸ばしてくれるも、最前連中は触れないように気を使ってるのが面白いw調教完璧じゃねーか
大サビ前に一旦止めて「LOVE忘れたでしょ!」というシーンも。とにかく盛り上がろう!という。

・ジェットロケット
最後はbest day,bestwayかと思ったけど…w
最後合唱も、CO-Kさんとコンタクト取りながら〆ました

武道館では3曲目から喉が苦しそうだったけど、この日は調子良さそうだった。
1番前で楽しみつつもしっかり聞けたので、すごく有意義でした。

1番前での収穫と言えば…本人の表情や仕草を間近で見れたこと。
一旦切るときはCO-Kさんに何かサインを出したり、ジェットロケットで〆る時は一瞬目を切ったり。そして客がノリやすいよう、「ここから声出して!」「ここで止めて!」など、サインがわかりやすい。もちろん指示だけじゃなくて「みんなのノリに任せる!」って部分も多くて、そのバランスが絶妙だったり。
てかCO-Kさんもアコースティックアレンジ上手いな…。普通にカッコよかった。無茶ぶりにもこたえてたしw

今回も驚かされるのが、LiSAのステージ捌き。
「どうやったらみんな楽しめるか」と、客目線から様々な配慮を散らしてくれる。
CO-Kさんの凄い対応力も、同じ考えのもと、念入りに打ち合わせしたり、経験を積んでいるからだろうなぁ。
毎回そうなんだけど、セットリストや歌そのもの以上の満足感を提供してくれます。

2014年も、かっこいい歌と楽しいライブを提供すると。本人の言葉通り、期待しかしていない!
安定感抜群のエース様でした。そして代々木へ

2014-01-15

2013年一覧

後で見やすいよう、各タイトル?とランキングの総括を。

◆各1位

上半期曲別1位:best day,best way LiSA
上半期歌手別1位:℃-ute

下半期曲別1位:悲しき雨降り / アダムとイブのジレンマ ℃-ute
下半期歌手別1位:℃-ute

年間曲別1位:best day,best way LiSA
年間歌手別1位:℃-ute
アルバム1位:LANDSPACE LiSA
新人:Juice=Juice

◆アルバム部門
*1 LANDSPACE LiSA
*2 ②スマイルセンセーション スマイレージ
*3 dawning 9mm Parabellum Bullet
*4 I いきものがかり
*5 ZIGAEXPERIENTIA supercell

◆上半期歌手別
*1 ℃-ute
*2 supercell
*3 LiSA
*4 やなぎなぎ
*5 嵐
*6 KAT-TUN
*7 SKE48
*8 GReeeeN
*9 スマイレージ
10 fripSide


◆下半期歌手別
*1 ℃-ute
*2 Juice=Juice
*3 LiSA
*4 SKE48
*5 AKB48
*6 Kinki Kids
*7 Linked Horizon
*8 fripSide
*9 Acid Black Cherry
10 中川翔子


◆年間歌手別
*1 ℃-ute
*2 LiSA
*3 やなぎなぎ
*4 SKE48
*5 supercell
*6 fripSide
*7 Juice=Juice
*8 嵐
*9 スマイレージ
10 いきものがかり
10 中川翔子
10 SCANDAL
13 ゆず
14 モーニング娘。
14 GReeeeN
16 AKB48
17 KAT-TUN
18 Berryz工房
19 UVERworld
20 Linked Holizon


◆上半期曲別
*1 best day,best way LiSA
*2 Crazy 完全な大人 ℃-ute
*3 The Bravery supercell
*4 Calling×Breathless 嵐
*5 チョコの奴隷 SKE48
*6 Zoetrope やなぎなぎ
*7 sister's noise fripSide
*8 この街 ℃-ute
*9 会わないつもりの、元気でね SCANDAL
10 拍手喝采歌合 supercell
11 FACE to Face KAT-TUN
12 ユキトキ やなぎなぎ
13 続・混沌 中川翔子
14 All Alone With You EGOIST
15 1.2.3恋が始まる いきものがかり
16 REASON ゆず
17 EXPOSE KAT-TUN
18 会いたい会いたい会いたいな ℃-ute
19 雪の音 GReeeeN
20 恋する季節 ナオト・インティライミ
21 寒いね。 スマイレージ
22 ラテラリティ やなぎなぎ
23 Endless Game 嵐
24 初恋サイダー Buono!
25 誕生日には真っ白な百合を 福山雅治
26 REVERSI UVERworld
27 銀色飛行船 supercell
28 旅立ちの春が来た! スマイレージ
29 アジアンセレブレーション Berryz工房
30 WANT! Berryz工房

◆下半期曲別
*1 悲しき雨降り / アダムとイブのジレンマ ℃-ute
*2 traumerei LiSA
*3 まだ、涙にならない悲しみが Kinki Kids
*4 自由への進撃 Linked Horizon
*5 都会の一人暮らし/愛ってもっと斬新 ℃-ute
*6 美しい稲妻 SKE48
*7 ロマンスの途中 Juice=Juice
*8 わがまま気のまま愛のジョーク モーニング娘。
*9 eternal reality fripSide
10 Re;NAME 大塚愛
11 イジワルしないで抱きしめてよ / 初めてを経験中 Juice=Juice
12 恋するフォーチュンクッキー AKB48
13 さかさま世界/Once Upon a Time -キボウノウタ- 中川翔子
14 カラフル ClariS
15 GOUNN ももいろクローバーZ
16 雨のち晴レルヤ / 守ってあげたい ゆず
17 Fight For Liberty UVERworld
18 賛成カワイイ! SKE48
19 新しい私になれ! スマイレージ
20 Greed Greed Greed Acid Black Cherry
21 笑顔 いきものがかり
22 黒猫~Adult Black Cat~ Acid Black Cherry
23 アクアテラリウム やなぎなぎ
24 シリウス 藍井エイル
25 下弦の月 SCANDAL
26 もったいないとランド きゃりーぱみゅぱみゅ
27 OVER DRIVE SCANDAL
28 もっとずっと一緒にいたかった / Rock エロティック Berryz工房
29 1.2.3恋が始まる いきものがかり
30 ピースとハイライト サザンオールスターズ


◆年間曲別
2つ前の記事参照


おわり

2014-01-15

2013年年間 アルバム編+歌手別編

ラスト、しっかり書いていこう!

13年最終回。アルバム、歌手別、+αを。

◆アルバム部門
*5 ZIGAEXPERIENTIA supercell
ボーカル変更を経て、2年半ぶりのリリースとなったsupercell。
前作「Today Is A Beautiful Day」は、既に大正義状態だったBuono!との直接対決も制し、歴代トップ3に入るほど気に入ったアルバムだったので、物凄い期待値は高かった。
様々な顔を見せつつ、どれも聴きやすかった前作でしたが、今作は「新しい音色を入れた」というように、今までのsupercellらしくない、全体的に重いアルバムで、ちょっと取っ付き難い。
LiSAすらまったく寄せ付けず1位!ってのを期待してたんですが。。

*4 I いきものがかり
デビュー時から、アルバムに定評のあるいきものがかり。順当に入りました
「マイサンシャインストーリー」など、各種タイアップ曲が良いのは毎回なんですが
『失恋』をテーマにした3曲が、今回はすごく気に入った。
「恋跡」「なんで」「恋愛小説」の3曲はどれも心に優しく染みてくる感じ。歌い上げる聖恵ちゃんもさすが。
これだ!っていうパンチは無いけど、安心して聞いてられました。

*3 dawning 9mm Parabellum Bullet
実はこのアルバム部門にちょくちょく顔を出す9mm。
久々のアルバムリリースとなりましたが、攻撃的で激しいギターを中心とした、かっこよさは健在!
ここ数年はますます歌謡曲テイストも増し、個人的には好きです。
たぶん9mmしか生めない音楽なのかなーと思ってます。
14年はライブ行くぞ!

*2 ②スマイルセンセーション スマイレージ
!?!?!?!?!?!?!?
ハロ初めてのアルバム部門ランクインは、何とスマイレージ。(あのグループは除く)
内容は、1曲目「新・日本のすすめ!」の通り、おもちゃ箱のように様々な楽曲を詰め込んだ印象。
シリアスな曲もあれば、可愛らしい曲もあり…そして最後にしっとりとしめるのも良い。
どの曲も聴きやすく、良く作られていました。
基本的にハロのアルバムは曲数も少なく、滑り気味の曲も入ってたりと、アルバム部門に入ることが無かったんだけど、何と今作は2位に!確かにこのアルバムが転機なので、順当かも。

*1 LANDSPACE LiSA
2年連続2回目の1位!1年半ぶりの2ndアルバムです。
基本的には前作と路線は同じで、疾走感溢れる爽やかかつかっこいいロックナンバーが並ぶ中に
本人の歌唱力が光る、ミディアムナンバーが入っていて…という感じ。
作家のメンツも、師匠こと田淵さんやwowokaさんなど、ほぼ変わっていません。
ただ、本人のスキルももちろん、自身が作詞作曲を手がけたり、1stよりもレベルアップが見てとれました。
まだまだ現場で聞いていない曲も多く、楽しみ。

アルバムは以上。下半期の方が充実したかな。
過去に実績があって漏れたのは、やなぎなぎ、ももクロ、ゆずあたり。
何だかんだで出揃ってくれました。

◆歌手別
09年~11年までは10位入りしている場合
12年は20位入りしている場合、過去の実績も。

20 Linked Horizon
(自由への進撃)

19 UVERworld
(REVERSI、Fight For Liberty、ナノ・セカンド)

18 Berryz工房
12年15位
(WANT!、アジアンセレブレーション、ゴールデンチャイナタウン、もっとずっと一緒にいたかった)

17 KAT-TUN
09年9位、11年2位、12年14位
(不滅のスクラム、EXPOSE、FACE to Face)

16 AKB48
09年7位、10年7位、11年8位、12年13位
(So long!、さよならクロール、恋するフォーチュンクッキー、ハート・エレキ、鈴懸の以下略)


16位まで。ベリが入るあたり見ると、やっぱりリリース枚数で大きく左右されるのね。
AKBはずーーっと入ってるんだね。
以下、7位~14位は最終週まで縺れに縺れました。
10位以内の歌手はやっぱり柱を期待したいので、何というか、個人的には箱根の10位シート争いのような感覚。

14 モーニング娘。
12年12位
(Help me!、ブレインストーミング、わがまま気のまま愛のジョーク)
GReeeeNと同点で14位に。年間19位かつツアーの影響でわ気愛Jが12月まで強く引っ張り、12月2週目の時点では10位に浮上…も、年末のリリースラッシュで後続に抜かれまくり、14位に。ヘルミー、ブレストがもう少し…

14 GReeeeN
12年20位

(雪の音、桜color、イカロス、愛し君へ、HEROS、僕らは物語)
6枚もリリースしたんか!雪の音以外は50位にも入らなかったけど、リリース枚数の多さで14位に。
年末に「僕らは物語」をリリースし、最後は少し順位を上げました。しかしここ2年は活動量がすごい。

13 ゆず
(REASON、友~旅立ちの時、雨のち晴レルヤ)

何気に今年躍進のゆず。いや今までも普通に入ってたけど、今年は良く活動してた気がする。
REASONだけでなく、雨のち晴レルヤも年末まで伸び、13位にまで上がった。
「表裏一体」のリリースが1週早ければ、年間10位入りでした。来年も期待できそう

10 中川翔子
09年4位、10年6位
(続・混沌、さかさま世界)

縺れた結果…10位が3組という結果にw
3年ぶりに10位入りのしょこたん。今年は2枚のリリース。
続・混沌も、さかさま世界も上位に入った。12月リリースのさかさま世界が伸び、最終週で大逆転の10位入り滑りこみ!
リリースペースがのんびりな人だけど、来年も改めて期待。

10 SCANDAL
11年7位、12年5位
(会わないつもりの、元気でね。、OVER DRIVE、下弦の月)

3年連続の歌手別10位入りと、もう立派な柱になってもらってるSCANDAL!
ただ下半期の2曲があまり伸びず…。12月初週では8位でしたが、何とかギリギリ10位をキープ。
来年は西川さんとコラボ。楽しみ。

10 いきものがかり
09年6位、12年6位
(1.2.3恋が始まる、笑顔)

安定感◎のいきものがかり。今年は2枚のリリースで、アルバム部門でも入り、今年も安定した存在感でした。
笑顔以降はリリース無く、12月危うかったけれども2年連続5回目の歌手別10位入り。
今CMで流れている「虹」という曲も熱そう。来年も変わらぬ期待を寄せます。

*9 スマイレージ
(寒いね。、旅立ちの春が来た!、新しい私になれ!、ええか!?)

11月末までは10位だったものの、12月3週目には12位まで落ちる。しかし最終週に「ええか!?」リリースで、逆転の9位滑りこみ。
もちろん初めての10位入り。それどころか20位入りも初めて。
とびぬけた曲は無いものの、1枚1枚のアベレージが右肩上がりの1年でした。
相変わらず逆境から抜け出せない状態。14年は、まず曲をリリースしてくれるのか…

*8 嵐
09年5位、10年2位、12年18位
(Calling×Breathless、Endless Game)

上半期にリリースした2枚で終わったものの、年間5位に入ったCalling×Breathlessが原動力となって3年ぶりの歌手別10位入り。
嵐やいきものがかりあたりは、もう言うことないんだよね。安心感があるし。
長らく7位でしたが、最終週で8位に1つ後退。

*7 Juice=Juice
(ロマンスの途中、イジワルしないで抱きしめてよ)
※デビュー年

下半期にメジャーデビュー。その流れでリリースした2枚で、一気に7位まで駆け上りました。
11月末時点では20位ぐらいでしたが、新曲リリース後にごぼう抜き。1曲1曲のアベレージが高かった。
下半期歌手別では、LiSAを上回る2位!大きなインパクトを残したルーキーイヤー。14年は、柱として期待してみたい。

*6 fripSide
(sister’s noise、eternal reality)

レールガンタイアップの2曲リリースは両方とも高順位に。歌手別でも初の10位入りに。
上下から離れており、8月以降は6位を独走でした。今年の救世主。
レールガンアニメがあってこその2枚リリースだったので、14年の活動は期待できず。。

*5 supercell
10年3位、12年11位
(銀色飛行船、The Bravery、拍手喝采歌合)

今年は3枚のリリースも、下半期はシングルリリース無し。上半期2位より落とすことに。
過去最大の活動量で、充分すぎる5位ですが…3枚リリースのsupercellならもっと上を期待できたんだけど…
アルバムリリースを経て、14年の活動は完全に白紙。ここでsupercellに抜けられると痛すぎる。

*4 SKE48
12年17位
(チョコの奴隷、美しい稲妻、賛成カワイイ!)

ヒェ~~ッw
相変わらずメンバーもよくわかってないけど、今年リリースした曲は全て良かった。特に前者2曲から溢れ出る、一昔前のエイベ臭。
昨年のももクロといい、確変枠がここらへんに来るなw初の10位入り。
来年は…まぁ曲次第なんでしょう。

*3 やなぎなぎ
12年10位
(ラテラリティ、Zoetrope、ユキトキ、アクアテラリウム)

(一応)昨年のルーキーイヤーからさらに飛躍し、年間3位に!リリース数、アベレージともに高かった。
supercell時代から常に好位置をキープしてますね。2年目だけど、言うことはもう無いくらい。
早くも14年第1段シングルも決まってます。今年も柱として!

*2 LiSA
12年4位
(best day,best way、traumerei)

現在の大黒柱、1番手に座るLiSAが2位に。
1番手なのに2位…ですが、リリースは2枚が年間1位と3位、アルバムは1位という、昨年までの圧倒的な存在だったBuono!不在の苦しい1年を支えてくれました。
当然、来年も1番手で!

*1 ℃-ute
09年8位、10年5位、11年3位、12年8位
(会いたい会いたい会いたいな、この街、Crazy 完全な大人、悲しき雨降り、都会の一人暮らし)

2位のLiSAにも100近くの大差をつけて1位は、歌手別5年連続5回目の℃。
今年は武道館特需もあり、とにかく全体的に高かった。そしてリリース枚数が多かった。
ただ、どんなに「キタ!」と思っても、それをあっさり冷めさせる展開もあるのがココの系列。やっぱり大黒柱にするには気が引ける。


ていう結果になりました。
相対的にハロが強くなりすぎですな。。

◆新人
こんな時だからこそ大切にしたい、新人の目
と思ったけど…リアルでも新人があまり出てきてない分、自分の中でも候補数が少なかった。
あのTSUBAKIのCMにて、一瞬で画面に振り向いてしまうほどのインパクトがあったLUHICAか、2枚とも上位に入って勢いを感じるJuiceか…って感じなんだけど
まあ、Juice=Juiceですね。デビュー曲20位入りは近年ではBuono!、supercell、LiSA、のみ。新人で歌手別7位以上は06年のAqua Timez以来みたい。


以上、2013年でした。
後で見やすいように、総括記事作って本当の終わりに。

2014-01-14

1/13 ℃-ute「都会の一人暮らし / 愛ってもっと斬新」発売記念イベント

@品川ステラボール 青年館から移動し、続いては℃のリリイベ3回目へ。近いので助かる 入場、席は1階後方右。なぜかこのあたりだけ、空席がすごい。たぶん発券してなかった。 普通に落選もあった回なので、横広なこの会場に考慮して元から入れるつもりなかったのか、バックレが多かったのか…。めっちゃ広く使えた。周辺も、いつもの騒がしい方々がほとんど。 そういえば2014年℃単独は初。開演! 愛ってもっと斬新 MC(質問コーナー) 私立共学 独り占めしたかっただけなのに いざ進め!Steady Go MC(告知) 都会の一人暮らし ◆MC 会場で質問を募る。ヲタが手を挙げてメンバーが指す感じ。 すげー手抜きかと思いきや、変なゲームよりよっぽど良いなと思いつつ、レポより転載 ・ハロコンの裏話を教えて (萩原) まーちゃんがメンバーと揉めて泣いていた 自分はメンバー同士のことだしとシカトして袖から見ていた 泣いていた理由はいざ進めの時に岡井さんとハイタッチするのを邪魔だからやらないように言われたから その後2、3曲後にモーニング娘。の出番なのにまだ泣いてた 出番終わったあとも泣いてたので聞いたら泣いたまま出たので小田さくらちゃんから「歌も顔も最悪ですね」と言われて泣いてた ・一人暮らしをするために引っ越したその日の夕飯は豪華にするか持ってきたもので作るか ノソ*^ o゚)<テレビの見すぎかもしれないけど手伝ってくれた人とパーティーしたい ・メンバーの中で一番斬新なメンバーは? (岡井) 矢島舞美ちゃんが頭痛をしたことないっていうのが斬新 あと普通嫌な話が耳に入ってくるがそういうのをシャットアウトできる 从・ゥ・从<一つのことに集中できるから (o・ ・)<でも聞いてほしい時も聞いてないときあるよね ・引っ越すなら絶対に必要なもの (色々な意見から「冷蔵庫」という答えが出て) (o・ ・)<この前ホテルでお風呂上がりにアイス食べようと千聖と二人で買ってきて (o・ ・)<お風呂入って歯磨きして食べようとしたの (会場ざわつく) ノソ*^ o゚)<歯磨きした後に食べるのが好きなの (o・ ・)<冷蔵庫から出したら柔らかいの それで電話してもらって ノソ*^ o゚)<私が電話して 冷蔵庫はどっちのスイッチを入れたらいいですかって 黒のでっぱってるやつを押してくださいって でもそんなに強くないから冷凍は無理ですねえって言われて ・今やってる寒さ対策 (萩原) 素足 この前の寒い日にミニスカートで撮影で靴擦れがわからないくらい足がかじかんだ それから大丈夫になった (中島) お白湯を飲む あとネックウォーマーをして寝る 暖房入れると口開いてるからパサパサになるから ◆私立共学 なっつかしい!はずなのに、あんまり懐かしい感じはしなかった。 ◆独り占め イントロの瞬間に空気が変わったwリリイベの雰囲気じゃねーぞ! 久々だったけど、やっぱりこの曲は楽しいというか熱い。 最後の千聖のとこはトレボツアーと同じように高くする仕様になってた。 ◆ステデコ もう汗びっしょりなんですが><広く使えるっていいね 全曲フルだったのはすんごく嬉しい!でも1回目や2回目はFLやAs Oneをフルでやったってことだよね。まあ独り占めだったので不満は無いんですが、ちょい悔しい。 あくしゅ。3回目ともなれば高速。 千聖→舞→中島→愛理→舞美 そういえばリリイベも久々。流れ握手も久々だな…。 今年1発目、「今年もめっちゃ応援するよ!」って感じで。モチベの起伏はあるにしろ、℃に関しては確実にハロ内最優先で現場に行くんだし。 リ ・一・リ<あぁ、はーいwよろしくあざぁーっすww (o・ⅴ・)<残念でした~w 握手会の時はイベントTだったので、「これ買えんかった(´・ω・`)」って言った ノソ*^ o゚)<あ、はい 5年経っても中島とはあわただしい中になっちゃう ( ^ω^)<大晦日、恋愛ライダー最高だった! 州´σ・ v ・)<Buono!♪ これは言っておきたかったので。 从・ゥ・从<はい!お願いします!!! 最後まで手を振ってくれました。 思った以上に楽しかった。やっぱり℃が好きなんでしょう。 色々話題になってるまーちゃんの件は、おださく面白いってことで良いと思うw

2014-01-14

1/13 スマイレージ「ええか!? / 『良い奴』」個別握手会

@日本青年館

再開発により、今年で改修・閉館が決まっている日本青年館。
新しくできる頃には、自分はもう地元に帰らないといけない。
もう青年館でライブを見ることもそう無いし、何かいけそうなイベントの便乗して、しっかり見ておきたかった。

てわけで、年初から都合良くスマが個別系のイベントやるんだと!今スマはとっても注目したいよねってことで、とりあえず初めて個別系行ってみるか、と。
券はあやちょとかななん。1番好きなめいめいは、券ゲットできなかったので別の機会に…。
こういうスマの接触系は初めてなので、初めてですって感じで。後は最近すごい気になってますと素直に言うことに。

会場は…以前来た時とレイアウトが違ってて、メンバーが丸見え。ベリも℃も、別会場での娘。も、仕切りでメンバーが見えないようになってるんだけど。(頭が飛び出る熊井ちゃん除く)
待ち時間ずっと何か歌ってるばくわらさん。楽しそうで何よりw

あやちょ。
( ^ω^)<実は、コンサートは行ってるんだけど、こういう個別握手イベント初めてなんだけど…
川 ´‘ _‘||<あ!ようこそ!!あやちょと申します!!!趣味は美術館巡りです!!!11
(;^ω^)<それはさすがに分かるよ…w
川 ´‘ _‘||<じゃあ次もまた次も来てくださいね!
( ^ω^)<とりあえず、次のツアーは行くよ
川 ´‘ _‘||<待ってます!
( ^ω^)<バイバイ
川 ´‘ _‘||<バイバイ

はわわ><美しすぎ!目の保養になりました。
ただお疲れなのか、肌荒れが…。お大事に。とりあえずバイバイをやってみたかったw

かななん。
何を思ったか券3枚なので略。
初めて個別きましたってこと、歌上手くなったねってこと、だから歌自信持ってね!ってこと、ツアー行くよってこと。
最後の最後まで手振ってくれたり、とても可愛らしかった。
握手人気が高い理由が分かった気がする。すんごい感じ良いね。癒されました。

これで握手は以上。

さて日本青年館。
2009年2月11日、この場所から始まったんだよね。
ライブにしろ何にしろ、転機だったり始まりのきっかけのことって鮮明に覚えている。
何を思って電車に乗り、あの入口前の階段を上がり、席に着き、開演を待ったか…まで。
そして公演を見た感動はさらに鮮明で、あの時から今までそれを追い求め続けてきた。
もう5年たつのか、と思うと少ししんみりした瞬間でした。もう1度、あの興奮と感動を味わいたい。

2014-01-14

1/11 Juice=Juice「イジワルしないで抱きしめてよ / 初めてを経験中」発売記念イベント

@ディファ有明

この3連休、何か予定入れないと恐ろしくヒマだったので、現場模索。
お、近場でやってるじゃん!ってことで1回目だけ入場。
それにしても、この曲すごい好きなんだよね。

ディファは広いね。横ブリが閉館したので、ディファと品川ステラが増えていくんだろうね。個人的には近いので助かる。リリースイベントならね…。ライブなら横ブリだが

席は6列目。フラット会場なので、結構な席で助かります。
Juiceの推しは誰かと言えば、かなともなんだけど、購入できるまで佳林Tで
開演

初めてを経験中
MC
ロマンスの途中
私が言う前に抱きしめなきゃね
MC
イジワルしないで抱きしめてよ


2回目はわた抱きが五月雨に変わったみたい。
フル披露だったので嬉しかったな。良曲ばっかりなので聴きごたえあるし。

MCは今年初めてしたこと+お題に沿ったポーズを決め 5人そろえられるかって企画。
まあ、リリイベらしい感じ。

握手は中速ぐらい。
かなともにはカウコンの感想「君チャリよかったよ!」と伝えました。
相変わらずメンバーもヲタも握手慣れしまくりでビビる。

やっぱり曲聴けるのって単純にいいね。
Juiceはマジで熱いと思ってます。楽しかった。

それでは、ハンタ映画を見るためにお台場へ……

2014-01-12

1/4 「Hello! Project 2014WINTER ~DE-HA MiX~」

@中野サンプラザ

19列通路!良い席。

【セットリスト】
01 ロマンスの途中/全員 ※間奏でメンバー紹介VTR
02 ドッカ~ン カプリッチオ/全員
MC
03 天まで登れ!/ハロプロ研修生
MC
04 自信持って 夢を持って 飛び立つから(高橋愛)/鈴木愛理
05 I & YOU & I & YOU & I(タンポポ)/道重佐藤萩原植村
06 The 美学(松浦亜弥)/香音福田
07 ショートカット(スマイレージ)/生田工藤徳永須藤岡井
08 スッピンと涙。(後藤真希)/福田花音
09 悲しきヘブン(℃-ute)/小田宮本
10 さくら満開(モーニング娘。さくら組)/飯窪熊井愛理和田
MC
11 Bitter&Sweet/Bitter&Sweet(田﨑あさひ長谷川萌美)
12 肉体は正直なEROS(メロン記念日)/譜久村菅谷金澤
13 ヒロインになろうか(Berryz工房)/鞘師石田中島中西竹内宮崎
14 Only you(モーニング娘。)/矢島清水嗣永夏焼勝田田村高木
15 いざ、進め! Steady go!/全員
MC(5つの質問)
16 おへその国からこんにちは/ハロプロ研修生
17 笑顔の君は太陽さ/モーニング娘。'14
18 有頂天LOVE/℃-ute&スマイレージ
19 初めてを経験中/Juice=Juice
20 アジアン セレブレイション/モーニング娘。'14&Berryz工房
21 「良い奴」/スマイレージ
22 愛ってもっと斬新/℃-ute
23 1億3千万総ダイエット王国/Berryz工房
24 私が言う前に抱きしめなきゃね(MEMORIAL EDIT)/スマイレージ&Juice=Juice(BD:ハロプロ研修生)
25 わがまま 気のまま 愛のジョーク/モーニング娘。'14
26 世界一HAPPYな女の子/Berryz工房&℃-ute(BD:ハロプロ研修生)
MC
27 Happy大作戦/全員


こっちの方がネタ満載で楽しかったかな。
とりあえず愛理ソロを見れたのはラッキー。

・美学
Wかのん。ここでズッキとの歌唱力差をあまり見せられないのがまろのしんどいところ

・ショートカット
短髪集団。おいしいパートは全て千聖が持っていってました。
最後の高くなる「旅したい」は流石チャンス◎。完璧でした。

・すっぴんと涙
あれは…エースかにょん!?

・かなぶん
おださく→千聖 かりん→愛理
聞いてられません。

・肉体は正直なEROS
会場から大きなどよめきがwこれはいかんでしょww
梨沙子は、まあ梨沙子なんだけど
フクちゃんは結構エロ曲やってる印象だけど、これは……w
かなともはいっぱいいっぱいな感じ。

・ヒロイン
見どころはもちろん石田中島のバックダンサーズ!と思ったけど結構歌っちゃってるし><

・Only you
いやこのグループ層厚すぎでしょ!桃子めいめいが埋もれるレベル。
この中でもセンターは雅。ラストの「君を守る」は鳥肌立った。さすがです

・ステデコ
自分もはしゃぎたい気持ちをぐっとこらえて、他のメンバーがどうやるのか見る。
とりあえず…めいめいwwww

・ダイエット
いやぁ…これは俺のボキャブラリーじゃ表現できぬw
新境地すぎる。

・Happy大作戦
最後は楽しく終わりました。
全メンバーがソロパートあったり。この曲の大団円感は凄く好き。


終わり。
こっちは結構楽しかった。

2014-01-12

1/4 「Hello! Project 2014WINTER ~GOiSU MODE~」

@中野サンプラザ

さぁーハロコン。年が明けましたね。

知り合いと合流、挨拶して入った。
新春のトレポスは……
从*´∇`)
お、おうw謎の、いや納得の安心感

この公演は既存ユニットの新曲をやりますよって話。
席は29列左。カウコンで痛めた足が…

【セットリスト】
01 笑顔の君は太陽さ/全員
02 cha cha SING/全員
MC
03 おへその国からこんにちは/ハロプロ研修生
04 What is LOVE?/モーニング娘。'14
05 イジワルしないで抱きしめてよ/Juice=Juice
06 ええか!?/スマイレージ
07 都会の一人暮らし/℃-ute
08 大人なのよ!/Berryz工房
MC
09 ロマンスの途中/Juice=Juice
10 ヤッタルチャン/スマイレージ
11 愛の軍団/モーニング娘。'14
12 悲しき雨降り/℃-ute
13 ROCKエロティック/Berryz工房
MC
14 BitterSweet/Bitter&Sweet(田﨑あさひ長谷川萌美)
MC
15 さよなら「友達にはなりたくないの」/高木紗友希
16 絶対解ける問題X=ハート/徳永千奈美
MC(GOiSUトーク)
17 【メドレー】天まで登れ!(J=J)~A B C D E-Cha E-Chaしたい(娘。'14)~
        ~ベーグルにハム&チーズ(℃+BD:研修生8人)~サヨナラ ウソつき私(ベリ)~
         ~五月雨美女がさ乱れる(MEMORIAL EDIT)(J=J+BD:研修生8人)~新しい私になれ(スマ)~
          ~私、ちょいとカワイイ裏番長(スマ+BD:研修生8人)~アダムとイブのジレンマ(℃)~
           ~もっとずっと一緒に居たかった(ベリ)~One・Two・Three(娘。'14)
MC
18 かっちょ良い歌/全員


特筆点は…特に無し。
まあつまんで

・笑顔の君は太陽さ
娘。新曲。
何で新曲を全員でやらないかんのか。新春一発目はみんな楽しい曲やって
新曲は自分の枠でやれよと。
曲としては本当…どうするんだろう。字余りの歌詞が気持ち悪く感じる。
…てまぁ感じで、初聴の印象はかなり悪い。前作のわ気愛Jは一発目から気に入った分、より一層…

・おへその国からこんにちは
終身名誉研修生リーダーがいない…(´・ω・`)りつ子のソロパートは佐々木りかこが継承
ななみんがポニーテールにしてた。びっくりするぐらい似合ってないよ><

・イジ抱き
この並びの中では、この曲の完成度は比にならない。
マジでお気に入り。

・ええか!?
実はこの日、千聖Tと間違えてめいめいTを持ってきてしまった。

・大人なのよ!
新曲だけど印象に残ってない1曲。もう1曲の方がアレだったからなぁw

・ソロ
千奈美歌えてるやん!!

・メドレー
ワンハーフ。
ちょいカワでは時間を取って煽り!めいめいT持参しといて良かった><
個人的には新しい私になれ!とアダムやれて満足。


最後はかっちょいい歌やっておしまい。
以上

2014-01-10

2013年年間 1位

さて、1位!
上半期から変わらず、この曲でした。
1番手が順当に獲得!

1 best day,best way / I’m a Rock Star LiSA 91.7
上半期1位 下半期58位
2位と15点以上の差をつけて独走したこの曲が1位!
この曲にはMV撮影にも入らせてもらい、思い入れも強いですね。
底抜けに明るい、新生活を迎える人に向けた応援歌。
メロディはとてもキャッチーで、ノリやすい上に、ボーカルLiSAの歌もパワフルだけど凄く明るく歌う様で、さらに前向きにさせてくれます。
歌詞もストレートで違和感なく入っていきます。
また、Cメロのオリーブと本名のOLIBEをかけたくだりは秀逸!
バンドもギターとドラムを中心に小気味良く、また何よりこれも楽しそうに演奏しているのが良い。
カップリングのI’m a Rock Starも良かったな。攻めるロック曲というよりは、メロディアスな雰囲気でかっこ良い感じ。
やっぱりこの人は本当に楽しそうに歌を歌う様が1番好き。また常にファンに向けて何を発信しようか考えているところ。
武道館決定の前後や、武道館公演中のMCは、青臭いけどとても上手かった。熱くなれた。
後半にガス欠になりがちなど、まだまだ荒削りな部分も多いけど、凄く見てて聴いてて楽しい歌手です。
4月リリース。同週発売の℃-ute・Crazy 完全な大人も年間4位に入りましたが
それも寄せ付けない推移で独走しました。
8月の新曲リリースに加えて、年明けの武道館公演に向けた新情報が待たれます。
大黒柱が不在の中、このLiSAが大きな支えとなりました。頼りになる、3年目26歳エース!(ガルデモ時代入れればもっと長いけど…)
圧巻の強さで、年間1位獲得です。


以上、2013年でした。
LiSA、℃-ute、LiSA、℃-uteという何かもうひどいことになってしまった><
新規を開拓する意欲が無くなってきてしまっているのだろうか。それともこの2組が本当にぶっちぎっているのか。
来年の展望は、supercellの不在がとにかくきつい。℃もこの勢いが14年も持つのか。
救世主が現れないと、また14年で最低数を更新しそう。

*1 best day,best way LiSA
*2 悲しき雨降り / アダムとイブのジレンマ ℃-ute
*3 traumerei LiSA
*4 Crazy 完全な大人 ℃-ute
*5 Calling×Breathless 嵐
*6 The Bravery supercell
*7 チョコの奴隷 SKE48
*8 Zoetrope やなぎなぎ
*9 sister's noise fripSide
10 まだ、涙にならない悲しみが Kinki Kids

11 自由への進撃 Linked Holizon
12 1.2.3恋が始まる いきものがかり
13 都会の一人暮らし/愛ってもっと斬新 ℃-ute
14 拍手喝采歌合 supercell
15 この街 ℃-ute
16 美しい稲妻 SKE48
17 ロマンスの途中 / 私が言う前に抱きしめなきゃね / 五月雨美女がさ乱れる Juice=Juice
18 続・混沌 中川翔子
19 わがまま気のまま愛のジョーク / 愛の軍団 モーニング娘。
20 eternal reality fripSide

21 Re;NAME 大塚愛
22 イジワルしないで抱きしめてよ / 初めてを経験中 Juice=Juice
23 会わないつもりの、元気でね SCANDAL
24 恋するフォーチュンクッキー AKB48
25 FACE to Face KAT-TUN
26 ユキトキ やなぎなぎ
27 REASON ゆず
28 会いたい会いたい会いたいな ℃-ute
29 All Alone With You EGOIST
30 さかさま世界/Once Upon a Time -キボウノウタ- 中川翔子

31 EXPOSE KAT-TUN
32 カラフル ClariS
33 雨のち晴レルヤ / 守ってあげたい ゆず
34 GOUNN ももいろクローバーZ
35 Fight For Liberty UVERworld
36 雪の音 GReeeeN
37 恋する季節 ナオト・インティライミ
38 寒いね。 スマイレージ
39 賛成カワイイ! SKE48
40 新しい私になれ! / ヤッタルチャン スマイレージ

41 Endless Game 嵐
42 Greed Greed Greed Acid Black Cherry
43 ラテラリティ やなぎなぎ
44 初恋サイダー Buono!
45 誕生日には真っ白な百合を 福山雅治
46 笑顔 いきものがかり
47 REVERSI UVERworld
48 黒猫~Adult Black Cat~ Acid Black Cherry
49 アクアテラリウム やなぎなぎ
50 銀色飛行船 supercell


次がラスト。アルバム部門と歌手別部門。

2014-01-10

2013年年間2位~5位

書き溜めてました。
今日中に1位まで行けると思う。

さて、嵐以降はLiSA vs ℃になります。

5 Calling×Breathless 嵐 48.4
上半期4位 下半期80位
Callingはドラマ「ラストホープ」、Breathlessは映画「プラチナデータ」主題歌
いきものがかりと並んで長く一線にいる嵐!両A面でタイアップがつき、リアルでの初動自己最多の75万を記録。
Callingはイントロのギターが凄く印象的でかっこいい。
サビ前に声とドラムが重なる部分といい、熱くもクールな1曲。
Breathlessは冷たくもメッセージ強い曲
落ちサビのニノソロはとてもかっこいい。
2曲とも凄く気に入って良く聞いてましたねー
初聴以降もどんどん評価が上がっていき、10位入りは2010年のトラブルメーカー以来。
本当にチケットがもう少し手に入りやすくなればなぁ…。
ぜひコンサートに行きたいけど、手が届かない、雲の上のグループです。

4 Crazy 完全な大人 ℃-ute 58.4
上半期2位 下半期51位
4月にリリースされた、℃-uteの2013年2枚目のシングル。
年間4位は既にロンクリで経験済ですが、あの曲は特別だからなぁ…
曲は最近のハロに多い、ギラギラした電子音を前面に押し出したダンスナンバー。
メロディ自体はA→B→サビととてもキャッチー。
相変わらずの分業制で、サビの難しいファルセットは愛理が担当し、目立つが歌いやすいところは千聖…などなど
カップリングのトレジャーボックスも点を稼ぐ要因となりました。音源ではそうでもないものの、現場ではパワーあふれる1曲に。
初動でのインパクトはそれほど大きく無く、ツアー効果で粘り強く点を稼ぎました。
同週に強い強い1曲があった…という唯一不幸な背景もありましたが
全体の水準低下と、何よりユニット自身の活動もモチベも上昇傾向という環境も助け、4位に座りました。
2014年も、本人たちへのモチベで一定以上までは昇っていくでしょう。

3 traumerei LiSA 63.8
下半期2位
アニメ「幻影ヲ駆ケル太陽」OP
13年の第2弾シングル。
ダークな雰囲気のアニメ本編に併せて、この曲も重低音が響く、落ち着いた1曲に。
サビ最後のファルセット以外は、全てメロディも低いですね。歌詞も含めて、緊迫感のある印象。
かっこいいんだけど、やっぱりLiSAはアップテンポの方が合うのかな、と思ったり。
でも良いアクセントになった気もする。
特筆したいのは、3曲目の「SPiCE」。これが本当にすごくいい!
ほんのちょっとしたスパイスで毎日は輝く、という、明るい応援歌。
LiSAには珍しく、サビは低音で構成されているのも面白い。
とにかく明るく、多幸感たっぷり。
…Buono!のCafé Buono!やEarly Birdを聞いているような清々しさを味わえる、希少な曲です。
それでも、A面のtraumereiが思うように伸びず、同じく夏にリリースした、2位の℃に差される結果に。史上初の年間1位・2位フィニッシュは為し得ませんでした。
ていうか、武道館を控えていた当時の℃の勢いが異常すぎる。

2 悲しき雨降り / アダムとイブのジレンマ ℃-ute 72.1
下半期1位
7月にリリースされた、℃-ute第3弾シングルが年間2位に。
「悲しき雨降り」はジャカジャカと派手なデジタルサウンドと、シャカシャカ動くフリが印象的。秋ツアーでの回転演出は良かったけど、曲としてはそこまで好みではなかった。
「アダムとイブのジレンマ」も、デジタルサウンドには違いないんだけど
アップテンポで、溢れ出る哀愁とギラギラ感が凄くツボ!メロディ、歌声も哀愁が出ててとても良い。イントロ・間奏もまた良い。
…その分、ラストのマイマイさんの弱い歌声が残念。今後の成長に期待…していいのかな。
そして凄く良かったのが「あったかい腕でつつんで」。ボサノバ調で、初の試みとなる1曲。
ほぼアコギと伴奏のみのアレンジと、ゆったりしたメロディと、甘めを意識した歌声が思った以上に声が合っていて、とてもよかった。中島声は相性合うと凄いね。
モチベーションが非常に高かった、武道館公演前でのリリースということで
指数も初動から大きく稼ぎ、後のLiSA「traumerei」の追撃も振り切り、初の半期1位・年間2位に入りました。
今年、℃のリリースしたシングルは4枚とも15位以内。10年ロンクリ、11年ロンクリ、12年悲しきヘブンに続く、4年連続の年間10位入りとなりました。今年は本当に強かった。

2014-01-10

2013年年間 6位~10位

やっと10位以内。この3連休中には終わらせる!

このブロックはバラエティに富んでますね。
ベテランから若手まで。
上半期の方が強かったので、上半期曲ばかりになってますね。

10 まだ、涙にならない悲しみが / 恋は匂へと散りぬるを Kinki Kids 40.6
下半期3位
おぉ……。Kinkiが「夏の王様」以来、12年ぶりの10位入り!!
「まだ~」は、織田哲郎さんの作曲。何度か組んでいるコンビですが、キラキラしつつもポップで、すっごく馴染みやすい。
イントロのギターから最後の締めまで、織田哲郎っぽさ全開です。
明るいけど、物哀しい歌詞も凄く良い。歌い上げる2人も上手いね。
「恋は~」の方も、10年前の「情熱」を思い出させてくる曲調。クラシックギターが何だか懐かしい雰囲気。PVでのダンスショットも話題になりました。
個人的には、企画創世年の新人王ってことでレジェンドに入るキンキ。
久々のシングルがこんなに当たるとは!
10月末リリース後、最終週まで入り続け、もう少し早くリリースしていたら5位以内に入ってたかも。

9 sister's noise fripSide 41.0
上半期7位 下半期48位
アニメ「とある科学の超電磁砲S」OP
2年ぶりのfripSide!リリースも1年半ぶりです。今作は相性抜群のレールガンタイアップ。
お得意の、電子音を多用した疾走感ある1曲となっています。
その中でも内容に合わせた歌詞、アップダウン激しいメロディ、南條さんの特徴的だけど優しいボーカルと、何だか懐かしい感じ。
何気にfripSideは平均値がかなり高い。出せば年間15位前後に入ってますが…今作は初の年間10位入り!
アニメの妹達編において、孤独に闘うも、終わらない実験にどんどん絶望していく美琴…そのまま表現してますね
5月にリリースも、7月末まで入り続けました。救世主です

8 Zoetrope やなぎなぎ 41.6
上半期6位
アニメ「AMMESIA」ED曲
やなぎなぎ、2013年第1弾シングル!前作ラテラリティは年間2位でしたね。
ラテラリティと同じく、ロック色が強いナンバー。
壮大なイントロと響き渡る綺麗な声から始まり、サビにつれて疾走感が出てくる…
そして間奏ではパワー溢れるギターと、ハープも綺麗。1曲に色々詰まっています。
カップリングの「星々の渡り鳥」は一転爽やかなポップス。
声が声だけに、こういう曲がある意味一番しっくりくるかもしれませんね。
イベントにも行かせていただきました。ラテラリティと続いて良曲が来たことで、晴れて柱に置きたくなった。
まあ、元々はBuono!に唯一対抗できていたグループのボーカルだったんでね。当然ですね
今年はこの人に助けられた、と言っても過言じゃない。
大きな大きな、そして嬉しい嬉しい2年連続10位入り!
年明けのワンマンツアーもくっそ楽しみ。

7 チョコの奴隷 SKE48 45.8
上半期5位
ま  さ  か  の  超  躍  進
ここでは昨年からAKB本隊を超え始めて、波に乗っていた中ではあったSKEですが
一気に開花!何と7位にまで入ってきました。
何が良いかと言うと…直球勝負の曲たちが好みです。
この曲は、サビはややインパクト薄いかもしれませんが…AメロBメロが凄い好み。
「♪青空は いつだって思わせぶりで」このAメロを聞き始めたときに、何だか心躍った。
次のメロディがすぐ予測できる…本人たちも所属しているエイベックスサウンドそのもの。
初聴の時は「あぁ、次はそういくよねー」とかわくわくしながら聞いてました。
相変わらずメンバーの詳細とかは全然わからないけど、注目はしたい。
10位入り、いやいや20位入りも初めて。
今年最大のダークホースだけど、14年も続くかと考えると…やっぱり曲次第。

6 The Bravery supercell 47.4
上半期3位
アニメ「マギ」OP曲
とてもキャッチー!タイアップの世界観を示すような、冒険の始まりを告げそうなギターから始まる。
supercell得意の疾走感あるキーボードが今作では無いものの、流れるようなギターメロディが心地よい。
Aメロから徐々に強くなっていく構成で、柔らかさと力強い声を持つこえださんの魅力も充分に出てますね。
大サビで音程が上がるところなど、ツボを抑えてくれています。
2月にリリースして、冬を盛り上げてくれました。安心して聞いていられる楽曲で、初動・推移も安定。
それでもsupercellにはまだまだ期待したくなるところが、他の歌手とはアーティストとは違うところ。

2014-01-10

2013年年間11位~20位

ついに10位台!ここまで来ると、永くたくさん聞いていた曲が多い。
やっぱり、女性歌手ばっかりになるね。。確変ものもあったりして面白い
指数の平均値が下がりまくっている今、相対的に強くなってくるハロ勢の、13年有力曲もここらへんに。
カバーでもこの位置に来る今年の℃はやっぱり異常年

20 eternal reality fripSide 33.4
下半期9位
アニメ「とある科学の超電磁砲S」OP
妹達編の後のOP、fripSide13年第2段シングル。
この曲は何と言っても、小室哲哉さんが参加!とのことで話題になりました。
作曲の他には、PVではキーボードも演奏してます。
前作「sister’s noise」は話の都合上、暗い雰囲気が押し出されていましたが
今作は疾走感は無いものの、明るく聞きやすい1曲。fripSide以上にPOPな感じ。
ただ、妙にあっさりしていて「さすがTK!」という印象は無かった。
前作と話題性の勢いからすると、少しがっかりだったかもしれない。

19 わがまま気のまま愛のジョーク / 愛の軍団 モーニング娘。 34.6
下半期8位
Help me!、ブレストは思うように指数も伸びなかったけど、本作は下半期8位、年間19位という好位置に。
EDM、揃ったダンスを魅せる方針を徹底してきましたが、今回はその集大成になっている印象。
会場全体でも楽しめたり、
個人的にはシャカシャカ動いたり、往復ビンタをかますフリと
機械的なイントロ・アレンジが妙にツボ。何気に20位入りは、2001年の恋レボ以来みたい。
そして、これが娘。最後の1枚に。

18 続・混沌 中川翔子 36.3
上半期13位 下半期35位
しょこたんはこれが1年5ヵ月ぶりのシングル。だいぶ空きましたね。。
作曲・アレンジにシライシ紗トリさん。SMAPのfree birdとか好きだったな。ステレオポニーでもお世話になりました。
作詞は岩里祐穂さん。もはや説明不要の、私にとっては偉人。
曲は、過去の曲に無いくらいかっこいいロック。
メロディも低く、ベースとスネアの音を強調するアレンジで重低音が響いてて心地よい。
岩里さんの歌詞も強く厳つい歌詞になっています。
また、一転Cメロではファルセットで透き通っていく構成。最後まで飽きません。
3年前に年間3位に入った「フライングヒューマノイド」以降は低調が続きましたが
ここにきて嬉しい嬉しい返り咲きです。

17 ロマンスの途中 / 私が言う前に抱きしめなきゃね / 五月雨美女がさ乱れる Juice=Juice 36.3
下半期7位
ハロ出身の5人組ユニット・Juice=Juiceのデビューシングル。オリコン2位を獲得しましたね。
トリプルA面となっていますが、実質の新曲は「ロマンスの途中」のみ。
3曲どころか、21位に入っている新曲にも共通しているんだけど、妙にディスコっぽいアレンジ。
間奏のベースも℃のMidnight Temptationのように重厚だけど軽やかでかっこいい!丁寧に作られていて、完成度が高いなぁってのが素直な印象。
個人的には、やっぱりわた抱きが1番好きなんだけどね。
秋リリースも、年末まで長く入り続けました。デビュー曲の年間20位入りは、近年だとBuono!、supercell、LiSAぐらい。
2014年も、高い位置に入ってくることでしょう。スーパールーキー…なのか!?

16 美しい稲妻 SKE48 36.6
下半期6位
ダークホース・SKEが今作も高い位置に。
相変わらず昔のエイベっぽいメロディ運びで、聞いてて楽しいし
間奏のギター、伴奏など…アレンジがかっこよすぎ!
相変わらずメンバーもろくにわかっていないけど、曲は本当に良いと思ってます。
昨年比較ならば、今年もっとも躍進したグループかも。
夏にリリース、年間2位・4位に入った曲とともに、7~8月を彩ってくれました。

15 この街 ℃-ute 36.7
上半期8位 下半期60位
これが15位か…。周りの低レベル下と逆行して、℃は全体的に水準が上昇中。
森高千里のカバー曲として、2月にリリース。
℃-uteの中でも2番目の得点となった悲しきヘブンの後のリリースと、大きく波に乗る中でのリリース。
しかしカバー…当初は酷評。初動は大きく出遅れたのですが…
ふと地元の友人と同窓会を開いた時、様々な話を聞く。あの人が結婚して子供ができたとか、あそこの公園が無くなったとか。
思い出に浸った後にこの曲を聴くと、急に身近な曲に感じた。
こういう曲は、自己投影できるともの凄く強くなりますね。粘り強い推移で15位入り。
けど、もうカバーは勘弁してください。

14 拍手喝采歌合 supercell 36.7
上半期10位 下半期43位
アニメ「刀語」OP
配信限定曲を合わせると、上半期だけで4枚リリースのsupercell。
前作では使用されなかった伴奏があらぶる、supercellらしくもチャレンジブルな「和ロック」になっています。
歌詞も小気味良くスピード感があり、古文を低音とファルセットで紡ぎます。
こえださんも随分上手くなりました。
個人的には凄いドラムが凝っている印象。スネア連打がかっこいい!
サビの「手を叩け」で手拍子が入る細かい演出もさすが。
初聴ですっかり耳になじみ、6月中旬リリース。何と集計2週で上期10位入り。
年間でも14位に。とはいえ、supercellにしてはまだまだ低めなんですがね。
今後の活動は未定となっており、次作はあるのだろうか…。
楽曲クオリティのアベレージが半端無く高い、大黒柱の1つ。14年も、13年ぐらい精力的にリリースしてほしいけど…。

13 都会の一人暮らし / 愛ってもっと斬新 ℃-ute 39.2
下半期5位
武道館公演も経て、今年は過去に無い勢いを持っていた℃。秋にリリースされたこの曲も下半期5位、年間13位という位置に!
「都会の一人暮らし」は過去2作と違い、ホーンがパフパフなる明るい曲調で、現場でもノリやすかった。
「愛ってもっと斬新」は逆にクールな曲調…で、ダンスがとにかく細かく早く難しそう。ラスト、愛理のとこもさすがです。でも曲自体はあまり好きではない。
しかし特筆したいのは、なんといってもカップリングの「Please,love me more!」
同じくクールな感じなんだけど、熱くクールな感じ。初聴の印象は「即抱きしめて」と似た印象。はよ生で聴きたい。
しかし表題曲2曲ともそんなに好みじゃなかったけど、これで13位。異常な勢いのまま、14年に突入するけど…これが上手く続かないのも℃の習性。どうなるやら

12 1.2.3恋が始まる いきものがかり 39.6
上半期15位 下半期29位
カルピスウォーターCMソング。能年ちゃんがかわいい。
世間ではいきものがかりと言えばバラードのイメージが強いのでしょうか。
自分にとっては、これぞいきものがかり!というような超明るいポップス!
Aメロ→Bメロ→サビの流れがとても綺麗。どのアイドル曲よりもアイドル曲っぽい。
歌詞も私はもう忘れてしまったような、甘酸っぱい青春全開!
間奏のハープ、響くギターも、お馴染み。
そしてやっぱりいきものがかりのプレミアは…きよえちゃんの歌声ですね。強く太く、安心して聞いてられる。
長年柱として君臨。2006年の流星ミラクルから台頭したので、もう7年か…
6月リリース、ツアーでも1発目でしたね。さすがの12位入りです。

11 自由への進撃 Linked Holizon 40.6
下半期4位
アニメ「進撃の巨人」OP
「紅蓮の弓矢」「自由の翼」「もしもこの壁の中が一軒の家だとしたら」3曲収録。
今年大ブームとなった「進撃の巨人」曲ですね。
元々サンホラからある程度噂は耳にしていましたが、本当に1曲1曲が1つの物語になっているんですね。
ギターを始めとする間奏も、壮大な世界観を演出しているよう。
次につながる…というよりは、タイアップありきの高順位ですが
こういうケースも減ってきたので、本作の躍進は嬉しい限りです。
原作も、凄い面白いところ…

2014-01-06

1/3 LiSA「LiVE is Smile Always~今日もいい日だっ~」

@日本武道館

エース登板の時間だあああああ!!!!
LiSAの悲願、という日本武道館。
6月の川崎で発表されて、そしてこの日が来た。

席はアリーナ7列中央。こんな良席初めてだわ><
相変わらずクッソ狭いので、隣の人とはそれなりに距離を近づけておく。別に暴れるわけではないけど、普通にしてても肩当たるぐらい狭いからね…。
知り合いにサイ買ってもらったり。

セットはLiSAらしい、おもちゃ箱のような…ファンタジーでポップな世界。
スクリーン3つと、大きなモモコが気になるw

開演!

セットリスト

1.コズミックジェットコースター
2.träumerei
3.Canvas boy × Palette girl
4.EGOiSTiC SHOOTER
5.DOCTOR
6.oath sign
7.いつかの手紙
8.一番の宝物
9.Little Braver
10.I'm a Rock star
11.say my nameの片思い
12.妄想コントローラー
13.ROCK-mode
14.crossing field
15.逆光オーケストラ
16.WiLD CANDY
17.ジェットロケット
18.シロイトイキ
19.Believe in myself
20.best day, best way


・コズミックジェットコースター
新アルバムの各曲!イントロが流れ、「1.2.3.4!」と一気に火が付く!!
すげー曲だなこれ><良いトップバッター

・Canvas boy × Palette girl
明らかに声が掠れてるっていう…
これアカンやつだ…。
会場も少し不穏な感じに。

・エゴシュー→DOCTOR
wowokaコンボ。
盛り上がった!

・Little Braver
スクリーンにPVが!このPVは、ABの映像も使われてる。
懐かしすぎたのと、イントロの瞬間と、久々のガルデモ映像にちょっと泣きそうになった。
オリコン2位と、大健闘したんだよね。



何だろう、書くことが思いつかない。
凄く楽しかった。次のツアーも絶対に行く。
相変わらず、メッセージも青くも厚くなれた。
岐阜からの軌跡VTRも良かった。
最高に楽しかった…けど、書くことが思いつかない。
FCも入ったのにねw

どうしたんだろう><

整理できたら、更新しよう!

2014-01-06

2013年年間 21位~30位

3連休中には、全部終わらす!
LiSAのレポも書かないと…ハロコンはすぐ終わる
さて、20位台!お馴染みのメンツが増えてくる。
その中に、ルーキーも…

30 さかさま世界/Once Upon a Time -キボウノウタ- 中川翔子 24.6
下半期13位
「パズドラ3DS」主題歌
リリースして僅か2週で30位に!しょこたんの両A面シングル。
この2年間はリリースも少なく、曲も琴線に触れず…ここにも名前が挙がることは少なかったですが
今年はリリースした2曲が大きく伸びた!
両面とも、岩里さんが手掛けるなど、非常に自分好みなサウンドでした。
かつての柱の1人の復活は、今年一番嬉しかったこと。また来年以降も精力的に活動してくれれば!


29 All Alone With You EGOIST 26.0
上半期14位
アニメ「ギルティクラウン」用の企画モノかと思いきや、13年も「サイコパス」主題歌で入りました。
作詞・作曲・プロデューサーはsupercellのryoさん。
過去2作のようなギラギラした、激しい打ち込みアレンジは鳴りを潜め
ボーカルのchellyさんの綺麗な声を響かせるようなミディアムナンバー。
繊細な声ですが、所々荒っぽくも力強いボーカル。この人は結構面白い。
やっぱりミディアムナンバーはあまりリピートしようという気が起きないタチなので
前作や前々作よりは落としてしまいました。
やっぱり企画ユニットなのは変わりないと思うので、まずは今後の活動展望が気になる。

28 会いたい会いたい会いたいな ℃-ute 26.2
12年5位、上半期18位 下半期61位
昨年秋リリースの1枚が何と13年も28位。完全に現場のおかげです。
A面の「会いたい~」はスピード感あってなかなかかっこいい感じ。昨年はA面よりもカップリングのあの曲が強く順位を押し上げましたが、ツアーで何度も聞いているうちに、こちらも評価が上がったり。研修生 有能
とは言え、やっぱり強いのはカップリングの「悲しきヘブン」
鈴木愛理・岡井千聖の2人をトップに置き、ほぼ2人で全編歌い上げています。
ハモリを聞かせつつ、打ち込みも入ったバンドアレンジで構成され、やや低音中心のメロディでかっこよく仕上がっています。
個人的にはずっとこんな曲が見たかった、聞きたかった。イントロから間奏まで丁寧に作られている印象です。
個人的には、最後も2人でハモって〆るのが凄く好き。顔を合わせながら慎重に歌っている姿がたまらない。2人の関係…仲良しこよしではやってこず、衝突しつつも高め合ってきた関係を知っているからこそ、より一層ね。
12年・13年と総合すると、℃-uteの中で会いたいロンリークリスマスに次ぐ高指数に。

27 REASON ゆず 26.6
上半期16位
映画「HUNTER×HUNTER」の主題歌。
本作は、音楽プロデューサーに・前山田健一氏が加わったこともあり
いつものゆずよりもどことなくアレンジが違う感覚。
綺麗なハーモニーから始まるAメロに「woo…」とより美しいコーラスが加わっていく。
ストリングス、電子音、アコースティックと壮大なアレンジ。
そして一番綺麗なのは2人のファルセットですね。
この曲が何より凄いのが、世界観。上手く言葉にできないけど、世界を駆けまわるような壮大さと奥深さを感じられます。まさにハンタにぴったり。
ツアーでも曲の魅力を120%引き出す、気合いの入った演出でした。
純粋に良い曲です。年初から堅実に点数を重ね、27位という好位置を確保しました。

26 ユキトキ やなぎなぎ 27.0
上半期12位
アニメ「やはり俺の青春コメディはまちがっている。」OP曲
前々作、前作とダークな曲が続いたやなぎなぎですが
4月にリリースしたこの曲は、清々しい気分にさせてくれる正統派ポップス。
春を告げる雪解きでもあるし、心の壁を取り払うユキトキでもある。
何より爽やかなのはnagiさんの透明感あふれる声ですね。落ち着く。
メインのキーボードも爽やか。王道ポップスです。
LiSAに次ぐホープ!いや実際のキャリアはもう中堅クラスだけど。

25 FACE to Face KAT-TUN 27.8
上半期11位
映画「俺俺」主題歌。カップリングのDRAMATICは野球中継の主題歌にもなってます。
自問自答を続けていく歌詞。それに連なるように、特にBメロではミステリアスなアレンジになっています。
サビ自体はキャッチーで、非常に聞きやすいです。
KAT-TUNのかっこよさを前面に押し出した1曲で、年間25位に入りこみました。
野球の方も、カープファンとしては最後まで楽しめた1年でした。
上半期の勢いは凄かったけど、下半期はメンバーの田中聖が脱退し、シングルリリースも無し。
転機を迎えているKAT-TUNですが…引き続き期待したい。

24 恋するフォーチュンクッキー AKB48 28.6
下半期12位
2013年の最大のヒット作と言えば…知名度的に、この1曲ではないのでしょうか。
ゆったりとした馴染みやすいメロディ、真似やすいフリ。企業や団体が、こぞって踊っている動画をアップしたり…大きな話題になりましたね。知名度があるからこそ為せた現象だろうなぁ。
今年一部ではやった、80年代風アレンジの代表曲。
「かもんかもんかもんかもんべいべー♪」というアレンジも聞いてて心地よく
今年はAKB曲がまったく琴線に触れませんでしたが、この曲は秋から年末まで長く入り続けました。
ちなみにセンターは指原。本当、持ってるなぁ…

23 会わないつもりの、元気でね SCANDAL 31.2
上半期9位
映画「俺はまだ本気だしてないだけ」主題歌
すっかり頼もしくなったSCANDALの2013年第1段シングル。
本人たちも自信を持つほどの、ストレートなロック。
デビュー前はロクに扱えなかった楽器も、今は純粋に勝負できるほどに。
また、HARUNAの持ち味である、少しさみしさを漂わせる声と、それに合う歌詞。
凄く丁寧に作られていて、聴きやすくも熱い1曲でした。
5月末リリース、推移もすっかり安定。
瞬間センチメンタル、LOVE SURVIVE、太陽スキャンダラスと続き、4年連続の半期10位入り。

22 イジワルしないで抱きしめてよ / 初めてを経験中 Juice=Juice 32.1
下半期11位
発売からわずか3週で22位入り!
新人賞は逃したものの、ハロプロ出身のルーキー。
A面はオリコン2位を取った前作と同じく、ディスコっぽいクールなナンバー。
大人っぽい声を持つ高木・金澤が中心…だけど、ファルセットを多様する個所も多く、すんごく難しそう。
全体的に完成度が凄い高い印象。ハロ抜きにしても、初聴から手放しで絶賛してしまいました。
個人的には、Cメロの「愛してる 愛 愛してる」の部分がすっっっごく魅力的。
2曲目はアイドルらしく、可愛らしい1曲。落ち着いたメロディで、昔のタンポポっぽい。
まだリリースから1カ月足らず。来年も確実に入ってくるでしょう。

21 Re;NAME 大塚愛 32.8
下半期10位
もう言うことは無い、元大黒柱様!大塚愛、2年ぶりのリリース。
家族を持ち、母となり、大人になって歌うこの曲は
語りかけるような、ふわふわした優しい1曲。
Cメロは呟くようで、声とマッチしている。こういう不思議な世界観な曲を作るとやっぱりすごいね。
カップリングの「hello me」も良い。曲調はハニカミジェーンのよう。爽やかで明るい楽曲です。
大塚愛の21位は過去でも低い位置らしい…やっぱ大正義してたからなぁw
活動してくれていることが嬉しい、久々の顔だしです。
14年もお願い!

2014-01-06

2013年年間 31位~40位

引き続き、進めます。

40 新しい私になれ! / ヤッタルチャン スマイレージ 20.1
下半期19位
夏にリリースされた、スマイレージ第2段シングル。
特にA面の「新しい私になれ!」は13年のハロ曲でもかなりお気に入り。Aメロのメロディラインが凄い好み。
ヤッタルチャンはコミックソングなんだけど…回数を重ねると、良い味が出てくる曲、だと思う。自分はまだその領域に入ってない。
自分にとっては、13年のスマイレージは大きく躍進した年。
寒いね。でちょっと注目する→良アルバム→今作→現場で聞く…と、綺麗な流れを担う橋渡しとなった、大きな意味を持つ1作だったと思ってます。
オリコンと同じように、毎日・毎週ランキングつけて数字出してるんだけど、その構造の都合上、非常に印象深い曲です。
ヤッタルチャン作戦も、上原が応援してくれたねwWS制覇おめでとう!

39 賛成カワイイ! SKE48 20.3
下半期18位
今年最も基準値が伸びた、SKEの13年・3枚目のシングル。
11月リリースでしたが、既に入ってきました。
とてもアイドルらしく可愛くて、馴染みやすいポップ。
でもエイベっぽい曲調でツボにはまったチョコの奴隷、かっこ良かった美しい稲妻と比べると大きく下げることに。この曲への印象は、あんまり無いかも…。
それでも39位に来るあたり、今年最も躍進したのかなーと思います。リアルでも凄いし

38 寒いね。 スマイレージ 20.4
2012年83位、上半期21位
昨年11月末リリースながら、何と13年も38位入り。
年初のハロコンで聞いて、1月~2月と得点を伸ばしました。
シングルでは初のミディアムナンバーですが、思いのほか正統派。どことなく、90年代のエイベックス臭も漂います。歌い上げる、中心メンバーの福田花音の歌声もなかなかハマってる。
当然、38位なんてスマでは過去最高位。指数20くらいで38位に入れてしまう状態もあれなんですが。
今年のスマ躍進のきっかけとなった、ターニングポイントとなった1曲でした。

37 恋する季節 ナオト・インティライミ 20.5
上半期20位
実は50位入りは3年連続のナオトインティライミ。
この曲は配信で大ヒットし、年間5位くらいに入っていた記憶があります。
氷結のCMでオンエアされて、非常に印象深い1曲ですね。
かつてないほどキャッチーで、1回聞けば覚えられるほど。
「描いてた 夢ってなんだっけ」の部分など、特に好きなメロディ
曲全体が春の暖かい雰囲気に包まれている1曲です。
4月はリリースが多く、激戦月だったのですが、盛りたててくれる要因になってくれましたね。

36 雪の音 GReeeeN 21.0
上半期19位
「青春は、純白だ。」JRスキーのCMでオンエアされていました。
GReeeeNらしく超キャッチー。低音からサビで一気に高音に上がるとことかね。
アレンジも冬の切ない情景を表しているよう。
歌詞はラブラブで聞いてて心が貧しくなりますが(´・∀・`)
もうこのCMと、私の地元にも貼られまくっているポスターの本田翼ちゃんが可愛すぎて…
可愛くて美しい。名前もかっこかわいい。
昨年から引き続き、GReeeeNが精力的で嬉しいですね。今年の年始を彩ってくれました。

35 Fight For Liberty / Wizard CLUB UVERworld 21.5
下半期17位
アニメ「宇宙戦艦ヤマト2199」OP曲
今年、UVERで最も高得点となった1曲に。
Fight For~の方は、指パッチン→スネア連打で始まる構成で、面白いなぁと思いつつも
ギター・メロディも以前にも増してかっこよく、近年のUVERの中でもNo.1に次いで好きな1曲となりました。
Wizard~の方も、パーカッションが取り入れられていて新鮮。
曲ごとに、色んな特色が出るUVERは何年経っても聞いてて面白みがあります。
8月リリースも、9月以降も長らく聞いていました。
振り返ると、デビューの2005年からずーーっとココに入っているんだね…ありがたい存在です。

33 GOUNN ももいろクローバーZ 21.7
下半期15位
昨年歌手別2位と最大のダークホースだったももクロ。
13年も精力的に活動…はしたものの、リリースシングルは今作のみ。
作曲は、昨年圧勝劇を見せた「初恋サイダー」を手掛けたしほりさん。曲の始まりなんかは、サイダーと似た構成で、初聴の瞬間は「おお!」と思ったんですが…
曲全体としてはピンと来ることも無く、昨年の水準より大きく下げる結果に。

33 雨のち晴レルヤ / 守ってあげたい ゆず 21.7
下半期15位
NHKドラマ「ごちそうさん」主題歌
まだまだ点数を稼いでいる最中ですが、ゆずが33位に!
雨のち晴レルヤは鍵盤も使って、アルバムLANDと似たような世界観で、優しい印象。
両A面の「守ってあげたい」はJUJUへの提供曲でもありますね。こっちは冬にも合う正統派ミディアムナンバー。
どちらも結構お気に入りで、波に乗っている今のゆずは良く稼ぎました。
今年はゆずの基準値が急上昇。15年目の再ブレークw

32 カラフル ClariS 24.1
下半期14位
映画「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」OP曲
相性抜群のまどマギタイアップでのリリース。過去は「コネクト」「ルミナス」ともに上位に入りました。今作も、手掛けたのは渡辺翔さん。
今までの曲と同様、2人の透き通る声と優しくキャッチーなメロディで
耳障りの良い、聞きやすい曲となっています。内容的にも、過去2作と比べて明るさも増しています。
ただ、やはりコネクトほどの衝撃は無い。あの綺麗なんだけど迷い・絶望が見て取れる歌詞とメロディ、そしてストリングス。
映画でもコネクトBGMが少し流れたけど、どうしても比べてしまいます。
引き続き、顔を出しての活動は無し。ここ2年は上位に顔を出していましたが、柱にしなかったのは、活動の危うさから。昨年歌手別3位でしたが、今年上がらなかったのは予想通りかも。

31 EXPOSE KAT-TUN 24.6
上半期17位
ソリオCMソングですね。
サビ終わりのシャウトなど非常に力強く、クールな1曲でした。
前作「不滅のスクラム」よりは大きく落としましたが
すっかり地力が強くなり、上半期17位、年間31位に入りました

2014-01-05

12/31~1/1 Hello!Project COUNTDOWN PARTY 2013~ GOOD BYE & HELLO ! ~第2部

@中野サンプラザ

1部は普通に満足!
現役メンバーはいつも通り楽しめたし、娘。プラチナ期ver.、メロンらは本当楽しかった。
大阪から知り合いも来ていて、色々話したり。

さて、次は怖くも楽しみな2部。

席は27列中央。後ろは良くBuono!コンで最前周辺にいた人たちw
Buono!T着てるし…狙いは同じかw
客層はやっぱりベテランヲタが多かった。安倍T多すぎぃ!
でも途中でさゆTになってたり、みんなしっかり今も見ているんだね。

さあー長期戦だ(`・ω・´)
18歳未満のメンバーは、未出演。
現役で出るのは…
娘:道重、飯窪
ベ:全員
℃:矢島、中島、鈴木愛、岡井
ス:和田、福田
J:宮崎、金澤
ベリは全員、℃はマイマイ以外の4人は出れるので普通にやりそう。

開演!

第2部
01.花と小父さん/堀内孝雄・安倍なつみ
 ※オープニング
02.君のひとみは10000ボルト/堀内孝雄
03.dearest./松浦亜弥
 ※MC(松浦亜弥・藤本美貴)
04.Thanks!/GAM
 ※MC(さわやか五郎・飯窪・和田・Bitter&Sweet)
05.Bitter&Sweet/Bitter&Sweet
 ※MC(さわやか五郎・石川・三好)
06.愛スイートルーム/石川・三好
07.恋するエンジェルハート/石川・三好
 ※MC(石川・三好)
08.I know/出演者全員
 ※カウントダウン
09.LOVEマシーン/ドリームモーニング娘。
 ※MC(出演者全員)
10.サマーナイトタウン/ドリームモーニング娘。
11.恋愛レボリューション21/ドリームモーニング娘。
 ※MC(さわやか五郎・℃-ute+金澤)
12.君は自転車 私は電車で帰宅/℃-ute+金澤
13.超HAPPY SONG/Berryz工房・℃-ute
 ※MC(さわやか五郎・飯田・保田・石川・石黒)
14.たんぽぽ/飯田・石黒・石川
15.モーニングコーヒー/中澤・石黒・飯田・安倍
16.BABY!恋にKNOCK OUT!/保田・吉澤・小川
 ※MC(道重・田中)
17.880円/LoVendoЯ
 ※MC(LoVendoЯ)
18.BINGO/LoVendoЯ
 ※MC(さわやか五郎・光井・熊井・菅谷・中島)
19.PARTY TIME/ガーディアンズ4
20.晴れ雨のちスキ/安倍なつみ
 ※MC(安倍)
21.愛しき人/安倍なつみ
22.HEY!真昼の蜃気楼/T&Cボンバー
 ※MC(太陽とシスコムーン)
23.ガタメキラ/太陽とシスコムーン
 ※MC(さわやか五郎・吉川・アップアップガールズ(仮)・THEポッシボー)
24.ヤングDAYS/THEポッシボー
25.全力バンザーイ!My Glory!/THEポッシボー(ダンサー:吉川・アップアップガールズ(仮))
 ※MC(さわやか五郎・清水・徳永・須藤・矢島・岡井)
26.恋愛ライダー/Buono!
27.お願い魅惑のターゲット/メロン記念日
 ※MC(メロン記念日)
28.さぁ!恋人になろう/メロン記念日
29.さあ、早速盛り上げて 行こか~!!/メロン記念日
 ※MC(さわやか五郎・道重・清水・矢島・和田・宮崎)
30.oh! my friends/LoVendoЯ
31.リアル/LoVendoЯ
32.ルージュの伝言/谷村有美・LoVendoЯ・原田泳幸・たいせい・田崎・林
 ※MC(谷村有美・LoVendoЯ・原田・たいせい・田崎・林・松原・エリック)
33.愛は勝つ/谷村有美・LoVendoЯ・原田・たいせい・田崎・林束紗・松原・エリック
34.見上げてごらん夜の星を/松原・エリック
35.シングルベッド/松原・エリック・たいせい・まこと・魚住・宮澤・田崎・林
36.空を見なよ/松原・エリック・たいせい・まこと・魚住・宮澤・田崎・林
37.監獄ロック/中島卓偉・たいせい・まこと・魚住・宮澤・田崎・林
38.上京物語/中島卓偉・たいせい・まこと・魚住・宮澤・田崎・林
39.BELIEVE IN LOVE/渡瀬マキ・LoVendoЯ・はたけ・たいせい・まこと・田崎・林
40.今すぐkiss me/渡瀬マキ・LoVendoЯ・はたけ・たいせい・まこと・田崎・林・松原・エリック
 ※MC(つんく♂・さわやか五郎・出演者全員)
41.歩いてる/出演者全員


・べーやん
大御所登場。つんくが紹介してたけど、何言ってるかわからん…相当喉が良くないのかね
テンション上げていかないと!ってことで、べーやんにいつも通りのコール等を入れるヲタたちwww
「たかおー!」のみならず、「おーーれーーの!!」まで入ってて草不可避
PA席のお偉いさん、カメラマン、一緒に歌ってる安倍さん、後ろにいる出演者たちも大爆笑w
去り際のべーやん「凄くやりにくかったです!」と笑いながら去っていきました。

・松浦さん
2013年にw-inds.橘慶太と結婚とのことで、祝福。
10年交際はもう双方のヲタも祝福してるんじゃないんですかね
歌は上手かった。あややの時代から歌うめぇなって印象合ったけど、さすがだった

・Bitter&Sweets
もう1曲の方。こっちも良い感じ。

・美勇伝
石川さん。何か凄い出演多かった気がする。
エンジェルハートは鉄板ですね!スマコンでもセトリ入ってたし。

・カウントダウン
1部は、未成年メンバーに合わせた疑似カウントダウン。あっちは必要あったのか…。
さらばモーニング娘。、初めましてモーニング娘。'14

・ドリムス
俺でも知ってる名曲たち。やっぱフリはこっちだよね!アップデートは否定派なもので。
楽しかった。

・℃ with かなとも、ベリキュ
マイマイが不在ってことで、かなともを代役としてパフォーマンス。千聖曰く「ドリーム℃-ute」
MCでは入った時のエピソードを語り、そしてハロに入ったきっかけとなった君チャリを歌う。
声が本当に耳に入りやすいから、凄いインパクト。割とマジで、レンタル移籍企画組んでくれないかなw
歌唱メン3枚で、舞美をバックダンサーに置けたら贅沢な布陣になるなぁと思った。
…頑張れマイマイ。
超HAPPY SONGはやっぱりフリが好き。
なお、ベリはこれで出番終了。唯一のフルメンバーなのに…理解に苦しむ。

・たんぽぽ・プッチ・娘。(創世記)
私はまだランドセル背負ってる頃でしょうか。懐かしい。
完全にテレビの中の人たちだったので、純粋に見入ってしまいました。
ベベ恋とか流行ったなぁー。

・ラベンダー
新曲ばかり。ツアー行ってないとわからんね。
相変わらずマリンはあのテンションなのかw

ラベンダーが終わり、暗転の中4人が登場。
見慣れているので中島はすぐ分かった。1人だけデカいので熊井ちゃんも。そしてケープのような衣装…
分かった瞬間、目を見開いて「ガー4だ!」と叫び、知り合いをバンバン叩いた><
ガー4も自分が入った時期だし、もちろん川上さんワールドで好きなんだけど
ガー4というより、ガー4が出てきたことによる背景に歓喜した。
もう絶対来るだろ、と。「来ないかもなぁ」という不安を一蹴!
・ガー4
懐かしい(´;ω;`)ごめん、興奮しすぎてめちゃめちゃだったよ

・安倍さん
こっから集中モードに入ってたから、ちゃんと見れてなかった。ごめんなさい。
安倍さんこそ、本当にテレビの中の御方。30過ぎても可愛いし、黄金期の時も1番好きでした。
会場が凄い沸くのもわかる。
しかし歌上手いね。ミュージカルで鍛えていた、と聞いたけどここまでとは…

・太シス
ガタメキラ!
3人も満足そうでした。あのもぎりのねーちゃん、歌うめぇな!
小湊さん美人やなぁ。

・ポッシ
メンバーはアプガ以上に分からないけど、何度か直接ビラ貰ったことある。
研修生時代の曲をやったみたいで、曲は馴染みやすかった。

・MC
清水・徳永・須藤・矢島・岡井の5人でMC。
この5人を見た瞬間、凄い速さで思考を始める。
「この5人が出てきて喋るということは?」→次はベリキューの何か、の可能性が高い
「5人以外で、この2部は誰が出ていない・歌っていない?」→嗣永、夏焼、鈴木愛
この間は1秒も無い。瞬時に興奮状態になる。
「1部で桃子は多く歌ってる。他のユニットの可能性は?」→ZYX(所属メンバー知らない)?あぁ?
「知り合いに聞き、ZYXでは無いよう。あぁ!はれいな、佐保がいる。」→2択
ほとんどMCが耳に入らない中、さわやか五郎が言う。
「これまで多くのユニットを組んできたベリキューですが……」
この瞬間、サイとタオルを後ろに投げた。

「それではこちらの3人に歌ってもらいましょう!」
そんな言葉の前よりも早く、叫んでいた。結局、2013年は1度も3人を見ることは無かった。
確かに℃は躍進し、1年間楽しかったけど、1曲1曲に超全力で、夢中になれることはハロでは無かった。
3人のシルエットの瞬間、待ちわびたその絵が目に入った瞬間、崩れ落ちそうになった…
けど、Buono!屈指の爽快感を持つこのイントロの瞬間!瞬時にギアはMAXになる!!
・恋愛ライダー
既に時間は、1:30。1部から数えると、6時間以上。もちろん自身最長で、1部もかなり動いた。
動け!っていうよりも、本能が勝手に動いてくれている感じw
この日は雅も好調。
「言葉足らずマイハート」
恋愛ライダーで最も好きなところ。しかし、今の桃子の状態では、あのノビのある歌声は聞けなかった。
凄く置きに行っている歌い方だった。
…うーん、なんだろう、書くことが思い浮かばない…。想いはたくさんあるんだけどな。
言葉にできない。まだ錯乱しているんだろうかwでもこんな気持ちは、絶対にBuono!じゃないと味わえない。
一撃、まさに一撃だった。この数分で、一気に気持ちが変わった。
14年は、しっかり見れることを祈る。

・メロン
ちょ…wちょい待ってくれよww
余韻ってものにもう少し…www
さすがにAメロは休ませてもらったけど、煽ってみんなではしゃいでタオル回して…
凄く楽しい空間だった。4人もしっかりこの日に照準合わせてきたような感じ。
正直、歌も上手くはないし、可愛いかと言えばレベルはそんなに高くないと思ったけど
この空間は凄まじいと思った。
もっと知りたいと思ったけど、今好きになっても辛いだけなんだよね。。

・ミュージックフェスタ
話題になったパート。
エリックや松原さんは相変わらず歌上手かったけど…この時間にコレは眠気を誘ってるとしか思えない。
本人たちもちょい困ってた感じ。どんどん減っていくサイリウムがリアルw
シャ乱Qとか出てきたけど、本当にグダグダ。酒飲んでるんだろうなぁ。
特に渡瀬マキがひどかった。目につく鼻につく謎ぶりっ子。
何とか上手く回したれいなは陰のMVPだと思うの。後ろでニコニコ弾いてた田崎さんは癒し。
期待の卓偉もかっこよかったけど、本人がイマイチやる気無さそうでw
まあ、ひどかったです。自分も疲れ切ってたのでのんびりしてました。


終わり。
2部はまったく練っていないのが見え見えで、本当にひどかった。
カウントダウン時のつんくの適当なMCとかね。
来年はいかない!と思ったヲタも多いでしょう。改善が見えないなら、俺も行かない。
課題点は多すぎてもう挙げるのも面倒くさい。

それでも満足できたのは、Buono!による一撃。
℃+かなともとかも面白かったけど、やっぱり3人は違った。

2014-01-04

12/31 Hello!Project COUNTDOWN PARTY 2013~ GOOD BYE & HELLO ! ~第1部

@中野サンプラザ

ハロカウントダウンライブ。初めての試みなんだって!
自分も相当なDDなので、まあついていけるでしょう。
……現役メンバーならば。

大きな期待は、やっぱり自分が心酔する3人のユニット。
だって今年見てないんだよ…。Buono!見ないで年を越せるかって
この日のために、1日だけ実家から帰ってきた

知り合いと合流。
トレ写は雅。今年はずっと引きが良かったなぁ。
席は24列通路。いつもの。

さあ、合計9時間の長い戦いが始まる!
1部はたぶんBuono!出ないので、ハロコン感覚で楽しむとする。

第1部
※オープニング
01.おへその国からこんにちは/ハロプロ研修生
02.天まで登れ!/ハロプロ研修生 feat. Juice=Juice
 ※MC1(Juice=Juice)
03.イジワルしないで抱きしめてよ/Juice=Juice
04.私が言う前に抱きしめないとね/Juice=Juice
 ※MC2(さわやか・宮崎・吉川・アップアップガールズ(仮))
05.こんな私でよかったら/吉川友
06.ここから始まるんだ!/吉川友(BD:アップアップガールズ(仮))
07.ええか!?/スマイレージ
08.ヤッタルチャン/スマイレージ
09.「良い奴」/スマイレージ
10.有頂天LOVE /スマイレージ
 ※MC3(嗣永・福田・真野・みやさと奏)
11.かもめ町一丁目/みやさと奏
12.NEXT MY MYSELF/真野恵里菜
13.元気者で行こう!/真野恵里菜(BD:スマイレージ)
 ※MC4(吉澤・石川・メロン記念日)
14.赤いフリージア/メロン記念日
15.This is 運命/メロン記念日
 ※MC5(道重・高橋・新垣)
16.この愛を重ねて/高橋・新垣
 ※MC6(高橋・新垣・道重・田中・光井)
17.男と女のララバイゲーム/高橋・新垣・道重・田中・光井
18.みかん/高橋・新垣・道重・田中・光井
 ※MC7(吉澤・石川)
19.もっとずっと一緒に居たかった/Berryz工房
 ※MC8(Berryz工房)
20.ゴールデン チャイナタウン
21.ROCKエロティック
22.スッペシャル ジェネレ~ション/Berryz工房
 ※MC9(前田・藤本・辻・里田)
23.ケンチャナ~大丈夫~/前田有紀
24.デコボコセブンティーン(W)/辻・嗣永
25.鳴り始めた恋のBELL(音楽ガッタス)/里田・石川・吉澤・真野・仙石
26.浮気なハニーパイ(カントリー娘。)/里田・石川・藤本
 ※休憩タイム
 ※MC10(清水・光井)
27.手紙/Bitter&Sweet(田﨑・長谷川)
28.インストール(オリジナル曲)/Bitter&Sweet(田﨑・長谷川)
 ※MC11(嗣永・譜久村・久住)
29.恋☆カナ/月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。)
30.SAMURAI GIRLS/アップアップガールズ(仮)
31.チョッパー☆チョッパー/アップアップガールズ(仮)
 ※MC12(中澤・平家・太陽とシスコムーン)
32.GET/平家みちよ
33.悔し涙 ぽろり/中澤裕子
34.月と太陽/太陽とシスコムーン
35.宇宙でLa Ta Ta/太陽とシスコムーン
36.Magic of Love/太陽とシスコムーン
 ※カウントダウンパーティ抽選会(吉澤・石川・田辺・吉橋・浜浦・田口)
37.What is LOVE?/モーニング娘。
 ※MC13(モーニング娘。)
38.Help me!!/モーニング娘。
39.ブレイン ストーミング/モーニング娘。
40.わがまま 気のまま 愛のジョーク/モーニング娘。
41.ドッカ~ン カプリッチオ/モーニング娘。
42.ロマンティック浮かれモード/藤本美貴
 ※MC14(藤本・道重・℃-ute)
43.愛ってもっと斬新/℃-ute
 ※MC15(℃-ute)
44.都会の一人暮らし
45.Crazy 完全な大人
46.Kiss me 愛してる/℃-ute
 ※MC16(なんちゃってカウントダウン)
47.青空がいつまでも続くような未来であれ/出演者全員


長かったwつまんで。

・愛佳
留学で不在になることを公表。ハロコンも出ないんだとか。でもハロは辞めないみたい。
よくわからんが、ハロコンMCの席を開けたいのかね。

・Juice
新人賞を逃した翌日でしたが、吹っ切れているようでした。
やっぱりロマンスよりもわた抱きの方が好きかもしんない。
14年はぜひ単独コンで!

・きっか
初めて見たときは「はてはて~?」なこべにちゃんだったけど
すっかり大人の、綺麗な女性になったきっか。
自身のことを「わがままボディ」と言ったりと、トークの腕も上げたもよう。確かにグラビア映えボディ。
曲も相変わらず良かった…けど、前聞いたときと比べるとあんまり上達している感じは無かった。
でも14年、1回は行ってみたいと思う

・スマ
最新曲と、13年の代表曲と、自身のキラーチューンと無難に収めた印象。
しかし、会場のノリが悪すぎる。Juiceではあんなに楽しそうやったじゃんお前ら
やっぱりスマに冷たい風潮がある気がする。冷たくするつもりのファンなんていないから、純粋に知らないんだろうけど…
何か逆転ホームラン狙えないのかな。

・(。・∀・。)
久しぶりのちゃん真野だあああああ!!!!!!!
会場が真っ赤に染まり、NEXT MY SELFを歌い上げる。もう10か月か…
元気者での一体感!可愛いけど、歌も上手くないし、ダンスも申し訳程度の真野ちゃんだけど…この雰囲気づくりは凄い。
女優としては、着実に階段を上ってるみたいで。サトリの活躍も痺れたぞ!セカイに消されたけど!
頑張れ!

・みやさとかななん
久々ですね。

・メロン
初めて見ます。一斉に緑に染まる会場!壮観だった。
フリージアは聞いたけどあるけど、運命は初聴。
けど周りの雰囲気も熱く、すんごく楽しかった!運命は凄い曲だなこれw
とりあえずメロンファンの知り合いの背中を叩く。
メロンについては2部も出るので、そちらに続く

・娘。(プラチナ期)
まずは愛ちゃんとガキさんが12スマートから歌う。
そして5人になって…れいな・さゆ・あいかが出てくると大歓声!この日、れいなファンはかなり多かった印象。
うーーん、この衣装…まさか……w
→ララバイゲーム
イントロの瞬間笑うしかないだろ!wもう2度と聞かないと思ってた。
愛ちゃんのドヤ顔タメも健在。喉の調子もすっかり良くなったみたいで。もちろん、婚約とのことで祝福されてました
びっくりするぐらい、フリは完璧に覚えてた。やっぱり、自分にとって一番印象に残っているツアーはライバルサバイバル。
→みかん
イントロの沸き方を見ると、さすがのチート曲!
やっぱり愛ちゃん・れいなの2トップで、後ろにガキさんがいる布陣…凄い安定感、安心感。
「今プラチナ期プラチナ期言うなら、当時評価してよ!」と嘆いてたのも分かる。
MCの「田中っち!」も何だか懐かしい。愛ちゃんはテンション上がりすぎてアッヒャー状態

・ベリ
新曲+スッペ。スッペ出遅れた(´・ω・`)
現役ユニットは特筆することがあまりないかも。

・ゆきどん、W、ガッタス、カントリー
分からない…。
加護の代役は桃子。まあ、無難だよねw
ガッタスは何か新鮮な顔ぶれだった。
サトタ!里田やないか!!年俸10億以上稼ぐ日本球界の宝の嫁やないか!!!
里田からのお知らせって聞いた瞬間、「アメリカ移住かな?」と思ったけど違った。

・Bitter&Sweet
初披露。みんな大好き田崎あさひちゃんと
フォレストアワード優勝者の長谷川萌美さんとのユニット。
ソロのRolling daysとかかなり好きだったので、ユニット化は残念だなぁ…と思ってたけど
披露した「インストール」が凄くいい!卓偉っぽいw
長谷川さんも緊張してたけど、普通に上手い。

・きらり
Buono!→Buono!&きらり→Buono!&ベリキュー・・・と変遷した自分にとっては、懐かしすぎて…w
織田哲郎が手掛けたこの曲。あの頃と比べると、上手くなってました。

・アップアップ
この曲調、苦手だわ。
可愛い子がいると思ったら新井まぁなだった。……あのメガネの!?

・平家・姐さん・太シス
俺はまだまだ新参なんだなと思った。
てか、太シスの時にいきなり体操のハンドスプリングが始まってビックリしたw目を見開いたwww
元体操オリンピック候補選手だったとか…。

・娘。(現在)
モーニング娘。最後の舞台。数時間後にはモーニング娘。'14になっちゃうからね。
現役メンはハロコンと似た感覚なので特筆点は特に無し。おださく調子戻ったっぽい。

・美貴様
娘。と間髪入れず、例のアレが流れる。土下座不可避!
通路ではしゃいでもまったく注意しない係員。ロマモーはしょうがないねw
ヲタ芸率、結構たけーw…ステージ見てなかったわ><

・美貴様・さゆ・℃MC
美貴様のリーダー在籍最少年数の不名誉記録をさゆがチクチクと責める。
「岩盤浴行きませんので(笑)」

・℃
名古屋OPAの都合もあり、℃がトリ。ありがとう。
最新曲とクレ完+kiss meでした。もう娘。+ロマモーで結構疲れたねん><
クレ完は普通だけど、kiss meは嬉しかった!

・青空
人数多すぎや!
本来のフリはせず、勝手にチャチャシン踊り始めたり
最後はjeal kbのフリで決めたりと…ベリふざけすぎww
スマもめいめいらが勝手に上段に上がってわーわーやってたw
℃は疲れ切ってた。


うーん、なかなか楽しかったし
かなり体力使った第1部でした!
それでは2部へ続く。

2014-01-04

2013年年間 41位~50位

実家に帰省してました。
早く終わらせなければ。

50 銀色飛行船 supercell 16.2
上半期27位
気がつけば柱となって4年たつsupercell。
昨年末にリリースされ、期間の都合上、13年初週からのランクインでした。
映画「ねらわれた学園」OP曲として起用されたミディアムナンバー。
終始優しい雰囲気なのですが…特筆する部分が無い。
甘くてとろけるようだった「うたかた花火」のような曲を期待していたのですが…
こえださんはイマイチこういう曲は合わないのかも
supercellでは過去最低の指数になってしまいました。期待が大きい分、落胆も強かった…

49 アクアテラリウム やなぎなぎ 16.5
下半期23位
アニメ「凪のあすから」ED曲
Zoetropeはダークな雰囲気も持ったロックナンバー、ユキトキは底抜けに明るい雰囲気のポップでしたが
この曲はnagiさんの綺麗な声を活かした、幻想的で優しい1曲となっております。
カップリングも含め、相変わらず丁寧に作られている1枚です。
個人的には3曲目の「You can count on me」が好きかな。ポジティブソング。
11月リリースということで、順位は伸びませんでしたが
この唯一無二の声ももちろん、1曲1曲を大切にする姿勢が本当に好きですね。

48 黒猫~Adult Black Cat~ Acid Black Cherry 16.6
下半期22位
ABCらしい、妖絶な雰囲気があふれる1曲!
激しいナンバーだった前作Greedとの差がまた面白い。
自分の大好きな「Black Cherry」以来、ジャズを取り入れてますが…まあ、あの作品と比べてもしょうがないか。。
ちょっときついのは、ここ数年ABCの基準値がかなり下がってきてること。アルバム「2012」が、期待していたけど琴線に触れなかったのがたぶん一番大きい
どっかで気合入れて、聞きなおした方がいいかもしれない。

46 REVERSI UVERworld 17.3
上半期26位
映画「青の祓魔師 ー劇場版ー」曲
人気アニメ映画主題歌にもなったUVERの13年第1段シングル。
本当にUVERらしい、攻撃的で力強いロックナンバーになっています。
そして聞きやすいという不思議な1曲。いつまでもこの青臭さを残してほしいですね。
…そろそろ10年戦士に突入してしまうのか…?もうしていたんだっけ…?

46 笑顔 いきものがかり 17.3
下半期21位
映画「ポケットモンスター ベストウイッシュ 神速のゲノセクト ミュウツー覚醒」主題歌
安心と信頼のいきものがかり。今作はポケモンタイアップで
CDを買うと「うたう」を覚えたイーブイが貰える特典も助け、売上も大きく伸びましたね。
曲はポケモンタイアップに合った、優しいミディアムナンバー。
まあ、良い曲なんですが…シングル曲にしてはインパクトも弱く、指数も伸びませんでした。
実質は、翌月発売されるアルバムの先行シングルだったんですけどね。
でも、紅白は笑顔を歌うらしい。能年ちゃんもCMに出た、123歌えばいいのにな。

45 誕生日には真っ白な百合を / Get the groove 福山雅治 17.9
上半期25位
ドラマ「とんび」主題歌
福山雅治の半年ぶりの両A面シングル。
誕生日には~はドラマ主題歌、得意の温かいバラードになっています。
バラードの方は正直食傷気味なのですが…2曲目のGet the grooveがかっこよかった!
ドライのCM曲ですが、ギターが鳴り響く情熱的な1曲でツボりました。
この企画は97年からやってますが、初年度より入ってくれてる数少ない歌手。
当たるときはめちゃめちゃ大きく当てる人、今後も期待です。

44 初恋サイダー / DEEP MIND Buono! 18.3
2012年1位、上半期24位、歴代3位
4月の愛理ソロイベで再浮上し、今年も入りました。
…2013年最大の誤算がこのユニット。存在感が大きすぎるだけに、不在は致命傷クラスの痛手に。
2014年に期待…はすると辛いので、しないことにする。

43 ラテラリティ やなぎなぎ 18.6
2012年2位、上半期22位
昨年秋リリースのラテラリティが、年を跨いで点を稼ぎ43位に
その透き通る声を活かしてミディアムナンバーを中心でしたが
今作は激しいロックナンバー!切れ味あるギターから始まり、低音のベースと伴奏がズンズンと響き、ダークな雰囲気に。
疾走感も非常に心地よく、nagiさんの声も殺されていない、絶妙な1作品!
また、良い感じに壊れている歌詞の世界観も病みつきになる。
2013年も精力的に活動。昨年デビューながら、あっという間に柱となってくれています。
いや、昨年デビューって何か違和感があるけど…

42 Greed Greed Greed Acid Black Cherry 19.0
下半期20位
夏にリリースされた1曲。今年は2枚リリースしてくれました。
激しいナンバーだけど、どこかクール。ジャンヌの「FREEDOM」と印象が少し近いです。
個人的には間奏の重低音が凄くかっこよくて好き。
最近ライブもご無沙汰なので、そろそろ計画を立てたい。

41 Endless Game 嵐 19.1
上半期23位、下半期99位
ドラマ「家族ゲーム」主題歌。13年2枚目のシングル。
サビは、最近の嵐っぽく、かっこよくキャッチーなんですが
Aメロでは声を加工したり、「Warning…」と続けたり、何だか不思議な楽曲です。
Your eyesとはまた違う感じ。結構好みが分かれそう?
ただ何度も聞きたくなるような魅力は感じず、嵐にしてはあまり伸びることはありませんでした。
プロフィール

あるせす

Author:あるせす
とりあえず気になったらコンサートに行ってみよう
という趣味

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる