fc2ブログ

2013-02-25

2/24 Berryz工房コンサートツアー2013春 ~Berryzマンション入居者募集中!~

@よこすか芸術劇場

この日はゆっくり休む予定だったけど、何と桃子生誕Tがこの日発売
これ以降、ベリコンは行く目途がたっておらず…

今行かないで じゃあいつ行くの?
imadesyo.png
今でしょ!

というわけでTシャツ買って昼だけ入りました。
当日券購入、席は5階!結構お客さん入ってたね。
昨日の真野ちゃんの余韻が強い中、開演!


【セットリスト】
VTR
01. アジアン セレブレイション
02. あなたなしでは生きてゆけない
MC
03. すっちゃかめっちゃか~
04. Mythology~愛のアルバム~
05. シャイニングパワー
06. I like a picnic
07. なんだかんだで良い感じ!/徳永・須藤
MC
08.スプリンター!/清水
09.Shy boy/菅谷
10.さぼり/須藤
11.真っ白いあの雲/夏焼
寸劇MC
12. 思い出
13. WANT!
13. 男前/嗣永・熊井
14. 恋 いとしき季節/清水・夏焼・菅谷
15. 大人にはなりたくない 早く大人になりたい
16. まっすぐな私
MC熊井
17. 素肌ピチピチ/ハロプロ研修生
18. メドレー ジリリキテル→胸さわぎスカーレット→流星ボーイ→恋の呪縛→愛の弾丸→ヒロインになろうか!→ライバル→本気ボンバー!
19. かっちょ良い歌
20. 一丁目ロック!
21. 友情 純情 oh 青春
EC
22. 雄叫びボーイ WAO!
MC
23. cha cha SING


やっぱりこのツアー、メンバー気合はいってるなぁ。

昨日は肉体的には疲れてなかったので
広々と昼だけはしゃいできました。

熊井ちゃんのコーナーは「スポーツ20種挙げる」だったかな。
ヲタがだいぶ助けて、クリア

うん…まぁこの日は淡々と楽しみました。
スポンサーサイト



2013-02-25

2/23 真野恵里菜メモリアルコンサート2013 「OTOME LEGEND~For the Best Friends」

@中野サンプラザ

真野ちゃん、ハロープロジェクト最後のコンサート。
初現場から早4年か…。不思議な魅力を持つ人でした。
今回は本当に前向きな卒業なので応援したいけど
真野ちゃんだし、涙腺よわっちい私はやっぱり泣いてしまう気がするw

行かない選択肢はもちろん無いわけで。
休日出勤のところ、上司にきついお叱りを受けつつ強引に仕事終わらせてきた
知り合いと合流。
昼は1階15列、夜は1階26列。こう見ると、むしろいつもより良い席だったかもw
凄いマスコミの数。独特の雰囲気の中、開演!

セットリスト
01.乙女の祈り
02.ラララーソソソ
03.ラッキーオーラ
04.天気予報が当たったら
05.お願いだから…
06.ドキドキベイビー
07.トゥモロー
08.メドレー
熱血先生→純情警察KISS→アンビシャスガールズ→青春のセレナーデ→堕天使エリー→青春のセレナーデ
09.ダレニモイワナイデ
10.黄昏交差点
11.世界はサマーパーティー
12.21世紀的恋愛事情
13.元気者で行こう!
ダンスパフォーマンス
14.春の嵐
15.SONG FOR THE DATE
16.Glory days
17.初めての経験
18.バンザイ!~人生はめっちゃワンダッホーッ!~
アンコール
19.マノピアノ
20.NEXT MY SELF
21.みんな、ありがとう
Wアンコール
22.My Days for You


ちょろちょろ書いていこう。

・乙女の祈り
最初はグランドピアノでこれからスタート。
歌上手くなったなぁ…。相変わらず子守唄みたいで好きにはなれなかったけど
何だかデビュー当時を思い出しますね

・ラッキーオーラ
一番の思い出曲。

・ドキドキベイビー
頼む、この曲誰か引き継いでくれ
と思ったけど引き継げそうなのが現状キャラ的に桃子くらいなのか…

・メドレー
セレナーデの扱い><

・黄昏交差点
やっぱり名曲。本当に好き
これは何度でも聞きたい…
改めて、歌手を続けてほしいなぁと思った

・サマパ
ファンコラでの人気投票1位!KANさんらしい綺麗なメロディで、曲も可愛いし優等生曲。
これのサビのフリやってる時に手首攣った。最近スペってなかったのに…

・VTR(まとめて)
モベキスからメッセージVTR。たぶん正月ハロコン時に撮ったと思われる
ベ…親友の桃子がメイントーク。エピソードやら。茉麻も漫画を貸し借りして仲良かったみたい。熊井ちゃん、キャプは不在
モ…研修生後輩のフクちゃん、同時期卒業のれいながメイントーク。れいなは明らかに表面だけな感じだったけどw確かまーちゃん不在。
キ…親友の舞美がメイントーク…かと思いきや3人が割り込んできていつものgdgd楽屋トークにwマノフレごめん…><
ス…当然BDを務めたあやちょ花音がメイン。PV撮影の謝罪などしてました。一応全員話して、一番時間もらってたかも。

・元気者
今回はロングver.。
最後、やりきった!!って感じ。楽しかったです

・ダンス
おお、踊れたんだ…と思ってしまったのは内緒
本人とダンサーと研修生での11人のダンスは結構見てて面白かった

・春の嵐
からの、春の嵐!良いつなぎだった。
この曲、前はかなりの盛り上げ曲だったけどすっかり鳴りを潜めてた。
まあ真野ちゃんは盛り上がって楽しむのはそこまで重要じゃないしね…

・SONG FOR~
ここでか!?いつ来るか、とずっと考えてた。真野ちゃん自身を歌う、三部作の2作目。
ショートver.だったし、あんまり重要視されてなかったらしいw
でもこのCメロは本当にいい。

・Glory Days
コッテコテのはたけ曲だけど、好きなんですw
「Don't stop love」の時が好きでね
絶対にやらんと思ってたから嬉しかった。

・初めての経験
何か凄い当時のことを思い出してちょっと泣きそうになった。
当時はバックダンサーがスマイレージで、自分もコンサートに入ることが楽しくて。
自分はいつの間にかこんな擦れてしまったのやら

アンコール明けはなかなか来るものがあったな…
・マノピアノ
あの頃と比べると本当上手くなったなぁ…
当時は目を細めてたけど、今は違う意味で目を細めてしまいます。

・NEXT MY SELF
真野ちゃん三部作の3作目。
やっぱり卒業で聞くこれはやばい。NEXT MY SELF~!とみんなで歌うところは結構来る

・みんなありがとう
これを必ず歌うと決めていたそう。
これも泣かせに来る1曲だった。

・友人2人からの感謝の手紙
「真野ちゃぁ~~ん!」と、夜公演では桃子と舞美が登場!
一瞬は「スマか?」と騒がれたけど、俺が桃子の声を聞き間違えるわけもなく><
よく一緒に食事行ったり出かけている姿や、トークも非公式だったり公式だったりで組まれてた3人で、来るかも?とは思ってたけど…
そういえば桃子がステージにいるのに、Buono!ツアーTシャツ黒を除けば違う色のTシャツ着ているのは初めてかも。去年、ベリが来た℃春千秋楽も桃T持ってたし…。まあ真野ちゃんだからね。しょうがないね。
2人は手紙朗読。まずは桃子
たぶん良いことは舞美が言うだろうってことで、ネタを織り交ぜた面白トーク。
「舞台の台本覚えられない、どうすればいい?」「台本読めば覚えられます!」
「友達が少ないから、真野ちゃんがいないと、私はまた1人で食事をすることになる」っていう話とかw
そしていつか将来映画の主演になって宣伝でテレビに呼ばれる時、アイドル時代の友達としてももちを紹介してね…と良い話
「真野ちゃんの楽屋で納豆食べて帰った話とかの暴露は無しで!」と最後もネタで締めて終わり。
続いて舞美。これが…
真野ちゃんがまっすぐで誠実な話。一生懸命、努力で、そしてソロで切り開いていく姿を見て心から尊敬しているという話。きっとこれから会う機会が減って寂しくなるな…って話。
梅さん卒業の時もそうだったけど、舞美は本当に…言葉1つ1つが何かツボをついてきて、凄い涙腺を刺激されます><
最後はみんなで抱き合い「もう1曲聞かせて!」と言って2人は去る。
そして最後の曲はもちろん…

・My Days for You
やっぱりこれでした。三部作の1作目。
三部作の中でも、やっぱりこの曲は特別なんだ、とか…。
「これからもどうぞ よろしくね」ここで涙不可避><
これを真野ちゃん以外が歌ったら凡曲になるんだろうけど
真野ちゃんが歌うと何だか凄い曲に昇華していくよう。
この曲だけでなく、三部作は特にその傾向が凄い。
真野ちゃんは良曲多いし、元気者とか誰かに引き継いでほしい曲もあるけど
この三部作は本人が大切に歌い続けてほしいな…。
個人的には黄昏交差点もね。


思った以上にあっさり、というか淡々としている印象はあった。
本人も言ってたけど、今日は卒業…というよりはターニングポイント。
最後にMy Days for Youを持ってきたあたり、伝えたいメッセージは「これからもよろしく」なんだろうね

言っちゃうと、確かに凄く可愛いけど歌はアレ、ダンスも申し訳程度
それなのに、現場に入ると他では得られないこの多幸感。
何なんだろうねこの魅力…「雰囲気が良い」と言うけど核心の要因は上手く言語化できないのが悔しいです。だから特質系念能力者ってことにしている←
ハロの中でも、いやこの邦楽全体を見渡してもこんな不思議な魅力を持った人はいません。唯一無二の存在です。これからは演技の道をメインに進んでいくんだろうけど、もちろん応援するし…頑張ってほしいな。



ちょっと、真野ちゃんのことを参戦歴とともに振り返ってみよう。
◎初現場
2008/12/12 ラッキーオーラ発売イベント
同時にハロ初現場でもある、絶対に忘れられない1日です。
急きょ休講が入ったから、思い切って千葉まで足を延ばしたんだっけ。
当時、ハロ現場の雰囲気なんて怖いんだろうなぁーってビクビクしていたけど
その日は最前が買い物休憩中のお婆ちゃんだったり、一番濃いファンがJKだったりと
ある意味、安心することができました。ラッキーオーラ買ってみて、初握手とやらもこの日、真野ちゃんで初体験。
今となっては今更…だけど、めっちゃ可愛かった。

◎数々のイベント
2009/04/12メジャーデビュー記念イベント
その真野ちゃんの現場筆おろしのおかげもあり?Buono!ハイブリット☆パンチを存分に味わえて
さあこっからどうする?他にも言ってみたら?という段階。
当然Buono!の3人の母体であるベリキュが第一になっていくわけだけど、それ並みに真野ちゃんのイベントには良く通ってた。
無事メジャーデビューを経て、CDイベントも積極的に行なっていましたね。はじめての経験、サマパ、この胸のときめきを、などなど。通ってCD買ってました。
しかしどんどん、自分がBuono!が聖域になる+℃に傾いていく+娘も通い始める+就活が近付くにつれて、次第に通わなくなってしまった…。

◎デビューコンサート
2009/06/07「プロローグ~乙女の祈り~」
緊張してガチガチ…声も震えてる
モベキみたいに後半に盛り上げ曲を固めてラッシュ構成を組んだけど
軸がラキオラだったりはじめての経験だったり…馬力不足
ファン層も、真野ちゃん本人よりはバックダンサーだった後・スマイレージのファンの方が熱心だったり…。ていうかゆうかりん推しの多さ。
とてもハロヲタ意外には見せられるようなクオリティじゃないけど、とにかく一生懸命。
後半のラッシュもパワー不足ではあったけど、この全力パンチで凄い清々しさを感じた。
思いのほか、満足して帰った思い出。

◎1stツアー
2009/09/13「Introduction~はじめての経験~」
当時は随分辛辣なこと書いてるねw今じゃ考えられないね。恥ずかしいわ
やっぱりラッキーオーラとはじめての経験を軸に
スマイレージや研修生の力を借りながらの構成。
デビューからかなり成長してるのがわかったし、全力パンチは相変わらずだし
12曲程度のミニコンサートだったけど、満足して帰った印象

◎2ndツアー
2011/5/28 ~ハタチの乙女 801DAYS~
日記見てると、打ってかわって優しい文章になってるw2年空きましたからかね。。
こう見ると、物凄い成長してるなぁ…セトリ満足に組めなかった手札が
しっかりとライブらしい構成組めるまで、そして本人も成長したもんね。
特に1曲目のOSOZAKI娘。の開幕は本当に素晴らしかった。
ハロの中でもトップクラスに入るであろう、素晴らしいオープニング。
しかし、100点満点をあげてたとはw

◎3rdツアー
~DATE~
もうこの頃は今の真野ちゃんらしいコンサートでしたね。
優しい雰囲気が会場を包み込むようで。
当時のレポ見ても、安心して見ているのが伝わってきますね。
セトリや内容を思い出しても、今も昔も全力パンチ。
歌が上手いってなんだろう、パフォーマンスってなんだろう?
そんな気にさせる、不思議なコンサートでした。

◎転換、そして
こう見ると、結局最初から最後までちゃんと現場行ってたなぁ…
しかし、Loveパ以降はCDイベントはめっきり行かなくなっちゃったんだね。ツアーは行ってるけど
飽きたというよりは、まあ就職して忙しくなったっていうのが大きいけど、優先順位下がってしまったんだろう。次第に新曲もあまりチェックしなくなったりしてたんだけど…
元気者で行こう!あたりからまたちゃんとチャックはするように。ていうか、ドラマSPECのおかげかも。
そして個人的に大きかったのはMy Days for You。完全に真野ちゃん専用曲で、歌詞もメロディもとても良い。久々におぉお!と思えた1曲だった。作曲が卓偉だし。
そこからは専用曲3部作。ここあたりからは、もう安心して見るようになってたなぁ。自分の世界を築いていた。
そして卒業発表…と。

こう振り返って思うことは
自分なんかはBuono!に完全編重で、次いで℃…と活動していて、そんな言えた身ではないんだけど
いつも優しい雰囲気に溢れている現場で、いつも満足して帰っていた。
きっとそれは他の人たちもほとんど同じだったと思う
本当に、みんなに愛されてたんだなぁ…って印象。
どうして?真野ちゃんの何がこの雰囲気を作り出した?と考えるとなかなか難しいんですが。。
間違いなく、歴代のエースも持ちえなかったオリジナルの才能なんだと思います。

この5年間、自分のソート順位で見ると平均4位。上のピンク2人はもはや聖域なので、実質2位ですね。こんな上位の人が抜けるのは初めてです。
現場なり握手なり、この人から始まったことが多く、自分にとっては特別な絶対に忘れられない存在です。今でもあの時の情景はくっきりと覚えている。
きっと夏ハロの時期になった時、いなくなったことを実感するんだろうな…。


お疲れ様、本当にありがとう!
そしてこれからもどうぞよろしく!

2013-02-23

聲の形

マガジン掲載の読み切り話題作。ネタバレ注意



ステマだろうが、流行りものには目がないので読んでみた。
テーマは、何でテーマにしたの?と思う重いテーマ。
ましてや今、体罰やらいじめに敏感になっている時期なのに。

テーマは…「聴覚障害者を例にとった、いじめ」

ノートを使ってコミュニケーションを取ろうとする近く障害者、西宮硝子ちゃん。
「不気味」「足を引っ張る」「歩幅を合わせることに疲れた」
という理由から、次第に西宮さんはいじめに合っていく。
率先していじめるのは、主人公?の石田ショーヤくん。
次第にいじめはエスカレート。西宮さんの補聴器を奪い、投げ捨てるなど…
金銭的な面でも、問題になっていくにつれ、クラスはだんだんと大きな問題になることを恐れ、罪をすべて石田になすりつける。
当然石田くんは反論。「お前らもだろ!」と。
そして、石田くんは西宮さん以上にいじめられ始めてしまう…。教師からも見捨てられる石田君に、毎日手助けしていたのは
いじめていたはずの、西宮さんだった。毎朝、石田くんの机に書かれる「死ね」などの誹謗中傷を、西宮さんが消していた。
「何でだ!」困惑する石田くんは、西宮さんと大喧嘩に。結局、西宮さんはすぐに転校することに…

5年後、中学生。西宮さんと石田君は再開。石田君は、手話を覚えていた。いじめた頃に奪って捨てた大切なノートを返した。
「友達になれるか…?」
と手話で伝えて、2人の青春は始まっていく。
「あのころの西宮と、話せた気がした」と、小学校の頃の西宮さんの笑顔が最後のコマ



最後、無理やりハッピーエンドにまとめた感はあって
話のテーマも上手く使いきれているのか分からないけど
この作者の大今さん、見せ方がとても上手い!
最初は楽しそうにする西宮さん。どんどん絶望して笑わなく西宮さん。
クラスメイトや担任教師の裏切り。徐々に西宮さんの気持ちを理解、そしてわからなくなる石田くんの心境
夢中になって読んだ60Pでした。

自分も聴力障害を抱えているんだけど
自分が小学生の頃だったら、西宮さんのいじめを救うことができたのか。
正直自信が無い。
整理がつかない、もやもやが残る。
ただ言えるのは、面白い漫画だった。
漫画で、良かった…ともいえる。

2013-02-21

2/16-17 Berryz工房コンサートツアー2013春 ~Berryzマンション入居者募集中!~

@ハーモニーホール座間

1年ぶりの単独ベリコン。
この目まぐるしく変わり続ける業界の中で、1年ツアーをやらないのは結構致命的になりかねないと思うんだけど
この1年、何をしていたのか
それをこのツアーで示してくれるんじゃないかと

初日は夜、日曜は昼夜参戦。
1階V通路、1階V、2階D通路
いずれも知り合いと連番
正装の桃Tに着替えて開演!

【セットリスト】
VTR
01. アジアン セレブレイション
02. あなたなしでは生きてゆけない
MC
03. すっちゃかめっちゃか~
04. Mythology~愛のアルバム~
05. シャイニングパワー
06. Loving you Too much
07. なんだかんだで良い感じ!/徳永・須藤
MC
08.-11. ソロ(以下から4曲ランダム?)
愛のスキスキ指数上昇中/嗣永 スプリンター!/清水
さぼり/須藤 あいたいけど・・・/徳永 真っ白いあの雲/夏焼
安心感/熊井 Shy boy/菅谷
寸劇MC
12. 思い出
13. WANT!
13. 男前/嗣永・熊井
14. 恋 いとしき季節/清水・夏焼・菅谷
15. 大人にはなりたくない 早く大人になりたい
16. まっすぐな私
MC熊井
17. 素肌ピチピチ/ハロプロ研修生
18. メドレー ジリリキテル→胸さわぎスカーレット→流星ボーイ→恋の呪縛→愛の弾丸→ヒロインになろうか!→ライバル→本気ボンバー!
19. かっちょ良い歌
20. 一丁目ロック!
21. 友情 純情 oh 青春
EC
22. 雄叫びボーイ WAO!
MC
23. cha cha SING


・OP→アジアンセレブレイション
Berryzマンションの屋上でパーティーが開かれているんだとか
DJ MIYABIがステージに立つらしい…っていう映像。
そしてアジアンへ!この繋ぎはかなり良かった。
不安を払拭する、良い演出での開幕だと思います。

・すっちゃか
デンプシーロォーール!!!
つまり、楽しいんです。

・シャイパ
これを盛り上げ曲にベリヲタにはマジで感服。
マジで。

・Loving~
多幸感溢れる名曲。
ベリ仕様になってるのが素晴らしい。
何だかメロディもツボにはまる。

・スキスキ
当然嬉しいけど、最近やりすぎじゃないですかねももちさん。。
ってバスツアーと学園祭行ったから思うだけか。

・スプリンター!
個人的に凄い嬉しかったのはコレ。
アルバム一通り聞いて一番可愛くて聞きたかったのはコレ!
キャプのこねくり回す、癖のある歌い方が良い方向に行ってる
何気に名作だと思います。

・WANT!
思った以上に良かった。やっぱりソロコンは雰囲気違うな

・メドレー
圧巻。


先にまとめ

うーん。一推しがいるグループに来ちゃうと、本当に桃子しか見てないっていうね
日曜夜、ようやく2階で全体を見ることができた…

メドレーに近いほどの、人気曲のショートver.連発構成。マシンガンのよう
ベリ単体では今回みたいな、MC少なめで攻撃的な構成のライブを見ることはあまり無かった
今回はタイ公演を挟むってことで、一通り人気曲を入れるような構成にしたのかな。
それならそうだよねーって感じなんだけど、この2日で受けた印象はちょっと違ったんだよね。
いつもだったらところどころ力配分してるなぁーって部分がある印象だけど
やってる方もハードなセトリの中で、今回はみんなが全力で煽って動いてた。
久々の単独で凄く嬉しいというか、たまっていたうっぷんを出しているのか
それとも発奮するような心境の変化があったんですかね。
と思ってたら日曜昼が終わった後、℃が単独でパシフィコ横浜にて千秋楽公演を開くお知らせが。もしかしてこれも原因なんでしょうかね
ベリキュってもうウリや特徴は別物ですが、それでも双子ですからね
個人的にもあまり勢いやら集客やらで差が開いてほしくないし、なんかこう2組で切磋琢磨できてる関係なら胸熱です。

とりあえず、このツアーは今までの中で一番好印象かも!

2013-02-18

2/15 DOES Live at Zepp Diver City ~夢見た世界~

@Zepp Diver Tokyo City

さて、DOES(`・ω・´)
仕事が大変だったけど、間に合いました。
知り合いと合流して入場。

結構ガラガラ…ここ広いなぁ。
開演!

セットリスト

S.O.S.O
ジャック・ナイフ
ナイスデイ
戯れ男
アクロス・ザ・ライフ
デイ・サレンダー
神様と悪魔と僕
スーパー・カルマ
ダンスホール・ガール
僕たちの季節
世界の果て
ダンス・イン・ザ・ムーンライト
黒い太陽
ステンレス
インディゴ
遠くまで
サブタレニアン・ベイビー・ブルース
夢見る世界
レイジー・ベイビー
三月
今を生きる
Enc.1
Maybe Blue(ユニコーン)
ブラック・チェリー
明日は来るのか
Enc.2
コア
修羅
曇天
バクチ・ダンサー


いやー…安心感あるなぁ!
あえて、アンコールまでは代表曲の銀魂3曲はやらずに構成。
それでもこの盛り上がり、楽しさ、かっこよさ!
10年のキャリアは伊達じゃない!さすがでした。

スーパー・カルマや世界の果て、三月など自分が聞きたい曲も聞けて
それだけでも満足なんだけど
ユニコーンのカバー含む、新曲たちがかっこいい!
特にWアンコール明けのコアはねー……これはやばすぎる。
DOES得意の、スピード感と何よりパワーがある1曲で
聞いてる時から「これはやべぇ!」ってドキドキワクワクゾクゾクできた1曲でした。
マジでかっこいい。

10周年記念ということで、ここから「アルバム完全再現ツアー」を慣行。
すっごい楽しみ。


大黒柱不在の中2013年が始まって、色々不安だったけど
LiSAとDOESが先頭に立ってくれて…嬉しいですね
次も行きたいぞ!

2013-02-16

モベキマスソート(平均5位以内のあの方が抜ける前に)

ツアーが始まる前に
真野ちゃんが抜ける前に
残しておく

1位 嗣永桃子 90p
2位 鈴木愛理 87p
3位 岡井千聖 84p
4位 鞘師里保 81p
5位 真野恵里菜 78p
6位 中島早貴 75p
7位 矢島舞美 72p
8位 夏焼雅 69p
9位 田中れいな 66p
10位 萩原舞 63p
11位 道重さゆみ 60p
12位 福田花音 57p
13位 熊井友理奈 54p
14位 石田亜佑美 51p
15位 田村芽実 48p
16位 工藤遥 45p
17位 小田さくら 42p
18位 譜久村聖 39p
19位 和田彩花 36p
20位 清水佐紀 33p
21位 竹内朱莉 30p
22位 須藤茉麻 27p
23位 鈴木香音 24p
24位 生田衣梨奈 21p
25位 徳永千奈美 18p
26位 飯窪春菜 15p
27位 中西香菜 12p
28位 菅谷梨沙子 9p
29位 勝田里奈 6p
30位 佐藤優樹 3p
31位 光井愛佳 0p

2013-02-15

2/14 LiSA「LiFE is Special Always~皆デイMV撮ウェイしちぇばイインダヨーっ!!」

@川崎 CLUB CITTA LiSAの新曲「best day, best way」の収録に参加してきました>< 内容は掲載禁止なので書けませんが… MV撮影初めてだったんだけど、なかなか面白いね! 絶対にこの曲のこと、忘れないし良い印象を持ち続けるもんね。 恐らく2013年1位確定な気がします。あの3人が来ない限りは。 しかしLiSAがいて本当に良かったなぁ今年は。支え的な意味で 今後も楽しみ!しかし疲れたぞー…

2013-02-13

2/10 ゆず「YUZU ARENA TOUR 2012-2013 YUZU YOU ~みんなと、どこまでも~」

@横浜アリーナ

初のゆず!
実績は言うまでもなし。実力も言うまでもなし。
ある意味、aikoと同じく高いハードルで臨みました。

知り合いがチケット取っていただいて、場所はアリーナCスタンド。
正面で見やすかった!
いきなり流れるラジオ体操に戸惑いながら、開演!!

セットリスト
1.1
2.シシカバブー
3.みぞれ雪
4.しんしん
5.from
6.またあえる日まで
7.ワンダフルワールド
8.虹
9.HAMO
10.Hey和
11.ワンダフルワールド
12.四時五分
13.始発列車
14.陽はまた昇る
15.桜会
16.REASON
17.また明日
18.いちご
19.少年
20.栄光の架橋
21.with you
アンコール
22.翔
23.T.W.L
24.夏色


曲ごとの感想はそこそこに。

・ワンダフルワールド
ここあたりはアルバムをモチーフとしたメドレー。
最近の壮大な曲も良いけど、真ん中の銅像が示してたように
ちょっと思想的すぎる気もする。
まあ、栄光の架け橋以降は世間にメッセージを与えるような曲を求められちゃってる背景もあるんだろうけど
僕は桜木町のような、素朴で儚い曲が好きなんです。
それでもこの虹は凄い

・四時五分、始発列車
ここは後ろの特設ステージでやってくれた。
この2曲は嬉しかったぞww

・陽はまた昇る
矢沢永ちゃんかいwていうくらいタオル投げ。
A面の歩行者優先も好きなんだけど、あちらは人気無いみたいで。

・桜絵
寸劇→満開の桜が背景に映し出される
そして流れるのはこのイントロ…
最高の演出と、そして好きな曲。たまらない
Cメロが美しすぎる。凄い好き。

・REASON
圧巻だった。2人の歌声はもちろんのこと
ライトを使った豪華な演出。曲の魅力を120%引き出していた。
この曲を、ゆずの力を見くびっていた。15年経って気づくとはw

・いちご
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
実はこっそり、大好きな1曲。FURUSATOはここ最近の中だとすっげー好きでね。
おふざけながらも、凄く馴染みやすいロックテイスト
そして岩沢さんのCメロね!マジ良い。
曲中では悠仁の芸人魂炸裂!VTRも上手く使い、いちごな女の子にメロメロって感じ。
EXILEのダンスやったり。悠仁死去→蘇る→シューマイ(埼陽けんだっけ?)として帰ってきたり
おふざけいっぱいながら、曲も味わえて凄い楽しかったww

・栄光の架け橋
名曲。あの名実況も印象深い。

・with you
凄すぎる。森を抜け、空を駆け抜けるバックの背景。
岩沢さんのファルセットとリンクしていて、すっごく良い演出だった!
この曲も再評価せねば。

・翔
実は、ここ最近のゆずの曲の中では一番好きな曲。
歌詞が凄いね、好きなんですよね。REASON追加だし、やらないと諦めてたんだけど
こっそり泣きそうになってたのは内緒

・TWL
これは関ジャニファンも困ったのは納得

・夏色
演出が上手い!待ちわびたように組むセトリも良い。
もう1回!っておねだりするシーンで謎の頭痛が

終わり。
なんでもっと早く来なかったんだろう。
絶賛の言葉しか出てこないね。

その要因は、やっぱりこの最高の演出。
書ききれないほど、曲に対する情熱を込めた演出。
そして2人の洗練されたステージ裁き、何より歌声。

本当に素晴らしいライブ!
歴代TOP5位には入る、最高のライブだった。

もう1度、ゆずを聞き直そう。
15年目の覚醒でした。

2013-02-11

2/9 モーニング娘。Morning Labo 4

@Zepp Tokyo

朝昼夜公演のうち朝と昼に行きました。

初めて見るラボ。
まあキューティーランドみたいにgdgdっとトークやって
最後にライブで温めて握手して終わりかな~って予想しながら参戦。

れいな欠席。相当重症の模様
大丈夫ですかね…

内容
2人で1分間トーク
Act1.和太鼓
Act2.殺陣
Help me!
握手会


・2人で1分間トーク
毎回ペアとテーマを変えて、1分間ちょうどで話を終えられるかってコーナー。
罰ゲームは青汁。
朝は「褒め殺し」昼は「日本のいいところ」

・和太鼓
田中(石濱先生)、譜久村、鞘師、石田、小田
「有終の美を飾れるか!田中!!」というVTR。なお
代役は、講師してくれた石濱先生自らが叩かれることに。かっこいいー。
4人も頑張ってました。
途中の演奏の合間に…
朝:黒ひげ危機一髪 昼:ヘリウムガスを吸って早口言葉を笑わずに言う
みたいな企画も。ダメならほかのメンバーにチッとか言われる演出

・殺陣コント
道重、飯窪、生田、鈴木、佐藤、工藤
メタだったり、身内ネタだったりを交えた殺陣コント
「やぁあああぁぁ~…」と掛け声で切り付けるさゆはとても弱そうでした><
生田は動きにキレあってかっこいい。こんな身体能力、俺も欲しかった
途中で江戸にまつわる早押しクイズやってたり。

・Help me!
昼は2階最前だったこともあってとても見やすかった。
れいな不在なので鞘師鞘師鞘師っていうパート割に。
本人も喉がかすれてたり。心配です

・握手
なんと、朝も昼も低速。
たぶん工藤とは初握手でしたが 目の前で見るととても可愛かった。
小田さくはビクビクしてた
りほりほぉぉぉおおおおおおおおおおおお><
うわあああああああああああああああああああ><
りほりほおおおおおおおおおおおおおおおおお><


以上。
…想像以上に緩いイベントでございました(´・∀・`)

2013-02-07

2/7 ℃-ute 「この街」発売記念イベント

@ヴィーナスフォート

セトリ
この街
MC
ハエ男
一人占めしたかっただけなのに
まっさらブルージーンズ
MC
都会っ子純情


仕事終わって直行
CDは午前中に完売してしまったんだとか…。ベリWANT!の時は夕方買えたのに。生誕の影響もあってか、見くびってた

時間になってもなかなか入場できない。相当押すなぁーと思ったらいきなり始まった!
開場していないんじゃなくて、人が多すぎて入りきれないんだ…><
歌声しか聞こえない状態だけど、スタート。

・ひとり占め
やっぱかっこいい!ぜひ春ツアーではまたやってほしいね。

・都会っ子
ガチセトリかいw
というか、ここが都会っ子(神聖なるver.)はフル初披露。
おとなしく見ているのに、この曲聞くだけで手に汗握ってしまう

MCも特に生誕には触れず。

というわけでほとんど見れないイベントでした
生誕日を考慮しても、明らかに去年より客動員力が強くなってるし
見れないけれど、何か嬉しくなっちゃったっていうイベントでした

2013-02-03

2/2 ℃-uteコンサートツアー2012冬~神聖なるペンタグラム~千秋楽

@渋谷公会堂

℃千秋楽。最近チケット確保がマジで苦しい

ハロコン以降、かなりやる気が無くなってしまってて
昼も行くつもりはなかったのですが…結局、施しもいただき、参戦
転勤も控えている背景もあり、進退の結論出そうかなーとも考えていた公演

昼はまさかの知り合いたちと縦連番w14列、後ろ通路。
夜は知り合いと2階22列連番。天空席

開演!

セットリスト
01. 会いたい 会いたい 会いたいな
02. 最高ミュージック (間奏ソロダンスでメンバー紹介)
03. キャンパスライフ~生まれて来てよかった~
MC
04. 「大好き」の意味を教えて!
MC
05. まっさらブルージーンズ(2012神聖なるVer.)
06. 即 抱きしめて(2012神聖なるVer.)
07. わっきゃない(Z)(2012神聖なるVer.)
08. この街
MC
09~13 日替わり
昼:江戸の手毬歌、乙女COCORO、褒められ伸び子のテーマ、ジュリエットジュリエット、大きな愛でもてなして
夜:愛してる愛してる、桃色スパークリング、江戸の手毬歌、ジュリエットジュリエット、LALALA幸せの歌
MC(ペンタグラムでペンタグラフのコーナー )
14. FOREVER LOVE(ステッキパフォーマンス)
15. 君は自転車 私は電車で帰宅(ピアノアレンジの冬ver.)
16. 都会っ子純情(2012神聖なるver.)
17. 青春! 無限パワー
18. 悲しきヘブン
MC
19. 世界一HAPPYな女の子
20. Kiss me 愛してる
21. いざ、進め! Steady go!
22. SHINES (BD:高木&小川フラッグ)
アンコール
23. JUMP(2012神聖なるVer.)
MC
24. Danceでバコーン!


曲の感想はおいといて、シーン切り取りで
「まもなく開演です」の時から盛り上がりすぎィ!

・キャンパスライフ
あの愛理のサビ!頭のもやを吹き飛ばしてくれた感じ。
大阪ではだいぶ調子悪そうだったけど、新年あけて回復したのかな
安定してその音を発するんじゃなくて、何だか最近の愛理の歌は凄い浸透してくる感じ。
上手く言葉にできないけど。

・大好きの意味を教えて
マイマイ…。夜公演はまだ良かったけど、昼はもう…
声変わりで発声方法がわからなくなっているよう。
春ツアーまでには何とか…

・インディーズ3曲
ちっとも忘れてなかったフリ。そりゃそうだ
しかし最高の見せ場である、まっさらの舞美ソロ。
最近ここあんまり歌えてないのがとても気になる

・愛してる愛してる
どっか見た
「なっきぃは愛してる愛してると君の戦法を歌っている時は愛理も超えてる」
その通りだと思いますw職人芸ですね。可愛い。

・ペンタグラム
つんくが考えた言いつつ、まあスタッフが考えたであろうコーナー。
前振れもなく、いきなりの武道館押し。
まあ、壮大なフリなんだけど…。フリで終わりそうで怖い。
ただ…本気なら、2012年の東京女子流も「Load to 武道館」を掲げてモチベ高そうだったし
凄く良いと思うし、この1年それで貫くなら自分も嬉しい
でもやるなら、平日でも絶対行きます。地方に飛ばされても。

・都会っ子
クリスマスは終わったぞ!ってことで、ロンクリと変わって入った。
神聖なるver.は初披露!大きな変更点は、最初の舞美のセリフがマイマイに変更されたこと。
昼はイントロの瞬間、会場がおおお?!っていう声に包まれて面白かったなw
地味に千聖のソロパートが追加されてたり。愛理からパートを分けてもらう形に。
ちょこちょこと、でも顕著にプッシュされてるなぁ
まあほとんどアレンジは変わってないけど、神聖なるver.でも流石のチート曲!
イントロのその瞬間で、会場の空気を一閃してしまうのは凄い
ロンクリは自分としては大好きな曲で、外れたのはちょい残念だけど
この曲に変わるなら何の文句もありません><
そういえばこれは1年ぶりくらいか?本当久々。やっぱり楽しいわ!

・悲しきヘブン
都会っ子であったまってる時にコレが来るとさらにヤバいw
千聖推しで、しかしBuono!にて愛理をそれ以上に見て…好きになっている身としては
強い思い入れも入ってしまって、たまらない1曲。
歌っている最中でも、愛理が調子よければ千聖もよくなる。
千聖が調子よければ、愛理も良くなる。本当に
この曲の時は、きっと目が血走っていたんでしょう…
特に昼では縦連番で目が血走ってたでしょうw
Buono!クラスに頭のネジが吹っ飛ぶのはたぶんこの曲と、美少女心理くらい。

・世界一HAPPY
リリース当時は「3勝12敗みたいな曲」とか言ってごめんなさい。
すっかり10勝ピッチャーです。

・Kiss me 愛してる
もうヘロヘロなんですがw
煽り職人中島さんのセイッ!カモンッ!はやっぱり良いですわ><
気が付けば℃の中でもトップクラスに好きな曲になってた。
昼は隣の子もめっちゃハイになってたし 楽しかったな!
フリも声だしも絶妙。

・JUMP
昼:千聖、愛理
夜:千聖、舞美
が近くに降臨。昼は特に後ろ通路だったので…この2人が来てくれるとは><夜はほとんど見れなかった
通路降臨で、目の前で見れる…ってことは嬉しいけど
歌っている姿を目の前で見れるのが凄い嬉しい。特に千聖と愛理は歌に惹かれてる面も大きいし

・バコーン
やっぱり大阪以降、なっきーの煽りがレベルアップしてるわw
舞美も暴走気味だったけど、なっきーは特に…
そんな吹っ切れたなっきーが 最近自分の中で株上がりまくりです。元々10位に入ってたけどさ


MCでは…ツアー振り返り。
名古屋のオーロラホールで、前は埋まらなかったホールで、今回は埋まったことを喜んだ思い出とか。
やっぱり℃-uteはライブが一番だ、ライブをやりたい!って話だとか
汗まみれの笑顔で締めくくり
最後は陰アナでサンキューと言って終わり。


◎メンバーについて
舞美:本当可愛い><舞美を1.5列目に置けるようになったから 色々幅が広がりそう。
なっきー:個人的に今一番見てて面白いかもw楽しそう。ていうか髪を下すと可愛い
愛理:改めて言うことはもう無い。サイダーから始まり、このツアーで終えた2012年は愛理に圧倒されっぱなしだった
千聖:このツアー一番変化があったかも。歌の方で前方に出てくるとは…カナブンは本当に大好き。
マイマイ:喋れば1番面白いけど、やっぱり喉が不安です><


◎結局
さて、2013年入ってからすっかりやる気無くしてしまってる中での千秋楽でしたが…
自分でも、萎えてる原因というか根本がよくわかんなかった。
この1日で何かしらスッキリさせたいなーって思ってた。
そんで、まっさらのサビあたりで、何だか急に昔のことを思い出した。
初めて℃コンに入ったAB℃ツアー・松戸森のホールでの公演のこと
当時はまだBuono!にしか精通しておらず、ハイブリットパンチ後だったものの、まだビクビクしながら入って
まっさらとFLのパワーと楽しさが忘れられず、徐々に参戦を重ねていったんだっけ…
愛理と舞美を中心としたパフォーマンスも想像以上で、ホームは℃現場になることに。一推しは桃子なのにね。
その時の情景を急に思い出した。

即抱きしめて あたりで、次のツアー「キューティーJUMP」のことを思い出す。
キューティーJUMPはベストアルバムツアーということもあり、とても楽しく
8割ぐらい参戦して、最終日の大阪では財布は炎上したけど
今でもシーンが簡単に思い浮かんでくる、思い出深いシーンだった。
このハードなセトリをこなす6人も、なかなか他には真似できないだろうなぁ…とも思ったり。

わっきゃないで、あのモチベ最低期を思い出す。
再出発!と高いモチベで臨んだ、よみうりランドでの初の5人体制によるライブイベント
よしここから…と思った矢先、SHOCK!ショックでお葬式状態だったわけですが。
動画でも、明らかにかみ合っていない5人。当時については、本当にバラバラな状態だったみたいで
そんな流れの中出すアルバムが良いデキなはずもなく…
そんな流れの中行なう春ツアーも消化不良。
ステージでは見ごたえあるのに…見ててもどかしかった
春ツアーあたりでは「もう無理かも」とも思った

夏にDanceでバコーンがリリースされる
夏ハロで聞いたら久々に良い感じ…?な印象。
初日座間はチケット取ってたけど、2日目は行かないことにしてたほど、当時℃へのモチベは低かった。
しかし占イトでは…本人たちのスキルを120%出した、超攻撃的な構成!
何だか迷いも晴れたような感じで、すっげー楽しかった。俺の靭帯は切れた。
それ以降は行ける公演はほぼ全部行く日々が続く。

で、何が原因でここ最近萎えてたんだろう?
って思い返すと…きっかけは20thシングルがカバーであること。
引き金はハロコンでの露骨な冷遇であること。
事象はこれで間違いないんだけど…
別に娘。が嫌いなわけもなく、むしろあんだけ通うようになるほど今や好意的で
別にSHOCK!時のような、本人たちの歯車が噛み合わず見てて辛いわけもなく。
じゃあ何が気に入らなかったんだろう?
今ここが勝負ってのは目に見えてわかっている中で
当然、ミディアムなカバー曲よりはオリジナル曲を望んでいる訳で…

じゃあどうしてほしかったのか?
別に普通にやってくれれば良かった。
シングルを出して、ハロコンやるなら普通にやって。
後はもう1ツアー経て少し大きいステージでやれば、今よりもう1段階上にあがれんじゃね?と思っている…

と整理してみたところで、何となくわかった。
たぶん、自分は、今の℃-uteには他のどのユニットにも負けてほしくないのかも。
お外の方々にも、もちろん身内にも。LiSAと対バンした時みたいに、思いっきりねじ伏せられたら嫌悪もないんだろうけどw

萎えてたんじゃなくて、超マジヲタ化しすぎてたんじゃねーか!ってオチでした><
これ、今は他のユニットの現場も普通に楽しんでるから、まあまだ良いんだけど
もっと深化したらやばい思想じゃね?何かしらクールダウンさせていきたい…
大塚さんの時はどうやってクールダウンしたんだっけ。たぶんクソベストアルバム出されたからだと思うんだけど
そんな状態でも、さらに思いが上にあるBuono!って…
こんな感じに整理してみるとなんか怖そうだしやめておこう…ブラックホールに手を突っ込むような感じ。

で、やっぱりこのホーム感は辞められないんでしょうね。
色々もどかしいツアーだったけど
やっぱり℃はライブが一番だ!と強く再認識できたツアーでもありました。
春からは地理的事情から、参戦数減る見込みだけど コレは辞められない。
一応、スッキリできました




見返すとマジでキモい記事になってしまった!><マジヲタすぎんだろ!
見返した未来の自分への嫌がらせとして、そのまま投稿してやることにします。
もうひどいねこれ…

2013-02-03

2/1 やなぎなぎ「Zoetrope 発売記念イベント」

@タワレコ新宿

初のご対面となるやなぎなぎことnagiさんの発売記念イベント
supercell時代から歌声が大好きで、Buono!とかいう怪物に対しても
時には風穴を開けてくるくらいのポジションでした。
ソロとしてメジャーデビュー後も、その独特なやわらかい声でここまで4枚のシングルをリリース
2012年、3rdシングルのラテラリティを自分の2位にしたように
今、LiSAと並んで注目している御方です

Zoetrope
ラテラリティ
MC
星々の渡り鳥
replica


声質から、生歌を聴くのがちょっと怖かったですが
お?普通に歌えてる!!安心しました><
4年の悲願の1つが達成。お顔は、普通の女性の御方でした

4月にはコンサートも。転勤くらってもぜひ行きたいね。
プロフィール

あるせす

Author:あるせす
とりあえず気になったらコンサートに行ってみよう
という趣味

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる