fc2ブログ

2012-11-29

ハロプロ楽曲大賞2012

投票完了

◎楽曲部門

1位 曲名/歌手 : 初恋サイダー / Buono!
ポイント : 4.5
選考理由 : 聞きやすくてバンドサウンドもかっこいい。イントロと歌いだしで雰囲気を変えられる、本当に優秀な曲。Buono!ファンとしては起死回生の一曲でした。
2位 曲名/歌手 : DEEP MIND / Buono!
ポイント : 3
選考理由 : 暗い雰囲気だけど、Cメロの3人各々のソロパートが突き刺さるようで好き。そして生バンドでのイントロドラムが凄くかっこいい。ありがとう今村舞さん
3位 曲名/歌手 : 悲しきヘブン / ℃-ute
ポイント : 1.5
選考理由 : 愛理と千聖、正反対の2人が向かい合って歌うのがかっこいい。もちろん曲も
4位 曲名/歌手 : 黄昏交差点 / 真野恵里菜
ポイント : 0.5
選考理由 : 何だかツボをチクチク突いてくる、ちょっと懐かしい雰囲気の歌謡曲
5位 曲名/歌手 : Never gonna stop! / Buono!
ポイント : 0.5
選考理由 : 5..4..3..2..1..Get No.1!の締めがカッコイイ。


◎MV部門

1位 作品名/歌手 : Loving you Too much / Berryz工房
ポイント : 2.5
選考理由 : お祭り的な雰囲気がベリっぽくて合ってた。
2位 作品名/歌手 : ワクテカ Take a chance / モーニング娘
ポイント : 2
選考理由 : SFっぽくて面白かった。ツアー中にスクリーンで流されまくったのを見て洗脳されたってのもあるけど。
3位 作品名/歌手 : 初恋サイダー / Buono!
ポイント : 1.5
選考理由 : 画面を覗き込んでいくような演出が面白かった。


◎推しメン部門
1位 メンバー名 : 嗣永桃子
そりゃね。ももちも良いけど、やっぱり歌ってる桃子が一番かっこよくて可愛くて素敵で最高なのです。
今年はりほりほやられいなやら娘メンバーが凄い上がったけど、もう好きの次元が違う
唯一同じ次元なのが愛理だけど。



推しメン部門以外はそのままのコメントで投票しました。
結局はBuono!に偏りました。しょうがないね。
スマが無いのは寂しい
スポンサーサイト



2012-11-26

11/24 ℃-uteコンサートツアー2012冬~神聖なるペンタグラム~

@渋谷公会堂

さて半年ぶりの℃単独ツアー。
自分のモチベーションは恐らく過去最大で高かった。

最高のスタートダッシュと、挫折と、そして今の覚醒
5人になってからは、目に見えてメンバー間の溝が埋まれちゃって
覇気もなくなっちゃって…自分も折れそうだったけど
バコーン、占イトあたりで路線を固めて再び前進
また安定して、べストアルバムを出した今、過去の色んなエピソードを聞けて面白いです。

やっぱり感じてたけど、一時期愛理と千聖の仲は結構やばかったらしい。
個人的に、愛理は言うまでも無く大好きなメンバー。Buono!含めればそれは推すとかのレベルを超えている
でも℃では長らく千聖だった…その強い愛理に負けない!っていう姿勢が好きだった
途中、「さすがエース様は~」って態度を取るようになってから離れたけど、最近はまたライバル関係に戻ってくれたようで…
その中で出した、2人が並んで歌いあげる「悲しきヘブン」は本当に嬉しかった

間違いなく、今が円熟の時。そしてベストツアー。
最高のコンサートを見せてくれるはず。

ここ数年Buono!でしか味わえてなかった、抑えきれない興奮が心地よい
さあ、開演!

セットリスト
01. 会いたい 会いたい 会いたいな
02. 最高ミュージック (間奏ソロダンスでメンバー紹介)
03. キャンパスライフ~生まれて来てよかった~
MC
04. 「大好き」の意味を教えて!
MC
05. まっさらブルージーンズ(2012神聖なるVer.)
06. 即 抱きしめて(2012神聖なるVer.)
07. わっきゃない(Z)(2012神聖なるVer.)
MC
08. 昼:乙女COCORO/矢島舞美 (BD:高木&小川) 夜:江戸の手毬歌/鈴木
09. 昼:One's LIFE/鈴木愛理&岡井千聖 夜:LALALA幸せの歌(矢島・岡井)
10. 涙の色(2012神聖なるVer.)
11. 約束は特にしないわ
12. 大きな愛でもてなして(2012神聖なるVer.)/中島早貴&萩原舞
MC(ペンタグラムでペンタグラフのコーナー )
13. FOREVER LOVE(ステッキパフォーマンス)
14. 君は自転車 私は電車で帰宅(ピアノアレンジの冬ver.)
15. 会いたいロンリークリスマス
16. 青春! 無限パワー
17. 悲しきヘブン
MC
18. 世界一HAPPYな女の子
19. Kiss me 愛してる
20. いざ、進め! Steady go!
21. SHINES (BD:高木&小川フラッグ)
アンコール
22. JUMP(2012神聖なるVer.)
MC
23. Danceでバコーン!


セットは背後に大きいペンタグラム。これが5色に光るのはすぐに想像できた。
とりあえず雰囲気が昼夜ともにやばい!
絶対盛り上がるだろコレ

・会いたいな
うん…やっぱりこれかwハロコンと比べるとちょっと盛り上がる仕様になってた
と思ったけどこれはやっぱり見てるのが一番良いとは思う
しかしこの5人の動きも久々

・最高ミュージック
悲しきヘブンのせいでだいぶ影が薄い、可哀想な曲。
これも℃らしい元気系な曲だけど…フリもふつうでした。
前ツアーと同じくOPVは無く、間奏ダンスによるメンバー紹介。
これも人数的にも℃しかできない…と思う。

・キャンパスライフ
来るとは思わなかったー><
コールで会場が割れそう。ヲタもどんだけ溜まってたのかと
大サビの愛理の「生まれてきてありがとう」のところが凄い好き。
同時にナルシス率の高さも変わらないみたいで

次のMCはかなり短め。夜は千聖が変な雰囲気にして強引に進めたり…
まあ20秒ほどだけど自由なMCなのかね

・大好きの意味を~
ベストアルバム収録の新曲。会いたいなみたいな感じ。
間奏の魔方陣グルグルの魔法おばばみたいな笑い声の印象しか残らん。
好きにはなれそうにない曲

・MC
メンバー自己紹介。
千聖は4:30まで寝れなかったらしい。
修学旅行前の中学生か

・インディーズ4曲の神聖なるver.
原曲は偉大だった。そうとしか言えない…
一瞬でムードを変える百戦錬磨のチート曲、まっさらの勢いがこんなに殺されるなんて…
ただ、3曲ともフルでやってくれたのは単純に嬉しい。
特に即抱きのフリは2年ぶり?超やりたかったのよ。
そしてアレンジ変わっても大もては超名曲・・・というか自分が超大好き。
「泣きそうよ」のなっきーは全員声出しすぎやろw普段からもっと出してください
やっぱり大もてのフリはくっそ楽しい。自分は当然、千聖コピで4年間育ってきたので、後列メンのフリ
フリが娘のOKと被ることがあって、一瞬間違えたのは内緒…。大もてで間違えるほど娘コンに通い詰めてしまってたらしい。いかん…のか?

・乙女COCORO(舞美)
自分が入った時よく聞いてた。懐かしい…
てか舞美の歌がちょっとひどい。下手になってる…
舞台続きで練習不足だったんだろうか、と思いたいけど去年のベリキューアイランドからずっとこんな感じ。
エースは愛理で、歌は千聖、ダンスはなっきー、喋りはマイマイ、とどんどんみんな持ち味を磨いたけど
それでも大黒柱は舞美なんだし、おいおい…というよりは、ここ1年どっか体調悪いのかと心配になってくる。

・手毬歌(神聖なるver.)(愛理)
スピード感を身に着けた手毬歌。
原曲より楽しく聞けたけど、結局は手毬歌ですから…。

・One's LIFE(愛理・千聖)
ファッ!?なぜこの2人でこれをやる?w
てかこの曲のフリを覚えてた自分にびっくりした
やっぱり初参戦のAB℃ツアーでやった曲はかなり印象が強いんだろうね…

・LALALA(舞美・千聖)
相変わらずBメロまではすげー良い。サビ?知らん
おいしいなっきーパート、Bメロは舞美でした。

・涙の色 神聖なるver.
ツアー入りは℃ジャンプ以来3年ぶりでしょうか?
何か感無量…と言いたいけどやっぱりこのアレンジは好きじゃない。
でも℃の中だと人気曲だし、自分も好きな曲。
この曲からだんだん好きになり始めた記憶が

・約束は特にしないわ
4thアルバム推しかよwもう二度と聞かないと思ってた。
個人的にこのツアーで原点回帰したかったから、AB℃ツアーの曲が多いのは嬉しいけど
この曲があってもそこまで嬉しくないぞ…

・ペンタグラムでペンタグラフのコーナー
※つんくがメンバーのことをペンタグラフ使って評価 毎回2人ずつ発表される
モニターに☆型グラフで数値だけ見える

◎愛理
滑舌 1
おっさん度 4
かっぱ度 5
ダジャレ 1
ありふれた苗字度 5

◎千聖
早起き 1
勉強 1
落ち着き 1
貯金 1
ダイエット成功度 1

◎マイマイ
最年少度 5
色気増した度 5
楽屋でうるさい度 5
ビビり度 5
つんく呼び捨て度 5

長いし特に面白いわけでもないし…完全に休憩コーナー。
気が付けば6期MCみたいなの期待してた。冷静に考えて無理に決まってる

・マイダーリン
口パクで光るステッキを使用してのパフォーマンス。
正直、FLやるなら普通にやってほしかった
ステッキでペンタグラムを作るのは素直に感動した。
でもスピード感も無く、あまり見ごたえはあるようには思えず…

・君チャリ(冬ver.)
綺麗なピアノアレンジにて初披露
これはとてもいいアレンジだったと思う

・ロンクリ
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
そして繋いでこのロンクリ…
アイドル曲としては分からんけど、歌謡曲として凄く良いデキだと思う
Bメロが特にね。「全部いとおしくて…」のパートがすっごくいい
個人的なランキングでも年を跨いで10年5位、11年4位とかになってた気がする
本当に好きな曲。SHOCK→キャンパスライフ→バコーン→ロンクリと
2010年の流れは本当に綺麗だった。階段を駆け上がるよう。
てか、これがツアーに入るなら℃ランド2公演も申し込む必要無かったかもw

・∞パワー
ロンクリのカップリング。
なんでこれやったんだろう…当然盛り上がらない

なんだか、背筋がゾワっとする
「カッ カッ カッカッカッ」と音がする
ステージに2人が上にいる…
・悲しきヘブン
…1回目はじっくり聞きたかった
最初に「流れ…」と発声した瞬間は天を仰ぐ
そして、千聖のイントロが終わる
中央のペンタグラムを挟んで、左右のスクリーンで、モノクロで向かい合って歌う愛理と千聖の映像
この瞬間に頭のリミッターがピキンッと外れた感覚

AB℃から入ったけど当時から既に歌はちょっと出始めてた。それでも愛理舞美のようなパワーも無く…
愛理はBuono!で 言うまでも無く好きだし、間違いなく現場で一番見ているメンバー
そんな愛理に「負けたくない!」と意気込んでる姿を見て
いつか、この2人が並んで歌ってくれれば…と夢見てたけど
当時は「僕らの輝き」でパートを愛理に変えられたりと 本当に妄想でしかなかった
SHOCK!あたりから互いに溝もできて、対抗心も薄れてしまったようで もう素直に愛理応援で良いかな…と考えたりもした
占イト以降吹っ切れたのか、Kiss me愛してるあたりから徐々に安定感とパワーが出て…
そしてベリキューアイランドでは「体力はね、自信があるんです」というように、凄い喉のスタミナ。
と気が付けばパートもどんどん多くなった…

そして、待ちわびた2トップのこの1曲。
低音と高音で声を重ねていく構成、決して簡単じゃない曲
そして最後、顔を合わせてタイミングを調整しながら締める
その姿が、曲が、本当に自分の妄想の、描いた1曲です。もう感無量。こんなん泣くわ><
隣の知り合いには迷惑かけました。許してにゃん

・MC
後半戦。既に燃え尽きてるのにこっから得意の押して押して押しまくるラッシュスタート

・世界一
リリース当初は「3勝12敗みたいな選手」とか言って、盛り上がらないし……みたいな感じだったけど
この日は本当に凄かったw曲って化けるもんですね。すみませんでした。
この曲の時期は愛理推しになろうとしてたから愛理フリをやってしまう

・Kiss me 愛してる
もうこのときは頭のリミット外れてるので色々とやばかったw
サビの煽りであんなに声出したの初めてだ
フリも楽しくクッソ盛り上がるという あんま目立たないけどすっごい優秀で好きな曲
11年11位だっけ?つーか近年ハロ強すぎんねん…
この曲は本当飽きない。個人的にはバコーン以上に好きなんですがね。

・ステデコ
もー疲れてぐったりしてたんですが、相変わらずの追い討ちっぷりでw
これはイベントといい、だいぶ依存しちゃってる感じはあるけど…
まあ盛り上がりますよね

・SHINES
なんか懐かしいなw
ていうか本当に4th押しだね今回は。。Big dreamさんは結構ですが。
後ろで℃-uteの旗を振っているディズニーさんと小川れなも良い味出してました。
今更変わるような曲でもなく、さすがの盛り上がりで終わり。

・JUMP
なんと客席にメンバーが登場!そして周辺をまわって歌うサプライズ
ずいぶんとヲタを信用してくれてますね。1回なんかあると提案者のクビ飛びそうだし、この信頼には応えたいですね
もう、やりすぎ感は否めないJUMPを少しでも新鮮味出そうとする試みは好きです。
まあやりすぎ言っても普通に盛り上がるんだけどね。歌えて跳べて盛り上がる、優秀な曲

MC
久々のツアー。
特にナカジは「本当ライブっていいなぁ…」と。
ベストアルバム特典DVD見てると、なっきーは結構マジで途中辞めるつもりだったみたいだね。
全然写れず歌えず、自分必要なくね?って感じで。
他のメンバーもちょろちょろあったみたいだけど
本当留まってくれてありがとう

・バコーン
もーーへろへろな時にラストこれかw
言うまでもなく、この雰囲気でコレをやればヤバイくらい盛り上がる



半年ぶりのツアーも開幕、そして関東千秋楽。
やっぱり5人見ると落ち着くなぁ…。娘コンに相当通いましたが、やっぱりここがホームなんでしょうね。
Buono!はホームとかそういうレベルじゃないので置いといて。

円熟の時期を迎えて、さすがのパフォーマンスとスタミナとパワーでめっちゃ楽しかった
特に心配はいらない、純粋に期待が強く なおかつ長年見たメンバーも「大丈夫」と見てて安心できる
絶対に一定以上の満足感を与えてくれるだろうなって感じ
娘。プラチナ期のヲタってこんな感じだったのかな。何だか、昔の娘コンと若干雰囲気似てた気がする。

ただ、このツアーはもっとできた…とも思った
途中、謎の4th押しだったり長すぎる緩いトークだったり
正直悲ブン前は「大阪いかなくていいかな」とか思ってしまった
短いツアーなんだし、もっと攻撃的な内容で組んでくるかと思った。
ずっと娘。コン入ってたし、必然的に比べちゃうことになるけど
もっとパフォーマンスというかスピード感とパワーで圧倒してくれるかなーと思ったけどそうでもなかった
まあ、自分がハードルあげすぎなんでしょうね


名古屋も大阪も行きます。1年の終わりを℃ツアーで締められるのは嬉しい

2012-11-24

2012年楽曲大賞

今年ももうひと月で終わりですね…早かった。
そろそろ年末に向けて整理しないといけませんね
いつもの脳内ランキングはやってるから良いとして
ハロ楽曲大賞決めないとね

正直今年は不作気味……自分がヲタ初めて以降、一番不作だった実感
各グループ5曲代表曲を選出してから
そこから今年の選抜5曲を考えよう。

◎娘。
リリース数はモベキマスの中で最多。活動量も最多
しかしカラフル13は悪くないけどFantasy11、12スマートほど惹かれなかったな…
ただ娘に対する個人的なモチベーションが相当高かったので
どの曲も結構良い思い入れが強い

・What's Up? 愛はどうなのよ~
恐らくカラフル13の目玉曲
ポップでキャッチーとカラフル13の中で一番お気に入りです。

・The 摩天楼ショー
本当に地平本願って感じ。
フリもかっこよかったし、曲としても123よりお気に入りでした。

・アイサレタイノニ・・・
抑えきれないりほりほ補正(´・ω・`)
まあある意味個人的な今年の象徴ということで…

・笑ってYOU!
まあ聞きやすいしまとまってたので入れました

・ワクテカ Take a chance
何か色々ゴチャゴチャしている印象だったけど
聞いていると良く思えるというか、なかなか飽きなかった。
ちなみにこのCDは11枚購入することに…
イベントって恐ろしいね


◎Berryz工房
不作…ではなかったけど、一番痛いのは秋ツアーが無かったこと。
やっぱり現場で生で聞いて評価を改めることは非常に多いからね
それでも、曲1つ1つをピックアップした時の瞬発力みたいなのは随一だと思う
曲が他のグループと違った独自色があって、曲の層も厚いし
ハロコンとかではいつもベリが際立って良く見える

・Loving you too much
うん…これは凄く良かった。
タイの大ヒットソングらしいけど、やっぱり他国であろうと売れる曲には魅力あるよね
それを上手くベリに昇華しているのが凄い。今年のベリは!?と聞かれれば迷わずこの曲

・BE 元気<成せば為るっ!>
コミックソングかと思ったら
間奏とか結構ツボを突いてきてハマってしまったw

・Mythology
曲としては凄く良かったな
とてもまとまってるんですが…
ハマることはなかったかも。でも良い曲。

・世の中薔薇色
ベリが今年出した曲で1番の盛り上げ曲
ベリらしく多幸感あふれてて、何か安心しますね

・Because happiness
めっちゃお気に入りの曲だった。可愛く、ファンタジーな雰囲気が良い
後に超HAPPY SONGが出たので、そちらに回そうかなと思います。


◎℃-ute
はっきり言って不作年だったと思う
悲しきヘブンは確実に総合5曲の中にも残るけど、コレが無かったら…と思うと恐ろしい
7thアルバムは悪くなかったけど、ソロ曲と既存曲ばかりで
全体の新曲自体が少なかったな…。5曲挙げるのもちょい苦労した。
でも「愛はいつもいつも」など、現場で聞いてググっと評価が上がる曲が多い
本人たちの高いパフォーマンス力が成せる技なのでしょう

・悲しきヘブン
愛理、千聖を2トップに添えた、注目度も高い1曲。
ちょっと哀愁漂うけど、サビに近づくにつれて声を重ねていく熱い構成
℃現場入ってからずっと待ちわびてた理想の1曲
間違いなく総合5位にも入ります。

・ひとり占めしたかっただけなのに
CDで聞くよりは、歌・ダンスの両方を現場で見て
評価が急上昇。かっこいい。特に横須賀千秋楽の火柱演出もあって凄く良かった

・愛はいつもいつも
同じく現場で見て聞いて上がってきた1曲
ひとり占め~と同じタイプの曲なので あっちの方を優先かな

・行け!元気君
これも現場映えしまくった曲。
意外?にサビのドラムなりベースなり、そこらへんが好みで
どんどん好きになっちゃってました。

・幸せの途中
後に超HAPPY SONGに。


◎真野恵里菜
真野ちゃんラストイヤー。
今年は間違いないなく豊作!流石の安定感
モベキマス1番のアベレージだったと思います。
卒業しても歌は続けて欲しいと切に願います。

・黄昏交差点
豊作続きの中でも、この曲は凄い気に入ってます
優しいメロディとちょっとメランコリーな雰囲気
決して上手くないけど必死に届けようと歌う真野ちゃん
独特な雰囲気を出してて、何ともいとおしい1曲です

・SONG FOR THE DATE
最初はパッとしなかったけど
聞けば聞くほど良さが出てくる前向きな1曲。
特に本人も、こっちでも見ててわかるほど気合が入るCメロ。
本番の楽曲大賞でも、ぜひ上位に入って欲しい。

・ドキドキベイビー
これは曲よりもフリのインパクトが物凄かったww
真野ちゃんしか許されないぞこのフリ!

・天気予報があたったら
ご本人もお気に入り、という1曲。
全部に共通しているんだけど、優しい雰囲気を持った1曲

・Glory days
まあイントロのギターの印象が強いのでw
やっぱりつんくじゃないからか、モベキマスの中でも楽曲の雰囲気が違うよね
たまにツアーに入ると新鮮に感じる

◎スマイレージ
ベストアルバムのリリースだったため、新曲数は最も少なかったスマ
今年は本当に本当に試練の1年だったでしょうね。
楽曲もコミカルな曲なのか、最近はちょっと大人っぽい曲だったりとか
あまり得意ゾーンも定まってないし、アベレージは自然とグループ中最下位になってしまってます
正直言うと、自分自身もゆうかりん脱退で折れて 今年は目を逸らしてました。ごめんなさい。
一昨年はええねんでを総合5位に入れたり、昨年に至ってはショートカットを1位にしたり…期待を寄せてたのですが。。。
ただモベキマスの末っ子、また波に乗って欲しいと思います。

・黄色い自転車とサンドウィッチ
スマはこういうストレートでポップで可愛い1曲歌うと
一番しっくりきますね…モベキマスの中で1番若さが滲みでているからかな

・寒いね。
何だか昔のエイベックスっぽい香りがする…
でも通して聴くとZONEの「Believe In Love」っぽかったり
今までにない雰囲気でおっ!となりました。

・好きよ、純情反抗期
曲自体は凄く良いです。順に「好きよ」と続けるAメロがとってもツボ。
3年後くらいに、成長したらまた聞いてみたい。

・プリーズミニスカポストウーマン
本来ならばスマ1位にしたいけど、1年中ゆうかりんの呪縛にとらわれてるのか?
っていう抵抗あったからちょっと落とした。
時代劇みたいなキラキラしたアレンジでとても面白かったです。

・君は自転車 私は電車で帰宅
元々は℃のシングル曲。
スマが歌った方が、何か歌詞的にも良い味出てたかもしれない。


◎Buono!
今年は豊作!とかそういう次元の方々では無いのですが…
と言っても、今年は久々に会心の1年だったと思ってます
雑草、夏ダカラと去年がちょっと劣った+旧作家陣の名前を見なくなり、心配になってた時期に
まさに起死回生の一発と言えるシングルをリリース。アルバムも上々の出来
アルバム曲は現場で聞くとさらに映えたり…やっぱり、自分の中でこの7人は地力が違います。

・初恋サイダー
総合1位に送り込みます。
愛理の歌い出しから会場の空気を一閃できる、久々の強烈に熱いナンバー。
曲としても優等生と言える、ポップ・キャッチー・かつ乗りやすい。
誰が歌っても人気曲になってたと思いますが、この7人がやってくれれば+αでさらに強力になってます
個人的なモチベーションも一気に回復、より一強と化してしまった要因となった1曲。

・DEEP MIND
総合2位に送り込みます。
昨年から既に発表されてたけど、その時からもう高い位置に…
イントロの走るドラム、そして何と言っても突き刺さるようなCメロ。
ちょっとサイダーとこの曲は別次元の存在です。

・Never gonna stop!
CDではオールユニゾンだったものの、コンサートではパート割してましたね
5..4..3..2..1 Get No.1!のサビの締めがかっこよすぎる!
最後に激しくなるバンド構成も好き。

・GO!GO!ゴーダ
ピザーラ。ネタ曲…なんだろうけど、あまりにもったいないクオリティ!
特にBメロ→サビの流れが美しすぎてやばい。ここが好きすぎて、ノミネートさせてもらいました。
さすがAKIRASTARさんです。

・夏の星空
CDでは特筆すべき点はそんなにない曲だけど
コンサートでのあの星空の演出でプラス。
そして…大阪公演での、鳥肌が立つほど綺麗に歌った愛理のラスト。絶好調…と思いきや、また上手くなったんだろうね。
確かな力を持つBuono!3人の力で良曲に変えてくれました。絶対にノミネートさせたかった1曲。

◎その他
・君はダーリン 私はマドンナ / 吉川友
馴染みやすかった、純粋に良い曲。
良曲続きのきっかなので、1曲は候補を出したかった。

・超HAPPY SONG / Berryz工房×℃-ute
Because happinessと幸せの途中を併せた、話題になった1曲。
ビコハピベースで、何だかおとぎ話のような雰囲気に進化してた印象。
これも上位に入れたいな。



投票を終えたら結果をまた書きます。
去年はアレだったけど、今年はやっぱりBuono!一強で。

2012-11-22

11/21 Berryz工房×℃-ute 超HAPPYコラボ2012~スッペシャルでバコーン!

@Zepp Diver City Tokyo
ベ:須藤、夏焼、熊井
℃:鈴木、岡井、萩原

行きやすいし行ってきた

ベリキューツアーが無い!ってことで申し込んだんだよね。
本当にベリ無いしさ

そんなわけで、2012年最後のベリ。
桃子はいないけど、とりあえずサブリーダー様をしっかり見て年を越さないと…ってことで
すぐ土曜日にツアーを控える℃よりも 雅を中心に見つつ、まったりすることに。
金髪ショートヘアだった。髪型によってここまで可愛さが変動する人って珍しい…のか?
ショートヘア、特にボブみやびはめっちゃくちゃ可愛いと思う

平日だからかぜんっぜん埋まらん。後ろブロック閉鎖しとるし
番号900番くらいだったけど、2ブロック目の柵に寄りかかりながら
の~んびり見れました。

セトリ
※熊井友理奈手紙朗読
01.超HAPPY SONG
02.ダーリン I LOVE YOU
MC1.10年間のVTR(キッズオーディション~Berryz工房デビューまで)
03.あなたなしでは生きていけない(須藤夏焼熊井)
04.まっさらブルージーンズ(鈴木岡井萩原)
MC2.VTR後編(℃-ute結成~20120630℃-ute横須賀まで)
※萩原舞手紙朗読
05.青春劇場
06.青春ソング
07.ヒロインになろうか
EC1
08.スッペシャルジェネレーション
09.Danceでバコーン
EC2
10.がんばっちゃえ


色々狼から抜粋してます。

最初の熊井ちゃんの手紙朗読。
・普通の生活は犠牲にしたが貴重な経験ができた
・海外の仕事で行く度に現地の人からOH!Tall!と言われる
→昔は高身長がコンプレックスだったが今は個性なんだなと思ってる
・身長を活かした仕事をしたい
上だけ見るとネタのようだけど
SSA公演を振り返ったり、途中から涙目になったり
こういうの弱いので、ちょっと感動したり。
川*^∇^)||<卒業みたいでした。違いますけど。
まあ本人も深く考えず書いたようですがw

VTRは昔のメンバー見て、本人たちがコメントしてる感じ。
ベリ組は。。。
天使梨沙子が出てきて静まる会場(´・ω・`)
てか幼少時のまあさ凄まじく可愛いな…美人方面に成長したけど
真面目なコメントしている桃子でメンバーも会場も笑う。当時はももちではありませんでした。
そしてヤンキー座りしてたり、いちいちカットがネタになる熊井ちゃんw
℃組は。。。
めぐ、栞菜、梅さんも編集せず登場。
マイマイの相手しているめぐ、デビュー時に顔を出す栞菜、なんか泣いてる梅さん。
思えば梅さん卒業はすっごい転機だったみたいね…。Top yell面白すぎ。
そしてVTRのつなぎからのあななし、まっさらはとても良かった
曲の良さを100%出す演出

マイマイ朗読。
・合格、デビュー、初ツアー、最優秀新人…今まで嬉しかったこと
・選抜漏れ、メンバーの加入・脱退の繰り返し…今まで苦しかったこと
・1人1人、メンバーへのメッセージ
・「こんな私を応援してくれてありがとう」と感謝
まさかマイマイに泣かされそうになるとは思わなかった
こういうのにはかな~り弱いんです
特にTop yellでも似た企画やってて、一時期「綺麗ごとばかり言いやがって」と、マイマイは舞美を避けてたんだね。
それでもと正しさを曲げない舞美と、またさらに溝ができたりで
「舞が素直じゃなかった」と、この場所でも舞美に謝罪してました。本人いないけど

歌は…青春ソングのフル!超レア。
桃子パートは完全に千聖なんだねー。面白かった
まあのんびり見てました

セトリだけでは伝えきれない
想いもよらぬ、良いイベントでしたね
良いイベントなんだけど、だからホールでゆっくり見たかった。
スタンディングで聞く・見るベースのイベントは誰得なんでしょうか


そして2012年のベリは見納め。
秋ツアー無しなので印象が薄くなっちゃってる点は否めないけど
今年も相変わらず「ベリいけるやん!」→「やっぱベリって異空間だわ」→「ベリいけるやん!」→ry
と、自分の中で評価が乱高下してました。
もう1位は揺るがないであろう桃子と、同じくBuono!雅がいるのに
何でこう…自分の中で安定してくれないのかw
自分はベリヲタになれたらとっても楽ちんなんでしょうが、もう4年近く変な状態が続いてますw
来年というか、恐らくずっとそんなんだと思います。
熟考せず、気楽な気持ちでこのグループは楽しみたい
今年もお疲れ様でした。

2012-11-21

11/17 モーニング娘。「コンサートツアー2012秋~カラフルキャラクター~」

@中野サンプラザ

前日飲みすぎて気持ち悪い中で参戦
席はいつものあたり…昼はすぐそばに亀と千聖がいたらしい。
うーん気づかなかった。

昼、何だか多いカメラの量に若干不安に
最近はれいなorりほりほTだけど今日は昼にれいなT、夜にりほりほで
2TOP推しなんて傍から見ると「なんだコイツ!?」って感じでしょう
℃でも舞美愛理の両エースヲタがいたら「あっ…(察し)」となる気がするw
自分も前はそんなに前列メンに偏ることなかったのにね。
今はれいなorりほりほ、桃子、愛理、真野ちゃん、スマ未定(前ゆうかりん)だったもんね。
これはひどい。

今年個人的に凄い好きになれた娘。年内最後の参戦
いざ開演!

【セットリスト】
01.One・Two・Three
02.The 摩天楼ショー
 ※MC1
03.What's Up? 愛はどうなのよ~
 ※VTR
04.笑って!YOU/9期・10期
05.私の時代!/モーニング娘。ロッキーズ(BD:9期・10期)
 ※MC2 (小田挨拶・れいなバンド発表・れいな卒業発表)
06.地球が泣いている
07.ブラボー!
 ※MC3 (鞘師・鈴木)
08.青春ど真ん中/モーニング娘。天気組
09.アイサレタイノニ・・・/モーニング娘。Q期
10.涙一滴(なみだひとしずく)/田中れいな
11.ラララのピピピ/道重さゆみ(BD:金子・室田)
12.彼と一緒にお店がしたい
 ※MC4 田中れいなに挑戦(田中・譜久村・石田・佐藤)
13.昼:信念だけは貫き通せ!/道重・生田・鞘師・鈴木・飯窪 夜:抱いてよ!PLEASE GO ON/田中
14.【メドレー】雨の降らない星では愛せないだろう? ~ 「気まぐれプリンセス」と「Fantasyが始まる」のミックス
        ~ 「SEXY BOY~そよ風に寄り添って~」と「I'm Lucky girl」のミックス ~ OK YEAH!
15.リゾナント ブルー
16.恋愛ハンター
17.ドッカ~ン カプリッチオ
 ※MC5
18.ゼロから始まる青春
-ENCORE
19.ワクテカ Take a chance
 ※MC6 (小田含む)
20.Be Alive


最後だししっかり書いていこう。
れいな卒業発表は後で

・123
最初から楽しかった分、曲の盛り上がり成長も想像の範囲内だったけど
やっぱり転機の1曲だろうし、曲自体に他にはない力を感じます。

・摩天楼ショー
フリも楽しく優秀な曲。
メンバーによってフリがちょっと違ってるんだね…
れいなとりほりほ同じだからあんまり分からなかった。

・ワッツアップ
13thの中で一番好きな曲です
Aメロは可愛らしく、Bのラップは置いといて、サビが何か小気味よくて好き。
一番気合入ってるのも分かる。

・笑ってYOU
9期10期曲
サビの腰を落とすところでメンバー間のダンスの気合の入り方が結構差が出て面白い
というかフクちゃんが凄い

・私の時代
この曲が来るとやっぱり場数の差を感じる
曲も盛り上がる仕様だけど、煽りとか含めてやっぱり6期は強いなぁーっと

・ブラボー
大サビの足とんとんが凄い好き。

・青春ど真ん中
ドラフト1位石田さんはもうちょっと歌が伸びると思ってたのに(´・ω・`)
同じダンス特化で入ったりほりほは 怪我をしたときに相当歌の研究したらしい。
そこを転機に、自分でも手ごたえを感じ始めたんだとか。ハロチャンより
だーいしも何かきっかけが必要なのかな…

・アイサレタイノニ
りほりほガン見
かわいい(´;ω;`)かわいい

・涙一滴
卒業聞かされた後に聞くと
やっぱりすげーなぁと思うと同時に不安になる

・ラララのピピピ
楽しい楽しいw
歌えない踊れないけど、さゆは凄い…
この日も足を引きずるスペランカーちゃんですが

・彼店
歌詞的に、れいな卒業発表直後だったしちょっと色々思うところがあった。
ていうかこの曲が凄く好き

・メドレー
セクボの時、会場の雰囲気が一変するのが好き
こういう曲はチートだよね

・リゾナント
本当に、もう1度聞けて良かった。
「どっちがいい?」ではなく
「どっちもいい」と思えるようになったなぁ
ちなみにこの曲だけフリはだーいしで。
昔はリンリンだったな…

・カプリチオ
結局そこまで好きになれなかった曲。
バッティングフォームのとこだけ、誰を真似するか考えるの楽しい
最後は稲葉、ラミレスでした

・Be Alive
結局合唱曲として定着せず…
これはもったいないというよりは残当というか…


これで娘ツアーは終わり。
客観的にみると、ここ最近では一番…うーんというツアーだったけど
個人的なモチベーションが相当高かったので感じさせなかったな
とにかく、今後はメンバーの体調・怪我だけは本当防いでほしい。
インフルとか季節モノの流行りは仕方ないけど、色々避けられたでしょ今回は

今年の娘。について。
個人的に、本当に大躍進でした
元々ライバルサバイバルあたりは凄いなーって思ってて
結構通ってたけど、去年って娘現場は3公演ぐらいしか行ってないんだよねw
今年に入って自ら通おうと思いだした要因は、やっぱりれいな
改めて聞いてみて、すげー歌に魅力があるなぁ…と思ったんだよね
自分が入ったころ、というか高橋さんがいなくなってまた上手くなったんだろうけど
特に「愛しく苦しいこの夜に」で、声に何か…オーラを纏わせるようなイメージ。
そして自分なんかが傍目で見てても、1か月見ないだけですっげー成長してる9期。
良いツアーだったガキさん卒業ツアー、そしてりほりほを間近で見たときの衝撃
…と順調に深化していったんですね
本当、見てて常に変化してるのが今とても面白いなぁって
安定も必要だけど、変化も面白い バランスですね
来年もとっても楽しみです。

れいな卒業について。
「知ってた」って感じですが。。むしろ今ツアーで卒業と思ってたからなぁ…
でも聞いた瞬間、何か凄い喪失感
分かってたのにね…。
でも本人はすっごいあっけらかんとしてたし
早くバンドをやりたいみたいで。
最後までこんな感じで去っていくんだろうなぁ
ただ思うのは残されたメンバー
本当に鞘師が中心で行くんだろうけど…大黒柱を担わせるには酷な気もするけど
高橋さんの隣にいたれいなみたいに 「2人目」がいない だーいしが来ると思ってたんですが
完全なワントップは絶対溝ができちゃいますからね
SHOCK!時代の℃は本当見てて辛かった
でも今の℃を見てるとそれもアリなのかもしれないし
わかんないねwまあメンバーとスタッフはもぉーっと考えてるんでしょう。
楽しみに待ってるのが吉ですね。

2012-11-19

11/17 モーニング娘。「コンサートツアー2012秋~カラフルキャラクター~」

@中野サンプラザ

年内最後の娘。コン4本
来週に備えて体力も戻さないと…

今年はハロの参戦数が恐らく娘。が1番になってると思う
まあベリキュが活動が鈍ってるってのもあるけど
まさかここまで通うようになるとは思わなかったな
個人的にはれいなを中心として、9期が見てて凄い面白かった

大雨の中だけど
知り合いと合流して参戦!
この日は昼夜通路で広かった…

セットリスト
1. One・Two・Three
2. The 摩天楼ショー
MC
3. What's Up? 愛はどうなのよ~
VTR
4. 笑って!YOU / 譜久村・生田・鞘師・鈴木・飯窪・石田・佐藤・工藤
5. 私の時代! / モーニング娘。ロッキーズ(BD:9期・10期)
MC
6. 地球が泣いている
7. ブラボー!
MC (回変わり)
8. アイサレタイノニ… / モーニング娘。9期
9. 青春ど真ん中 / モーニング娘。10期
10. 涙一滴/ 田中れいな
11. ラララのピピピ / 道重さゆみ(BD:金子・室田)
12. 彼と一緒にお店がしたい
MC 昼:れいなに挑戦 夜:過去の娘。コンサート映像見て過去を振り返り「いきまっしょい?02年」
13. 昼:大好き100万点 /  夜:私の魅力に気づかない鈍感な人 / 佐藤
14. メドレー
  雨の降らない星では愛せないだろう? ~ 気まぐれプリンセスとFantasyが始まるのミックス
   ~ SEXY BOY~そよ風に寄り添って~とI'm Lucky girlのミックス ~ OK YEAH!
15. リゾナント ブルー
16. 恋愛ハンター
17. ドッカ~ン カプリッチオ
ラストMC
18. ゼロから始まる青春
アンコール
19. ワクテカ Take a chance
MC
20. Be Alive


・りほりほ
ちょう かわいい (´;ω;`)
舞美とかを間近で見ても「おおー可愛いー凄い美人やー」って感じで冷静に見てたけど
りほりほは何か脳神経を溶かすような可愛さがある 真野ちゃんも近いか
アイサレタイノニで双眼鏡野鳥の会は流石にアレですかねw
めっちゃ自信家でプライド高そうなのが またたまりません><
しかしこの日は過去の中で一番ボロボロというか、苦しそうだった
体調良くないんだろうね…そりゃイベント乱発してればそうなるね…

・小田さく
あれ?ちょっと顔の雰囲気変わった?良い意味で

・MC(譜久村生田)
「大人になったなぁ、て思うことは?」
というお題の時…結構ネタにあふれるというか危ない感じというか
生田は最近「9期メンバーとの接し方が分かってきた」という
フクちゃんには 「気を使わない」
りほりほは 反論すると、もっと反論してくるので「言い返さない」「ちょっと合わない」
ズッキは みんなに気を使ってるから「あえて気を使わない」
後にブログで
フクちゃんがりほりほの時にちょっと言葉がアレだったってことでごめんなさい、と
謝るほど伝え方が誤解を生みそうな感じにもなったり

・ラララピピピ
これを屈指の盛り上げ曲にしたさゆは 心底凄いと思った。

・過去VTR
ロマモーで狂喜乱舞の会場
→まー鈍
上手くつなげたなw

・くどぅー
すっげー成長しててびっくり。身長的にもパフォーマンス的にも。
ドラフト1位の石田さんももう少し…


本番は翌日なので土曜日はここらへんで

2012-11-16

久々のモベキマスソート

今どうなってんのかな?

1位 嗣永桃子 90p
2位 鈴木愛理 87p
3位 鞘師里保 84p
4位 夏焼雅 81p
5位 真野恵里菜 78p
6位 岡井千聖 75p
7位 田中れいな 72p
8位 矢島舞美 69p
9位 中島早貴 66p
10位 譜久村聖 63p

11位 萩原舞 60p
12位 熊井友理奈 57p
13位 道重さゆみ 54p
14位 福田花音 51p
15位 和田彩花 48p
16位 工藤遥 45p
17位 石田亜佑美 42p
18位 生田衣梨奈 39p
19位 田村芽実 36p
20位 鈴木香音 33p

21位 小田さくら 30p
22位 清水佐紀 27p
23位 徳永千奈美 24p
24位 竹内朱莉 21p
25位 菅谷梨沙子 18p
26位 須藤茉麻 15p
27位 佐藤優樹 12p
28位 飯窪春菜 9p
29位 中西香菜 6p
30位 勝田里奈 3p
31位 光井愛佳 0p


1位~3位は鉄壁の牙城かと思われたのに…
推しって思い入れとか、尊敬への念で決まると思ってるけど
りほりほは全てをひっくり返して「かわいい」パワーで押し上げてきた感じ
いや他の要素もありますけどね。14歳に似合わぬ強い責任感とか、それこそ尊敬できます。

フクちゃんたっけぇwwwあのハロ右翼っぷりね…良いです。

もう5年近く桃子が1位なんだなぁ
この人が1位を降りるときは、自分がヲタ辞める時の日な気がする

2012-11-12

11/10 中川翔子「ギザ10べすと!!中川翔子の音返し(^ω^) 」

@Zepp Diver City Tokyo

2日目!そして千秋楽。
デビュー10周年ってことで今年はずーーっとライブやってたみたい。
それを締めくくる最後の公演がこれ。
きっといい公演になるはず。

席は1階V列右・・・以後は段差があるので最後列ですね
しかしこの会場は非常に縦長なんですね…
Buono!でやる機会とかあったら色々考えないといけないな
そして後ろにテレビサイズのスクリーンが!
こういう配慮は良いですね。会場備え付けのものかもしれませんが…。

グッズのピンク・青と使い分けられる便利なペンライトを持ちつつ
開演!

セットリスト
1.Brilliant Dream
2.ストロベリmelody
3.空色デイズ
4.snow tears
5.Shiny GATE
6.続く世界
7.綺麗ア・ラ・モード
8.涙の種、笑顔の花
9.Ivy
10.To Be Free
11.ミルキィ kiss
12.through the looking glass
13.シャーベット色の時間
14.恋の記憶
15.午前六時
16.せーので恋しちゃえ
17.宇宙でプロポーズ
18.souffle secret
19.スカシカシパン少し変?
20.もえよ ギザみみピチュー!
21.pretty please chocolate on top
22.Shortcake Adventure
23.心のアンテナ
24.ありがとうの笑顔
25.RAY OF LIGHT
26.フライングヒューマノイド
27.桜色
28.つよがり
29.ホロスコープ
30.Dream Driver
31.calling location
32.GAME
33.ホリゾント
34.Tyrant too young
35.空色デイズ~天元突破Edition
————————————
36.ペガサス幻想Ver.Ω
37.マシュマロ
38.diamond high
39.rainbow forecast
40.涙の種、笑顔の花
41.ありがとうの笑顔


・snow tears
当時はday after tomorrow、現在ガルネクの鈴木さんが作曲!
エイベックスサウンドでこれも結構聞いてた。
これ確かオリコン3位だっけ?最高位記録したんだよね。

・Shiny GATE
やっぱり自分はこっから好きになったんだよね!
しかしこの1年、フルで聞けなくてちょっと残念…。

・綺麗アラモード
この1年は凄かったなぁ…
作家がマジ豪華。良質なJPOPバラードだった

・Ivy
懐かしいな、2ndのMagic Timeだよね
これほどラストにふさわしい曲は無い!と思ってたけど
後にありがとうの笑顔がでた。

・Through the looking glass
懐かしい!LOOKチョコレートのCM。
とっても可愛いポップで文句なしの良曲

・午前六時
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
作詞作曲はsupercell・ryoさん。
お得意の1つである少女マンガのような甘々な可愛い1曲に
それでもバンドアレンジでカッコよさもあり…と
個人的にも、ファンからも支持が熱い1曲。
でもショートverだったのが残念

・Dream Driver
Buono!もお世話になったDECO27さんの提供曲。
スピードあるロックサウンドだけど…しょこたん苦しそうやなw
こっからロック編スタート。

・空色デイズ
リリース順だったから分かってたけど、3曲目からこれは驚いたな
自分のを見返すと、ちゃんと空色デイズから高順位に入ってたんだな

ボウガンダーツでは何と真ん中にあたってしまうハプニング!
ってことで、3曲分やってくれました。たぶん想定内だったんだろうな。
考えてるなぁ…
最後は10周年迎えての感謝の気持ちをしょこたん節で熱弁して
「ありがとうの笑顔」で終演。

ちょっと手抜きレポになっちゃったけど、本当に楽しかったです。
歌上手い人はもっとたくさんいるけど
こんなに客を楽しませよう、歌を伝えようとしてくれる人はそういません
歌が上手い以上に、歌手として魅力的なパワーを持っている人です。
本当に考えている内容だったし…。人として尊敬できます。
そういう意味では、桃子と似たタイプなのかも?
まあ見解は人それぞれですが…

何はともあれ
やっぱりしょこたん現場は外れないなぁ。楽しかった!
次はディズニーシーライブ!?GWはちょっと厳しいかな…

2012-11-10

11/9 中川翔子「ギザ10べすと!!中川翔子の音返し(^ω^) 」

@Zepp Diver City Tokyo

9月の渋谷公演で「次のZeppツアーでは毎日日替わり、全曲やります!」と宣言!
じゃあ11/9~11/10のZepp Tokyo行くしかないでしょ!ってことで参戦。
デビュー10周年を締めくくるツアー、相当気合が入っている様子。

会場は初めて。
本家のZepp Tokyoよりも広い!

席は2階立ち見。平日だし行けなくなる可能性も考慮して
遅れて入れそうな立ち見にしました。うん、まったく見えない。
隣は神楽(銀魂)、シェリル…平日なのにこのコスプレ率
前はクドリャフカと理樹・・・クドの帽子の羽でみえねぇw
アイドントライクノウミサン

開演!

セットリスト
1.Brilliant Dream
2.ストロベリmelody
3.空色デイズ
4.snow tears
5.Shiny GATE
6.続く世界
7.綺麗ア・ラ・モード
8.涙の種、笑顔の花
9.Spiral
10.Brand-new day
11.カミツレ
12.みつばちのささやき
13.恋の記憶
14.マシュマロ
15.diamond high
16.lemonade
17.happily ever after
18.souffle secret
19.スカシカシパンすこし変?
20.もえよ ギザみみピチュー!
21.pretty please chocolate on top
22.shortcake adventure
23.心のアンテナ
24.ありがとうの笑顔
25.RAY OF LIGHT
26.フライングヒューマノイド
27.桜色
28.つよがり
29.ホロスコープ
30.Dream Driver
31.calling location
32.GAME
33.ホリゾント
34.Tyrant too young
35.空色デイズ~天元突破Edition
———————————–
36.ペガサス幻想Ver.Ω
37.せーので恋しちゃえ
38.rainbow forecast
39.続く世界



45曲ぐらいあったかと思ったら39でしたかw
濃密でした
聞きたかった曲は
・午前六時
・Lemonade
・Spiral
・we can do it!
・涙星
さあどうなるかな??

暗転すると、スクリーンにしょこたんが
何と、生放送で「今からステージに上がる!」というシーンを実況
スタッフで掛け声をやって
「今日はシングル曲全部歌う!」と意気込みを語って…階段を昇る
良い演出ですね。流石に考えられている!

そして曲をリリースしたカウンターとともに、シングル全曲開始!

翌日のレポもあるので省略しつつ
・Spiral
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
途中の映像で使われたり、ファン人気も結構高かったり・・・
凄く明るいポップで自分も好きな1曲です

・Lemonade
うおおおおおおおおおおおお
このイントロのちょっと哀愁漂うギターが大好き大好き
凄く甘酸っぱいのにちょっと切ない
あまり味わえない、しんみりと聞けるノリの良いポップ
聴けて嬉しかったな…

アンコール明けのせー恋と虹は
何とファンをステージにあげてボウガンでルーレットを射抜いてもらって決定
面白い企画ですね。そのルーレットも遅いので、その人がやってほしい曲を選べるという
候補曲は「午前六時」「rainbow forecast」「せーので恋しちゃえ」「宇宙でプロポーズ」など
濃すぎるだろw結局上の2曲で決定。


やっぱり楽しかった!
そして翌日へ…

2012-11-07

11/3 Berryz工房 横浜国立大学常盤祭スッペシャルLIVE2012

@横浜国立大学

バスツアーから1週間、横国学園祭ライブ!
年内はこれでベリ見納めだし、体調もちょっとすっきりしたしで
ひゃっほーいと参戦することに。。
場所も、自分が高校時代に憧れた横浜国立大学。
単純なんだけど、ドラマ「オレンジデイズ」が凄く好きで
経営学志望だったし、入りたかったんだけど…まぁセンターでコケました

知り合いと集合。まず和田町に集合。遠いな…w
通学がトレーニングって素敵やん

学園祭を見ると…まぁ国立の学園祭だなって感じw
決してお金は無いから華やかではないものの
こう、学生が、みんなが楽しんでますって雰囲気!
これが何よりのスパイスだと思います。
色々見学させてもらったけど、理系キャンパスはちょっとお粗末…
せっかく地方学生憧れの大学なんだから
もう少し夢見れるようなキャンパスにしようぜw

番号は800番。バスツアーで知り合った人と再開もしつつ……
場所は右の5列目あたり。800番なのにこの位置…よみうりランドを彷彿とさせるような広い芝生。
手入れはされてないけど、何だかロマンが詰まった場所です。
開演!

【セットリスト】
1.世の中薔薇色
2.愛のスキスキ指数 上昇中
MC
3.ハピネス ~幸福歓迎!~
4.ピリリと行こう!
5.ヒーロー現る!
6.友情 純情 oh 青春
MC
7.付き合ってるのに片思い
8.CLAP!
9.cha cha SING
10.HAPPY! Stand Up
MC
11.雄叫びボーイ WAO!
12.本気ボンバー!!
13.一丁目ロック
アンコール
14.桜→入学式
MC
15.ライバル


学園天国に合わせて外から登場。右側から出てきたので
右側に陣取ってた自分らはウマーでした。やっぱ熊井ちゃんでかい

セットリストは押せ押せの盛り上げ曲を連発!
のんびり見てるつもりが…これは無理です><
ハピスタあたりからはガチすぎて本気で疲れてたりw

ただベリメンも調子は悪くはないんだろうけど…
ダンスも結構適当でそろっても無く
歌も何だか不安定…
桃子もちょこちょこミスってたり
まあパフォーマンスが1番の売りではないグループだからアレだけど
やっぱりツアーやってない影響か、調整不足っぽい感じでしたね
ツアーってメンバーにとっても重要なんだろうね
ヲタですら期間空くと体が動かないのにねw

終わったら学祭の屋台でカモられまくるベリヲタ
そりゃ購買力ハンパ無いですからなw
大学生も少しは興味持ってくれれば良いですね。

年内、ベリというか桃子はこれで見納め。
一足早いけど、今年もありがとう&お疲れ様でした。

2012-11-05

10/28~29 「ももちと行くおとももちツアー~寝坊しちゃったら許してにゃん~」-その4-

@長野
(運動会後~おとももちの集いまで)
※その2に、ライブ後の2ショット撮影手渡しを追記

運動会後は再びバスへ、昼食会場かつお土産売り場かつおとももちの集い会場…ここが最後ですね
まずはお昼へ。
ももバス4
※狼より拾い物
食事は不満無し。食べきれなかったけどね。
そして昼食中…何かスタッフがドタバタしてると思ったら…
三つ編みメイド服姿のももちが空コップ運んでる!?
しかも無言、無表情というシュールっぷりw出入り口は1つだったので、水給水に行ったら普通にすぐ側を歩いてた
スタッフもニヤニヤしながら見てるだけ。ありがたいことに完全にヲタを信用してくれてますね。
飯食いきれないしお土産見に行こうと思ったらまた来るしww
おかげでなかなか席を立てなかった。

お土産は桃子が宣伝してたものを購入。味は…お察しください
そして「桃だけの桃ジュース」という商品があったんだけど
瞬殺で売り切れててワロタwwヲタの購買力さすがやね。俺も買いました。

そしておとももちの集いへ。
下のホールみたいなところに椅子が並べてあった。
自分は5列
開始前、最後のグッズ販売。もうラムネしか残ってなかったから売り子も宣伝
「生写真まだコンプリートしてない人!いかがですか!?」と必死で会場から笑いがw
ラムネ買って写真(3種類)、2000円以上でクジ引いて写真が当たるっていうアレだったんだけど
クジが当たると売り子がカランカラン鳴らすから、その度に会場は拍手大喝采!
何だこの雰囲気www
グッズは無事全て完売。素晴らしいね

-開演-
ももち結びを下して、大人っぽい落ち着いた衣装で登場。
びっくりするぐらい可愛かった。やっぱり髪下した方が…ゲフンゲフン
台の上に椅子座りだったのでとても見やすかったです。
1.動物園クイズの解答
解答はもういいやw
全問正解の人が桃子とじゃんけん
4人まで絞られた時点で、後はヲタ同士でじゃんけん
買った人は運動会にときに取られなかったブロマイドを名前入りサインでプレゼント
…桃子がジャンケンする時「チョキ出しますよ~」とw
みーんな正直にグー出してたのは凄かったなw

2.おとももちからももちへ質問
バス車内で書いた桃子への質問に答えていくコーナー。
解答は○×カードで、サクサクと進めていき 後に解説。
面白かった質問・解説をチョイス。
・部屋の片づけしてますか?
「○」ダウンタウンDXの撮影のためにめっちゃ頑張ったそうなw

・譜久村聖さんとユニットを組みたいですか?
「○」うーん…と悩んでしぶしぶ○。
フクちゃんは桃子が大好き…って話は本人も分かっているみたいだけど
本人は「他の子も好きって言ってるじゃん」ってことでそこまで特別な感情は無いらしい
そういえば桃子って1推し以外は許さないタイプ…ではありそう。

・正直、仕事に行くのがしんどい時がある
「○」ライブとかが楽しいから良いんだけど
グッズの書き物のためだけに会社行く日は「ちっだるいなー」とか思っちゃうらしいw

・「携帯の最後の受信履歴はパートナー・徳永千奈美である」
「×」マネージャーらしいです。
千奈美とはほっとんど連絡取らないらしいw
連絡が来ても絵文字も何も使わずぶっきらぼうな感じでかえってくるとか

・「自分が出演した番組で、もう見たくない、という番組はある?」
「○」これはもう具体的に話してましたね HEY!HEY!HEY!のある収録だそうです
T-ARA(K-POP女性グループ)と共演した時に、T-ARAが「(曲の)ジンギスカンが好きだ」と
もちろんベリがカバーしたのも知ってるんだけど、桃子はそこで「じゃあ一緒に踊ってみましょうよ」とも言えず
せっかくのT-ARAからの優しいパスをみすみす逃してしまった…という話。
その後、きつ~く3時間近く説教をくらって…見返したくない、という。
「もうジンギスカンをやりたくない」と言うくらいトラウマになってしまったそうな。
だから今回のライブでも入れなかったらしい。ベリ最大のヒットシングルなんだけど…
興味深い話。

・「生まれ変わってもももちでありたい?」
「○」即答でしたね。そのトラウマを話した後ですが、迷わず即答
これは本当に思っていることだ、と真剣に話していました
キャラ的にも自分から茨の道を進んで歩いているように見えるけど
辛い段階も含めて、この人生楽しんでいるんだろうなぁ…
心底羨ましいし、人として尊敬できるなーって

3.ももちへ4つの質問
これもヲタがバスで4つの質問を解答して
それを集計、桃子が1位~3位を当てるという企画。

・ももちがこの8年間で1番変わったことは?
1位「髪型」
これはねwももち結びってことですね

2位「歌」
1位はアレなので実質1位はこれですかね
本人もびっくりしていたのがコレ。上手くなったね、ということ
「音域が広くなった」「気持ちが伝わるようになった」など
これには本人も大喜び。私も歌に入れましたね
最初から上手かったわけじゃなく、自分で意識的に音域を広げて
しっかりと練習を積んで…Buono!デビュー以降でも、どんどん歌が上手くなるのが分かった
努力の結果が、カタオモイやユアマイの最高のパートを生んだ

3位「何も変わってない」
今も昔も芯が強くて魅力的です、という意見が多かった
コメント1つ1つが暖かったな
さすがここに来てるヲタは本当に好きな人ばかりだったんでしょう

・ももちと2時間好きなことできるとしたら?
流れで2位と3位の発表は無し。代わりに挙がってたのを

1位「カラオケ」
色んな歌を歌ってほしい!ってことでカラオケがぶっちぎりでしたね
自分もこれにしたっけな

「映画」
そばにいるだけでいい らしいw

「自分だけにライブ」
自分の好きな曲を歌ってほしい、という
贅沢ですね

・ももちが男だったらやってそうなことは?
1位「アイドル」
男でも、やっぱり舞台の上に立っているでしょう、という。
本人もこれには納得というか嬉しそうでしたね

2位「お笑い芸人」
まあ最近見てるとね…w

3位「女装」
ももちのイメージが強すぎるので男だったら?という想像がし辛いよね

・ももちの1番の弱点は?
当てていくんだけど、外せば外すほど自分の失態を暴露することになるというw
悶絶しながら答えてました。
他には「階段を降りる音がうるさい」「弟の勉強を見ない」など自分で言ってしまったり

1位「可愛すぎる」
1位はなかなか当てられず苦悶してましたが
聞いた瞬間、すごい安心した表情でしたw
「なぁ~んだやっぱり皆さん私のこと好きなんじゃないんですかw」
まあそうだけどさ…w

2位「無い」

3位「飽きっぽいところ」
まあブログとかね…w

番外編「何でも許してにゃんで済まそうとするところ(スタッフ解答)」
番外編「バスタオルを部屋に持っていって選択に出さない(母解答)」
家ではバスタオルを体用、髪用、上がった用で3枚使うらしい。
で、バスタオル3枚とも部屋に持ってってそのまま寝ちゃうんだとかw
本人は「洗濯機行きのミニ電車があればいいのに」
基本ぐーたらなんですねw


最後に…
「今回はほとんど私プロデュースでしたが、やりたいことが5割くらいできました」
「いかがでしたか?またやりたいな」
「私はこれからもBerryz工房に居続けます」
「本当に楽しかった、これからもよろしくお願いします、ありがとう!」

4.握手会
剥がしスタッフはいるけど棒立ち
( ^ω^)<バスツアー初めてですが楽しかったですありがとう
ル ’ー’リ<はいはいどうも~
( ^ω^)<本当に歌が上手くなったなぁーって思ってます これからも色々聞かせてください
ル;’ー’リ<お…おぉ!?ほ…はぁああありがとうございます
って感じで伝えたら何かびっくり照れてる感じで

-移動-
出発直前、桃子がバスに乗り込んできて再度「ありがとう!」とお見送りしておしまい。
俺は後ろの席だったのであんまり見えなかったけどw

VTR6
帰路に着く中ラストのDVD BGMがエアロスミスのアルマゲドンのやつwww
BGMが壮大なら何か感動する法則ですね
今までののDVD映像をダイジェストで途中夜のスカイツリーをバックに街中を散策する姿が織り込まれる
何かガキ使の笑ってはいけないシリーズのエンディングみたいだw
顔のアップがあったけどやっぱ美形だな
最後の最後まで配慮があったな…


最後、東京駅について解散。
知り合った人たちとありがとう、楽しかった、また横国で!と話して解散。


この2日間…レポが4編になるほどのボリュームでした
カットすればいいものの、随所に散りばめられた楽しませる配慮
スタッフどころかバスガイド、運転手まで徹底された雰囲気作り
ファンサービスたっぷりなものの、ある程度の距離感は感じたりと
絶妙なバランスで練りこまれていました。
その中でも垣間見れたのは、改めて芯が強い人だなぁってのを
おとももちの集いの受け答えで分かったり

推しって…凄く流動的な人もいますよね
その推しを決める要因は歌やダンスがうまかったり、話が面白かったり、可愛かったりなど
色んな要因があると思いますが
自分が思ったのは、どんだけその人間を「尊敬」できるかなのかなーって
自分の目指す理想像を固めて、それに向かって考えて考えて進んでいく様
歌においても、練習を積んで何とか音域を広げるなどレベルを上げていく
コンサートの体力がなければ、トレーニングで体を作る 今やすっかり筋肉質になったようでw
ブームが到来して色んな人がブレーク・デビューしましたが
5年以上も「1番好きなのはこの人です」って言えるのは やっぱりその人間が好きなんだろうなー…と。

高い金を払いつつ、体調も良くなかったけど
凄く楽しい2日間となりました。

2012-11-01

10/28~29 「ももちと行くおとももちツアー~寝坊しちゃったら許してにゃん~」-その3-

@長野
(起床~2日目運動会まで)

6時、眠気眼で起床。
朝風呂に入るものの頭がぼやける…
朝飯。
ももバス3
豪華!だけど軽いものしか食べられず。。
運動靴を準備。2日目午前は……運動会!

-移動-

早速バス移動…山道をうねうね下っていくので酔ってしまった><
その中で添乗員さんが喋ってる最中、電話が鳴る
「みなさん、ももちからお電話です!!!」
朝から先制パンチの小ネタ来たww
「みなさぁ~ん・・・…おはようございますぅ…」
\おはようございまーす…/
「んん?元気がないなぁ…おはようございますぅ」
\おはようございまーーーす!!!!!/
「今日は待ちに待った運動会です、くれぐれも!怪我には気を付けてくださいね~」
「ももちはまだ眠いので二度寝しますぅ(ガチャツーツー」

いや、本当上手いですわw何だかんだでこれでスイッチ入るもんね

会場前に着いたのは、トイレ休憩がてらの長門牧場。
ももバス5
濃霧が立ち込めるなか、肌寒い気温と自然の中の清々しい空気!!!
車酔いも一気に覚めましたね。ちょっと休みつつ、友人と会社のお土産を買いました。
なお、直前まで熊が出ててたもよう。
ヲタは「なんだ心配で来たのか」「トマト投げれば逃げるだろw」と楽観視
再出発

-移動-
VTR-5
スポフェスの跳び箱で輝かしい実績を残した桃子の現在の運動能力検証
「ももちぐみ」鉢巻きと体操着姿で握力・リフティング・反復横跳び・5m走
握力は右14、左13だったっけ?しっかり体作ってるイメージなので25はありそうな印象だったんですがw
リフティングでカメラを蹴っちゃって、俯きながら手だけで許してにゃんにゃんにゃんをやる姿が可愛かった

「リレーの第1走者は気を付けてくださいね!!」
名指しかよw

-戦場到着-
ついてしまった…体育館
入ってすぐにチームごと・順番で並ぶ
そこで「ももち先生」の入場!当然あの体操着姿
「怪我はするな」と念を押す。
そして最後に「ノーももち、ノーライフ!さぁみんなで!」
「ノーももち、ノーライフ!!」と斉唱して開会

そして予告通り
許 し て に ゃ ん 体 操
広い体育館で全力で動くヲタども
これがやりたかっただけかと思ったのにガチで競技するなんて…
ル ’ー’リ<許してにゃん体操以外にも個人的にアキレス腱とか伸ばしてくださいね!!
さあ競技開始

・15m走
本当に瞬発力勝負の15m走!
走者は若干年配。ちょっと滑る床のせいか?日頃の運動不足か?転倒者が続出してたなw
途中からは桃子も一緒に並んで走ったり。なお、みんな空気を読まず走るもよう(桃子最下位)

・ももアタックレース
ケツで風船を割るというレース。なかなか割れずにみんな大苦戦w
最下位確定したやつが走らずチンタラ歩いてアピール
1秒でも早い進行を心がけるスタッフの努力に泥を塗る行為
桃子も「いいから早くしろ!!」と真顔で怒る
明らかにスタッフ急いでたし、もうちょっと考えろよな…
…最後に桃子がお手本という形で披露。本家のはずなのにやっぱり大苦戦w

・ももち電車でLet's go!
電車ごっこでコーンをジグザグに渡り、ネットをくぐる障害物競争。
最初に桃子+スタッフがお手本で見せる
レースは途中で転倒して必死に5人がほふく前進で移動するという微笑ましい光景や
一番後ろの人が転倒して首に引っかかって引きずられる危ない場面も
実況のももち先生も
ル;’ー’リ<後ろー!後ろ見てーーー!!
と叫ぶ
しかしれもん組はここまでほとんど最下位、順位も低迷
血の気が多い軍団が集まった4号車・・・青りんごチームがリード。
早くも敗戦ムード…

・得点GET競争
パン食い競争の要領で、得点が掛かれたカードを口で咥えて走る。
得点記載無しのももちブロマイドがあったらしい。なお、誰も取らなかったもようw
本人は非常にがっかりそうにしてたw

・玉入れ
これは普通に玉入れ。
老若男女が揃うメンツ。
だんだんヲタもエンジンがかかってきて、チーム同士で円陣を組んで気合を入れる場面も!
特別ルールで、桃子が競技中フラフラ歩いて、両陣にピンクボールを投げ込む。
そのピンクボールを入れると良いことあるよ!というもの。
すぐ側で桃子がボール投げ入れたり「がんばれー!」って応援してるのに
みんな競技に夢中でまったく相手にしてなくて笑ったわww
れもんはここで見事に勝利!ようやく最下位脱出、3位浮上。

ここで前半戦終了。
1位あおりんご 18点
1位こめ 18点
3位れもん 13点
4位いちご 11点
結構離れてるしやばいな…
そして休憩が終わった時点で応援席の位置を交代。
桃子実況席に近い応援席とかあったんだけど、均等になるよう配慮。
ここらへん、本当に感心した。

・ももち応援合戦
一丁目ロックのサビに合わせて
ももちへの愛をぶつけてください!って感じ。
いちご…矢沢永吉みたいにタオル投げる 5点
こめ…良く分からなかった 3点
あおりんご…改造サイ持ってマサイ 3点
れもん…最後にももちだいすきーと一押しする 4点
まあ、ただの点数調整でしたw

・ももち・もももち・ももももちリレー
15m走×3。なお、2回目は二人三脚、3回目は三人四脚
第1走者:15m走+二人三脚+三人四脚
第2走者:二人三脚+三人四脚
第3走者:三人四脚
第1走者は
自分はコレだったけど…何と第1走者/(^o^)\
第1レースはレモンが辛くも1位!後ろでいよっしゃあーと声援送ってました
さて第2レース、私先頭ですね
1位とるぞ!とれもん応援席にアピールしてスタート。
周りはやっぱり若い人が多い…やっぱり動ける人で固めたんですね
まあちょっとフライング気味だったんですが…15m走の時点で首位に立って
二人三脚も打ち合わせ通り、最初の足と声を掛け合って1位固め
三人四脚も打ち合わせ通り!!ぶっちぎりの1位でした。
なお、桃子が「れもんさっそくリード!早い早い!」と言ってたみたいだけど
まーったく聞こえず(`・ω・´)
このリレーで6点とあら稼ぎ。あれ、メイクミラクルならぬメイクモモチ行けるんちゃう?
応援席に戻ってみんなでハイタッチ。気が付いたら盛り上がってた

・ドキドキ風船デリバリー
画鋲付きの手袋をつけて風船をポンポン弾きながらリレー。
桃子がもれなくウチワで邪魔してきますw
れもんはこちらも勝ってここで暫定首位に。いけるやん!!

・チーム対抗メドレーリレー
最後にメドレーリレー。最初にももち先生が実践…ヘロヘロでワロタww
第1走者:ケンケン
第2走者:バスケドリブル
第3走者:縄跳びしながら走る
第4走者:創作ダンス
第5走者:スプーンにピンポン玉を載せて運ぶ(往復)
創作ダンスwwwwももち先生は普通のダンスを踊ってました。意外にしなやか…
注目は創作ダンス。
1人は側転、1人は恋愛ハンター、1人はココリコ遠藤風にビートたけしの真似、1人は見れず
恋愛ハンターは普通に走れるしちょっとずるいぞww盛り上がりました
れもんは結局3位で優勝逃す

・閉会式
優勝チームはあおりんご。優勝メダルが手渡される…くそ悔しいな(´・ω・`)
ももち先生からはル ’ー’リ<やりたかったことができました! とご満悦な閉会宣言。
そして最後にcha cha SINGを踊ることに。唐突やな
しかし広い会場でどんだけ動いても周りにぶつかることは無い…めっちゃ楽しかったw
そして桃子パートで推しジャンを始める人たちも 体が覚えてるんでしょうね。

そんなこんなで目玉企画の運動会終了。
「見せましょう、一人ヲタの底力を!」
僅かに及ばなかったけど、決死の追い上げで2位。
団結もできたし、すっごく楽しかったです。

ももバス6


2日目午前終了
午後へ…その4に続く
プロフィール

あるせす

Author:あるせす
とりあえず気になったらコンサートに行ってみよう
という趣味

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる