fc2ブログ

2012-09-30

9/27 中川翔子「ギザ10しょこ【生】ツアー---!!2012」

@渋谷公会堂

久々のしょこたん。2年ぶりかな?
最近の新曲があまり好みじゃなかったのと
2年前の幕張が大満足だったので、一種の燃え尽き症候群ってことで行ってなかった

でも今回は10周年記念ツアー、新ミニアルバムもなかなか良かったので再参戦を決意!
正直、仕事が忙しい中での参戦で行けるか危なかったけど…
遅刻しつつも、2曲目で入場!

セットリスト
1.Dream Driver
2.pretty please chocolate on top
3.つよがり
4.メドレー
 せーので恋しちゃえ
 みつばちのささやき
 心のアンテナ
 Shiny GATE
 ラベンダー
5.souffle secret
6.Discovery
7.宇宙でプロポーズ
8.トキメキ☆ドリーマー
9.GAME
10.千の言葉と二人の秘密
11.甘宿り
12.涙の種、笑顔の花
13.RAY OF LIGHT
14.フライングヒューマノイド
15.ホリゾント
16.続く世界
17.空色デイズ
18.starry pink
——————————-
19.綺麗ア・ラ・モード
20.Brilliant Dream
21.calling location


Dream Driver聞きたかったけどなぁ…すまぬDECO27

・つよがり
これこんな良曲だったっけ!?
やっぱり現場で聞くと雰囲気変わるね。

・メドレー
うーん随分豪華なメドレーだなぁ…
後のMCで本人も言ってたけど、この渋谷での公演は凱旋公演なんだよね
その時はシングル3曲しか出してなく、アニソンカバーで強引にセトリ作ったんだと
それや今や全て入りきれないほど曲を貰って…という話。

・演出
○形のオブジェが並び、それをくぐるような舞台。
その○がイルミネーションになったり、非常に上手く使われていました。
ステージから上がったり、下に降りたり…
本当にハロで使ってるいつもの会場か!?と思っちゃうくらい、素晴らしい舞台でしたね
また曲の途中も、ダンサーを使った表現があった。
それを千の言葉と二人の秘密につなげたり…
曲の魅力を120%引き出す演出がたくさん。

・ホリゾント
岩里さん作詞。
やっぱり良かったなぁ…

・フライングヒューマノイド
人気曲になっていたようでなにより!僕の中で、2010年3位でした。


ちょっと時間も無いので省くけど
新曲もロックサウンドの曲が多く、非常に楽しかったです
バックバンドも相変わらず上手いし…やたらヘドバン好きだしw
本人のキャラと客の質が非常に特殊なので新規のハードルは相当高いけど
やってる内容は本当、誰が見ても一定以上の評価は貰えるぐらい
曲も演出も良く作られてると思う

次のツアーは全て曲を変えていくらしい。
やっぱりこの人のライブは面白い!
次もぜひ行ってみたい。
スポンサーサイト



2012-09-29

9/26 ポルノグラフィティ「12th ライヴサーキット PANORAMA×42」

@日本武道館

かつての大黒柱。
ELT・ラルク→ポルノ→大塚愛→YUI→Buono!
と続く大黒柱の系譜
仕事をむりやり切り上げて参戦!

席は2階南東。見やすい。てか未だに武道館1回を経験したことないなw

仕事で遅れて、途中から入場。ネオメロ聞きたかった。。

セットリスト
01.メリーゴーラウンド
02.2012 Spark
03.9.9㎡
04.ネオメロドラマティック
05.はなむけ
06.星球
07.素敵すぎてしまった
08.シスター
09.EXIT
10.カゲボウシ
11.Truly
12.カシオペヤの後悔
13.FLAG
14.電光石火
15.Century Lovers
16.ハネウマライダー
17.ワンモアタイム
18.サウダージ
19.メジャー
20.光のストーリー
—アンコール-
21.やがて哀しきロックンロール
22.ジレンマ


実力派と言うと若干違和感あるけど
ベテランの安定感あるパフォーマンス
アキヒトの縦横無尽に駆け回りながらあのパワー
若干路線変更してロック寄りになった新アルバム
今も色あせない過去の名曲たち
ワンモアタイムという新たなキラーチューン

言うことなしの満足感!!

余裕あれば曲ごとに追っていきます。

2012-09-23

劇団ゲキハロ第11回公演『キャッツアイ』A

@池袋サンシャイン劇場

現場無いし、周南までは厳しいし…
というわけで普段見ないゲキハロに参加
むしろこれ言っておかないと年内ベリを見れないことになるw
キャッツアイは見たことないけど

席は最後列。舞台は席とか周りのヲタのスタイルとか気にしなくていいのが楽ちん
そして無駄通路席ww

Aということで主演はまあさ・舞美・マイマイの3姉妹
父の作品を全て取戻し、ニュースに取り上げられ、どこかで生きているであろう父と再開したい、という3人
そんな中で、次女の瞳(まいみ)はキャッツアイ特捜班主任の若手刑事と交際しているけど…って話

まあ話は王道で凄く見やすかったです
舞美「大好き!」「私だけを見て!」
きっと会場にいる何人もが「うおおおおおおおおお」と思ってたことでしょう

感想5つ
・舞美が可愛い
・舞美が美しい
・舞美が端麗
・舞美が筋肉
・熊井ちゃんがデカい

しかしBパターンってどうするんだろう
Aでしっかり完結しちゃってたんだけど

2012-09-16

9/15 モーニング娘。「モーニング娘。誕生15周年記念コンサートツアー2012秋 ~ カラフルキャラクター」

@座間ハーモニーホール

娘コン初日。
名誉リーダーガキさんが抜けてますます世代交代が進む娘。
もちろん参戦

まず…
座間遠いんだよ!(涙
松戸は出禁くらったんだろうな…

昼:いつもんとこ
夜:いつもんとこ

生田黄緑か!?違和感が凄いかも
飯窪さんは黄色ではなくてハチミツ色なんだねw

この1~2年の娘の推しはフラフラしてたけど、今年に入ってからすっかりれいな固定に。
まあ、もう遠くない未来にこの人も卒業していくんだろうけど。。

かななんのカップリングを聞きつつ、開演!

セットリスト
1. One・Two・Three
2. The 摩天楼ショー
MC
3. What's Up? 愛はどうなのよ~
VTR
4. 笑って!YOU / 譜久村・生田・鞘師・鈴木・飯窪・石田・佐藤・工藤
5. 私の時代! / モーニング娘。ロッキーズ(BD:9期・10期)
MC
6. 地球が泣いている
7. ブラボー!
MC (回変わり)
8. アイサレタイノニ… / モーニング娘。9期
9. 青春ど真ん中 / モーニング娘。10期
10. 涙一滴/ 田中れいな
11. ラララのピピピ / 道重さゆみ(BD:金子・室田)
12. 彼と一緒にお店がしたい
MC 過去の娘。コンサート映像見て過去を振り返り最後にクイズ 道重・鞘師・飯窪 今回は「ピカピカコン」
13. 昼:「普通の少女A」 / 田中・佐藤・工藤 夜:愛の意味を教えて/道重・飯窪 
14. メドレー
  雨の降らない星では愛せないだろう? ~ 気まぐれプリンセスとFantasyが始まるのミックス
   ~ SEXY BOY~そよ風に寄り添って~とI'm Lucky girlのミックス ~ OK YEAH!
15. リゾナント ブルー
16. 恋愛ハンター
17. ドッカ~ン カプリッチオ
ラストMC
18. ゼロから始まる青春
アンコール
19. ワクテカ Take a chance
MC
20. Be Alive


アルバム曲はちゃんと聞いてからレビューします。
曲全体のレビューはまた次の参戦の時にしよう。
きっと印象も鮮明に残るはず

今回はメモだけで

・摩天楼ショー
良い!ただ開幕はもったいない

・ワッツアップ
アルバムの軸曲なんだろうなって感じの作り方してた。
この後すぐに映像につなげたのは凄く上手かった

・地球が泣いている
イントロはおっと思いましたが

・MC
昼:れいな、まさき
夜:さゆみずき
これは面白そう!
昼はひどすぎたw楽屋で常にコレだと疲れるだろうなw
夜はフクちゃんのアンパンマンについて力説。さゆはまったく興味を示さず

・ラララのピピピ
りっちゃんとむろたんwww

・彼と一緒に
何回連続で入ったんだコレw
ここらへんはリハ不足で入ったせいで入れざるを得なかったんだろうね…

・MC
昼は過去のライブ映像を振り返ってた。07年ボンキュツアーですね
夜は田中れいなに挑戦とかいうコーナー。お題は「まずい料理屋で味を聞かれた時の感想」
フクちゃん「下々の口には合いませんでしたか?w」と生田を煽ったのはすげー面白かったw

・メドレー
超HAPPYソングで寺田はんが楽しくなっちゃったのか
MIXするような構成が多かったです。
雨ふらも懐かしいな…ジュンジュンとリンリンを思い出した。
気まプリも懐かしかった…けど自然と高まる会場!
最近TopYellでも特集合ったけど
当時は非難も多かったプラチナ期だけど、今思い返すと決して間違いではなかったと思う
つーかセクボが来た時の会場の盛り上がりwwwww
流動的であろう娘。とはいえ、さすが人気投票で何度もナンバー1に輝いた1曲です
フリが特別楽しいわけじゃないけど、雰囲気が楽しい。

・リゾナントブルー
イントロの瞬間、いくつもの感情が生まれてくる
またやってくれた嬉しさと、驚きと、もう封印してて欲しかった気持ちと…
高橋さんのパートはほとんど鞘師が継いで、ところどころでれいながフォロー
ガキさんはだーいし さゆが前に出たりとフォーメーションも試行錯誤の跡が見えました
やっぱりやれば楽しさも見ごたえも聞きごたえも他の曲とははっきり言って比べ物にならない
すごい曲です
鞘師は本当に高橋さんの跡を歩いていくんだろうなと改めて実感した。
同時に、応援はするけどもう「赤サイを持つ」という選択肢は無くなった

・恋愛ハンター
うーんこの2曲連続は凄いな
ここまで化けるとは思わなかったww
ガキさんパートはほとんどれいな。れいなれいな鞘師れいな
おいおい権藤か

・ワクテカ
見ごたえはあったし化けそうな気がしないでもない



最初と最後は11期のODAちゃんも顔出したり。
1人加入は後藤さんみたいに周りを黙らせる天性的な存在感か
小春みたいな心臓に毛が生えたようなメンタルが無いとしんどいだろうに
でも歌を買われての加入なので、そこは楽しみですね
顔はなんか誰かに凄い似てるんだけど思い出せない

ライブは…新アルバムツアー、無難にまとめた感じでした
何か最近地平本願みたいなアレンジが多い気がする
似たような曲が多くてちょっと印象が薄かった。
かと言ってラララのピピピみたいなのは1曲で良いですがw
思ったより良かったけど、前回と比べるとアレかもしれません

まあ、リゾナント復活に尽きます。
アルバム聞いて入ればまた違った印象を受けるでしょう、次は中野かな?

2012-09-10

9/8-9 大塚 愛「LOVE IS BORN ~9th Anniversary 2012~」

@日比谷野外大音楽堂

2年ぶり…随分長かったような、短かったような
自分の中では特別の中の特別、一生ついていこうと意思を固めている大塚さんの復帰ツアー
そりゃ当然行きます。

座席は8日はC7列中央、9日は知り合いと連番で左最後列。
高くて申し訳ない…

後ほど書くけど、この人には思い入れがありすぎる。固まりと言っても良い
超満員でグッズも売り切れ御礼で嬉しく思いつつ…
今、2年前に止まっていた時が動き出す。開演!

セットリスト
1.ヒカリ
2.さくらんぼ
3.フレンジャー
4.pretty voice
5.チケット
6.ごめんね。
7.One×Time
8.ユメクイ
9.クムリウタ
10.桃ノ花ビラ
11.プラネタリウム
12.Is
13.アクション10.5
14.LUCKY☆STAR
15.ポンポン
16.ロケットスニーカー
17.未来タクシー
(EC)
18.向日葵
19.Birthday Song
20.CHU-LIP
(WEC)
21.バイバイ


順に追っていきましょう

・ヒカリ
定刻と同時に、ステージメンバーが登場
最初はストリングスでしっとりと「愛」を演奏し、その後に「ヒカリ」に繋げてた
そのヒカリでは本人は登場せず、歌は普通にオケで流れている感じ
この曲は昨年だったかな?ひっそりと配信限定でリリースされた1枚。
活動休止前に多かった、優しめなバラードです。正直、フルでは初めて聞いた…

ジャーンとギターが鳴って人差し指を上に向ける
あぁー…何度もやって何度も聞いたアレですね
・さくらんぼ
当然っちゃ当然だけど、ツアー皆勤賞の1曲
そりゃ誰もが疑わない代名詞ですからね
当の自分もやっぱりこの曲で大きく評価が上がった。
今聞いても古臭くなく、スカを上手く取り入れたJPOPの完成系の1つ!…と今も信じて疑いません。
可愛いくもスピード感があり、おもちゃ箱のような飽きない1曲
ランキングを見てみると、自分が高1の時…2004年に年間2位でしたね
デビューは桃ノ花ビラですが、この曲こそが始まりの1曲だと思います。
ていうかまさかこの代名詞を2曲目に持ってくるとは…どうなるんだ!?という期待。
なお、本人はさくらんぼが食べられないもよう

・フレンジャー
アッパーチューンが2曲続く
これもさくらんぼと同じく盛り上がりの形が決まっているので、最初に良いかもね
しかしあんまり声出てないなぁ…
昔のようなスピード感とパワーと勢いが感じられないw
もう30歳のママさんだししょうがないかもしれないけどね
この曲はプラネタリウム・LOVE COOKと最高潮の勢いの後に出した1枚。
自分も期待してましたが、何だかんだでポップでキャッチーだったので安心した記憶がありますね
ていうかこのころが凄く可愛かった←
「生きるからこそもっと燃える それは赤いハート」ってフレーズは凄く好きだった。

・プリティボイス
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
コンサートでやってほしい曲1位!!
そして1stアルバムの1曲目ということもあり、根強いファンが多い1曲です。
曲としては初期の大塚愛に多かったスカを取り入れたポップナンバー。
ていうかさくらんぼ系ですね。
終始楽しく、終盤はさらに勢いづいて力強く

・チケット
これも人気曲。
ポケットのカップリング曲ながら、馴染み易さと献身的な歌詞で女性人気が高かったのかな
「~あるでしょう」と連なっていく歌詞。何だか素敵だと思います
何より一番好きなのは、最初の伴奏
あの軽いメロディで始まるのがたまりませんね

MC
ここでツアータオル「久しぶり。」タオルを掲げる。
これがやりたかっただけだろwww手抜きかと思ったら…
そして近況報告。初日では第一声が「…何してた?」だったり

そして休んでいる間は絵本とか書いてた、という話に。
その絵本に収録されている曲が
・ごめんね。
初めて聞いたけど、ヒカリににたタイプのミディアムナンバーですね
歌詞はヒカリと違ってちょっとダークな雰囲気でした。

・One×Time
バンドの方々はいったん引いて、大塚愛得意のフワフワしたアレンジの曲へ
さくらんぼやプリボみたいにスカを取り入れたりした、明るいポップ
プラネタリウムやポケットなどの恋愛バラードのイメージが強いですが
自分が一番好きなのは、金魚花火やこの曲やビー玉のような
夢の中をふよふよと漂うような、夢遊感を感じさせてくれる曲が凄く好き
最後にバンドの人とハモるところは綺麗ですね
しかしAメロの低い部分はまったく声出てなかったなw

OneTimeと繋ぐように、音が流れる
まだ曲自体は流れてないけど、何故か瞬間的に全身の毛が逆立つような感覚がやってきた
ここ数年はBuono!でしか味わえていないこの極上の興奮
本能で次の曲を察していた
・ユメクイ
「僕は いま 夢旅の なか…」と始まり、天を仰ぐ
待った…本当に待ち続けました 大塚愛の中で一番好きな曲
PVも含め、この曲の世界観が本当に好き
紫色の空と、夜を旅しているような、幻想的な夢遊感
それを演出するのはAメロから奏でる高音のギター
夢遊感の中でも、漂うのではなく歩いているような、地に足が付いている感覚は
前面に押し出した本人も「凄く考え抜いた」というベース
そして低音を中心としつつ、言葉を普段よりもしっかりと発するボーカル
ユメクイの「ク」の息が漏れるのが好き
曲が進むと、Bメロ後の間奏も良い
「君のそばでずっと夢を見る」→ドラム→最後のギター
この流れが余韻を切らさない、一番好きな部分です
……というように、死ぬほど聞きまくった大好きな1曲
もうただただ嬉しくて嬉しくて仕方なかったです
Buono!でしか味わえない感覚と書いたけど、そもそも最初に味わせてくれたのはこの人だった
初めてのコンサートを思い出します。
やっぱりご主人様でした。

ここからは座って本人ピアノ演奏の
・クムリウタ→桃ノ花ビラ
この2曲は1番だけやって繋いでましたね
曲の雰囲気もそうだけど、外もちょうど暗くなってきてて良い雰囲気でした。
しかしこちらの方が声が出ている…もうちょっと多くやってほしかったな
桃ノ花ビラからは2002/9/10リリース。もう10年か……何だか信じられない。
三味線を使ったアレンジで、面白い人が出てきたなーと思ってました。

・プラネタリウム
おお…2年前の赤レンガで花火が打ちあがった記憶がよみがえる。
今回はピアノでしっとりと歌い上げていました。
この曲は本当はやったし、良い意味でも悪い意味でも話題になったな。

・Is
伴奏→途中からバンド、後半戦へ
LOVE is BESTに収録された1曲、後半のライブでは良く歌われてました
「あなたの隣で綺麗でいよう」という歌詞は、とても印象的です。

・アクション10.5
配信限定曲。赤レンガで歌われてたかな。
ダンサーも出てきて、本人も踊ったりで
いつもの大塚コンの雰囲気ですね

・ラッキースター
こちらはゾッ婚ディションのカップリング
確か休養の2つ前のシングルでしたね
ダンサーと一緒のパフォーマンスでした。
ラーソファミレーと聞こえるサビは結構面白い
そして口笛を入れた間奏・・・後期の中では好きな曲の1つですね

・ポンポン
出たこれwずっとポンポン言ってるバンドナンバー
一番盛り上がってる時は、客はみんな飛び跳ねているんですよね
とは言え客も2年ぶり、手を上にかざす程度でした
会場ではボールが投げられてたり…なんと、こういうのに縁が無いのですが
ボールを取れてしまいましたw完全に棚ボタでしたが(暗すぎて誰も気づかず、自分の頭に当たる)
しかし暗くてボールが見えないww
定番局ですが、曲としてはアレなので、正直ipodでは飛ばしてました…w

・ロケットスニーカー
これも定番曲!!
イントロの前から「来る!」と分かった
定番の○○っこは、日比谷っ子になってました
もう全盛期の勢いから自分の熱も一歩下がった状態でしたが
OneTimeと併せて発売され、相変わらず面白い1曲で安心した記憶があります。
大塚愛には珍しく、伴奏が心地よく荒ぶる1曲
08年11位か

・未来タクシー
もうお馴染みの1曲!!
ずっと手を振って疲れるものの、サイリウムが映えて盛り上がるので
毎回後半戦に持ってくる、LOVE PiECE収録の1曲。
これもユメクイと似た、歌詞も雰囲気も幻想的な1曲。
これが出てきてからはHappy daysとかはやらなくなったな・・・それはそれで寂しい。

アンコールは安定の「もう1回」コール。

・向日葵
おー…デビューシングル「桃ノ花ビラ」カップリング。
懐かしいけど、結構披露されてるのでそこまで懐かしくは無いかもw
復帰コンサートを彩る選曲だと思います。

・バースディ
今回は復帰コンサート、という名目ですが
Love is bornは一夜限りのそもそも大塚愛生誕コンサート。
30歳の誕生日をケーキと曲の合唱とともにお祝いしました。
そしてバンドメンバーの紹介も…だいぶメンツは変わりましたね。寂しい
そこでチャーリーが出てきたときの盛り上がりwww
相変わらずの人気ですなぁ
しかし30歳…大塚愛(30)と書くと何ともいえないw
応援始めた当時、自分は14歳、大塚さんは23歳だったっけな
自分も年とりましたわww

・CHU-LIP
うん…出てしまいましたかw
定番曲なんだけど、毎回客とステージの盛り上がりのギャップを感じてしまう曲
雨の中、長々とやられたりとかあまり良い思い出がないw
まあそれも味わい深いってことにしておきましょうw
でもこの日は短めでシンプルな構成。こう聞くと良いんだな
そして今回からアレンジが変わって、サビのドラムが凄く良い!
まさかの覚醒、あるで(棒読み)

ここでまたはけつつも、まだ続く雰囲気。もう1回コール

・MC
今までの感謝の話とか。
事務所…エイベからは、ここ最近は本当好きに活動させてもらったらしい。
エイベと言ったらきついイメージあるけど、好待遇だったんですね…
確かにあゆがちょっとペース鈍ってきて、EXILEと倖田が出てくる前の厳しい谷間を
この人とBoAとかDAIが埋めてたんだよね。
なおかつ自分で作って自分で歌える
事務所的には数字以上の貢献だったのかもしれませんね。
またお会いしましょう、という話をして最後の1曲

・バイバイ
おおおおおおおお!!!!!!!!
大塚愛後期の中でトップクラスに好きな曲
Bメロの明るさとドラムが凄く好き
最後はフレンズか愛だと思ってたから驚いたな。
バイバイだけど、またねーって感じの終わり方。
すらっと飲まないとw

最後にマイク無しで「ただいまー!!」と叫び、ファンが「おかえりーーー!!!」と言って終了。
2年のブランクがある中、2時間の公演をやり遂げてくれました。


うーん…他のコンサートとは思い入れが違いましたね
正直参戦する前は静かに眺めることになるかな、と思ってたんだけど
やっぱり、過去を見てみると高校3年間一番聞いていたこの人
イントロの瞬間、当時の記憶やライブの思い出もふっと浮かび上がってくる
そしてユメクイの瞬間…原点に返ってきた感じ。
本当に思い出させてくれるような、濃密な2時間でした。

またCD出すようなら、プレミアム会員も入りましょうかね
自分のランキング見てると、3連覇してたりやっぱりレジェント級
もうずっと応援し続けるんだろうな

2012-09-04

9/2 Buono!「PIZZA-LA Presents Buono! Delivery LIVE 2012 ~愛をお届け!~」

@なんばハッチ

あっという間の千秋楽。。
6公演は短いなぁ。

番号は800番くらい。
もうこのあたりになると関係ないなw

知り合いと話したりで、いざ開演!

01. FEVER
02. ホントのじぶん
03. JUICY HE@RT
04. Independent Girl~独立女子であるために
05. ロッタラ ロッタラ
06. Kiss! Kiss! Kiss!
07. 未来ドライブ
08. うらはら / 嗣永桃子
09. Blue-Sky-Blue / 夏焼雅
10. My alright sky / 鈴木愛理
11. 夏の星空
12. Never gonna stop!
13. 泣き虫少年
14. ロックの神様
15. GO!GO! ゴーダ
16. 初恋サイダー
17. 恋愛♥ライダー
18. MY BOY
EC後
19. BELIVE★★★
20. Bravo☆Bravo


曲への思い入れは書いたので全体の感想を。

・Kiss!Kiss!
「抱きしめて」の後でみんなで抱き合うのはいつから始まったんだw

・MC
ejiさんの気転で面白い寸劇になったり。
3人の弟に関するお話で雅は「お前」とかしか言われないことに悩んでたりとか
ノノl∂_∂'ル<ウザいけど、本当はもものこと…
雅のツンデレは何故か凄く「はああああああああん!!!!」ってなるww
ていうかejiさんありがとうw

・うらはら
今回は桃子がソロで歌ったけど
「あたし 以外の…」という雅の甘い声のBメロが凄く良いポイントだったけど
桃子の場合は何だか凄く優しく漂うな、しなやかな伸びと
この日はロック曲など、力強い伸びがあった感じ
スケジュールが厳しい中でコンディション最悪も覚悟してたけど、絶好調やん…
特に…
独立女子のBメロ全般
泣き虫少年「道端に咲く雑草みたいにもっと強くなりたいと思う」
初恋サイダーのAメロ
この日は本当にすごかった。何か物凄く強い意志が感じられた
歌に関しては本当に真面目で真剣で必死
時には優しく、時には力強く
やっぱり自分は「歌手 嗣永桃子」を心酔して5年間来たんだな…と改めて実感
そしてこれからも揺らぐことは無いのでしょう

・Blue-Sky-Blue
今ツアーは外すことが多く、調子悪そうだった雅。
この前のベリツアーの時はエースエースアンドエースって印象だったのに…
自然と目が行ってしまうもんね 本当の天才肌なのかなぁって思うし
歌も好調の時は3人で1番ドギモ抜かれるけど…ダメなときは本当苦しそうだもんなぁw
しかしなおみちギターの貴重なシーン。なおみち見てたら明らかに浮いてたらしいw

・My alright sky
はっきり言ってBuono!の中では無かったことにしたいアルバムだったし
特に魅力を感じなかった1曲だけど…
今ツアーは愛理の成長をすんごい確かめさせてくれる1曲でした。
まあ愛理は普通にしてても可愛いし、仕草もツボを抑えてくるし上品だし そりゃ人気出るわって感じだけど
やっぱり楽しそうに歌ってる姿が一番好き!
他のメンバー、いや歌手のくくりの中でもこんなに楽しそうに歌う人はいないので
そういう人は凄い好きなんですよね
正直成長は頭打ちかと思ってたけど、ここ1年になってまた凄い成長している気がする

・夏の星空
この公演、このツアーで凄く感動したのはやっぱりこの曲
現場で聞いたら想像以上に良かった
それも歌だけでなく、綺麗なアレンジと星空の演出が120%を引き出していた
雅は苦しそうだったけど、桃子は気合入っていて柔らかく歌い上げていた
そしてこの日は愛理もびっくりぐらい絶好調
愛理のラスト「幸せに変わる…」のソロは鳥肌立つレベル
しかし後ほどガス欠になっちゃうんだけど…
てかこれ、CDだとユニゾンなんだね

・Never gonna stop
後半戦一発目。覚醒来たんじゃね?!
明らかに横浜公演より勢いがあって盛り上がっていた
ていうか自分がハイになってた可能性も否定できないけどw
CDではユニゾンだけど、やっぱり別パートがあった方が熱いね 3人とも力があるからね
サビの途中でかけ声を入れさせるアレンジは楽しくてかなり良かったけど
結局は最前周辺で周りと合唱したりしてるのが楽しくてたまらないっていうw
個人的には歌が終わった後のラストの追い込みが良い!
演奏、特にドラムがより一層激しくなって、見ててもマイマイさんが楽しそう
新たなヘドバンポイント

・泣き虫少年
・ロックの神様
もう語ること無いなw
泣き虫少年は3人の歌と4人の演奏のエネルギーを体に吸収する、蓄えるように。
ロックの神様は、自分のエネルギーを会場に、空に放出するようなイメージ。
特に今になってから、泣き虫少年の歌詞が沁みる

・ゴーダ
これも横浜より盛り上がってた!
ネタ曲で終わらせて欲しくない、完成度の高い1曲。
しかしBメロ本当に良いなぁ…
ここのメンバー紹介でマイマイさんで全力でジャンプするのが数名w
周りも察してくれました、ありがとうございますw
たぶんここで右アキレス腱痛めたんだろうなぁw
今回はアレンジでロングver.だったけど
大サビが夏の終わりを感じさせて少しさみしくもあった。

・初恋サイダー
圧倒的な盛り上がり
今ツアー最大の収穫と言っていい
めでたく、チート曲の仲間入りして良いでしょう
きっとこの曲はこれからも重宝されるでしょう…
しかし、この最初の時点でいつもは完璧な愛理の出だしが
まったく声が出ずボロボロに…
後のMCでは、張り切りすぎた、とのことでしたが
調子自体は間違いなく悪くなかったはず。
そうそう見られない、珍しい一面でした。

・恋愛ライダー
いつも通り盛り上がったけど
愛理の「伝えたいなマイハート」
のところで、いつもは雅と桃子が2人でハートを作るんだけど
桃子が水飲んでていないw ノノl;∂_∂'ル<!? って表情が面白かったw
結局1人1人でやってましたw

・MY BOY
ヘドバンはやっぱり避けられるようだけど
前回から仲間ができたので心強いですw
最近はあまり首痛めなくなったな…ストレッチが重要と気づいた

・ビリーブのドラム
サビのドラムが凄く良い!
それを楽しそうに叩くマイマイさんがすっごくいい!!!w
やっぱり自分にとっては7人組のトリプルボーカルである

・ダブルアンコール
愛理がマイマイさんにおんぶされて出てきた
真っ先に「愛理羨ましいいいい!!!」と言ったら失笑されたぜw(それが2人)
ダブルアンコールで出てきたけど、結局何も歌わず。
ノノl∂_∂'ル<今日ノープランなんで
おいww


5周年記念ツアー。
最後のMCでも言ってたけど「まさか5年も続くとは思わなかった」というのが正直な感想らしい
存在自体が不安定な中だったけど、自分にとってはこの5年は紛れもない大黒柱だった
彼女らの活動が大きなモチベーションになってたのは間違いないし
色んな人とも出会い、そして何より、曲で物凄い励まされて物凄い影響を受けたのも事実
そして面接にて実際Buono!の歌詞をちょっとネタにして今の会社に入り
またそこで色んな人と出会って、今の自分がいるんだと思います
大げさでも何でも無くて、本当にこの人たちが自分の人生を変えてくれたんだと思ってます

そんな自分を成長、導いてくれたように
このツアーでは何よりも3人の成長を実感した
実力はもちろん
3人なりに思った想いを歌に込めて、全力で届けようとしてくれるようになった
もう、今聞くと、キラキラはそこまで響かないのかも。
でも、今はBELIEVEが映えるのかも。
大人になっているんですね。
ますます好きになりました。

Re;Buono!以来の脱力感。楽しかった、幸せだった。
とてつもない満足感と、寂しさとともに大阪から東京へ。
同じ車両には、何かイベントがあったらしいスマイレージ御一行がいた。
考えると、Buono!を知ってハロに入った身としては
Buono!に出会わなかったら、自分は彼女らを何と思ってたんだろう
オリコンは好きだから存在は知ってただろうけど、名前すら知らなかっただろう
Buono!を好きになって5年、そんな他メンバーだけじゃなく、友人などたくさんの出会いがありました。
自分は贅沢です、この5年間は幸せだった。そしてこれからもそうありたいですね

20120902Dolce.jpg

某バトミントン選手のようなきっもいポエムも書いたし終わり。
また半年後、あることを祈って!

2012-09-04

9/1 いきものがかり「いきものがかりのみなさん、こんにつあー!! 2012~NEWTRAL~」

@日本武道館

安定感抜群のいきものがかり
アルバムは前回よりは良いかな?という印象
まあそれでも彼女らなら現場で満足させてくれるでしょう、と何の不安も無く参戦。

席は2階後方・・・前通路で見やすかったな

遅刻ギリギリになりつつも、いざ開演!

【セットリスト】
1.風が吹いている
2.NEW WORLD MUSIC
3.いつだって僕らは
4.歩いていこう
5.白いダイアリー
6.夏・コイ
7.帰りたくなったよ (アコースティック)
8.コイスルオトメ (アコースティック)
9.おやすみ
10.恋詩
11.ブルーバード
12.笑ってたいんだ
13.じょいふる
14.KISS KISS BANG BANG
15.KIRA★KIRA★TRAIN
16.ありがとう
——————————
17.地球
18.気まぐれロマンティック
19.会いにいくよ
20.風が吹いている


やっべーーwwまさに文句無し。
地力の違いを見せつけてくれました。
要点だけ。

・風が吹いている
ん?最初なのか?w
正直、歴代五輪曲の中では一番パッとせず、タイアップに合わせた作成が上手い彼らはどうしたのかと心配になった。
しかし現場で聞いてみると良い良い!曲自体にパワーがある。

・いつだって僕らは
すっごい好きなこの曲!
手拍子も心地良いし、何より2番のサビの歌詞が好き。
すっごい励まされる、自然と笑顔になれる1曲
これだけでもう満足できるレベル。

・夏コイ
男性陣が全然声がでず。しっかりしろw

・帰りたくなったよ
アコースティックは中央ステージで。
そしてこの曲は本当好きな曲。
いきものがかりでは一番思い入れが強い
しかし低音もはっきりしてるし、高音も伸びるし
良いなぁ聖恵ちゃんの歌は

・コイスルオトメ
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
ずっと聞きたかったぞww
言葉を紡いでいくようなアレンジで素敵でした。

・恋詩
映像を交えた長めの演出からつないだ。
サックスも加わり迫力満点!
こういう、曲の魅力を120%引き出す演出が上手いなぁ。

・ブルーバード
歌い出しから圧倒的の定番曲!
スクリーンでは鳥が羽ばたいていたり、圧巻の1曲でした。
個人的にはCメロが一番好き。

・笑ってたいんだ
凄く楽しい曲になってた!
いきものがかり復帰曲、すごくうれしかったな

・キスバン
うーん…これがじょいふるにとって代わると思ったんですが
まだみたいですね

・ありがとう
完璧に締まる。
これほどラストにふさわしい曲は無い

・気まぐれロマンティック
これは屈指の名曲だと思う
時代が違えば絶対にミリオン行ってた
フリも楽しく、良い曲です。

・会いにいくよ→風が吹いている
会いに行くよ、でラストかと思ったら、最後に風が吹いているをつなげた!
この演出は凄く良かった。
個人的に五輪で一番印象深い、水泳メドレーリレーを思い出した。
知り合いとも話したけど、今年の紅白の〆はコレで良い。
まあCDTVあるから時間的に無理だろうけど…


大満足!地力が違います。歌を聴いているだけで楽しいなんて。
そしてその歌だけじゃなく、曲を120%引き出す、ツボを押さえた演出たち
本人らはもちろんですが、スタッフもマジで優秀なんだろうな。

これぞ国民的アーティスト、これぞ実力派アーティスト
もっといきものがかりを好きになりました。
プロフィール

あるせす

Author:あるせす
とりあえず気になったらコンサートに行ってみよう
という趣味

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる