fc2ブログ

2012-10-30

10/28~29 「ももちと行くおとももちツアー~寝坊しちゃったら許してにゃん~」-その2-

@長野
(ライブ~1日目終了まで)
予定
その3:運動会編
その4:昼食、集い、握手、終了、総括

会場の長野MBSホールに到着。
テレビ局のホールで、収録人数は250人程度な感じ。
席はH-7と後ろだったけど、段差もあり見やすい会場で不都合は感じなかったな
開演!

セットリスト
1.愛のスキスキ指数 上昇中
2.恋はひっぱりだこ
MC
3.桃色スパークリング
4.ロッタラ ロッタラ
5.MajiでKoiする5秒前(広末涼子)
MC
6.世界中の誰よりきっと(中山美穂 & WANDS)
7.ホントのじぶん
8.CLAP!
9.ライバル
EC
10.スキちゃん
MC
11.ありがとう! おとももち。


当然ながら精鋭200人が揃ったわけなのでコール等色々と完璧でしたねw

・愛のスキスキ指数上昇中
これはやるでしょうねーってバス車内で話してたんだよね
完璧に統一されたコールと あえてそこは歌わない桃子
すげーなぁw
歌の方はまったく心配してないし安定してましたね
やっぱ歌上手い

・MC
非常に緊張している模様
自分が思った以上に緊張してるんだとか
何かトークで噛んで?ミスって?忘れたけど
ル ’ー’リ<はいはい許してにゃんにゃんにゃん(適当)
もちろんエーイングなわけですが
「バスツアー限定、おとももちのみなさんにしか見せませんから」
このバスツアー、この適当許してにゃんを結構多用することに

・桃スパ
出たwww
アチチのチ→モモチのチ と変えるところも完璧
ていうか桃子ちゃんとこの曲のフリ覚えてるんだな…

・ロッタラ
あぁ……………
イントロの瞬間天を仰ぐ
ちょっと、個人的に今しんどい時期なんだけど
その時に原点であるこの曲をやってくれるとは
そりゃ偶然なんだけど、もう運命を感じざるをえない
特に最も好きなあのBメロの歌詞
頭がもやもやしてどうしたら良いか分からない状態…だったんだけど
何か、こう、手を差し伸べてくれたような感覚
歌の力って凄いと思うし それ以上にこの曲を歌うタイミング
この人には感謝しかないですね
さて、「運動会ver.!」と叫んだと思ったら客席通路に向かって急に走り出して
会場を1周!最後はベリ猫がテープを持って迎えて…
自分は通路だったのでめっちゃ嬉しかった><
最後はぜぇーぜぇー息が切れてヲタに歌わせてましたが
ちょくちょく挟み込んでくるなぁw

・Majiで恋する5秒前
懐かしいー作曲は竹内まりやだっけ?名曲だよね
普通に雰囲気が合ってて良かったな
というより原曲をあまり知らないんですよね…

・MC
実は広末に似ていると言われたことがあるとか。
2枚目の写真集momo16の青い水着のカットらしい。
まあ確かに雰囲気あるけど…
そして昔の広末の顔が思い出せない
あまり広末は好きではなかったらしい

・世界中の誰よりきっと
まさかの中山みほWANDSww
座って歌ってたけど、途中でベリ猫という着ぐるみが入ってきて
シャボン玉を飛ばすという粋な演出。
良く考えてるねー
そしてベリ猫が適当にシャボン玉作るから
現役が桃子にかかりまくるというコントもw

・MC
ベリ猫に「ちゃんと吹いて!」とモップで吹かせてから
後半戦開始!とのこと。
早いなぁ…

・ホントのじぶん
イントロの1秒にも満たない瞬間、しゃああああと声を挙げてしまった
そして思わず1回ジャンプしてしまったのは内緒w
間奏のところで喋りが入る
「ちょっと聞いてよ!最近ママが炭水化物抜きダイエットっていうのやっててね、それはいいんだけど家族のももちまで炭水化物抜きなんだよ?酷くない?」
「ばかやろーーー!!!!!」
と繋げてた……ボノコンではできないけど、ソロならではのアレンジ
上手い上手い
自分にとって始まりの1曲を、桃子のソロで、初めてのバスツアーで聞けるのは…
ロッタラと同じく、もう本当に自分にとっては運命的
来て良かったと心から思えた

・ライバル
ライバルはベリ高フェスの時のアレンジ加えてるバージョン。
心なしか、今日のチョイスは応援歌が多い印象
本当今の自分には最高のセトリでした。。

・スキちゃん
すっかり自分の曲ですなw
スマのを聞いた後だから、すごく歌に余裕があるのがわかる
当然間奏はももちゃんと言わせてご満悦の模様

・MC+スギちゃん
アンコ前に普通にスキちゃん歌ったけど、スキちゃんコール聞くたびにどうしても「スギちゃん」が思い浮かぶと
ハロコンでやったときも心の中で「スギちゃん♪スギちゃん♪ももちがスギちゃん♪」って思ってた
そして今日、そのコールをやりたいってことで熊井ちゃんから借りてきたLYTMジーンズベストを着用
2番サビの終わりワンフレーズ位から歌ってヲタは全力でスギちゃんコール
ドヤ顔で「ワイルドだろぉ?」っとw
まあこのくだりは特に…w

・ありがとう!おとももち
もちろん意図してこのタイトルに
良い感じに締めて、無事コンサートは終わりました。
自分も大満足!

※追記※
終演後、2ショット写真を手渡しするサービス。
事前にIDとニックネームを書かされたからなんだろう?と思ったら…
本人が名前付きで読んで渡してくれる!というサービス
ル ’ー’リ<あるせす↑さん!かっこいい名前ですね
(:^ω^)<いや寝ながら携帯打って出てきた文字列なんですけどね
ル;’ー’リ<あぁ?!
2ショットは自分がキモかったの即封印
いや良いサービスでしたwまさか桃子に読んでもらえるとはね

-移動-
VTR-4
明日の運動会に向けて、運動能力検証+過去のスポフェスをダイジェストにされたのを見る
結構筋肉質な体なのにあんまり腹筋とかできないのね
いやあえてしなかったのかもしれないけど

ホテル到着後、ももちパーカーを着た8人のヲタたちがビールを求め彷徨う
長野は10℃切ってたでしょう…寒かったw
コンビニが全然無くて参ったwこの田舎め
おつまみは社会人の2人で出し合いました。
買って帰ってきて風呂入って同室の人と飲み始める
何と好きな曲が5人中3人がカタオモイ。ってwそして自分がロッタラ
4人中4人がずーっと桃ヲタ
1人が亀ヲタ→桃子へ…このルートは初めてだな

ライブ明けでテンションも高く、そして5人とも桃ヲタという共通点
ワイワイ話してるうちに深夜2時
今日はほとんど移動だったけど、桃子らしく気の利いた演出がたくさん
飽きさせる暇も無く、ライブも楽しく、交流も楽しく…
気合のセルフプロデュースで、予想以上に楽しかった。
「よし!4時間寝れるな!!!」とヘラヘラ笑いながら5人とも即就寝


さあ、目玉の運動会へ…その3へ続く
スポンサーサイト



2012-10-30

10/28~29 「ももちと行くおとももちツアー~寝坊しちゃったら許してにゃん~」-その1-

@長野
(初日出発~初日ライブ前まで)

ついに初バスツアーに足を踏み入れてしまった……
桃子単独のバスツアー。
「今行かないでじゃあいつ行くの?」「今でしょ!」
とやり取りをして参戦を決意

ちょっと体調がめんどくさいことになっちゃって参戦できるか不安だったけど
無事参戦できることに
どうやら東京は4号、名古屋2号で合計208人参加の模様
私は3号車でした。ギリギリに申し込んだのに3号車・・・???なんで?と思ったら…
当日、出発の朝 知り合いが来てたので喋ったりしてたら…
4号車のメンツが恐ろしいほど濃いwwwおまいつ、迷惑ヲタ集団ですね
隔離車にしたんだろうなぁ…3号車は逆に全員1人ヲタという並びに。
隣の人はいつもいるおまいつのヲタさん。
色々教えてもらったりしました。

-移動開始、車内-

後は適当にMFTでデコレーションしたり…
お見送りに来た知り合い達がピンクサイ振ってくれてましたw
さあ出発!!
さっそくおとももちパスポートが手渡される。
そして運動会のしおり。れ、れもん組?
そして出場種目が既に割り振られている…俺リレーかよ!?しかも走る回数多すぎだろ!!

8:00発、早速桃子よりVTR おはようございまーす的な。早速MP吸われます
長野の名物を紹介したり…これらは全部買いつくされるんだろうなw
商品は「おひなたりんご」「野沢菜」「リンゴドレッシング」
桃子は野菜菜がオススメらしく 喋らずポリポリ食べてました

後はあなたを好きになる三原則を鑑賞しつつ、自分は何も分からないので隣のおまいつに色々うかがったり
Buono!出身と言ったら凄い関心持たれたので話しやすい…というかみんな桃子が好きで着てるから話しやすいわなw

渋滞に巻き込まれつつも、VTR-2へ。
グッズの紹介VTRってことでジャパネットたかた風にグッズ紹介してました
いやもうこんな場に来たからには全部セット買うつもりですがw
特にパーカーは面白そう…と思ったら、このパーカーはこのツアー大活躍することに。後述
映像でなんかチャチャ入れてる観客がいるなと思ったら千奈美と熊井ちゃんww
熊井ちゃん「また生写真?」「わーすごーい(棒)」マジレッサー
千奈美「雅の写真はないの?」「雅の写真入れる」相変わらず適当な感じで

-移動-

まずは2ショット撮影
本人の意向により、撮影は
ゆ る し て ニ ャ ン 限 定
時間も短縮、負担も短縮、キャラ的においしいと一石三鳥の案
先制パンチくらいまくってます
さて会場に入ると…スタッフが笑顔で超HAPPY SONGのリズムに合わせて体を揺らしながら手拍子してる!?
こえーと思って部屋に入ったら ル ’ー’リ<どぞー とか言って本人がいきなり居る+なんか手渡される
ももバス1
※自分で撮って乗せるのが面倒だったので一人スレより拝借
「ももち組」と書いてあるピンクのハチマキ!?
2ショット時に付けろ+明日の運動会でつけろ とのことでw
そして本人による許してにゃん指導。「手の形がなってない!!」とスパルタで教え込まれたり
そして撮影・・・スタッフ全員が「せーの、ゆるしてにゃん!」と言って撮影
完全に流れ作業になってて上手いなーと思ったり
心の準備ができてなかったのでマジおどおどしちゃいましたが
ル ’ー’リ<怖がらなくていいよーおいでー
と声をかけられるものの、怖いわwしかし久々に間近で見たけど可愛い(*´ω`*)
その後は別室でグッズ購入。せっかくだし、今更惜しむのもアレなので全部セット購入
ここで買ったパーカーがモコモコしたあったかい素材で、雨で寒かった長野では終始大活躍!
最後の撮影した1号車は売り切れて買えなかったとのこと。これはスタッフ痛恨のミスでしょ…

-移動-

これから須坂市動物園に向かうとのこと。ハッチのとこか。
VTR-パートにゃん が放映
クイズやるみたいで、当たった方には商品とのこと
動物園にまつわるクイズと、「トトロのオブジェを見て桃子は何と言ったか」
「豚2匹見て桃子はなんと言ったか」「8/14、桃子は何してたか」という運任せな問題w
動物園は同バスの何人かで適当に写真撮りつつ…ハッチ死んじゃったからね…
添乗員さん「皆さんはフラミンゴよりピンクですね~」上手いこと言うなwww

-移動-

ホテルに到着。2号車・3号車はホテル「雅山」というところ。
ホテルというより旅館って感じで 昭和な雰囲気が漂ってました
同室は5人1室・・・思ったより広い!
同室のメンバーが若い若い!18歳、21歳、22歳、23歳(俺)、36歳?
たぶん配慮して固めてきたんでしょうねw
その中の1人はヲタ歴1か月、今回が初現場という!
「行かないといけないような気がした」
何という新人王wwwww元々アニヲタで、行動力はあったみたいですが
それで6万払うとは…凄いw Buono!から入ったみたいです。
用意してたマルチタップとかが大活躍。アドバイスしてくれた知り合いに感謝
ちょっとくつろいですぐに晩飯へ。
ももバス2
※狼より画像拝借
豪華!!
だけど…16:30スタート+この後ライブ+自身の体調でほとんど食べられず。
みんなガツガツ食ってた。すげーなぁ。
そしてまたバスに乗り、ライブ会場へ。

-移動-

VTR-3。
ライブ前諸注意事項説明。「スッキリ」をもじって「モッキリ」
キャスター設定で空気椅子でやらされたりとw赤メガネが可愛い
何回もリテイクされて結局無しにされたり、などいじられてました
とりあえず言いたいのは「飛ぶな」ってことなんでしょうw会場の構造上、ジャンプ禁止とのこと
gdgdなまま終わってライブへ…


その1終わり。ライブは個別に書くのでその2へ続く

2012-10-24

新人王列伝

野球もシーズンが終わって
今年はルーキーが大豊作でしたね
野村、菊地、田島、高橋周、高木京、田原、江柄子、高城、伊藤、歳内
武田、釜田、島内、安達、岡島、藤岡、中後、益田、十亀、小石、森内
思いついただけでもこんだけいる

どの時代も、どのジャンルでもルーキーの活躍は嬉しいものです
そんなわけで、自分のやってるランキングで歴代の新人王を振り返ってみよう
※代表曲は世間的な代表曲ではなく、自分のトコで多く点を稼いだ曲を3つ挙げてます

1997年
Kinki Kids
97年:ガラスの少年、愛されるより愛したい
代表曲:夏の王様、ガラスの少年、雨のMelody
世間的にもジャニーズの超大型新人として大旋風を巻き起こしました
当時8歳の私にはその華やかな存在はとても眩しかったですね
現実でもギネスに認定されたように、私のところでも歴代TOP10に入る
レジェンド級の活躍を見せてくれていました。
Kinkiが良かったのは2000年代に入っても上位に入りまくったこと
僕の背中には羽がある、永遠のBLOODS、ね、がんばるよ、スワンソングなど
ジャニーズNo.1は間違いないでしょう

1998年
aiko
97年:桜の時、花火
代表曲:花火、初恋、アンドロメダ
世間では黄金世代とされている98年。
同期にはモー娘。、あゆ、MISIA、椎名林檎、ゆず、宇多田ヒカルという凄い顔ぶれ
自分の中で良いスタートを切ったのはaikoだったんですね…変じゃないけど意外かも。
もちろん、世間での活躍は言うまでもありません。
あゆ人気に陰りが見えて 到来した女性歌手氷河期の時代も
時には先頭に立って邦楽界を引っ張った功労者です
私の中でも1年の爆発というよりは、永く永く活躍してくれた人ですね だからこそ意外
多く稼いだ曲は花火、初恋、アンドロメダ、三国駅、ロージーなど

1999年
ポルノグラフィティ
99年:アポロ
代表曲:サウダージ、ミュージックアワー、アゲハ蝶
うーんここまでは文句無しの並びですね
同期は嵐、倉木麻衣など
この後は自分の中で歴代5位には入る、レジェンド級の大黒柱として君臨してくれた
ここ近年はちょっと上位に入ることは無くなっちゃったけど、当時は本当に凄かったですね
サウダージ、アゲハ蝶、ミュージックアワーの他にもサボテン、mugen、メリッサ、愛が呼ぶ方へ、シスターも年間10位入りしてたっけな

2000年
倉木麻衣
2000年:Love,Day after tomorrow、stay by my side、Secret of my heart
代表曲:Love,Day after tomorrow、always、冷たい海
実は数々の女性売上記録を保持している倉木さん。
太く短く…と思いきや、今もしっかり活動して売れ続けている…100点満点の歌手生活でしょうね
実際デビューは99年ですが、売れたのは00年からだったのでこちらに入りました。
デビュー曲のほかにも、alwaysが非常にお気に入りです。
ここまでは見事に世間の趣向とマッチしていますね

2001年
ZONE
01年:GOOD DAYS、大爆発No.1、secret base~君がくれたもの~、世界のほんの片隅から
代表曲:secret base~君がくれたもの~、夢ノカケラ…、証
懐かしのZONE。
リアルでもレコ大最優秀新人を獲得してましたね
ケミストリー、w-inds.、中島美嘉とも競りましたが、secret baseが何と言っても年間でぶっちぎりましたからね
その後の活躍も立派なものでした
ELTが徐々に活動を縮小し始めて、ポルノが低迷し始める微妙な間に
自分の中では柱になってくれてました。
実質5年程度の活動期間でしたが、太く短く…一生忘れないであろうバンドルです。
他に稼いでくれたのは一雫、太陽のKiss、僕の手紙、HANABIなど。

2002年
day after tomorrow
02年:faraway、My faith
代表曲:DAY STAR(current)、moon gate(starry heavens)、Dear Friends
お、おう…ここらへんからちょっと危うくなってきますねw
大人の事情が見え隠れする中での解散となったdat。
新人を取ったこの年よりも、歌手別1位を取らんとする勢いの翌年がやばかった!
パワーと透明感を兼ね備えた才能溢れるmisono、大好きな五十嵐さんサウンド
出てきた当初から期待は積み重なる一方。My faithを皮切りに、一気に駆け上りました。
しかし2004年の蛍火以降は一気に活動ペースが減退。そのまま気持ちも離れ、ユニットも05年解散に…
03年の超大爆発で終わってしまった印象ですが、大きな大きな期待を寄せていたユニットだけに
非常に残念ですね…。このグループほど「もしも」を考えてしまうグループは無い。

2003年
玉置成実
03年:Believe、Realize、Prayer
代表曲:Reason、Believe、Realize
お、おう…w今も活動されておられるようです
当時大ブームだったガンダムSEEDの主題歌で鳴物入りでデビュー。
確かアクターズスクール出身でしょうか?
年齢に見合わない歌唱力とダンス、またスピード感のある楽曲が際立ち
鮮烈なデビューを飾ってぶっちぎりで新人賞に。
また翌年のReasonはさらに磨きがかかり、年間3位に入る大躍進
しかし、この3曲以降はまったく琴線に触れず……
残念新人賞だったかもしれません…。

2004年
大塚愛
04年:桃ノ花ビラ、さくらんぼ、甘えんぼ、Happy Days、金魚花火、大好きだよ
代表曲:ユメクイ、さくらんぼ、プラネタリウム
伝説の始まり こちらも世間でも最優秀新人を獲得していましたね
圧倒的な活動量でどんどん上位に曲を送り込み
初めて新人にて歌手別年間1位になったりと彗星のように出現
05年もプラネタリウム、ネコに風船、ビー玉でトップ
06年に至ってはフレンジャー、ユメクイ、恋愛写真で上半期・下半期・総合・アルバムを初めて全制覇
高校時代の濃い時期に3年間圧倒的なトップに居座り続けました。
当然歴代でもトップクラスの存在…いやなかなか出てこないでしょうね
その後もPEACH、ロケットスニーカー、バイバイ、LUCKY STARなどコンスタントに上位に入りました。
今は家庭を持ち活動も大きく縮小。
しかし12月よりバンドを組んで活動再開すると告知・・・どうなるかな!?

2005年
伊藤由奈
05年:ENDLESS STORY
代表曲:ENDLESS STORY、Faith、Truth
お、おう…
この年はNANAが映画化されて大ブームでしたね
ENDLESS STORYはシンプルな作りながらも非常に丁寧な完成品だったなぁという印象です
あまり将来性は感じられなかったけど
同期のYUI、絢香の2人はまだ様子見してしまってたんですね。。。
現在はすっかり表舞台で見なくなってしまった。残念新人賞でした。。

2006年
Aqua Timez
06年:決意の朝に、千の夜を超えて
代表曲:決意の朝に、ALONES、小さな掌
インディーズ時代から売れていたのでブレイク時代はもっと前
この年はいきものがかりという大型ルーキーもいたけど、この段階ではAquaが上だったんですね
特に「決意の朝に」は大学受験を控えていた身には単純ながら良い応援歌でした
本領はALONES、小さな掌が上位に入った07年。大塚愛が一歩退いた混戦の年で、頑張ってくれました
08年の虹を境に後はフェードアウト…2年半くらいだったでしょうか。
でもがっかり新人賞とは思えない、大事な時期に出てくれたグループです

2007年
Buono!
07年:ホントのじぶん
代表曲:初恋サイダー、ロッタラ ロッタラ、恋愛ライダー
伝説の始まり 今や完全にBuono!1強時代です。
ホントのじぶんを見たときの衝撃!
とっても馴染みやすいけどカッコよく、可愛い
翌年以降の大躍進はもう書くまでもありませんね
そう考えるともう5年か…
といいつつ、ここら辺からだんだんと世間から剥離し始めてしまうわけですが…

2008年
GIRL NEXT DOOR
08年:偶然の確率、Drive away、情熱の代償
代表曲:Infinity、Be your wings、Drive away
wwwwwwwwwwwwwwwwwwww
草を生やさずにはいられない
本当に期待してたんですよ…特にDrive awayは良かった
元day after tomorrowの鈴木さんが所属しているだけあって昔ながらのエイベサウンド
翌年のBe your wingsまではかなり奮闘しましたが、それ以降は楽曲も露出も下がって…
恐らく一番のがっかり新人王かもしれません。。

2009年
supercell、ステレオポニー
09年(supercell):君の知らない物語
09年(ステレオポニー):スマイライフ、ツキアカリのミチシルベ
代表曲(supercell):さよならメモリーズ、君の知らない物語、告白
代表曲(ステレオポニー):ツキアカリのミチシルベ、小さな魔法、スマイライフ
この年は選びきれずに後に2組選出したんでした
まずはsupercell…他の歌手とは違い、出所が非常に特殊なグループでした
バンドではなく、イラストクリエイターまでメンバー
そしてボーカルは固定しない…ryoさんを中心に活動
バックアップには西川進さんや山口寛雄さんなど、豪華な顔ぶれがサポートに入ってました
無名の中で「君の知らない物語」でのデビューは世間でも鮮烈だったと思います。
私も知ったのは有線から…曲が1つの物語になっていて、聞き入ってしまいました
supercellはボーカル変更も経たものの、翌年以降も大活躍。
Buono!不在時にしっかりと自分を繋ぎとめてくれたり
アルバム「Today is Beautiful day」は唯一Buono!に風穴を開けたりと
今でも大黒柱の1つでしょう。ゴールデンルーキーです

そして先日解散を発表したステレオポニー・・・
実はデビューは前年なんですよね。
こちらは先日記述したので割愛しますが
1組に絞れないほどこの2組は悩みました。豊作ですね

2010年
miwa
10年:Don't cry any more、リトルガール、chAngE、オトシモノ
代表曲:441、ヒカリへ、chAngE
久々の正統派シンガーソングライター!
デビュー曲からドラマ主題歌に使われたりとプッシュされてましたね。可愛いし。
リトルガールでアブリルみたいな曲歌ってるなぁと思ったら
chAngEで西川さんアレンジのキャッチーな曲になったりと
それは今年に入っても「ヒカリへ」が売れたりと、路線が定まっていない印象です。
むしろ固めないのかな?
ただ生歌は怖そうですが、楽しみな存在だったので迷わず選びましたね

2011年
LiSA
11年:oath sign
代表曲:oath sign、crossing field
まだ2ndまでしか出してませんが
既に柱になりつつある超新星!
澄んでるけどパワフルな歌声、唯一無二です。

終わり

2012-10-21

ステレオポニー

遅れましたが、先日ステレオポニー解散が発表されました

まあ個人的には毎回シングル・アルバムをチェックする程度と言えばそれまでだけど…
来週シングルを発売する予定だったし、今年もアルバムリリース・ツアーとしっかり活動してくれて
来年も活動してくれるんだと思いきっていた。
なのでショックは結構大きいですね…

ヒトヒラのハナビラだデビューし、世間的に有名になったのは「泪のムコウ」でしょうね
ガンダムの主題歌でオリコン3位にも入りました
そして個人的に聞き始めたのは、次の「I do it」から
作詞・作曲はYUIと当時YUIが大黒柱だった自分にとってはすぐ食いつき
泪のムコウでは見せなかったAIMIボーカルの力強さ

その後アルバム「ハイド、ランジアが咲いている」ではロックというよりはポップな曲が多く
路線が分からないものの、器用なのかなーという印象を持った
もうしばらく見続けることに

そして「スマイライフ」個人的にはここから一気に大躍進!
超底抜けに明るい曲で、AIMIの声とピッタリ
何といってもドラム!!ドドドドドと走るドラムはスピード感を与えてくれました
新たな魅力を発見したところで一番有名な曲かもしれない「ツキアカリのミチシルベ」リリース。
明るいスマイライフとは打って変わって歌詞もアレンジも地の底を行くような暗い1曲
この2曲はとにかく面白かった!
09年、大躍進として自分の中で中心グループになりました。

2010年は個人的なランキングのアレで
歌手別8位に入るという続伸!
「ツキアカリのミチシルベ」とカバーながら激しいアレンジにして人気曲に昇華した「はんぶんこ」
底抜けに明るい、2ndアルバム先行シングルの「OVER DRIVE」
そして優しい世界観が魅力的な「小さな魔法」
2ndアルバムも星屑カンテラはじめ、気に入った曲多かったな。
そしてこの年に初めてツアー参戦。
想像以上にパワーあふれるパフォーマンス!!!
この年はBuono!が活動停滞。いきものがかりの休養も発表されて苦しい中でしたが
LiSA(当時ガルデモ)、supercellとともに柱の1人になってくれていました。

11年には「小さな魔法」が年間12位に。「ありがとう」はハマらなかったものの、地位は高く…
3rdアルバム「More!More!!More!!!」もパワフルでスピード感のある曲が多くて良かったんですが……


ステレオポニーは曲ごとの世界観がしっかり分かれてて、また分かりやすく綺麗で
その幅広さとぶれないパワーが大好きでした。
柱を1つ失うことになってしまいます。
非常につらいですが……解散コンサートはぜひ行きたいな。

2012-10-21

10/14 モーニング娘。「コンサートツアー2012秋~カラフルキャラクター~」

@川ロソソアホール(リリアホール)

2日連続の娘コン・・・やっぱり今がモチベピークかもしれないなぁw
この日は寒かった

知り合いと合流して入場
昼18列、夜17列で番号は同じとかww
相変わらず横幅が狭い会場。

昼は1つ空いてて結構動けた。
夜は通路+1席空いているのにズレてくれないオドリスト。
いや、タイガーでズレないのは何も言うまいが
お前もオドリストならそこは配慮すべきっしょ…
夜は狭い狭い…てか女ヲタクソ多かったな

この日は工藤の川口凱旋。
正直、埼玉・神奈川・千葉・東京で凱旋は疑問符が付くけど
ヲタがノリノリなら良いんじゃないんでしょうか
すっかり互いに慣れちゃってまったく生産性の無いかななんのOPアクトを終えて
開演!

セットリスト
1. One・Two・Three
2. The 摩天楼ショー
MC
3. What's Up? 愛はどうなのよ~
VTR
4. 笑って!YOU / 譜久村・生田・鞘師・鈴木・飯窪・石田・佐藤・工藤
5. 私の時代! / モーニング娘。ロッキーズ(BD:9期・10期)
MC
6. 地球が泣いている
7. ブラボー!
MC (回変わり)
8. アイサレタイノニ… / モーニング娘。9期
9. 青春ど真ん中 / モーニング娘。10期
10. 涙一滴/ 田中れいな
11. ラララのピピピ / 道重さゆみ(BD:金子・室田)
12. 彼と一緒にお店がしたい
MC 昼:れいなに挑戦 夜:過去の娘。コンサート映像見て過去を振り返り「いきまっしょい?02年」
13. 昼:CRAZY ABOUT YOU / 鞘師・石田 夜:普通の少女A / 田中・工藤・佐藤
14. メドレー
  雨の降らない星では愛せないだろう? ~ 気まぐれプリンセスとFantasyが始まるのミックス
   ~ SEXY BOY~そよ風に寄り添って~とI'm Lucky girlのミックス ~ OK YEAH!
15. リゾナント ブルー
16. 恋愛ハンター
17. ドッカ~ン カプリッチオ
ラストMC
18. ゼロから始まる青春
アンコール
19. ワクテカ Take a chance
MC
20. Be Alive


昼はりほりほT着て赤サイ振ろうと思ったら接触不良で全然つかず。
外傷も無いし、朝は普通に着いてたんだけど…
これはれいなの呪いってことにしよう……w
ここ最近はすっかりれいなだったけど、別に飽きたとかでもなく
下から凄い勢いで突き上げてきた感じ
まあ2人推しに戻った感じですかね

・ハル
この日は工藤の凱旋ということでいつもよりフォーカスされてたし
自分もいつもより多く見ることに
とにかくこの日は全開!若々しく、動きも大きく楽しそうにやってた印象
特に面白いというか書きたいような動きは無かったけど
「若いなぁ…」とじっちゃんは羨ましく目を細めるのであった
ただ、サイ祭りを本人が要求するのはちょっと違うなーと思った。
まあ本当に素直な子供なんだろう…期待してるし応援はするけど
今の段階では自ら推すことは無さそう

・ズッキ欠席
そして昼も相変わらずボロボロだったズッキは夜はついにドクターストップ。
パートは鞘師とフクちゃん2人でカバーしてました。あれ?9期ってもう1人いたような…
まあ鞘師は良いとしてフクちゃんができる子ってことにしよう

・クレアバ
中野では結構露骨な差を感じたこの曲だけど
この日のだーいしは緊張が解けたのか凄い気迫を感じた
歌もダンスも前回より数段上で、素直に関心してしまった
プライド高い鞘師もそうなればギア上げるわけで
何か凄い気迫と意地がぶつかる、固唾を飲んだ4分間になりましたね
終わった瞬間「おぉー・・・!」と声を漏らしてしまうほど
やっぱこの2人凄い好きですわ

・カプリチオ
「逆転サヨナラホームラン」のバット振るフリ
あれ毎回誰かのフォームを真似してるんだよね←
埼玉だし、今日昼は嶋 夜は中島をチョイス


サイ祭りもしっかり成功。
「オープニングの瞬間、泣きそうになってた。実は、ほとんど泣いてた」
と言ってたし良かったですね

しかしりほりほが可愛すぎてどうしたら良いかわかんねぇ

以上

2012-10-18

10/13 モーニング娘。「コンサートツアー2012秋~カラフルキャラクター~」

@八王子オリンパスホール

今回は昼のみ。
夜は昭島に住んでいる地元の友達と飲みたかったので…

ちょっと来る前に家のことで面倒があったけど
先日のイベントを境に何だか初めての感情がもやもやと駆け巡る中の八王子
気が付いたらりほTを買っていた

知り合いからフクちゃんバースデーTを受け取る。あげろとw
とりあえずおモノノフより お帰りなさい

席は1階R1-2
この縦に伸びた1階RとLだけど、これが凄いアタリ!
実質7列くらいで、ちょっと高い位置からしっかりと見える
前も遮るものは無く、視界は超良好
横も縦も広く、動きたくなったらそれはそれでOK
ただ天井が低いことと、スピーカーが近いので耳が痛くなるくらいかな
荷物も後ろに置けるし、MCも座って聞いたりと自分のペースで伸び伸び鑑賞できる。マジ最高。

開演!

セットリスト
1. One・Two・Three
2. The 摩天楼ショー
MC
3. What's Up? 愛はどうなのよ~
VTR
4. 笑って!YOU / 譜久村・生田・鞘師・鈴木・飯窪・石田・佐藤・工藤
5. 私の時代! / モーニング娘。ロッキーズ(BD:9期・10期)
MC
6. 地球が泣いている
7. ブラボー!
MC (回変わり)
8. アイサレタイノニ… / モーニング娘。9期
9. 青春ど真ん中 / モーニング娘。10期
10. 涙一滴/ 田中れいな
11. ラララのピピピ / 道重さゆみ(BD:金子・室田)
12. 彼と一緒にお店がしたい
MC 昼:れいなに挑戦 夜:過去の娘。コンサート映像見て過去を振り返り「いきまっしょい?02年」
13. 私の魅力に気づかない鈍感な人 / 佐藤
14. メドレー
  雨の降らない星では愛せないだろう? ~ 気まぐれプリンセスとFantasyが始まるのミックス
   ~ SEXY BOY~そよ風に寄り添って~とI'm Lucky girlのミックス ~ OK YEAH!
15. リゾナント ブルー
16. 恋愛ハンター
17. ドッカ~ン カプリッチオ
ラストMC
18. ゼロから始まる青春
アンコール
19. ワクテカ Take a chance
MC
20. Be Alive


うーーん近い位置で、前も遮るものはない!
自然と各メンバーも目に入ってくるので楽しい120分でした。
1人1人メンバーの感想が描けちゃうくらい。

・まーちゃん
正直動きはまだアレなんだろうなーって感じだけど
とりあえずすっごく楽しそうなのは伝わってくるのが気持ちいいなーって
ゼロから~の時はれいなに何か話しかけてるんだね
まー鈍はそりゃ盛り上がったけど、意外に歌えてるのが驚き
たぶん歌いやすいんだろうね
とりあえずこの曲を封印するのはもったいないし良いと思います

・はる
川口の方が目立ってたので、その時に

・だーいし
だいぶ怪我も良くなったようで
動きが凄い滑らかで10期の中だと一番見ごたえあります
将来の1.5列目は確約されてる感じだけど
ぜひぜひ歌も上手くなって1列目に上ってほしいです

・メッシ
スタイルは抜群だしダンスも昔より上達して見栄えが良くなった…けど
やっぱり歌えてないし、見ててハラハラするw
一番今後が心配なメンバーです。何か居場所見つけてがんばれ

・ズッキ
連日のイベントの影響か、どうやら体調が最悪だった模様
涙が出るほどむせこんでたり…たぶん気管支炎なんだろうね
自分の慢性的なそれと症状が似てるし…
一番つらいのは咳そのものより、咳のせいで寝れないこと。
発症中は日中常に寝不足で頭がボンヤリしてます。
とにかく痛々しかった…お大事に

・生田
おもしれーなw
運動神経抜群で手足も長いので動きが面白い面白い
ブラボーの時の前蹴りとかめっちゃ綺麗だしね
でも知り合いの言う通り本当上半身だけでフリやってんだなw
所々ミスってるけど笑顔で力押ししてるし……
別の関西の知り合いが「あれはダンスやない、フリコピや」って言ったのが分かった気がする
ヲタが増えるのも分かる気がする。自分はちょっと本人のキャラ的に推すことは無いと思いますが

・フクちゃん
本当に目立つ。凄い動きが大きいw
話も結構面白く、歌もそこそこ歌えて…
卒業していったメンバーの中でも、どのヲタでも受け皿になりそうだし
ある意味すげー優秀なのかも
さゆと同じで娘。右翼派っぽいし
次のリーダーはこの人だろうなぁ…

・りほりほ
ほああああああああああああああああああああああああ><
かわいいよおおおおおおおおおおおおおおおおおお
って感じで握手会以降、すっかりりほりほに目覚めてしまったわけですが
見てると本当、楽しそうとかじゃなくて自信満々って感じで動くよね
実際「私が引っ張っていく」ていうことは既に言ってるし
またそれを一遍も疑っても無い感じね
10年前の高橋愛もこんな感じだったんですかね。自分は知らんけど…
まあその、ひたすら可愛い

・れいな
すげーなぁ…安定感抜群
今更新しい発見は無いけど、歌は凄い安定感
ダンスは気にならない程度の洗練された省エネ
本当に歌に特化してるよなぁ…と
ここ1年ヲタ減りまくったなーと思ったけど最近また増えてる印象
ていうか自分が入ったナインスマイルあたりは本当にれいなTばっかりだったっけ

・さゆ
改めて思ったけどさゆって身長結構高いよなぁ…
さゆももう安定感抜群。歌も安定しない方で安定してる感じというか、慣れたというかw
ラララのピピピを盛り上げ曲にさせちゃうあたり
やっぱ流石だなーって思うし(歌があれだけど)
喋らせても上手いし…(スタミナ無くてへろへろになっちゃうけど)
本当さゆリーダーで良かったね


収穫たくさんの公演でした。
たぶん、自分の娘熱は今が最高潮な気がする
ていうかりほりほ熱
八王子は良い会場だな・・・

夜は友人と終電逃すぐらいペラペラ喋りました。
リトルバスターズで盛り上がったり
最近飲みすぎだ…

2012-10-13

10/8 モーニング娘。「コンサートツアー2012秋~カラフルキャラクター~」

@中野サンプラザ

昼は9列、夜は24列。通路で快適でした

セットリスト
1. One・Two・Three
2. The 摩天楼ショー
MC
3. What's Up? 愛はどうなのよ~
VTR
4. 笑って!YOU / 譜久村・生田・鞘師・鈴木・飯窪・石田・佐藤・工藤
5. 私の時代! / モーニング娘。ロッキーズ(BD:9期・10期)
MC
6. 地球が泣いている
7. ブラボー!
MC (回変わり)
8. アイサレタイノニ… / モーニング娘。9期
9. 青春ど真ん中 / モーニング娘。10期
10. 涙一滴/ 田中れいな
11. ラララのピピピ / 道重さゆみ(BD:金子・室田)
12. 彼と一緒にお店がしたい
MC 昼:れいなに挑戦 夜:過去の娘。コンサート映像見て過去を振り返り「いきまっしょい?02年」
13. 昼:Crazy about you / 鞘師・石田 夜:抱いてよ!PLEASE GO ON/田中 
14. メドレー
  雨の降らない星では愛せないだろう? ~ 気まぐれプリンセスとFantasyが始まるのミックス
   ~ SEXY BOY~そよ風に寄り添って~とI'm Lucky girlのミックス ~ OK YEAH!
15. リゾナント ブルー
16. 恋愛ハンター
17. ドッカ~ン カプリッチオ
ラストMC
18. ゼロから始まる青春
アンコール
19. ワクテカ Take a chance
MC
20. Be Alive


2公演とも通路で全力で疲れたのと
体の調子が良かったのと

・Crazy about you
何といっても目玉はこれ。
だーいし捻挫の影響でようやく初披露できたとのこと
9期10期の実力派2人のステージなのでじーっと見て聞いてましたが…
特に歌は案外差があるんだなと…
だーいしが伸びないと今後詰みかねないし、怪我に負けず頑張ってほしいね
最後のフォーユーが 全然余裕が無いのか、まだ足が痛いのか
必死の形相がスクリーンに映ってしまってたw
まあこういう必死な姿は好きですが

・プリゴ
おぉ…出てきたときに既に大歓声。
曲が人気なんだろうけど、何かこういう流れはググっと来るよね
アホみたいに盛り上がりました。
しかし、原曲を聞いたことがない

昼9列で色々見ようと思ったけど
あんまり見てなかったなw

中野はこんな感じで・・・

2012-10-10

10/9 モーニング娘。発売記念イベント ワクテカ Take a chance

@Diver City Tokyo

仕事も上手い具合に余裕ができたので
いつもより早めに上がって参戦!

着いたら普通に握手券買えたので 知り合いの分も念のため抑えるため2枚購入
助かったね
この日はさゆ+9期の参加。れいな10期は亀戸でやってました。

2階の上手側、あんまり人もいないし見やすそう。
リハでワクテカ、アイサレタイノニをやりつつ
スタート!

1.アイサレタイノニ / 9期
2.ラララのピピピ / 道重(BD 鞘師・譜久村)
MC:さゆがワクテカするようなおねだり
3.ワクテカ Take a Chance


・アイサレタイノニ
何だか4人とも相当調子悪そうだった。
いや外だしライブ会場とは全然やりやすさが違うんだと思うけどね
しかししっかり「ア」「イ」「サ」「レ」「タ」「イ」「ノ」「ニ」を入れるヲタはさすがですわw

・ラララのピピピ
うおおおおおおおおおおおおおおおお
りほりほとフクちゃんのBDとか><
可愛いwwww
さゆには申し訳ないけど、2人ばかり目がいってしまったw

・MC
フクちゃんの独壇場。
「この服買ってほしいな」
「あなたの隣でこの服を着ていたいの…」
さゆが感動するぐらいの圧倒的な胸キュンポイントを獲得して優勝
本人いわく「勝因は少女マンガの読みすぎ」だそうでw
確かに凄かったwヲタはたまんなかったでしょうね
ちなみにワーストは生田でしょうw

・ワクテカ
れいないないし、パート割どうすんねんと思ったら
鞘師鞘師鞘師フクちゃん鞘師
おいおい権藤か……
れいながいなくなった後の娘。がさらに不安になった瞬間でもあった

さてあくしゅ
・ズッキ
顔が死んでて笑えない…
1人コートを羽織ってテスト勉強明けかよってぐらいぐったりした顔
本当に熱でもあったんじゃないんですかね…って心配になるぐらい
「だ、大丈夫?」と声をかけたら「あぁあはい大丈夫ですすみません…」って感じ

・りほりほ
うおあああああああああああああああああああああ
可愛いよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお><><><><><
「昨日のコンサートで筋肉痛で」
「私もですよ、うふふお大事に。。。」
うおあああああああああああああああああああああああ
可愛いよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお<><><><><
ほあああああああああああああああああああああ
何だこの気持ちは!?

・生田
完全に上の空だった
りほりほの後だったからしょうがないね…

・フクちゃん
「あの乙女チックなの、また今度やってください」
「えぇ……恥ずかしいです」
舞美タイプの握力強いタイプなんですね

・さゆ
「最近すごく楽しめてます、本当にありがとう」
「いえいえこちらこそ…」
ってちょっと真面目に締めておしまい


会社の人に見られてないかビクビクしたけど
まあ楽しかったです

とりあえず
りほりほ><><><
なんだこの悶えるような気持ちは!?
こんなのは初めてですぞ
赤サイ?スタンバイOKです

おわり


中野のコンサートはあとでかきます

2012-10-05

3Q終了しましたが

9月も終了しましたね!
上半期から3か月…色々と動きがありました。
そうそう、集計をついにExcelに変えました。
Excelは仕事上使えないわけじゃないけど、何か15年以上の意地で使ってなかった。

ここ数ヶ月で上位に入ったのは…
・太陽スキャンダル / SCANDAL
・crossing field / LiSA
・会いたい会いたい会いたいな / ℃-ute
・ヒカリへ / miwa
・不滅のスクラム / KAT-TUN

女性ボーカルばっかやんけ(´・ω・`)
℃はカップリングの悲しきヘブンがツボ
しかし去年2位3位の℃もKAT-TUNも帳尻併せてきてくれて嬉しいね

これから楽しみなのは
・ルミナス / ClariS
・銀色飛行船 / supercell
・名前の無い怪物 / EGOIST

女性やんけ(´・ω・`)てかryoさんばっかりやんけ
別に意識してないんですけどね
逆に今年はもう上位に入りそうなのがこれだけ。
ちょっとというか、過去最悪に寂しい年になりそうです。


歌手別で集計すると、2位争いが結構熱い
1位は独走しちゃってるんだけどね
しかし今年は新人が不足…

2012-10-01

9/29 スマイレージ 「ライブツアー2012秋~ちょいカワ番長~」

@横浜BLITZ

久しぶりのスマツアー
ゆうかりん脱退後としては初…ずいぶん日が空いた

正直、ゆうかりんが抜けて以降のスマは見てられず
今迄みたいに聞こうとも見ようとも思わなかった
ハロコンでしか見る機会が無く…
エースオブエースが抜けて、漂う終末感
とてもじゃないけど、いやとても見てられなかった…

それでもモベキマスの末っ子
行かなきゃね!ってことで参戦。

ツアー開始直後からチケットが売れず…と寺田氏に叱責されたりあやちょが怪我したり散々なスタート
知り合いに取ってもらった一般チケットも450番…おいおい大丈夫かよと
入場すると…椅子!?CDイベント以来の椅子ZEPPでした
人の少ない後方でゆったり…と思ってましたがこれはやられたな
昼は段差上で2席空いてたとこ、夜は7列目の通路でいざ開演!

セットリスト
01. 私 ちょいとカワイイ裏番長 (※来年発売のアルバム曲)
02. 同じ時給で働く友達の美人ママ
OPVTR 曲:シューティングスター
03. 好きよ純情反抗期。
04. プリーズミニスカポストウーマン!
MC 番長風自己紹介
05. 天真爛漫(※来年発売のアルバム曲)
06. 大人の途中(※来年発売のアルバム曲)
07. チャンス到来!
08. こんにちは こんばんは
MC 研修生自己紹介
09. かっちょ良い歌 / ハロプロ研修生
MC ちょいカワな出来事
10. 君は自転車 私は電車で帰宅
11. 自転車チリリン
12. 黄色い自転車とサンドウィッチ
13. 彼女になりたいっ!!! / ハロプロ研修生
14. メドレー(昼)
手を握って歩きたい→涙が止まらない放課後(中西)→ちょこっとLOVE→元気ピカッピカッ!(竹内)→ブギートレイン→涙GIRL
14. メドレー(夜)
恋人は心の応援団→歩いてる(勝田)→チュッ 夏パーティ→大阪恋の歌(田村)→ブギートレイン→涙GIRL
15. ドットビキニ
16. 有頂天LOVE
17. チョトマテクダサイ!
アンコール
MC
18. 夢見る15歳
19. スキちゃん
ダブルアンコール
20. 寒いね。


ちょっと余裕ないし1曲ごとには追っていきませんが
まだ終わってほしくないなーと思えた、収穫ある公演でした。

・セトリ
結構、ていうか露骨に現体制の曲で固めてきた印象
特に4人時代の曲は極力削った印象です
おかげでほとんどの曲が初聴な状態でした
知り合いにスマヲタいないからカップリング聞けないんだよねw
いや、それでも結構良曲揃ってるし
まだまだ力入ってんだな…と
ゆうかりんの亡霊が強すぎて、DDにも避けられちゃってるんだろうけど
それを払拭したいよね…良い選択だと思いました。

・メンバー

2期も随分成長したなーとは思った
特に力押しフルスイングな歌い方のタケちゃんねw
あんなパワーパワーパワーで押すのは面白いですわw
後は歌わせても踊っててもめいめいは見てて面白い…
けど、他のメンバーから見ると我が強すぎて好み分かれそうだよね
自分は自分からがっついていくだーいしとかも好きだけどね
ばくわらさんは案外安定感あることに気付いた
忘れてたけど、エッグ出身だもんね…w
かななんはかななんでした
花音はすっかり大黒柱だし、あやちょはお母さん状態だし
2人はやっぱり場数が違うなーって分かる

・ななみん
実は一番個人的に盛り上がったのは研修生の「かっちょいい歌」だったり
まあこの曲が℃でもベリでもやって凄い好きってのもあるけど
ななみんかわえええええええ><><><
ななみん11期入って欲しかった…けど、もうカリン様たちとユニット組ませた方がもっと面白いかも

・寒いね。
良曲だね。
久々に来たね。

・スキちゃん
このタオル回しは改悪としか思えぬ
青春ソングもそうだけど、普通にやってれば盛り上がるのに…
勢いというかスピード感が損なってる印象

思ったよりもずっと良い公演でした。
もう1度、4人時代のようなわくわく感を味わせてください。
てかこのままだと「2期が悪い」「ゆうかりんがいれば」って言われ続ける気がするし
3期入れ時は今だと思う。
プロフィール

あるせす

Author:あるせす
とりあえず気になったらコンサートに行ってみよう
という趣味

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる