fc2ブログ

2013-07-28

2013年 ハロ楽曲 上半期

ずっとサボっていたけど、ようやく色々まとまったので書いていこう
ここまでサボった理由は、自分がここに飛び込んでから4年…間違いなく不作年だろうと
正直、5曲を選ぶのもしんどかったくらい。
大正義状態だったあのグループが凍結しているのもあるけど、他グループもピンとこなかった。何気に強かったちゃん真野も一線を退いたし
自分はEDM路線やギラギラしたアレンジはそこまで好きじゃないらしい。
まあ始めていこう。まずは曲数多く出したモベスで4曲ずつ、シングル2枚の℃は2曲、あと+αを挙げて
そこから上半期選抜を出してみます

◆モーニング娘
オリコン連続で1位を取るなど、波に乗りまくった上半期…なのでしょう。
ただ現路線の食傷と、10年近くエースだった人が抜ける不安と9期以降もくすぶっているメンバーも多く、と…
何だか波に乗っている実感は薄く、ちょっと心配です。まあ、ひとまずは12期ですね。
新体制や事務所プッシュもあるだろうし、楽しみも多いですね

・Happy大作戦
娘。上半期曲の中では1番手。
楽しいフリが一番印象強いけど、ポップで多幸感あふれている曲そのものも好き。
こういう曲をもっと聞きたい。

・Help me!
フリコピぐらいしかすること無いんだけど
ツアー初日とかそうだったんだけど、イントロというかフクちゃんの一声で
会場が「おおおー!?」となる1曲。イントロの瞬間で空気を変えられる曲は好きです。

・トキメクトキメケ
サビとフリが何かツボ。歌唱メン不在で凄く上手くやってる曲だと思う。
何気にかなりの高評価です。また寺田はんの飛び出しが絶妙で笑える

・いつもと同じ制服で
りほりほおおおおおおおおおおおおお><
うわああああああああああああーーーハァハァヒィー・・・
かわいいいいいいいいいいい><

◆Berryz工房
まさかの直球勝負で来た春ツアーを経て、武道館公演が決定
メディア露出も桃子と熊井ちゃんを中心に大きく拡大。売上も年末から右肩上がり。
こう見ると100点満点の上半期ですね。なのにこのスッキリしないもやもや感。
グループの改革と、茶番の声も挙がる武道館チャレンジで意見が割れました
払拭する何かを見せてくれるはず…がまさかの秋ツアー無し。
売りのライブが武道館のみな以上、現状不安が先行するユニット。

・アジアンセレブレーション
狙い通りであろう、みんなで盛り上がれるパーティソング。
こういう今日でスベったら大変ですからね…MADAYADE?知らん
ツアー開幕のDJ MIYABIの演出はかなり良かった。

・すっちゃかめっちゃか~
これぞベリ!超明るい、バカになれるポップソング。
フリとコールの楽しさも2013年上期全ユニット随一の1曲。
文句なしにベリ上半期1番手!

・恋いとしき季節
なかなかメロディアスな1曲で、好きな部類です。
Buono!のうらはらもそうだけど、こういう曲を雅に歌わせたら凄い。
脳がとろけそうなくらい甘くなる。

・なんだかんだで良い感じ!
ちょっぴりジュディマリ風で、軽い気持ちになれるポップ。
曲だけなら上位に入るけど、歌がね…。

◆℃-ute
冬追加、春ツアーでは5年ぶりのパシフィコ公演を満員、武道館2days決定、自己最高売上更新、メディア露出拡大と
階段を駆け上がり続けた上期でした。もうこんな押されるチャンスは二度とないし、武道館後どうするか…ですね
グループとしても売りのパフォーマンスも円熟の時を迎え、間違いなく今が勝負なのでしょう。
この上半期は、メンバーも…高いモチベーションが見て取れました。

・Crazy 完全な大人
曲数が5個だけなのでね。。
この曲はあっちの方で2位になっているので割愛。

・トレジャーボックス
完全に盛り上げを狙った1曲。
スネアなど重低音が結構目立ってて、好みでした。
まあ現場映えが命の1曲ですが…

◆スマイレージ
シングル・アルバムとはコンスタントにリリースしたものの、肝心のライブが無し。
秋ツアーも現在予定が無く、活動縮小感が否めません。
ただ、リリースされた2ndアルバムはかなりのデキ。その分ツアーを待ちわびている人も多いと思うのに…。何故か舞台。
現状、一番不安で心配なユニット。自身の期待は膨らむ一方なんですが…

・天真爛漫
楽しみにしてたぞ!
言うこと無し。良曲!

・新・日本のすすめ!
初めて聞いた時は震えたぜ!
構成とかバラバラなんだけど聞いてて凄い面白い。
それでいて、サビは超キャッチーで好みなメロディ。凄いぞこの曲!

・旅立ちの春が来た!
あまり特筆することは無いけど
Bメロがツボだったり、良質な曲

・大人の途中
ギラギラした、最近の娘っぽい曲でもある。
間奏がTMRの「INVOKE」に似てて笑える

◆他
・私が言う前に抱きしめないとね
Ju=Juのインディースシングル。
デビュー時からなかなか高いレベルの完成度で
これから楽しみ

・NEXT MY SELF
2月に一線を退いた真野ちゃんのラストシングル。
歌やダンスは置いといて、この曲もそうだけど不思議な力がある人だったので…
マイクを持つ回数が減るのはやや残念。

・サクラ時計
田﨑さん。
なかなか耳になじみやすい曲と綺麗な声で、気に入ってます。



じゃあ、5曲順位つけてみます。
※本気で選んでます
*1 新・日本のすすめ! スマイレージ
ええねんで、ショートカット、PMPWに次ぐ
自分がツボった超良曲、だと思ってる

*2 天真爛漫 スマイレージ
アイドルソングとして超優秀だと思う。
Aメロ→Bメロ→サビの繋ぎが綺麗で、多幸感いっぱいで良いね。

*3 旅立ちの春が来た! スマイレージ
Bメロがやたらツボ。

*4 大人の途中 スマイレージ
正直、この上位4曲は他の作品と比べて完成度が違いすぎる気がした。

*5 NEXT MY SELF 真野恵理菜
立派に成長したね真野ちゃん(´;ω;`)



※真面目に選びました
※ 真 面 目 に 選 び ま し た


スマのアルバムは本当良かった。
この上位独占っぷり、おいおいBuono!か、と
だから現状が心底残念。はやく、ライブを!

モベキは…期待しても良曲来そうな予感が薄くて……
スポンサーサイト



2013-07-22

7/21 Buono!MV撮影所観光 + 高橋 愛 Sparkling Live in 由比ヶ浜

@逗子マリーナ

由比ヶ浜で高橋愛ちゃんがライブをやるという。
知り合いにお誘い受けたことと、せっかくの機会だし
Take It Easy!のMV撮影場所を見たかったので逗子へプチ遠征!
夏だしね。

写真は面倒くさいので乗せません。

逗子駅からバスで逗子マリーナへ。
バスではしゃいでいるシーンは三浦海岸のあたりだったね。
あれは仕事中に通ったのでよしということで。
残念ながら会場はウェディング設営ということで途中までしか入れず。
でも木が並ぶとこや、メイキングで青い門を通ってたとこなど
色々見れて面白かった。何より、海風が気持ちいい!
ノノl∂_∂'ル<潮風にー急かされてー
州´・ v ・)<僕たちはただ海をみーていーたー

ほんのり寂しくなった。ボノコンやってくれねーかな…

-----------------------------

@SEACRET BOX BY OTODAMA

逗子マリーナからバスと徒歩で由比ヶ浜へ。
海水浴場客でいっぱい!
ゴールドジム系の黒いマッチョさんや、家族連れや、大胆な水着着てるギャルとか。
ただ海が汚くて海水浴している人はあまりいないっていうね。ナンパ場かい

ちょっと場違いなヲタが集まる中で、会場に入る。
会場の中は地面も砂!サンダルだと気持ちいいね。
質素だけど、趣あると思う
後ろの方を確保してのんびり見ることに。裸足だとより気持ちいい!
アルコールを飲みながら開演を待つのも珍しい。

セットリスト
1.「みかん」 モーニング娘。
2.「リゾナントブルー」 モーニング娘。
3.「Kiss」 倉木麻衣
4.「Do it! Now」 モーニング娘。
5.「愛の園 ?Touch My Heart!?」 モーニング娘。おとめ組
6.「晴れ 雨 のち スキ」 モーニング娘。さくら組
7.「EVERYHEART -ミンナノキモチ-」 BoA
8.「PARADICE」 サザンオールスターズ
9.「HAPPY! いっぷくまる」 高橋愛
10.「3.2.1 BREAKIN'OUT!」(バンドメンバー紹介あり) モーニング娘。
11.「永遠永遠愛着」 高橋愛・リンリン
アンコール
1.「Yeah! めっちゃホリディ」 松浦亜弥
2.「雨の降らない星では愛せないだろう?」 モーニング娘。
3.「Love Me Do」 ビートルズ


砂浜裸足ジャンプはあかん><
思った以上に負担がかかるのね。足元気持ち良かったけど。

知らない曲も多かったけれど、喉もだいぶ快復したようで。
悪いなりにまとめる力はやっぱり大エースっぽかった。
3.2.1とかちょっと感慨深かったな。プラチナ期の時のライブで散々聞いたからね。
リゾナントで本編をヲタに歌わせて「おえあー」のフェイクを自分で歌うという
そこかよ!ってことで笑ったり。
ちなみに僕はkissよりfeel fineの方が好きです。

最後は海につかりました。きたねぇ。



逗子の旅、終わり!思った以上につかれた。

2013-07-22

7/20 ゆず「YUZU ARENA TOUR 2013 GO LAND」

@横浜アリーナ

ゆずのアルバムツアー!
前回のベストツアーではあまりの完成度の高さに感動して
すっかり通うことを決めたゆず。15年目のブレーク

知り合いと合流
しかしびっしり埋まると壮観だなぁ…
開演前はセンターエリアにピエロがパフォーマンス。開演前からの世界観作りは凄い。
恒例のラジオ体操をやる。ジャンプするとこは得意科目です。
開演!

【セットリスト】
01.砂漠のメリーゴーランド
02.流れ星キラリ
03.飛べない鳥
04.始まりの場所
05.傍観者
06.代官山リフレイン
07.遊園地
08.灯影
09.WITH YOU
10.ピエロ
11.仮面ライダー
12.REASON
13.LAND
14.LOVE&PEACE
15.GO★GOサウナ
16.夏色
17.ムーンライトパレード
ENCORE
18.ゼラニウム
19.日向葵ガ咲ク時
20.イロトリドリ


前回と比べちゃダメなんだろうけど、それでもやっぱレベル高いなぁーと思った。
コンセプトを最後まで貫いた、面白い公演でした。

背景にはLANDを演出する、楽しげなパレード。
最初の2曲はしっとりと始まって、祭りの前の静けさって感じだった。

そしてイントロのギターの瞬間、「おぉ・・・」と天を仰いだのは
・飛べない鳥
10年以上前の曲なのに、まったく色あせない曲と衰えない岩沢さんの声。
聞き惚れるというか、ただただ圧倒された。
大サビ前のギターがまた良い哀愁出しててたまらない><
小さいころの思い出も蘇りました。名曲中の名曲
ゾクゾクっとする、貴重な体験ができました。感動した。

・始まりの場所
懐かしすぎて笑ってしまったw超名門タイアップのあいのり初代曲!
ていうかゆずもPPPHやるのか…w

傍観者や代官山リフレインなど、聞いたことあるけど曲名が思い浮かばないような
懐かしい曲が多かったな…
仮面ライダーはもう完全に忘れてましたw露骨なジョジョ演出

・REASON
気合入りすぎぃ!
色鮮やかなレーザー、壮大なスクリーン演出。
どうしてこんな気合入っているんだ…とにかく壮大。
当然曲への評価は上がるわけである

・LOVE & PEACE
前回のいちごに続いて謎MVww
ケツふらされました><
フリは余裕です

・夏色
鉄板曲。安定しすぎ

・ムーンライトパレード
最後は、LANDのキャラクターたちが手を振りながら
幕を閉じて、終演。
最後までテーマパークのような陽気で非日常的な世界観を貫き
良い感じの余韻を残していった。

・日向葵ガ咲ク時
初めて聞いた…と思ったらミニアルバムかい><
さすがにそこまで聞いてなかった

・イロトリドリ
これ最初に来ると思ったけど最後だったのね
スクリーンにMVが流れつつ、楽しく終わりました。
フリはちょっととまどった


以上、簡潔ですが終了
前回と比べると、ボリュームも不足気味だったけど…
この演出力と、なにより2人の歌がやっぱり良い!私は特に岩沢さんの歌が好み。
高レベルなライブだなぁって心から思います。
飛べない鳥という、そうそう味わえない感動も貰えたしね。

純粋に楽しむことができました!

2013-07-16

2013年上半期 歌手別

とりあえずこれを終わらせたい。上半期ラスト
歌手別の上半期もやっていきます。2009年以降の過去順位も。
09年~11年は10位に入っている場合、12年は20位に入っている場合記載

10 fripSide
(sister’s noise)
sister’s noiseが上期7位に入り、歌手別でも10位に。
既に次作のリリースが決まっており、下半期・年間でも入れそうですね。
しかも新曲は小室哲哉が手掛けるという。楽しみ。

*9 スマイレージ
(寒いね。、旅立ちの春が来た!)
!??!???!wwwwww?!?!!?!?!?!?wwww
まさかの?!曲別で好調だったスマイレージが歌手別でも初の10位入り。周りの水準低調を大きく象徴する形となりましたが。。
2曲は全て昨年の水準を大きく上回る結果に。先日リリースしたアルバム、新曲も好調。
リリース枚数の多さからも、年間での10位入りへ視界良好

*8 GReeeeN
(雪の音、桜color、イカロス、HEROS)
昨年からまた昇り調子になってきたGReeeeN。
4枚リリースと精力的な活動で、今年も上期8位に入りました。たくさんリリースしたもの勝ちだからね…この集計方法
下期はリリースが控えめになるでしょうが、それにしても上期は見事でした。

*7 SKE48
(チョコの奴隷)
2012年17位
5位に入ったチョコの奴隷一本で7位入り。
間近に新曲リリースも控え、この曲次第では初の歌手別10位入りも大いにあり得ます。
アイドルだし安定感は無さそうだけど、今年最大のダークホースなのは確か。楽しみ。

*6 KAT-TUN
(不滅のスクラム、EXPOSE、FACE to Face)
2011年2位、2012年14位
すっかり10位入りが定着したKAT-TUN。年末から不滅のスクラム、そして新曲2つと
手堅く入ってきましたね。下半期リリースがあるならば、年間も入れそう。
ただ、KAT-TUNはぱたっとリリースが止まる時があるからなぁ…

*5 嵐
(Calling×Breathless、Endless Game)
2009年5位、2010年2位、2012年18位
常連だけど、ここ数年は遠ざかっていた嵐が5位に。
Calling×Breathlessが4位に入り、水準が大きく上がったのが要因ですね。
いきものがかりや嵐などの功労者には、もう今更何も言うことないので
下期もいつも通り、のんびりと活動を待つとします。

*4 やなぎなぎ
(ラテラリティ、Zoetrope、ユキトキ)
2012年10位
ここから少し指数が跳ね上がる。すっかり柱となったやなぎなぎが4位に!
上半期は精力的にリリースを重ね、1Qの時点では年間1位につけるほどでした。
下半期はシングルリリースは無さそうですが…アルバムもリリースし、今年は既に充分な働き。
昇り調子の2年目?が見事に柱に。

*3 LiSA
(best day,best way)
2012年4位
現エース。上期はリリース1枚ながら、3位にまで入りました。
それほどbdbwが独走したんですね。昨年から引き続き、トップ争いをしてくれています。
1曲1曲の水準が非常に高いなか、8月に新曲をリリース。
充分詰められる差なだけに、年間1位に1番近いかも。1位にも格というものがありますが、この人なら順当です。

*2 supercell
(銀色飛行船、The Bravery、拍手喝采歌合)
2010年3位、2012年11位
やっぱり強いsupercell!何と上期で3枚リリースと、過去に例にないペースで活動を展開しました。
ただ、年末に出した銀色飛行船があまりピンと来ず、低調だったのが響き、2位に…。1位との差は肉薄でした。
1位~4位の歌手別を見ると、近年でもかなり高い水準。supercellが3枚出しても2位ですからね。
しかし、反動で下半期リリース無しとかありそうだ…

*1 ℃-ute
(会いたい 会いたい 会いたいな、この街、Crazy完全な大人)
2009年8位、2010年5位、2011年3位、2012年8位
あぁ……。ついにこういう結果になってしまうのか…
昨年の会いたいなも上位に入り、リリースした2枚は全て昨年の水準を大きく上回る、所謂できすぎな上半期。
7月には新曲もリリース。自身のモチベがまったく下がらない中、追うLiSAと逃げる℃-uteという構図に。
1枚1枚が上位に入り、まるで過去の大黒柱たちのような展開で初の1位を獲得。


以上。何か、まあ、今の自分っぽい結果になりました。
Buono!、ClariS、ももクロと昨年のトップ3が全員消えているのが泣ける
まあ何とも不安定な3組なんですけども…。
ところでBuono!にも所属の大正義鈴木愛理は何連覇してるんですかね…

下半期の展望は、上半期よりは明るい。
なーんと言ってもいきものがかりが戻ってきたからね!
そしてAcid Black Cherryも久々のシングルをリリース。その週はサザンやLiSAも同発という凄い週に
アニメ・原作が面白い進撃の巨人もダラダラ入りそう
後はSCANDAL、UVERのリリースも決まってたり、ClariSもまどマギ主題歌がきまってると
てかいい加減新人を見出さないと…

アルバム編は上半期無しで。
5つも選び出せない

2013-07-15

7/15 Berryz工房「ゴールデンチャイナタウン / サヨナラウソつきの私」個別握手

@日本青年館

聖地!
13:15~からの回。1部。相手は当然嗣永桃子
この会場は脇から他のメンバー見えるのが良い。
まあさが本当にショートヘアになってる…。大きいおでん+工藤って感じ。やっぱり素は美人だね。
つーか熊井ちゃん、仕切りから頭飛出しかけてんじゃんw

( ^ω^)<どもー
ル ’ー’リ<こんにちわー
( ^ω^)<またあの凄い雰囲気だったバスツアーやってほしいなー。後Buono!…
ル ’ー’リ<ふふふふふふぅ~
ル ’ー’リ<ところで凄い雰囲気ってどういうこと?
(;^ω^)<非日常的なね、あれね
ル ’ー’リ<あははーまあねー

おわり


ところで帰りにラーメン食べました。
帰りの道にあった、名前も忘れた北海道ラーメンのお店で塩ラーメンいただきました。
しょっぱい。やっぱり自分は塩ラーメンは合わないようです(´・ω・`)

2013-07-15

7/13 LiSA「LiVE is Smile Always~best day, best way~」千秋楽

@Zepp Diver City Tokyo

LiSAツアーもこれで千秋楽。
会場は12月以来のZepp Diver。
知り合いたちと合流して、入場
番号は1800番台…(^ω^)一般だからね

SOLD OUTだったものの、会場は結構スペースあり。
消防法への懸念なのか、余裕を持たせたスタッフの配慮なのかはわからないけど
真ん中の下手扉付近はかなり空いてたので、かなりラクに見れそう。

開演!

01.I'm a Rock star
02.oath sign
03.妄想コントローラー
04.now and future
05.EGOiSTiC SHOOTER
06.永遠
07.変わらない青
08.いつかの手紙
09.crossing field
MC
10.best day, best way
11.ミライカゼ
12.confidence driver
13.ROCK-mode
14.WiLD CANDY
MC
15.Little Braver
MC
16.シロイトイキ
Encore
17.traumerei
MC
18.Believe in myself
19.ジェットロケット


大きくセトリ変更、絶好調すぎるLiSA、最後の最後までファンへのメッセージを重視し続ける姿勢
本当に素晴らしい公演だった。
つまんで。

今日は千秋楽!「久々の曲やるよー!」と。
ガルデモのThousand Enemiesあたりかな?と思ったら…
・now and future
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
すっっげー聞きたかった1曲!知り合いと吠えたわ><
LiSAの楽曲の中でも超直球!伸びと力のあるLiSAの声をフルに活かした、疾走感ある1曲。
間奏のギターがまたかっこよくてね
久々というかやらなさすぎるだろうwwww
ただ、喉を相当酷使する1曲。やっぱり聞いていると、きつそうだった。
ツアー入りは無くて、こういうスポットな公演で歌っていくんだろうな

・エゴシュー
この流れでエゴシューは強烈すぎる><
前半からかなり強力なラッシュ。
そういえばこれと覚醒屋を書いたwowokaって今何しているんだろう
ぜひまた

・crossing field
イントロで会場の空気を一瞬で変えることができる
たぶん、LiSAにとってのチート曲なんだと
もちろん曲自体も良いけど、LiSAの煽りが絶妙
間奏直前の「Let's Go!」とかね

・MC
本ツアーの振り返りをらーめんずと。
本人たちは楽しそうでしたが、これがやたら長くて…
せっかくの熱が少し冷めてしまった。

・bdbw
個人的に上半期、いや年間1位にした曲だけど
やっぱりこの曲は歌詞が良い。
凄くLiSAっぽいけど、作詞は師匠の田淵さんなんだよね。
LiSAも自分が書いたような歌詞で驚いたという。おかげで楽しく歌ってるみたい

・confidence
・Rock-mode
ドライバーは追加。これも超直球ソング。
そしてRock-modeとのコンボが熱すぎる!やばい!!
ライブ中、こんなに夢中というか熱くなれるのは1年ぶり。

・WiLD CANDY
LiSAヘバりすぎぃ!

・Little Braver
ガルデモ時代のシングル3曲目。
「旅の終わりをみんなで」というMCから繋いでいた。
前もそうだったけど、この曲は千秋楽だと映えるね。

・Believe in my self
武道館MCから繋いでこの始まりの1曲!
いちいちMCはくさいんだけど、曲をフルに演出しようとする心意気は凄く良い。
なんだか、今回はしんみり聞いてしまった。

・ジェットロケット
そして繋いだジェットロケット。
クッソテンション高かった><



終わり。
セトリがいいのはもちろんだけど…LiSAが絶好調すぎ!
歌もそうだけど、動きも煽りも凄い凄い。

LiSAの魅力は…本人の歌、曲たちはもちろんなんだけど
ライブを120%にしようとする強い意志が何より好き。
そもそもの演出も良いけど、MCからの繋ぎがいちいち上手い、というか考えてるなぁって
何だか、眠っているテンションを呼びこしてくれる繋ぎがクセになる。
ファンへ常に何か発信しようとする姿勢もね。
武道館へ向けて、新曲と全都道府県行脚と、そして新曲orアルバム発表もあるかも。
なんだかワクワクしてくる。期待しかしないでねって言葉がまた好き。
実力以上の姿勢・メンタル面で好きになれ、そして熱くなれた最高の公演だった。
この充実感をくれるとは…エースオブエース。
「期待しかしないでねっ」という言葉は…大黒柱様に言ってほしい言葉だった…。。


本当にLiSAがいて良かった。
武道館に向けて、また楽しみが広がる!

2013-07-11

2013年上半期 1位

ようやく1位にたどり着きました。最近帰ったらすぐ寝ちゃうからね…
現エースが出した、この1曲が順当に1位!

*1 best day,best way LiSA 87.7
2位と30点以上の差をつけて独走したこの曲が1位!
この曲にはMV撮影にも入らせてもらい、思い入れも強いですね。
底抜けに明るい、新生活を迎える人に向けた応援歌。
メロディはとてもキャッチーで、ノリやすい上に、ボーカルLiSAの歌もパワフルだけど凄く明るく歌う様で、さらに前向きにさせてくれます。
歌詞もストレートで違和感なく入っていきます。
また、Cメロのオリーブと本名のOLIBEをかけたくだりは秀逸!
バンドもギターとドラムを中心に小気味良く、また何よりこれも楽しそうに演奏しているのが良い。
カップリングのI’m a Rock Starも良かったな。攻めるロック曲というよりは、メロディアスな雰囲気でかっこ良い感じ。
やっぱりこの人は本当に楽しそうに歌を歌う様が1番好き。また常にファンに向けて何を発信しようか考えているところ。
武道館決定の前後のMCは、青臭いけどとても上手かった。熱くなれた。
後半にガス欠になりがちなど、まだまだ荒削りな部分も多いけど、凄く見てて聴いてて楽しい歌手です。
4月リリース。同週発売の℃-ute・Crazy 完全な大人も上期2位に入りましたが
それも寄せ付けない推移で独走しました。
8月の新曲リリースに加えて、年明けの武道館公演に向けた新情報が待たれます。
大黒柱が不在の中、このLiSAが大きな支えとなりました。頼りになる、3年目26歳エース!(ガルデモ時代入れればもっと長いけど…)
圧巻の強さで、上期1位獲得です。

以上!1位は年初から1番手に置くと決めたLiSAが見事に期待通りの曲をリリースしてくれて、順当に1位に。
全体の水準としては、過去最低の年に。1位のLiSAですら、ここ16年で最少の指数で1位となりました
昨年の12年は11年を超えたんですけどね…。12年のあの怪物曲を抜きにしても、水準は震災で音楽業界そのものが停滞した年に比べるとまだ高かった。そして今年はその11年以下っていう
やっぱりアニメとアイドルばっかりなので、下半期はバンドの躍進に期待。

*1 best day,best way LiSA 87.7
*2 Crazy 完全な大人 ℃-ute 53.2
*3 The Bravery supercell 47.4
*4 Caling×Bressless 嵐 46.6
*5 チョコの奴隷 SKE48 45.8
*6 Zoetrope やなぎなぎ 39.6
*7 sister's noise fripSide 35.2
*8 この街 ℃-ute 33.1
*9 会わないつもりの、元気でね SCANDAL 30.4
10 拍手喝采歌合 supercell 30.1

11 FACE to Face KAT-TUN 27.6
12 ユキトキ やなぎなぎ 27.0
13 続・混沌 中川翔子 26.3
14 All Alone With You EGOIST 26.0
15 1.2.3恋が始まる いきものがかり 25.9
16 REASON ゆず 25.6
17 EXPOSE KAT-TUN 24.6
18 会いたい会いたい会いたいな ℃-ute 22.7
19 雪の音 GReeeeN 21.0
20 恋する季節 ナオト・インティライミ 20.5

21 寒いね。 スマイレージ 20.4
22 ラテラリティ やなぎなぎ 18.6
23 Endless Game 嵐 18.5
24 初恋サイダー Buono! 18.3
25 誕生日には真っ白な百合を 福山雅治 17.9
26 REVERSI UVERworld 17.3
27 銀色飛行船 supercell 16.2
28 旅立ちの春が来た! スマイレージ 15.2
29 アジアンセレブレーション Berryz工房 14.8
30 WANT! Berryz工房 14.4

31 ワンモアタイム 斉藤和義 13.5
32 reunion ClariS 12.9
33 Dance My Revolution ゴールデンボンバー 12.7
34 ブレインストーミング モーニング娘。 12.2
35 桜color GReeeeN 12.1
36 Answer And Answer 9mm Parabellum Bullet 12.0
37 NEXT MY SELF 真野恵里菜 11.5
38 beautiful 絢香 11.3
39 Help me!! モーニング娘。 10.8
40 瞬く星の下で ポルノグラフィティ 10.8

41 サラバ、愛しき悲しみたちよ ももいろクローバーZ 10.3
42 ハリネズミの恋 Every Little Thing 9.9
43 未来のミュージアム Perfume 9.5
44 ホイッスル~君と過ごした日々~ miwa 9.1
45 ミラクル miwa 8.5
46 Yin Yang 桑田圭佑 8.3
47 イカロス GReeeeN 8.2
48 So long AKB48 7.2
49 Real Sexy! Sexy Zone 6.4
50 恋におちて シド 6.4

2013-07-10

2013年上半期 2位~5位

ついにトップ5位まできたどー
しかしアルバムはまだ選出終えてないっていうか無理

*5 チョコの奴隷 SKE48 45.8
ま  さ  か  の  超  躍  進
ここでは昨年からAKB本隊を超え始めて、波に乗っていた中ではあったSKEですが
一気に開花!何と5位にまで入ってきました。
何が良いかと言うと?直球勝負の曲たちが好みです。
この曲は、サビはややインパクト薄いかもしれませんが…AメロBメロが凄い好み。
「♪青空は いつだって思わせぶりで」このAメロを聞き始めたときに、何だか心躍った。
次のメロディがすぐ予測できる…そう、本人たちも所属しているエイベックスサウンドそのもの。
初聴の時は「あぁ、次はそういくよねー」とかわくわくしながら聞いてました。
相変わらずメンバーの詳細とかは全然わからないけど、注目はしたい。
次の新曲も楽しみ!5位入り、いや10位入り、いやいや20位入りも初めて。
今年最大のダークホースとして、下半期にも期待したいですね

*4 Calling×Breathless 嵐 46.6
Callingはドラマ「ラストホープ」、Breathlessは映画「プラチナデータ」主題歌
いきものがかりと並んで長く一線にいる嵐!両A面でタイアップがつき、リアルでの初動自己最多の75万を記録。
Callingはイントロのギターが凄く印象的でかっこいい。
サビ前に声とドラムが重なる部分といい、熱くもクールな1曲。
Breathlessは冷たくもメッセージ強い曲
落ちサビのニノソロはとてもかっこいい。
2曲とも凄く気に入って良く聞いてましたねー
初聴以降もどんどん評価が上がっていき、10位入りは2010年のトラブルメーカー以来。
本当にチケットがもう少し手に入りやすくなればなぁ…。
ぜひコンサートに行きたいけど、手が届かない、雲の上のグループです。

*3 The Bravery supercell 47.4
アニメ「マギ」OP曲
とてもキャッチー!タイアップの世界観を示すような、冒険の始まりを告げそうなギターから始まる。
supercell得意の疾走感あるキーボードが今作では無いものの、流れるようなギターメロディが心地よい。
Aメロから徐々に強くなっていく構成で、柔らかさと力強い声を持つこえださんの魅力も充分に出てますね。
大サビで音程が上がるところなど、ツボを抑えてくれています。
2月にリリースして、冬を盛り上げてくれました。安心して聞いていられる楽曲で、初動・推移も安定。
それでもsupercellにはまだまだ上を期待したくなるところが、他の歌手とはアーティストとは違うところ。
Buono!不在の苦しい事情の中、supercellが精力的だったのは本当に大きかった。
上半期のような活動は無いと思いますが、下半期もニュースを待ちたいですね。

*2 Crazy 完全な大人 ℃-ute 53.2
マジか…。ここまで偏ってしまったのかと…
4月にリリースされた、℃-uteの2013年2枚目のシングル。
半期2位は既にロンクリで経験済ですが、あの曲は特別だからなぁ…
曲は最近のハロに多い、ギラギラした電子音を前面に押し出したダンスナンバー。
メロディ自体はA→B→サビととてもキャッチー。
相変わらずの分業制で、サビの難しいファルセットは愛理が担当し、歌いやすそうなところは千聖…などなど
カップリングのトレジャーボックスも点を稼ぐ要因となりました。音源ではそうでもないものの、現場ではパワーあふれる1曲に。
初動でのインパクトはそれほど大きく無く、ツアー効果で粘り強く点を稼ぎました。
同週に強い強い1曲があった…という唯一不幸な背景もありましたが
全体の水準低下と、何よりユニット自身の活動もモチベも上昇傾向という環境も助け、2位に座りました。
7月に出る新曲も曲としては、そこまでインパクトは無いものの本人たちへのモチベで大きく上へ昇っていくでしょう。

2013-07-07

7/6 LiSA「LiVE is Smile Always~best day, best way~」

@Zepp Nagoya

エース登板の時間だああああ!
平日地方はムリですが、名古屋休日なら行きます。
大井町で知り合いと合流して名古屋へ。わざわざ感謝

Zepp Nagoyaは2年ぶり!前回はコレで来たみたい。
うぅ…頭痛どころか心臓が痛い…

番号は1200番ぐらい。☆糞☆番☆
入場後は荷物預けてドリンク受け取る。ホルダーが千奈美・どぅーカラーになってたw
あれ、Ju=Juにもオレンジがいたような…うぅ謎の頭痛が

凱旋公演。開演!

01.I'm a Rock star
02.oath sign
03.笑ってほしくて
04.エスケープゲーム
05.EGOiSTiC SHOOTER
06.永遠
07.変わらない青
08.いつかの手紙
09.crossing field
MC
10.best day, best way
11.ミライカゼ
12.ROCK-mode
13.妄想コントローラー
14.WiLD CANDY
MC
15.シロイトイキ
Encore
16.traumerei
17.Crow Song
MC
18.ジェットロケット


セットリストは結構いじってきた!
何よりcrow songの追加は純粋に嬉しい。
さすが地元だけあって、川崎よりノリ良かったかも。

曲ごとは前回書いたし、お台場で追記は書くので今回は略。

・今日のLiSA
いつもノリノリだけど、今日は地元公演ということでさらにノリノリ。
そしてMCでは「名古屋は大嫌いだった」という切り出しで
「今はみんながいるから大好きになれた」と喋る。
青臭いけど、起承転結をつけて伝えようとするMCは好きです。
「しっかりと自分の足に地をつけてこれを知らせたかった」という武道館発表。
最近、こういうスキルも大事なんだと思い始めた。

・キング
ミキティーーーーーーー!!!!!!!!
名古屋で、しかもLiSAでミキティの名を聞くとは思いませんでした。


やっぱり曲が良い!楽しかったです。
最後はお台場で!

2013-07-05

2013年上半期 6位~10位

やっとのことでトップ10!目新しいメンツ?んなもん無いぜ!

10 拍手喝采歌合 supercell 30.1
アニメ「刀語」OP
配信限定曲を合わせると、上半期だけで4枚リリースのsupercell。
前作では使用されなかった伴奏があらぶる、supercellらしくもチャレンジブルな「和ロック」になっています。
歌詞も小気味良くスピード感があり、古文を低音とファルセットで紡ぎます。
こえださんも随分上手くなりました。
個人的には凄いドラムが凝っている印象。スネア連打がかっこいい!
サビの「手を叩け」で手拍子が入る細かい演出もさすが。
初聴ですっかり耳になじみ、6月中旬リリース。何と集計2週で10位入り。
年間ではどこまでいくのだろうか。
とはいえ、supercellにしてはまだまだ低めなんですがね。

*9 会わないつもりの、元気でね SCANDAL 30.4
映画「俺はまだ本気だしてないだけ」主題歌
すっかり頼もしくなったSCANDALの2013年第1段シングル。
本人たちも自信を持つほどの、ストレートなロック。
デビュー前はロクに扱えなかった楽器も、今は純粋に勝負できるほどに。
また、HARUNAの持ち味である、少しさみしさを漂わせる声と、それに合う歌詞。
凄く丁寧に作られていて、聴きやすくも熱い1曲でした。
5月末リリース、推移もすっかり安定。
瞬間センチメンタル、LOVE SURVIVE、太陽スキャンダラスと続き、4年連続の半期10位入り!

*8 この街 ℃-ute 33.1
これが8位か…。周りの低レベル下と逆行して、℃は全体的に水準が上昇中。
森高千里のカバー曲として、2月にリリース。
℃-uteの中でも2番目の得点となった悲しきヘブンの後のリリースと、大きく波に乗る中でのリリース。
しかしカバーとか…当初は酷評。初動は大きく出遅れたのですが…あるきっかけで上昇。
ふと地元の友人と同窓会を開いた時、様々な話を聞く。あの人が結婚して子供ができたとか、あそこの公園が無くなったとか。
思い出に浸った後にこの曲を聴くと、凄く身近な曲に感じた。
こういう曲は、自己投影できるともの凄く強くなりますね。粘り強い推移で8位入り。
けど、もうカバーは勘弁してください。

*7 sister's noise fripSide 35.2
アニメ「とある科学の超電磁砲S」OP
2年ぶりのfripSide!リリースも1年半ぶりです。今作は相性抜群のレールガンタイアップ。
お得意の、電子音を多用した疾走感ある1曲となっています。
その中でも内容に合わせた歌詞、アップダウン激しいメロディ、南條さんの特徴的だけど優しいボーカルと、何だか懐かしい感じ。
何気にfripSideは平均値がかなり高い。出せば年間15位前後に入ってますが…今作もそのペース。
アニメの妹達編も大詰めですね。孤独に闘うも、終わらない実験・虐殺にどんどん絶望して目が死んでいく美琴…結構そのまま表現してますね
近いうちに出る、2クール目のOPも楽しみです。
5月にリリースも、現在も入り続けるロングラン。救世主です

*6 Zoetrope やなぎなぎ 39.6
アニメ「AMMESIA」ED曲
やなぎなぎ、2013年第1弾シングル!前作ラテラリティは年間2位でしたね。
ラテラリティと同じく、ロック色が強いナンバー。
壮大なイントロと響き渡る綺麗な声から始まり、サビにつれて疾走感が出てくる…
そして間奏ではパワー溢れるギターと、ハープも綺麗。1曲に色々詰まっています。
カップリングの「星々の渡り鳥」は一転爽やかなポップス。
声が声だけに、こういう曲がある意味一番しっくりくるかもしれませんね。
イベントにも行かせていただきました。ラテラリティと続いて良曲が来たことで、晴れて柱に置きたくなった。
まあ、元々はBuono!に唯一対抗してたグループのボーカルだったんでね。当然ですね
上半期はこの人に助けられた、と言っても過言じゃない。
大きな大きな、そして嬉しい嬉しい2年連続10位入り!
秋の初ワンマンツアーもくっそ楽しみ。

2013-07-05

7/4 スマイレージ「新しい私になれ! / ヤッタルチャン」発売記念イベント

@CLUB CITTA

この日はたまたま早く上がらされたので2週連続の川崎チッタ。
どうやらスマがイベントやってたようなので、たまには入ってみることに。
今年の課題の1つとして、もう少しスマを見ようと
スマには冷たい風潮あるからね…無意識のうちに自分も冷たく見てたのかも
19:10頃に到着・購入して600番台。一応、最終的には完売したみたい。

 セットリスト
新・日本のススメ!
(自己紹介)
ヤッタルチャン
天真爛漫
同じ時給で働く友達の美人ママ
(MC告知)
新しい私になれ!


てか、俺スマイベ初めてなんじゃね…?

身長が低い女性エリアの後ろでのんびり見ました
あやちょが喉痛めてほとんど喋れず。花音が体調悪いようで一言も発せず
2期がワーキャーやってました。

・曲
アルバム2曲は文句なしに良曲でした。何かメロディがツボ。
美人ママも懐かしい。
ヤッタルチャンは正直印象薄かった。かななんのセリフは置いといて
新しい私はそこそこ

・メンバー
動きも重々しく、終始無表情で歌うだけで精いっぱいの花音。休んどけって…
喋れない分、誰よりも大きく動いたあやちょ。喋ると歌うは違うから、曲は歌えてたけど。しかし子供っぽさが抜けてすっげー美人になってる。びびった。
ちょっと小じんまりしためいめい。タイプ的に千聖系だし応援したいけど、愛理のように挑んでほしい相手もいないのでなかなか自分の気持ちが乗らない
力押しのおでん。女性っぽくなった?と思ったけどそうでもなかった。
良くしゃべってたかななん。本当にパートねぇな…
オンリーワンのばくわらさん。省エネも許せてしまうこのばくわらオーラ

・握手
ロビーにて。何か久々だな一斉握手…
やっぱり記憶をたどっても、スマイベは初めてだったので「(イベント)初めて来たぁー」て感じで。
ブス哲とかピーベリーとか、細かいとこでは個々にあるかもしんないけどね。
まあライブ普通に行ってるけど…w

たしか、田村→勝田→中西→竹内→福田→和田って順
すっげぇ低速だった
メイp´w`)<はい!ありがとうございました!
リナp´ v`)<ありがとうございましたー
川*⌒v⌒)<またきてなー
川´・ o ・リ<あり(ry
从*・ェ・リ<…
从;・人・リ<…(手を合わせて謝罪)
川´‘ _‘||<…
川´‘ _‘||b<またね(口パク)

グリップはあんまり覚えてない
花音はせっかく来てくれたのにこんな調子でごめんなさいって感じの謝罪
翌日、やっぱり休んだ。明らかに虫の息だったもんなぁ…
あやちょ美しすぎぃ!

苦戦が続くけど、スマは本当頑張ってほしい。
でも何を売りにするかって言われるとそれも思いつかない。

ひとまず、久々に新鮮な気分を味わえました。
若いねスマ現場は

以上

2013-07-04

6/30 モーニング娘。「ブレインストーミング / 君さえいれば何もいらない」個別握手会

@ベルサール渋谷

2日連続の半オール明け。フラフラの状態で向かう

券は鞘師・石田・工藤
2部選んで後悔しつつさっと行って帰って寝よう…
入場。綺麗な会場だね。
音楽の日ネタで行こうとおもう

まず工藤
ハo´ 。`ル<どうもー
( ´ω`)<どもー…
( ´ω`)<音楽の日 みたよぉー・・・・
ハo;´ 。`ル<…ども…何か元気ないけど…
( ´ω`)<寝てない 眠い どぅーと握手したら寝る
ハo;´ 。`ル<ちゃんと帰って寝なよ
可愛いは大正義

次だーいし
川c ’∀’)<ようこそー
( ´ω`)<どもー・・・
( ´ω`)<たぶん話すイベントは半年ぶりくらい。
川c ’∀’)<おっ!久しぶりです!
( ´ω`)<音楽の日のダンス かっこよかったよ
川c ’∀’)<ありがとう!
川c ’∀’)<また来てね!
川c ’∀’)ノシ
あれ?かわいい…??

最後りほりほ
ノリ*´ー´リ<こんにちは!
( ´ω`)<どもー
( ´ω`)<昨日の音楽の…音楽の…アレ
ノリ*´ー´リ<「日」ね
( ´ω`)<かっこよかったよー次のツアーでもかっこよく期待するね
ノリ*´ー´リ<ありがとうございます!
( ´ω`)<じゃあ眠いんで帰って寝るのでまた
ノリ*;´ー´リ<え?まだ昼…あっお休みなさい
ノリ*´ー´リノシ<バイバイ

ハァー・・・ハァー・・・フハァー><
黒子もんぜつ
悶絶するぐらい可愛かった


帰りに魚介つけめん「凪」食べました。人気店。
魚介大好きなので、おいしかったです。量多くて苦しかった。


おわり

2013-07-03

6/29 ℃-uteコンサートツアー2013春~トレジャーボックス~千秋楽

@パシフィコ横浜

2ヶ月間のツアーもついに千秋楽。
普段と今回の千秋楽が違うのは、やっぱり会場。パシフィコ横浜!
℃にとっては久々の5000人規模の会場。既に武道館公演が控えている中だけど
決まった当時は、ようやく次の階段を昇れている感じがして、凄い嬉しかったもの。

知り合いと合流。潮の香りが爽やか。
仕事で何度か来たけど、全然見えてくる景色が違いますなw
前日オールの打ち上げした反動と、まさかのまーちゃんがれいなパート継承という娘。を見てたらちょい遅れ 申し訳
グッズ列は即効諦める。なんだこの長蛇の列
席は21列通路。実質10列ぐらいで近い。座席は広いけどゆったりとしてる…本当会議室みたい。
傾斜タイプで動くのも不安だけど、とにかく今は大ホールでの5人が楽しみ。

急遽決まったJu=JuのOPAを見届ける。自分の体も良さそう
アナウンスが終わる。今日はアナウンスも少しいつもと違う演出。
「…まもなく、開演です!!」待たせたな!という感じのアナウンス。沸く会場とお祭り感。
℃に対する今のモチベーションは、間違いなく過去最も高い。
順当なデビューと相次ぐ脱退、底辺からの躍進、一丸で貫く徹底した力押しスタイルも今が円熟の時。
今日が1つの中間ポイント。さあ、始まりの千秋楽の開演だ!

セットリスト
00 天まで昇れ!
01 Crazy完全な大人
02 SHOCK! (ソロで自己紹介)
MC
03 悲しき雨降り
04 私は天才 / 中島・萩原
05 地球からの三重奏 / 矢島・鈴木・岡井 ※CDとアレンジ違い
MC 
06 この街 ※セリフがファンから選んだ作品に
07 ハエ男
MC トレジャーボックスから巻物 お宝自慢私の宝物コーナー
08 好きすぎてバカみたい / 岡井
09 トレジャーメドレー  桜チラリ→Bye Bye Bye!→ディスコクイーン→世界一HAPPYな女の子
10 夢があるから
11 まっさらブルージーンズ ハロプロ研修生(田辺 加賀 吉橋 室田)
12 いざ、進め! Steady go! ※剣劇パフォーマンス
13 ザ☆トレジャーボックス
MC
14 EVERYDAY 絶好調!!
15 一人占めしたかっただけなのに
16 誰にも内緒の恋してるの
17 僕らの輝き
18 Midnight Temptation
19 Kiss me 愛してる
20 超WONDERFUL!
21 都会っ子 純情
ENCORE
22 Danceでバコーン!
MC
23 アダムとイブのジレンマ
24 青春ソング


席は端より…前の方だからスピーカーが邪魔で所々見えねぇ><
オープニングが始まる。ひとつ、息をつく。この、自分がオーラを纏っている感じは久々。
Buono!以来だと思う
思ったところを。

・Crazy
緑のレーザーは、やっぱり大会場だと凄く生える!3階にまで伸びたレーザー。
登場の瞬間に舞美がフッと少し笑ったのが凄い印象的。
今ツアーは最後までトップバッターを務めた1曲。
これでその日の盛り上がりを図れるほどの曲になってくれた。

・SHOCK!
何気に一番しんみりしたのはここ
愛理に超依存しまくってて、低迷期を象徴する曲だけど
今回は全員ver.。そして低迷期では考えられなかった、この会場での披露
初めて、この曲を抵抗なく聞けた気がする。

・私は天才
すっかり盛り上がる曲に。
この2人の曲は優秀だよね。ていうかこの後に控えているあの曲が。
でもこの曲はもうツアーに入ることは無さそうな気も。

・三重奏
前も書いたけど、声を強調するアレンジ。
愛理が上手いのはとっくに知ってるけど
良く千聖もここまで伸びてくれたなぁと
舞美も舞台で難しいコンディションの中崩さなかったし
たぶん、これももうツアーに入ることは無いんだろうけど…。

・この街
地元を思い出させることがあって以降、この曲への評価が凄い上がりましたが
でも恐らく、これで最後の披露だろうな。。
Bメロの後ろ向きで手を振るフリが、どうしようもなく哀愁を感じる。
自分も地元を離れて7年…色々変わったようで。。
セリフ改変は、5年前のパシフィコを思い出させる内容。
私は分かりませんが。

・ハエ男
これも最後の披露でしょう
ズンダカマーチと同じでアホにならんといけん曲

・MCトレジャーボックス
1つ目はキッズ時代のレッスン動画。非常に見づらかった。
2つ目は9月10日はキュートの日が、正式に認定されたと!
だからどうしたといえばそれまでだけど、まあめでたいのかな…w

・好きバカ
最後の千聖、そしてこの曲w
大会場でこれは壮観でした。

・ディスコクィーン
何度でもやってほしい曲。
使いにくい2人の声が完璧にマッチしてるし、メロディとアレンジも凄い好み。
フリも楽しい。

・まっさら
最後はやっぱりまっさらだよね。
むろたんむろたん。

・トレジャー
本ツアーMVP。演出も伴い、凄い盛り上がった。
これはこっから何度も聞くんだろうなぁ。
ていうかハロコンでやるだろうなw
メンバー全員が超全力で煽ってくる。
千秋楽だね!

・エブ絶
低迷期突入直前、梅さんラストソング
ってことを忘れていたけど、ふいに思い出した。
この公演では色々とフラッシュバックしてきた。

・一人占め
火柱で本気演出><
まあ、美しくってごめんねツアーの使い回しだから新鮮さは無かったけど…
でもこの曲は本当良い

・誰にも
ここらへんだっけ?テープがどかーんと

・MT→kiss me→超ワンダフル→都会っ子
この流れは自分もひどかった記憶があるぐらいとにかく必死だった。
それ以上に5人が全開でした。普段2公演分の体力を1つに注ぐとこうなるんですかね
終わった後はもうスタミナ無くなってへろへろでした><俺がね

・MC
メンバーのメッセージ
ここまで来れて嬉しい…と涙ながらに語るメンバー。
ここで舞美が「愛理からお知らせがあります」
と来て、しゅんと静まりかえる会場。
キャラ的にやってはいけない愛理がやらかした件もあり、たぶん会場全員が悪い方に考えてたと思うw
俺もこの瞬間は「あぁこれで俺もヲタ卒か…」「心置きなく地元に帰れるわ…」
とおもってました(ノ∀`)まあ釣りすぎだよね。今思うとちょっとムカつくわw
内容は、武道館2days!
ここで素直に喜べたことで、LiSAの時に思った不満が和らいだ気がする。
こうやって喜びたかったんです。
月火って最悪の日程じゃないですか><夏休みはほとんど取らず、有給をここで使うことにする。


安堵と盛り上がりの中、新曲へ
・アダムとイブ
片方の雨降りと比べると盛り上がる盛り上がる
個人的に結構ツボなので、ぜひこの曲は中核になってほしい

最後はWアンコールで喋っておしまい。



正直、ツアーとしてはペンタグラムの方が良かったし
もっと言えばペンタグラムも美しくってごめんねの方が好きだった。
でも、このツアーが3つの中では1番楽しかった。
やっぱり今の5人の勢い、モチベーションの高さで自分もより楽しめました
大ホールでの公演も色々と感慨深かった。
直前に愛理が水差してくれたけど、現場に入ればそんなの関係なくなるね

武道館ですねー。もうちょっと、ワンステップ欲しかったけど
楽しみにまとう。
プロフィール

あるせす

Author:あるせす
とりあえず気になったらコンサートに行ってみよう
という趣味

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる