fc2ブログ

2012-01-30

1/28 Buono! LIVE 2012 “R・E・A・L” 昼

@横浜BLITZ

始まった
初恋サイダー、DEEP MINDを引っ提げての今ツアー
この2曲が非常に良かったことから、自然とツアーへの、いやユニットへの期待も高まることに
そして冬ツアーは毎回外れ無しだしね

番号は350番くらいで入場
位置はいつもの位置へ

Re;Buono!から1年…また戻ってきた。
緊張で心臓が飛び出し層の中、運命の開演!

- セットリスト -
01 初恋サイダー ※最初からDolce登場
02 We are Buono!
03 泣き虫少年
 MC 自己紹介
04 ロッタラロッタラ
05 -Winter Story-
 MC
06 メドレー (カラオケ) マイラブ → みんなだいすき → Early Bird → うらはら → 紅茶の美味しい店
→ partenza~レッツゴー!!!~ → Take It Easy! → ガラクタノユメ → co・no・mi・chi → マイラブ
07 こころのたまご
 ソロMC
08 OVER THE RAINBOW ※愛理ソロ&ベース・キーボード
09 I NEED YOU ※桃子ソロ&ギター
10 消失点 -Vanishing Point- ※雅ソロ&カラオケ
11 Internet Cupid
12 ホントのじぶん ※ドラム
 Dolce復帰 MC
13 1/3の純情な感情
 MC Dolce紹介
14 Independent Girl ~独立女子であるために~
15 DEEP MIND
16 JUICY HE@RT
17 Bravo☆Bravo
18 恋愛ライダー
19 ワープ!
 アンコール
20 Kiss! Kiss! Kiss! ※曲中フリスビー投げ入れ
 MC
21 ロックの神様


1~3曲目まではセトリ公表済み

・初恋サイダー
オープニングの演出…暗闇の中から、愛理のサビソロからスタート
サビソロと間奏の間にある静寂、その歓声がたまらなく良い
ここで「うおおおおおおおおおお」と気合いを入れざるを得ない><
「1.2.3.4!!!!」からライト点灯!!
すごく多幸感にあふれたこの曲で
ドルチェもメンバーも会場も明るい雰囲気に包まれていく
やっぱりこの曲はトップバッターとして最適だなぁと

・We Are Buono!
やっぱりBuono!のテーマと言えばコレ!と言わんばかりの大歓声
2ツアー振りのセットリスト入りしたおなじみのこの曲は
B・u・o・n・oの前に煽りが入るようになり
合唱が加わってさらに強化されて帰ってきてくれました
この時点で既に喉がやばかった←

・泣き虫少年
ここまでノンストップの3連続
前半戦に入ってくるのは初めてだけど、この勢いで入るならまったく問題なさそう
盛り上がるし楽しいし…自分も燃えてくる
やっぱり個人的にはこの曲のBメロが凄く好き。
超前向きで力強い曲だけど
「音速で日々過ぎて行くなら それより早いスピードで生きてやれ」
ここの部分に集約されていると思う
何度聞いても、いつ現場でやっても色あせない
恋愛ライダー、ロックの神様のような派手さも
ロッタラや消失点のような曲に対する濃いファンがいるような曲じゃないけど
間違いなく「Buono!の顔」と言える大好きな1曲です。

・ロッタラ ロッタラ
もう説明不要のBuono!1番の人気曲かつ、自分にとっても超特別な1曲
そして生バンでやるのはRe;Buono!横浜以来
正直、今回は外れるだろうと思ってたんだけど…嬉しい限りです
底抜けに明るい曲調なのに、胸に刺さるような儚い歌詞
耳に残る特徴的で面白いアレンジ
楽しそうにするも、3人とも「好きな曲」と言ったように真剣に歌うメンバー
特にBメロの時に見せる愛理の気迫の表情
全てが好きです 好きすぎてどうしたらいいかわかんねぇって曲
そして今回はドルチェの生演奏
特にベースとドラムが力強い土台となって曲を強く支えてくれている印象
やっぱり自分はこの曲が好きなんだと実感できたな
それにしても、ロッタラは必ず2~4番目にやっている気がする
人気投票でもブッチギリだったように、曲に対する支持は一番濃いし
新規で入る人からも支持が厚い1曲
だからやりくりが難しい最初のほうに置くのは分かるけど…
たまには後半のラッシュ時にやってほしいな。

・Winter Story
何年待たせたんだよ・・・ってくらい久々な1曲
Bravoのカップリングに収録されていて
発売当時から人気も高く、当初はA面よりも人気があったな
今となってはBravoも欠かせない1曲になったけど
イントロの瞬間、曲数の少ないBuono!では余りない「おおお!?」って反応が出た
何て立ってWinterフェスタ以来だもんなぁ…3年ぶりだもん
もちろん自分もこの曲はずっと聞きたかった
多幸感溢れつつも静かに盛り上がる、Buono!にはあまりない曲だった
サビも低音から入って雪のように盛り上がっていくのがかっこいい
またここのドラムが走ってて そのギャップが凄く好き
この日は「クリスマス」ではなく、無理やり「バレンタイン」にしてたw
ちょっと苦しいけど、それでも入れてくれたのは嬉しい

・MC
「REAL」な話。
今回は今年のREALな目標を3人で語ってた。
寝顔を治したい、とか色々
ベリキューコンずーっと行ってたからアレなんだけど
やっぱ℃とBuono!の愛理は別人だなぁ…w
自由すぎるわ

・メドレー
Buono!ツアーでは初のメドレー
曲のラインナップを見るとうらはら、みんなだいすき以外は披露回数が少ない曲
ベリキューとかでは「良いとこどり」ってことで、メドレーは良いかもしれないけど
個人的にはBuono!は1曲1曲をしっかりやってほしかった。フリコピの概念も無いんだし
そういうのを何となくわかってるから、今まで「ショートver.で披露」が非常に少なかったんじゃないの?
特に前々から聞きたかったアーリーバード、マイラブは残念だし
人気曲のうらはらをこんな形で使うのは非常にもったいないし
自分が大好きでたまらないガラクタもこう使われて残念だった
前々からそうだろうと思ってたけど、Buono!とメドレーの相性は良くない。
自分の好きな曲が次に流れないでほしいことだけを祈っていた。

・こころのたまご
※ショートver.
メドレーと続いて懐メロ特集なような印象
言わずと知れたデビュー曲のカップリングだけど、当時は13歳・15歳・15歳
若々しさはさすがに衰えたよなぁ・・・と思いつつも
桃子が20歳になる前にやっておきたかったのかもしれない。
個人的には2番の「大人にはわかんない」の部分が無かったので残念
しかし久々だったなぁ…

・ソロMC(桃子)
このコーナーでは回替わりでソロで自由に喋るんだとか
初回は桃子。「たよれるももち」の頭文字を取って、グッズ売り場の展示用MFTに文を書いたんだとか
で、相変わらずガクっと来るような内容だったんだけど…
たのしくて面白い
よく引き締まったボディ
れいぎ正しい大人
るっくすも完璧
もーすぐハタチなのに
もちもちな肌
ちっくしょー!!うらやましい!!byみやび・あいり

しかしスタッフが考えた内容は、とにかく食べることを挙げて最後の「い」でちょいポッチャリみたなことを言ったんだとか
まあコンサート前にカレー2杯食ってるみたいだしね…w
桃子見てると「太い」とは思わないんだけどなぁ。

・OVER THE RAINBOW
※愛理ソロ ベース、キーボードだけ参加
2ndアルバムより久々の披露。
ここからソロ3つ+ホントの自分はドルチェも小出しで 個別に休憩する構成のようです
曲自体はそこまで好きではなかったんだけど…この日の愛理が凄かった
いっつも喉の調子が悪いイメージだけど、今日は絶好調だったみたいで
凄い聴きごたえあってビックリでしたね
1番を伴奏のみで歌い上げているのも愛理にしかできない演出だなぁと
Alright Skyと比べると、やっぱりこの曲良いなぁ

・I NEED YOU
キタキタキタキタ><
これも3年ぶり…か?Winter フェスタ以来だったかな
久々に披露したこの曲は「I NEED YOU」を歌わせるという新しいアレンジで復活
何と言ってもこの曲はアレンジが特徴的で、AメロBメロはしっとり歌うのにサビで爆発する構成
歌詞全体は凄く甘酸っぱくて寂しい…ちょっとユアマイと似てて凄い好きです
最後のサビ「どれだけの涙を流したら幸せになれるの」って部分が特に好き
そして一度はバンドで聞いてみたい曲。今回はマーティいたけど、弾いてるのか分からないしなぁ…
まあそんなマーティでもヘドバンしてるのを見てると何とも嬉しい気持ちになるのですが←
しかも今回は桃が絶不調すぎて散々だったw
今後の公演ではしっかり修正してくれると思いますが

・消失点
OVER THE RAINBOW、I NEED YOUと来れば…次はこれしか無いですね
雅メイン曲という位置づけだけど、Buono!全体の中でも屈指の人気を誇る1曲
凄く甘酸っぱい歌詞と一昔前のメロディ
かつ雅が「この曲は一生大切にする」と言うように、真剣にしっとりと歌い上げる
全力でヲタたちを泣かせに来る1曲
「たぶん2人の距離は近くて だけどどこまで行ってもずっと平行線で」
っていうBメロは自分もグっっと来るところ
この曲をツアー中聞いていられるのは嬉しいですね
しかし案の定初日はボロボロだった雅
大阪までには調子戻してください…

・インキュ
流れた瞬間、会場からうはwwって感じの歓声が起きたw
何故か昔は推されてて、人気もなく、自然と消えていった変化球の1曲
今回は口パクでダンスを披露
そのダンスもサビ以外は昔とは完全に変わってましたね
ちょっと娘。の「大きい瞳」っぽいフリになってました
ダンスを変えた+特化させた試みは良いけど、見応えは前回のパルテンツァの方が圧倒的に上
…これは1回見ればいいかなぁって。
まぁ懐かしいな、っていう気持ちにはしてくれました

・ホントのじぶん
3人と、ドラムのマイマイだけ参加
言わずと知れたデビュー曲ですが…本当この時は若かったよなぁ
今回のこの曲の見どころは、何と言ってもマイマイさん
間奏のソロドラムは痺れる力強さとかっこよさ!
やっぱりドルチェの中でもこの人のドラムはすっごい好きです。

・MC
3人で雑談する感じ。やや短めで

・1/3の純情な感情
この曲はなんとなく入ると思ってた。
前回はアカペラスタートでしたが、今回は前奏からのスタート
Rock'n Buono!4やCDでは疾走感も無くもっさりしてて、良さが消えちゃってた印象だけど
今回はアレンジを変えて若干疾走感が出てだいぶ良くなった
これなら会場もノリやすい…と思うし、自分も聞いてて「おっ!」て感じで良かったな
こういうアレンジはほぼejiさんがやってくれている模様
本当にありがたいことです

・Dolce紹介
ギター:マーティ
ベース:なおみち
ドラム:マイマイ(今村舞)
キーボード:eji
メンバーは前回と変わらず
紹介の時、1人1人ソロで演奏するんだけど…
マイマイさんすげー人気上がったなぁw


そして演奏しているリズムで次の曲がすぐ分かった
ボーノの中心曲でもあり、2ツアー振りの1曲
そしてギターのマーティ紹介から繋いできたのは…
・Independent Girl ~独立女子であるために~
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
最高にかっこいい!Buono!3rdアルバムでもカタオモイ。に並ぶ人気曲
イントロ→Aメロのギターが特にお気に入り
…Aメロの時にすーーっと頭がスッキリする
その直後、大量のアドレナリンが頭に注入してくる感覚
そして全身の血液が指の先まで、駆け巡ってくる感覚
久々にスイッチが入ってくる感じ
今ではボノコンでしか味わえない静かな興奮
前回のツアーでは味わうことのできなかったこの極上の感覚
これがあるから辞められないのである…
この日はBメロの桃子も凄い力が入ってて特に熱かった そんな動きすると首痛めますぞ><
最初でも良いけど、この曲はやっぱり後半戦で特に映えてくる
なお、自分はここで首を負傷した模様

独立女子が終わり、照明が暗転
少しだけ間を置いてすぐに流れる音は
マシンガンのように連打されるドラム…
ずっと生バンで聴きたかったあの曲!
・DEEP MIND
独立女子の感覚がそのまま、いやさらに強くなるのを感じた
この曲は初めて聞いた時から生バンで聴きたかった
一見クリアな曲調のAメロ
しかしBメロからどんどん音が重くなっていく…最高にかっこいい
この曲ばかりはドルチェも余裕が無く、必死に演奏している感じでw
そして…一番好きなのはCメロ
叫びに近いような高音を3人が力強く歌い上げていく
「感情 惑わす」と最初の雅から始まり
「戸惑い怯えて泣くこともあるけど」という桃子の部分で盛り上がり
最後の「生きる指名は」と音が下っていくところ!ここで優しく包まれていく感じ
大サビも畳み掛けるような、歌詞の通りプレッシャーを表すような重いドラム
そこから一線の光を見つけて進むような声とギター これで完成される
期待通りだった 期待以上だった この曲は本当に良い
Buono!の主力…というレベルじゃない
自分が勝手に行っていた期待の暴走を上回ってくれた
何とも言えない、初めての清々しさである

・JUICY HE@RT
ノンストップの3連撃!
昨年リリースした曲の中では唯一戦力となってくれている曲
個人的な好きな部分は
Aメロのドラムとベース
大サビの愛理のとこですかね
といいつつも、実はそこまで好きな曲では無かったりします…

そしてラストスパートのあおりが入った後は…
・Bravo
今ツアー復帰のこの曲!
曲自体はそこまで好きではないんだけど…
ラッキーが重なり、立派な盛り上げ曲として成長
本当にあのハロコンで運命が変わったよなぁ…化けました
曲ってのは分からないものです
声だしはPATIと「横浜」でした
毎公演変わっていくようです

そして…
・恋愛ライダー
偉大なるチート曲!!この曲はいつやっても
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!って雰囲気になるのが良い!
今回はフリ無しver.…正直外れると思ってたんだけどな
イントロから最後まで常に爆発し続ける1曲
本当に良くできているなぁと思う
でも残念なのはイントロギターに昔のような心地よさが無くなったこと
何か歯切れが悪くなったというか…音に滑らかさが無くなったというか
ギターのことは良くわかりませんがね
やっぱり潤子さんは凄かった、ってことなんでしょうかね

・ワープ!
タオル回しの定着ですっかりラスト定番曲になったこの1曲
Aメロ2のドラム連打がすごいツボ
愛理が間奏でパッパッパーと口を動かさなくなったのはちょっと残念でした
しかし相変わらずカモンベイベーとヒアウィゴーが合わないなw
個人的にはワープはそろそろ間を置いたほうが良い
Rock'n Buono!2からずーーっとがんばってくれてるけど…ね
ミラクルハッピーラブソングとかも十分頑張れると思うんですがね
いや十分大好きな1曲ではあるのですが

ちょっと長めのアンコールの後
・Kiss!3
うーん…外れないなww
会場も「またか…」みたいな雰囲気w
合間の「Kiss me Baby!」と大サビ前の寝る演出も変わりなし
間奏の煽り最中にギターがイントロに戻るアレンジが好きだったのに
これも潤子さんじゃなくなってからは無くなってしまった
盛り上がるんだけどねぇ…
恋愛ライダー、ロッタラとともに全ツアー入り続けている1曲だけど
これが入り続ける限り、同系統のガチンコがなかなか入らないんだよなぁ
個人的にはガチンコがかなり好きなので、それもやってほしいんだけど…

・MC
フランス公演と数学学園とゴメンナサイBDのお知らせ。

・ロックの神様
最後にこの曲
言わずと知れたBuono!屈指の人気曲で、前ツアーも入らなかったので
待望の1曲…になるはずだったんだけど…
ここまで盛り上がらなかったロックの神様も初めて。
位置が悪かったのか、曲そのものの力が落ちたかはわからないけど
どうしたのかな…と
個人的にもあまり燃えるようなエネルギーは出てこなかったけど
なんだか晴れ晴れした気分
今ツアー、DEEP MINDも加わって満足できた
正直、ロックの神様が無理に出てくる必要は無かった…と思った
また強力な手札が1枚加わった弊害なのかなぁと
うれしいことです まあそれでも盛り上がるんですがね



昼公演終了
やっぱり冬ツアーに外れは無い
メドレーなど色々不明点はあるけど
初心者が見ると入りやすい「自己紹介ツアー」なのかなぁとは思った
4thアルバムがほとんど使えなくて、追加新曲は2つ
目新しさを出すのは困難だった今ツアーで、こうまとめてくれれば
これからの公演も楽しめそうです

正直不安だったこのツアー
個人的にBuono!一極集中が続いてしまっていた
本当ならば複数のアーティストに注がれる期待が
去年からはBuono!1組にだけ集中してしまっていた
そこで起きたのは期待の暴走
Buono!は特に活動していないんだけど
自分の頭の中だけでどんどん大きくなっていって期待が膨らんでいく
まあ所謂空想、妄想なわけですが
ツアー直前は自分でも意味わからないくらい期待していた
ふと思い返すと実態がない期待でした
しかしそれを省みるのも怖い したくない
そんな中だったけど…暴走を受け止めてもらえるような内容でよかった


夜へ
スポンサーサイト



2012-01-28

前夜→当日

前夜というのは、やっぱり緊張してソワソワするのである
当たり無しとか言われるRock'n Buono!シリーズではそんなことないけど
冬ツアーはいつもドキドキしてしまう

最初の3曲を公表する、という新しい試み

1.初恋サイダー
2.We are Buono!~Buono!のテーマ~
3.泣き虫少年


最初から全開のセトリ
うーんソワソワする…


何かよくわかんないけど左足を筋違いやっちゃってやたら痛いんだよね
まぁ開演したら治りそうですが

月曜は休みだし楽しみます

2012-01-15

2011年 年間1位&まとめ

*1 雑草のうた / ラナウェイトレイン / JUICY HE@RT Buono! 90.2
上半期1位
2位と大差をつけて1位を独走したのはBuono!
というか、もう年間1位も確定じゃないかなこれ
1年のリリース停止を経て出したシングルは3曲入り
何といっても嬉しかったのは、作家陣が岩里さん井上さんAKIRASTARら
自分が大好きな作家陣が返ってきてくれたこと!最初から期待度が違いましたね
曲も現場で聞いていくにつれて評価が上がり…そしてその現場も最高のツアーだった
雑草のうたは力強いロックナンバー
「未完成です死ぬまで」というフレーズが物凄く気に入っています
学生と社会人の狭間を体験したこの上半期 その壁にブチ当たる中で、このフレーズは何かと励みになった
ラナウェイトレインは明るいような…しかし少し悲しいくらい依存してしまっている歌詞
3曲の中で一番お気に入りです
JUICY HE@RTはギラギラしたアレンジ こちらも力強い
2月にリリースされて震災の低迷期を経て5月中旬まで入り続けました
初動から圧倒的でしたが その後も長く入り続けて完全に独走してました
途中からClariSの追い上げもありましたがね さすがです

まとめ
*1 雑草のうた / ラナウェイトレイン / JUICY HE@RT Buono!
*2 コネクト ClariS
*3 GOOD LUCK MY WAY L'Arc~en~Ciel
*4 会いたいロンリークリスマス ℃-ute
*5 夏ダカラ! Buono!
*6 WHITE KAT-TUN
*7 LOVE SURVIVE SCANDAL
*8 Everyday,カチューシャ AKB48
*9 少女の祈り? Acid Black Cherry
10 ULTIMATE WHEELS KAT-TUN

11 Kiss me 愛してる ℃-ute
12 小さな魔法 ステレオポニー
13 アイガアル Every Little Thing
14 Lotus 嵐
15 Heaven is a Place on Earth fripSide
16 MY BOY Buono!
17 笑ってたいんだ/NEW WORLD MUSIC いきものがかり
18 XXX L'Arc~en~Ciel
19 nexus/Don’t cry/アナタニFIT ClariS
20 oath sign LiSA

21 やさしくなりたい 斉藤和義
22 家族になろうよ 福山雅治
23 Pride/CUTE! SCANDAL
24 本気でこの地球の平和を願ってるんだよ!/彼とお店がしたい モーニング娘。
25 シャングリラ Acid Black Cheery
26 No.1 UVERworld
27 Singing! 放課後ティータイム
28 春になったら miwa
29 桃色スパークリング ℃-ute
30 ロッタラ ロッタラ Buono!

31 My Dearest supercell
32 さよなら傷だらけの日々よ B'z
33 HELLO~Paradise kiss~ YUI
34 Only you モーニング娘。
35 441 miwa
36 甘酸っぱい春にサクラサク Berryz工房×℃-ute
37 歩いていこう いきものがかり
38 迷宮ラブソング 嵐
39 今のキミを忘れない ナオト・インティライミ
40 ごはんはおかず / U&I 放課後ティータイム

41 RUN FOR YOU KAT-TUN
42 BIRTH KAT-TUN
43 いつか シド
44 MONDO PIECE UVERworld
45 桜色 中川翔子
46 Unmei♪wa♪Endless!! 放課後ティータイム
47 Green a live YUI
48 ありがとう ステレオポニー
49 1,2,3,4 ヨロシク! SKE48
50 翔 ゆず


年々アイドルとアニソンも比率が多くなっている気がする

アーティスト別
10 ステレオポニー 60.9
(小さな魔法、もしも歌えなくなったら、ありがとう)
2010年8位
上半期6位
小さな魔法が大部分を稼ぎ、10位に滑り込みました
様々な世界観を持つ彼女ら、今後も楽しみです

*9 放課後ティータイム 61.7
(U&I、Unmei♪wa♪Endless!、Singing!)
2010年1位
下半期7位
昨年、枚数・質ともに圧倒的な1位を獲得したHTT
今年は劇場版公開開始に伴い、2作リリースがありました
12月に一気に稼ぎ、3年連続の10位入り

*8 AKB48 82.7
(桜の木になろう、Everyday,カチューシャ、フライングゲット、風は吹いている、上からマリコ)
2010年7位
上半期5位、下半期11位
リアルでは手が付けられない状態になってるAKB
2009年から3年連続の10位入り、やっぱり大きい存在になってます
曲自体は下降気味なのが気になりますが

*7 SCANDAL 85.8
(Pride、ハルカ、LOVE SURVIVE)
上半期7位、下半期8位
今年大躍進のSCANDAL
特にLOVE SURVIVEは最高に格好よく、結果として7位に
どんどん力をつけてきている印象です

*6 L'Arc~en~Ciel 101.0
(GOOD LUCK MY WAY、XXX、CHASE)
下半期1位
今年の夏に活動を再開したラルク
昔から聞いてて、今でも普通に聞くのはラルクとミスチルくらいでしょうか
曲もラルクらしい曲が並び、大満足の下半期でした
大ベテランの復活は嬉しいです

*5 Acid Black Cherry 102.8
(少女の祈り?、ピストル、シャングリラ、蝶、CRISIS)
上半期10位、下半期3位
少女の祈りのほかに、5か月連続リリースが効いて5位に入りました
この人もラルクと同じく、安定しておりました
こう活動を続けてくれるのは嬉しいな

*4 ClariS 115.8
(コネクト、nexus)
上半期12位、下半期2位
新規参戦のClariSが4位に!
何といってもコネクトでしょう。
2012年も、supercell(ryo)の楽曲提供でリリースが決まっています。
めっちゃ楽しみ!

*3 ℃-ute 128.0
(会いたいロンリークリスマス、Kiss me 愛してる、桃色スパークリング、世界一HAPPYな女の子、甘酸っぱい春にサクラサク)
2010年5位
上半期2位
上半期2位だったのですが、下半期に大きく失速して3位に
それでも3年連続の10位入り、もう立派な柱と言っていいのかな

*2 KAT-TUN 128.7
(CHANGE UR WORLD、ULTIMATE WHEELS、WHITE、RUN FOR YOU、BIRTH)
上半期3位、下半期10位
今年のKAT-TUNは凄く良かった!上半期の3位より1つ上げました
年間通して活動してくれたし、亀梨くんの野球チャレンジも楽しく見てた
今年はKAT-TUNの存在が非常に大きかった1年です。
来年もぜひ!

*1 Buono! 203.0
(ロッタラ ロッタラ、MY BOY、雑草のうた、夏ダカラ!)
2010年4位
上半期1位、下半期4位
2008年、2009年1位
間違いなくここ5年で№1の3人が今年もブッチギリで1位
リリース2曲はいずれも5位入り 1強時代を表しています
2012年は1月に新曲リリースが決まっています
そしてコレがやばい もう1位は確定かもしれない
完全に1強状態です


結局今年もメンツに大きな変動は無かった
ClariS、SCANDALは初登場かな
それでも…
昨年デビューのmiwa、復活のいきものがかり、UVERworldらすぐ下にいて
だいぶ落としたけど、YUIやsupercellだっている
ただ昨年期待した菅原紗由理とかどうしちゃったんだろう…
DOESがシングルリリース0だったのも痛かった
そして何よりも…近年柱として毎回楽しみにしていたしょこたんが大失速してしまったのが超痛い
3rdアルバム聞いた時点でそんな予感はしてましたがね…「歌手」としてまとまりすぎちゃいました

1月のリリースを見てると、2011年よりは良い年になってくれると思い…ます。

新人
今年は…ナオト・インティライミ、ClariS、LiSA、Kiss my Fits、ゴールデンボンバーあたりでしょうか
一部、実際には新人じゃない人たちいるけどそれは愛嬌
昨年は菅原紗由里でしたが今年は…
LiSAで。
数値からいえばClariS一択だけど、ガルデモ時代からの成長、ポルノ・いきものがかりを破っての鮮烈デビューを見て、期待を寄せたくなりましたね
基本的に学業優先のClariSは、存在が安定しない…てのも理由にありますが

まあそんなこんなで2011年も終了。
2012年はもう1位が決まったようなもんなのでちょっとアレですが
16年目に突入していきます

2012-01-11

1/8 Hello! Project 2012 WINTER ハロ☆プロ天国  昼夜

@中野サンプラザ

セトリは前参照

・日曜夜を中心に、土曜以上に楽しかった
・また骨膜炎やらかしたっぽい
・緑のサイリウムが大破。2回目だし…
・ベリの新曲がツボすぎる
・愛の園は高橋さん、雅、れいな、鞘師で聞いてみたかった。
・大きい瞳の破壊力は抜群だけど、やっぱり悲しい。
・鞘師成長しすぎじゃね?順調なようで何よりです

更新する気あったらもうちょっと詳しく書く

2012-01-11

2011年 年間2位~5位

風邪ひいた
インフルじゃなくてよかった

*5 夏ダカラ! Buono! 53.1
下半期3位
まさかこの曲が年間5位とは…
Buono!一強の時代、そして全体の衰退を象徴するかのようなランクイン
A面の夏ダカラ!はBuono!初のシングルミディアムナンバー。
発売当初から評価も別れましたが、自分は好きです。
特にラストの桃子のパート念じたくなる。「いけぇ!!頑張れ!!!」と。
しかしカップリングのIce mermaidが残念。
福山雅治の「化身」のようなアレンジですが、イマイチかっこよさも出ておらず、残念なデキに
現場でもイマイチな曲でした。
しかしそれでもこの位置。Buono!というグループに、いかに依存しているかが分かります。

*4 会いたいロンリークリスマス ℃-ute 54.0
10年年間5位
11年上半期2位
10年12月1日リリース。たった3週間で2010年年間5位に入り込んだ勢いそのままに
1月中ずーーっと聞いていた曲です 結果として上半期2位、年間5位に入り込んできた
個人的にハロプロ、というかつんくは年に1作確変してくるイメージ
昔からそんなイメージだったのですが、ヲタになった今ではそれが来るとどうしようも無く高評価をつけてしまう
しかもそれを℃-uteに書いたとなれば…まあこうなりますね
相変わらずハロプロ臭さは残るのですが、Aメロ→Bメロの流れが綺麗
特にBメロは個人的に超ツボ 4月の合コンで聴くこともできたので嬉しかったな
ハロプロ発の歌謡曲としてはここ数年で最高の部類に入るんじゃないかなーと思いました
得点を去年のと合計したら100を超えました。これはBuono!ロッタラ以来の快挙です
2年連続5位入りもロッタラ以来。℃で一番好きな曲になりました。

*3 GOOD LUCK MY WAY L'Arc~en~Ciel 57.7
下半期1位
ここでラルクの復帰シングルが登場!映画「鋼の錬金術師」主題歌です。
数年ぶりのリリースとなる1曲ですが、1段目は超キャッチーでノリやすい、READY STEADY GO!のような曲に仕上がってます。
曲自体、というかAメロの勢い、サビに晴れ渡るかのような爆発するメロディ
そして何よりも、透き通るかのような、綺麗なhydeの歌声
これがラルクアンシエル!文句無しの1曲
夏に大きな活躍を見せ、下半期1位、年間3位にまで登りました。
15年間、ラルクは頑張ってくれてます。ありがとう!
来年にも大いに期待!

*2 コネクト ClariS 85.4
上半期11位
下半期2位
今年、大革命を起こしたアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」OP曲。
初めて聞いた時の感想は……。なんだこの曲は!?というのが正直な感想です。
サビは疾走感があり、迷いを駆け抜けるような感覚。
しかしAメロはとにかく哀愁が漂っている。嘆きのようなフレーズ・メロディが連なる。
そしてBメロは非常に幻想的、かつ前向き。実現したい願いを表しているかのよう。
1曲に込められた思いが多すぎる!!
それを、スーパールーキー・ClariSが透き通る綺麗な歌声でしっかりと表現しています。
個人的には「何もかもが歪んだ世界で」というフレーズがたまらなく好き。
アニメタイアップとしても、まどかマギカの10話を見ると、絶対にハマるようなデキ。ぴったり。
中学生ユニットが歌う曲なのだろうか。まさに「奇跡」の1曲。
この曲がある限り、ClariSには期待し続けざるを得ません。

2012-01-08

1/7 Hello! Project 2012 WINTER ハロ☆プロ天国 ~ファンキーちゃん~夜

@中野サンプラザ

合間にピンポス買ったり。
昨日のと合わせると…舞美、マサキだった。
舞美は言うまでもないけど、マサキって…どうなんだろうかw

~ファンキーちゃん~

OP.ダンスパフォーマンス/モーニング娘。9,10期・スマ2期
01.ブスにならない哲学(ハロー!プロジェクト モベキマス)/全員
※MC1
02.【メドレー】インスピレーション!~流星ボーイ~まっさらブルージーンズ~恋愛レボリューション21/全員
※OPV
03.もしも…(ハロー!プロジェクト モベキマス)/須藤・萩原・香音・中西・田村
04.浮気なハニーパイ(カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。))/清水・嗣永・菅谷・中島・岡井・生田・佐藤
05.青春のカスタード(音楽ガッタス(吉澤ひとみ、里田まい))/新垣・愛理
※MC2 ファンキー大喜利(さわやか五郎)
06.【ソロコーナー】
せんこう花火/嗣永桃子
横浜蜃気楼(後藤真希)/矢島舞美
そっと口づけて ギュッと抱きしめて(藤本美貴)/福田花音
※MC3 ハロプロ川柳
07.恋するエンジェルハート(美勇伝)/譜久村・真野・和田・福田・工藤・竹内・勝田
08. やる気! IT'S EASY(後藤真希)/道重・徳永・熊井・矢島・飯窪
09.愛の園~Touch My Heart!~(モーニング娘。おとめ組)/田中・夏焼・鞘師・石田
※MC4
10.こんな私で良かったら/吉川友
11.プリーズ ミニスカ ポストウーマン!/スマイレージ
12.有頂天LOVE/スマイレージ
13.ドキドキベイビー/真野恵里菜
14.Glory days/真野恵里菜
※MC5
15.君は自転車 私は電車で帰宅/℃-ute
16.Be元気<成せば成るっ!>/Berryz工房
17.【メドレー】行け 行け モンキーダンス~都会っ子 純情~SHOCK!~ヒロインになろうか!~
         ~愛の弾丸~サヨナラ 激しき恋~JUMP~超WONDERFUL!/Berryz工房・℃-ute
18.ピョコピョコ ウルトラ/モーニング娘。
19.Go Girl~恋のヴィクトリー~/モーニング娘。
20.OK YEAH!(モーニング娘。)/全員
21.この地球の平和を本気で願ってるんだよ!/全員


日曜分に大体書こうと思う
あまりレポする気力がない

2012-01-08

1/7 Hello! Project 2012 WINTER ハロ☆プロ天国 ~ロックちゃん~

@中野サンプラザ

ロックちゃん初参戦。
知り合いと新年初顔合わせ。

ガチャガチャが無い…売り切れ早いなぁw
新年初のピンポス運試しは
舞美、佐藤マサキでした
まあ舞美出たし良しとしよう

席は29列端。
巡回がきつくて相当厄介だった

【セットリスト】
01.かっちょ良い歌/モベキマス
(MC)ガキさん卒業発表
02.チョトマテクダサイ! /スマイレージ
03.黄昏交差点/真野恵里菜
04.君は自転車 私は電車で帰宅/℃-ute
05.Be元気<成せば成るっ!>/Berryz工房
06.ピョコピョコ ウルトラ/モーニング娘。
(MC)
07.こんな私でよかったら/吉川友
08.もしも・・・/譜久村・嗣永・中島・真野・和田
09.さぁ!恋人になろう/香音・工藤・菅谷・須藤・福田
10.友情 ~心のブスにはならねぇ!~/生田・飯窪・佐藤・徳永・熊井・愛理・萩原・中西・勝田・田村
(MC)
11.初めてのハッピーバースディ!(カントリー娘。に石川梨華(モーニング娘。))/モーニング娘。10期
12.絶対解ける問題 X=ハート(松浦亜弥)/スマイレージ2期
13.青春コレクション(モーニング娘。)/モーニング娘。9期
(MC)ハロプロNo.1決定戦!
14.奇跡の香りダンス。/新垣・夏焼・矢島
15.ガラスのパンプス/鞘師・石田・清水・岡井・竹内
16.大きい瞳/田中・道重
(MC)ハロプロ川柳
17.スキちゃん/スマイレージ
18.21世紀的恋愛事情/真野恵里菜
19.世界一HAPPYな女の子/℃-ute
20.本気ボンバー!/Berryz工房
21.彼と一緒にお店がしたい!/モーニング娘。
22.ロックちゃんメドレー/モベキマス
~元気者で行こう!~Danceでバコーン!~同じ時給で働く友達の美人ママ~一丁目ロック!~ここにいるぜぇ!
(MC)
23.ラヴ&ピィ~ス! HEROがやって来たっ。/モベキマス


古い曲が多くてしんどかったかも
・ベリの新曲がお気に入り
・もしも・・はこっちの方が良い さすが真野ちゃん
・青春コレクションと大きい瞳は楽しいけど、ちょっと泣きそうにもなる
・スキちゃんで、自分の知ってるスマじゃないんだなぁと痛感
・メドレーはもったいない

このぐらいで。

2012-01-07

2011年 年間6位~10位

ついにトップ10!
しかし指数は非常に低め。
10位のKAT-TUNは42.5ですが…去年の10位・バクチダンサーは54.5。
42.5って言うと16位程度なんですよね。
今年がどれだけ低迷したか…

10 ULTIMATE WHEELS KAT-TUN 42.5
上半期5位
去年は脱退問題で大きく揺れたKAT-TUNでしたが 今年は精力的に活動しています
2年前にかなり高順位にしたKAT-TUNはジャニーズの中でも最も期待しているグループの1組なので嬉しいな
さて、これはCMでお馴染みの1曲です
CMでは非常に馴染みやすいメロディですぐ耳について「おっいいな」と思った人が多いかもしれません
しかしフルで聞くとまったく別の印象…!
ストリングスを使った優雅なイントロとAメロBメロともに重厚なアレンジが入っていてサビで爆発
雑草のうたとともに2月を支えてくれました、非常にかっこいい1曲です
ぜひぜひフルで聴いてみてほしい1曲!!納得の10位入りです

*9 少女の祈りⅢ Acid Black Cherry 44.2
上半期10位
下半期43位
3年ぶりの9位入り!さすがです
1stアルバム「BLACK LIST」に収録されていた人気曲「少女の祈り」の続編という曲
ABCらしいヘビーなアレンジでメロディも凄くかっこいい
個人的にはBメロのアレンジが凄い好きですね
最後のギターの締めも好き ただ歌詞がちょっと今回は好みじゃなかった…
それでも全体が低空飛行の中での安定感
5月~7月の期間に頑張ってくれました

*8 Everyday,カチューシャ AKB48 44.7
上半期4位
未来永劫更新不可能と言われてたミスチルの初動記録を破り、オリコン年間1位(当時)に君臨した曲
確かに年間1位の風格が感じられる曲ですが 歴代1位の風格は無いよなぁ…と思いつつも
イントロの入り、サビのキャッチーさと甘酸っぱさが良いと思いました そんなこんなで8位入り
何だかんだでAKBも3年ぐらいずっと前線にいるんだなぁ…
大声ダイヤモンドの時はここまで大きなユニットになると思わなかった
6月を支えてくれた1曲です

*7 LOVE SURVIVE SCANDAL 46.9
下半期4位
SCANDALが7位入り!BABY ACTIONの先行シングルでした。
SCANDALに今までないような、疾走感と力強さを持った1曲
Aメロ、Bメロ、サビと流れも良いし完成度が高い!
ハルカのような歌謡曲寄りの歌よりは、こういう力強い歌を歌った方がかっこいいですね
そこらへんZONEとは違った強みだと思う
アイガアル、夏ダカラ、笑ってたいんだとともに夏を彩ってくれました。

*6 WHITE/Perfect KAT-TUN 48.4
上半期3位
再びKAT-TUN!!今年出した2枚とも10位入り…凄い凄い
ULTIMATE WHEELSも方はかっこいい印象を持ちましたが
こちらは変わってとにかく爽やかで軽やかで馴染みやすい!
イントロのギターから爽やか 本人たちも爽やかに歌い上げてくれてます
間奏→ラップ→間奏→Cメロ→大サビの流れも凄く良い
カップリングのPerfectもスピード感があってよかったな
本当におすすめの1枚です
ただ残念なのは売上はどんどん落ちてきていること
こんなに良い活動してるのになぁ…

2012-01-07

2011年 年間11位~15位

新年明けてそうそう、帰るのが日付変わりである。
それなのに一番で上がっているのである。
何なんだこの部署

15 Heaven is a Place on Earth fripSide 36.7
下半期6位
劇場版「ハヤテのごとく!」主題歌
最初のサビから始まり、イントロで爆発して、超爽やかでポップなAメロに入る
この流れが非常に良かったです。
全体的にもfuture gazer以上にキャッチーで爽やかで馴染みやすく
何度聞いても飽きない1曲でした。
リリースは8月でしたが、12月の末…現在までずーーーっと入り続けた
only my railgun、future gazerに続き、上位ランクインはもう3年目になるんですね…
気が付けば、立派な柱になっていました

14 Lotus 嵐 38.3
上半期8位
相葉くん主演ドラマ「バーテンダー」主題歌
TruthやMonsterのような雰囲気を持った曲
ミステリアスなアレンジとキャッチーさだけでなく
今作は大野くんとニノによるフェイクが凄く印象に残りますね
リーダーのラストのwoーと上がるところは凄く良い
大震災で個人的にあまり音楽を聞かない時期もありましたが
その苦しい時期を支えてくれた、貴重な1曲となりました。
今年はリリースが落ち着いて、ここ近年の大爆発は見られませんでしたが
嵐は2007年からずーーっと上位にいる大きな存在…ありがたい

13 アイガアル Every Little Thing 38.9
下半期5位
月9ドラマ「全開ガール」主題歌
15周年を迎えた往年のベテラン、ELTが13位にランクイン!!
初めて買ったCDがELTだった自分としては、非常に嬉しいです。
イントロのキーボードからとても優しい音が耳に流れて来て
喉も落ち着いたもっちーがさらに優しく、柔らかく歌い上げます。
心に癒しを与えてくれる、2011年屈指の良曲だと思います。激戦の夏を彩ってくれました。
このランキング、15年間集計すると歴代1位はELTなんですよね。
それほど自分にとっては偉大な存在なんです
喉が不調で一時期非常に聞くのが辛い時期がありましたが
今のEvery Little Thingも好き!と言えるようになりました。

12 小さな魔法 ステレオポニー 39.1
10年下半期24位
11年上半期7位
昨年12月にリリース 年明けも4月上旬まで入り続けるほど長く聞いてました
何といっても…優しい!!曲の雰囲気がすっごく優しくて安心できる
ボーカルのAIMIも声を張りあげることなく、綺麗なファルセットで曲を彩っています
この時代、こんなにやさしい曲は新鮮でしたね
しかし…曲ごとに多種多用な雰囲気を出せるステレオポニーはもっと評価されていい
ドラムが走る「スマイライフ」ギターが重い「ツキアカリのミチシルベ」疾走感ある「はんぶんこ」
そして優しい雰囲気を持つこの曲ね 凄いよ凄いよ
ますますステレオポニーが好きになった1曲です

11 Kiss me 愛してる ℃-ute 39.4
上半期6位
…完全に現場補正やんwww
最初は「うるさい曲」って感じであんまり好印象じゃなかったんですが
現場で聞き始めてからどんどん伸ばしていって結局この好位置に
気が付けば屈指の盛り上げ曲になり
イントロが来たら「よし!」と思えるようになりました。
ただ楽曲大賞2位は意外でしたがね
個人的には大サビで「wow wow…」と繋げるところが個人的に超ツボ
2月~5月と息長に入り続けました

▼Pick up
世界一HAPPYな女の子 ℃-ute

最初は超ワンダフルの焼回しって印象で
あまり好きじゃなかったんだけど…ツアーを経て馴染みが出てきました
カップリングの偉大な力を!も使いやすそう
しかし指数は全然伸びませんでした。現場以外では聞きたくなる曲ではなかった

2012-01-05

1/5 ハロー!プロジェクト☆フェスティバル2011 握手会振り替え

@ディファ有明

よみうりランドイベントで裁ききれなかったため、急遽開催された振替日
もうどうでもよくなってたけど、職場から近く、19時まで受け付けやってるってことで
参加することに

18:40くらいに会場到着
ス以外はもうガラガラでしたね。昼間のうちにさっさと済ませたのかな。寒いしね。

持っているチケット
ベ…嗣永桃子、田中れいな、石田亜佑美、萩原舞、勝田里奈、田村芽実

ス…和田彩花、譜久村聖、徳永千奈美、夏焼雅、鈴木愛理


オール高速で剥がしきつめ


桃子→?→マイマイ→?→?→れいな
ももちももちももち

( -ω-)<今年も応援させていただきますのでよろしくお願いいたします…
ル;’ー’リ<いえいえこちらこそ今年もよろしくお願いします…
仕事帰りだから何かこんな感じになってしまった

そんな推しメン桃子よりも握手回数多いと思われるマイマイさん 寒そうですねと聞いたら「へぇ。さみーっす」と返してくれました
そういえばれいなとは初めてでした。何か驚いた感じで見てくるんですね
小さくてかわいかったです
後は流しも早かったし印象があまり…


あやちょ→千奈美→愛理→フク→雅
当然愛理・雅がお目当て

あやちょの、こちらが何か言う前に「ありがとうございます」というのは 何かズルい
千奈美は千奈美だった
愛理がマジ死にそうな顔してて心配になった。痩せすぎじゃね…?最初、愛理って気づかなかったくらい
フクちゃんはガッチリ握ってくる子でした。
雅は女神にしか見えなかった←


滞在時間、15分ぐらい。
知り合いもいたみたいだけど、今日はさっさと帰りました

2012-01-05

2011年 年間16位~20位

仕事始め。

16位~20位とついにTOP20に。
ここ近年は上半期の方が圧倒的に強い傾向があったけど
今年は下半期の方が強いですね

20 oath sign LiSA 28.2
下半期10位
アニメ「Fate/zero」OP曲。LiSAさんの1stシングルです
リリースは11月後半。約1か月の短い期間で20位にまで滑り込みました。
1stシングルではありますが、彼女は昨年よりGirls Dead Monster・ユイ名義で上位にランクイン。
自分のとこでもかなり上位に入っていましたね。
ただ声が特徴的、という印象でしかなかったガルデモ時代より大きな進化を遂げ
この1枚ではとにかく攻撃的で力強い!張りのある声がより一層魅力的になりました。
それに加え、このoath signでは嘆きのような儚さを表現していて、潜在能力の高さが伺えます
曲も非常にかっこいい。さらに上位に入っているClariSのコネクトに続き、渡辺翔さんはツボのようです。
オリコンでは同発のいきものがかり、ポルノグラフィティを退けての初登場5位という鮮烈なデビュー。
満を持してスーパールーキーとして登場!これからの活動が楽しみです。

19 nexus/Don’t cry/アナタニFIT ClariS 30.4
下半期9位
こちらも昨年9月10日デビューの若手2人!若手どころか、女子中学生2人組のユニットです
ややこもり気味で、声量も乏しいですが、透き通る声と軽やかなメロディが魅力的。
個人的にはアナタニFITのBメロが儚げでとても好きです。
事務所としてはZONEの後輩にあたり、タイアップも常時つけて精力的に活動しているClariS
芸能活動を行っていることは親と担任教師しか知らず なおかつ顔出しはせず、学業優先
いつ引退してしまうか分からず、危うい存在ではありますが 応援してみたくなります

18 XXX L'Arc~en~Ciel 33.2
下半期8位
夏にシングルを出して復活したラルクの第2弾シングル!
hyde作曲らしい、幻想的なイントロに独特なリズム
Aメロからサビまで隙がなく、ダークな旋律が癖になります
往年の名バンドですが、今でも古臭さを感じさせない
やっぱりこのバンドは凄い!とこの曲で改めて知らしめた印象です。
10月中旬にリリースされ、11月まで存在感を示してくれました。

17 笑ってたいんだ/NEW WORLD MUSIC いきものがかり 36.5
下半期7位
いきものがかり復帰シングル第一弾!
「笑ってたいんだ」は底抜けに明るく前向きで、恐ろしくキャッチー。元気を与えてくれます。
「NEW WORLD MUSIC」はめざましTVで毎日流れてますね。病み付きになるようなメロディが秀逸。
どちらもいきものがかりらしい、万人受けする完成度の高い2曲で、誰にでもオススメすることができます
夏の激戦時期にリリースされ、大きく貢献してくれました。
やっぱりいきものがかりがいると安心する

16 MY BOY Buono! 36.7
09年年間8位
11年上半期9位
これはひどいww2009年リリースの曲なのですが
Re;Buono!ツアーの影響で2年ぶりに入ってきました
生バンドで大覚醒を遂げたこの曲
下半期は入りませんでしたが、ツアーが行われていた2月ごろに
新曲の雑草のうたとともに、支えてくれました。

▼Pick up
ゼロ BUMP OF CHICKEN

お馴染みのBUMP!「FF零」主題歌です。
個人的にはここ最近の数作は特に印象の残らない曲が多かったのですが
この曲は最近の楽曲にはない、力強さが籠っていて
久々にBUMPでハマったシングルです

2012-01-05

1/4 Hello! Project 2012 WINTER ハロ☆プロ天国 ~ファンキーちゃん~夜

@中野サンプラザ

2012年初現場!
昼に地元より東京に戻り、中野へ
セトリ見たら相当アレだったので、ヲタTも持っていかず
とりあえず見ることにしようと。

1階19列40番ぐらい
通路席の横、2つ隣が開いていたということでそこそこスペースはあった
しかしこのスペースを使うことは無かった。
左は桃ヲタのおっちゃん。ベリ専っぽかった。
右は女の子。たぶん舞美推し

セットリスト
OP.ダンスパフォーマンス/モーニング娘。9,10期・スマ2期
01.ブスにならない哲学(ハロー!プロジェクト モベキマス)/全員
※MC1
02.【メドレー】インスピレーション!~流星ボーイ~まっさらブルージーンズ~恋愛レボリューション21/全員
※OPV
03.もしも…(ハロー!プロジェクト モベキマス)/須藤・萩原・香音・中西・田村
04.浮気なハニーパイ(カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。))/清水・嗣永・菅谷・中島・岡井・生田・佐藤
05.青春のカスタード(音楽ガッタス(吉澤ひとみ、里田まい))/新垣・愛理
※MC2 ファンキー大喜利(さわやか五郎)
06.【ソロコーナー】
ズキュンLOVE(ミニモニ。)/清水佐紀
DO YOU LOVE ME?(松浦亜弥)/鈴木愛理
※MC3 ハロプロ川柳
07.恋するエンジェルハート(美勇伝)/譜久村・真野・和田・福田・工藤・竹内・勝田
08. やる気! IT'S EASY(後藤真希)/道重・徳永・熊井・矢島・飯窪
09.愛の園~Touch My Heart!~(モーニング娘。おとめ組)/田中・夏焼・鞘師・石田
※MC4
10.こんな私で良かったら/吉川友
11.プリーズ ミニスカ ポストウーマン!/スマイレージ
12.有頂天LOVE/スマイレージ
13.ドキドキベイビー/真野恵里菜
14.Glory days/真野恵里菜
※MC5
15.君は自転車 私は電車で帰宅/℃-ute
16.Be元気<成せば成るっ!>/Berryz工房
17.【メドレー】行け 行け モンキーダンス~都会っ子 純情~SHOCK!~ヒロインになろうか!~
         ~愛の弾丸~サヨナラ 激しき恋~JUMP~超WONDERFUL!/Berryz工房・℃-ute
18.ピョコピョコ ウルトラ/モーニング娘。
19.Go Girl~恋のヴィクトリー~/モーニング娘。
20.OK YEAH!(モーニング娘。)/全員
21.この地球の平和を本気で願ってるんだよ!/全員


工藤さんはインフルエンザのためお休み。そういえば俺も予防接種してない…
箇条書きで
・ダンスパフォーマンスは「おぉー」という感じで無かった。頑張ってたけど
・メドレーは上手くない繋ぎ。もったいない…。まっさら→恋レボとかハロ屈指のチート曲共演なのに。
・まことの格好がひどくて笑ったw
・大喜利が超つまらなかった…もうちょい上手くできたんじゃないか
・シャッフルもソロも昔のユニット曲ばかり。全然ついていけない。
・ベリキューメドレーもあまり上手くない繋ぎ。JUMPをこんな乱暴に使わないでほしいっす><それでも盛り上がるあたりはさすがです
・この地球を~はやっぱりすごい。ここは会場が一体化していた。

新曲の感想
・真野ちゃん「ドキドキベイビー」
元気者っぽい感じ。
サビでハートを作るフリが可愛い。
フリコピは辞めておきます…。

・℃「君は自転車 私は電車で帰宅」
まさかのミディアムナンバー
たまには悪くないと思うけど、特に良い部分も無いかも
気が付けば、ハロで好きなバラード曲って無いな…。Buono!は別として

・ベリ「BE元気」
まず衣装がFF5のものまね士みたいで笑いそうになった。
とりあえず「ない」の連呼
サビは超キャッチーという面白い構成
好き嫌いすっげー別れる曲だと思った。
とりあえず個人的には衣装が最高すぎる。ものまね士www

・娘。「ピョコピョコウルトラ」
現時点ではJUMPするしかない。
娘ヲタならきっと上手く料理するはず。現場の盛り上がりが命だと思うので、頑張ってください



終わり。JUMPでちょっと汗かいたくらいだった。
ここ最近のハロコンよかったから、3公演分チケット取ってしまった
後これを2公演も見るのか…

後半の方、アンオフィのおっちゃんとスタッフが揉めてて
終演後も揉めまくってて…まぁ良くある光景だけど
「俺を怒らすと大変なことになるぞ」「他にもやっている人いるだろ」
おいおい中学生かっていう反論にちょっと笑った。そんなお話

2012-01-05

2011年 年間21位~30位

2012年になりましたね
今年は…と言っても改めて取り組むことはありませんが…
ちょっと身体能力が落ちている気がするので
健康のためにも体を動かそうかなとか考えてます
現場以外にもね

30 ロッタラ ロッタラ Buono! 23.0
2008年年間2位
2009年年間1位
2010年年間9位
2011年上半期28位 下半期37位
ついに4年連続で入ってしまった
3年連続ランクインはELTの「出逢ったころのように」があったけど
4年連続は見たら史上初でした
もう語りつくした1曲ですが、何度聞いても染みてきます
上半期はRe;Buono!公演、下半期はRock'n Buono!4公演で浮上
公演を重ねるごとにやはり神通力は落ちてきます
来年はのランクインさすがにもう無いかな、とは思っております
気が付けば数値も歴代トップクラスに…

29 春になったら miwa 23.2
上半期13位
昨年のルーキー、miwaが13位に!
ドコモのCM曲として大プッシュされていましたね
可愛らしくポップに、まるで昔のYUIを見ているようです
曲の雰囲気がCHE.R.RYと似ているんですよね、良い意味で
2月ごろにLotus、kiss me愛してるとともに支えてくれました
アルバムもオリコン1位を取って順調に来ているmiwa、これからの展開が非常に楽しみ!!

28 桃色スパークリング ℃-ute 24.1
上半期15位
初夏にリリースされた1枚
曲としてはベタベタなアイドル曲で特筆するような点はないけれど
現場補正が強く働いてこの点数に
ロンクリ→kiss meと2作続いて気に入った+ツアー中という背景もありましたしね
フリはサビの「ひんやりな~♪」って部分で右腕を回すところが好き
周りの水準が下がったこともあり、相対的に上がってきた曲でした

27 Singing! 放課後ティータイム 24.9
下半期15位
放課後ティータイム、こちらは映画エンディング曲です
いつも通り、OPは唯(豊崎)、EDのこちらは澪(日笠)がボーカルを務めております
曲もいつも通りロック色が強く、歌声も合わせて馴染みやすくなっております
12月のリリース、わずか3週間で27位に入るという滑り出し
年末のリリースラッシュの中でも、存在感を示しました
それでも指数はやや低め。曲的には今回はあまり…

26 No.1 UVERworld 25.4
10年年間22位
11年上半期12位
11月末のリリース、10年では4週間の集計期間で22位に入っちゃいました
その勢いのまま新年を迎え、何と11年上半期でも12位、年間26位という高い位置に入りました
UVERはデビュー時からよく聞いているバンドなので馴染み深いんですが
この曲は久々にめっちゃハマりましたね!!
UVER独特の、攻撃的で展開が読めずごちゃまぜに進むロック
すっげーかっこいい…もう少し遅く出てればもっと上位だったな
カップリングの6つの風も超オススメできます

25 シャングリラ Acid Black Cheery 26.4
下半期14位
9月から始まった、Acid Black Cherryの5か月連続リリースの第2弾
この曲は現在リリースされている4作の中でも最もキャッチーで馴染みやすい
どん底の中から、ある人のために歌を歌いたい、生きたいという願いがこめられていて
曲調も凄く明るく、4作の中では一番気に入っています。
もう少し上位に入っても良い気がしましたが、どうしても連続リリースということで
1曲1曲の聞き込みが浅くなってしまったのが残念です。

24 本気でこの地球の平和を願ってるんだよ!/彼とお店がしたい モーニング娘。 26.5
下半期13位
8月にリリースされた1枚。長年リーダーを務めた高橋愛のラストシングルです。
娘。真骨頂と言えるような前向きでまっすぐで明るい1曲
初めて現座で聞いた時から、この曲は「みかん」クラスになる!とか思ってました。
みかんレベルかはわかりませんが、現場でも乗りやすい上にフリも簡素で楽しく、大きな1曲となっています。
8月~9月と例年苦しい時期に頑張ってくれました。
このシングルを持って、圧倒的な力を持っていたリーダー高橋愛が脱退。
彼女なしではもう見れない曲も多いので、非常に残念です。というか、もう別物として見ないといけませんね。。

23 Pride/CUTE! SCANDAL 26.7
上半期11位
昨年大躍進だったSCANDALが11年もここに入った
この曲も去年入った「瞬間、センチメンタル」と同じく
ロック色が強くかっこいい1曲になっています
サビでは追いかけてくるように入ってくるコーラス、AメロBメロは哀愁漂うメロディで、とにかくツボでした
それ以上に良かったのはカップリングの「CUTE!」
Aメロの語りかけるような雰囲気で Bメロでは可愛らしく サビではとびっきり明るく
特にAメロがすっごく良い!!
2月のリリースから6月の最終週までずーーっと入り続けて
飽きが来ない1枚でしたね

22 家族になろうよ 福山雅治 27.0
下半期12位
結婚情報誌ゼクシィのCMで大量オンエアされていましたね
家族の幸せを、未来を歌ったすごく暖かくて、優しい曲
どういう体験をしたらこんな優しい歌が書けるのでしょうか。
2011年屈指の良曲だと思います。紅白もガガとこの曲だけはしっかりと目に焼き付けました
8月にリリースされて、確かな存在感を発揮してくれました。
福山さんの安定感は本当に凄い

21 やさしくなりたい 斉藤和義 27.2
下半期11位
視聴率40%という驚異的な数字を記録した、ドラマ「家政婦のミタ」主題歌
この曲も上の福山さんと同じく、2011年屈指の良曲
ドラマと合っている、という点が凄いのは確かですよね。しかし、それ以上に凄いと思ったのが
震災の時にYoutubeで替え歌をアップしたり、批判のアクションを起こしているんですよね
色々と考えを持って、この曲を制作したのだと思うのですが…
それを嫌味無く、しっかりと歌に込められてるのが凄い。
ただ吐き出すのではなく、聞き手に訴えかけるように作っているのが凄い
昨年の「ずっと好きだった」といい、斉藤和義の当たりが止まらない
12月も上位に入り続けました。来年も顔を出す可能性が高いです。

▼Pick up
女々しくて ゴールデンボンバー

今年大ブレークの金爆とこゴールデンボンバー!
V系バンドなのですが、なんとエアV系なのです。演奏していないのです
ボーカルはしっかり歌っているのですが、本来楽器を演奏しているはずの3人は…踊っているのです!!
初めてPVを見たとき、完成された楽曲とはうらはらに、コミカルなPVのダンス
このギャップに爆笑してしまいました。
プロフィール

あるせす

Author:あるせす
とりあえず気になったらコンサートに行ってみよう
という趣味

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる