fc2ブログ

2011-03-29

ここ最近の雑記を そして弱音

書く予定のもの残ってたけど、もういいかなってことで雑記

まずは音楽について
3月は未曾有の大震災の影響で新譜リリースはほとんど無くなってしまいました
当然、ノート見ると水準はここ15年間の中で歴代最低でした
12月発売のUVERが未だに上位に入っちゃってるほど
でもこれはしょうがないことですよね
元通りに戻るには数十年必要らしいけど…早い復興を願うしかない
その中で気に入った曲を1つ挙げると
ももいろクローバー「ミライボウル」ですね
物語的な構成ですっごくユニークでした
ただ彼女らがついてこれてない印象…まあそれがいいのかもしれませんが

家の片づけしゅうりょー
色んな思い出もごっそり捨てることに
ツアーグッズも思い入れの強いもの以外は処分することに
とはいえ、梅さん卒業の黄色タオルとか
リンリンツアーTとか
ご主人様やBuono!関連とか
こういうものはごみ袋に入れることはありませんでした

また東京に戻ってこれることを信じて研修に入ります
研修は中部地方に行ってきます 名古屋とかを中心にね
Zepp名古屋の近くのホテルで数週間寝泊まり…ホテル名を見ると
「あれ?泊まったことあるぞ?w」
運命を感じますねw誰か誘って矢場とんで味噌カツ食いたいぞ!



ここまでポジティブなこと書いてきましたが
もちろん新生活を迎える不安の方が強い
ここから社会の歯車になって日本を支える立場になるわけですが
人事は何を間違ったのか、自分が入ったとこは周りの同期がとても優秀
夏に取り組んだ研修の時点で彼らとの力の差は明らかだった 年齢も上だし
そんな彼らについていけるのか という不安が非常に強い
自分で切り開いていけないんだろうけど、そんな余裕がない
ついていくのが精いっぱい っていう展開が目に見えてくる
「彼らには無くて自分にはある武器で切り開いていけばいい」「大学と社会、全然違うんだから。ここがスタート」
暗い顔をしていたら常務がこんな言葉をかけてくれた
しかし自分だけの武器がなかなか見えてこない 面接の時に言ったことなんて付け焼刃にしか過ぎない
「君は2歳若い。2年後、また同じことを考えてごらん」と言われた
男は9割大学院卒が占めるので24歳の同期がほとんど
この2年間で力をつけていくしかないね

こんな時に、ふと思い浮かんだ曲がある
ZONE「夢ノカケラ…」という歌
「大人に近づいて僕は 夢を仕舞い込んで 街の渦に飛び込んだ -明日を見失った-」
という歌詞がやたら冷たく聞こえてくる 耳触りが悪い
負い目があるからなんでしょうね
でも、こんな時にロッタラを流すとやっぱり少し救われた気になる
いつかは仕事にも慣れて嵐の「きっと大丈夫」のような気分を迎えられればいいなと思う


とりあえず、今までやってたネトゲにちょっと挨拶してきた
と言ってもhighとDBBしかやってないんだけど
DBBは今日が決戦日だったので最後に頑張ってみた
勝利で飾った後、4月以降は戦力にならないで、と伝える
highも新生活の流れをつかむまでは区切りつけたいなって思います
大学のころと同じ感覚でやってたら社会人失格だし
全然ログインできなくなって満足いかない選手を作り上げても嫌だ
どっちにしろ4月はPCの環境から遠ざかるので転生できないしね
ミカサが終わり次第、休養に入らせてもらいます
本塁打王6回、打点王7回、そして三冠王
ミカサは本当に恵まれましたね 本当に楽な育成ができました
700本以上打つパワーヒッターを目指すつもりが結局今のところ3割500本という成績に
まあコレが自分好みの形ってことですかね
とりあえず、カタオモイの本塁打と打点は越えられるみたいだしOKとしておこう
後、スレでも言われてたけど最近の瞑庵さんはちょっとみいちゃんと被る気がする
理由を言語化しろと言われれば今の疲れ切った頭じゃ良い言葉が浮かばないから なんとなく としか言えないんだけどね


そんなこんなで雑記と弱音でした
さようなら3月 こんにちは4月
さようなら学生時代 こんにちは社会人
スポンサーサイト



2011-03-28

Today Is A Beautiful Day

PC新しいのを買いました
もう5年近く経ってたし社会人になってパソコンの重要度が上がるし…買い換えようかなと思ってた頃
すっかり進化しててビックリです

さて、社会人になる前にどうしても書きたかったsupercellの2ndアルバム
忙しくなる前に…ってのはもちろんだけど
「学生」のうちに書いておきたいんですよ

それでは行ってみましょう

・*1.終わりへ向かう始まりの歌→*2.君の知らない物語
最初の1曲はピアノ伴奏と歌のみの短いバラード曲
歌詞を見ると、このアルバム全体のことをうたっているような気がします
「曲が1つの物語」になっている今回のアルバム
本当にプロローグのような1曲
しっとりと締めくくられた後に流れる
「♪いつも通りのある日のこと…」
と流れてくる透明感のある優しい声!ぞわっと来ましたね
これを現場で聞いてたら完全にスイッチ入ってたと思う
君の知らない物語については今さら言うことも少ないな
2009年4位にさせていただいて そしてデビューという始まりの曲でもある
1曲にたくさんの要素が詰まっていて満足感が半端じゃない!
これを書いたとき、ryoさんとnagiさんは「勝てる!」と言い合ったようです
その自信通り、この曲は本当に大きな役割を果たしましたね

・*3.ヒーロー
こちらはヤングジャンプ「アオハル」主題歌として既に発表していました
supercellらしい、爽やかでキャッチーなロックナンバーです
nagiさんの声も透き通っていて、教室の情景が浮かんでくるよう
歌詞はsupercellらしく甘酸っぱいんですが…なかなか今時の子を描いているような歌詞
この歌詞はryoさんの実体験から描かれているようですね
周りから認められてなくても、ryoさんみたいにいつか大きな舞台に立てる
なんか少し勇気をもらった気がします

・*4.Perfect Day
ヒーローより少しヘビーなアレンジになった曲
サビは壮大で その歌詞とnagiさんのインタビュー通りに
青空と飛行機が情景に浮かぶような曲です
「こんな時もあったなぁ…」という、幼児期を思い出させてくれる歌詞
でもそれを嘆いちゃダメですよね

・*5.復讐
これもsupercellの特徴の1つのダークなヘビーロックですね
ただこの系統はちょっと私はあまり合わないんですよね
nagiさんの声は凄く綺麗で透明で繊細で素晴らしい歌声なんですが
力強さはないのでちょっとこういう歌には合わない気がする…
特に「教えてあげる」あたりは苦手かもしれません
と思ってましたが この曲は案外いい感じにハマってて良かったです
イメージは「怒り」のようです。その雰囲気がよく出てる気がします。

・*6.ロックンロールなんですの
今回のアルバムで一番気に入ったのがこの曲でした
アレンジが今までにない感じでとにかくかっこいい
ギターが前面に出てて、ドコドコと走るドラム すっごいタイプです><
最初の「Ladies and gentlemen and boys and girls?」がたまらなくかっこいい
nagiさんも巻き舌を多用して突っ走ってて なんだか意外な表現を見れた気がします
タイトルも完全に「とある魔術(科学)の禁書目録(超電磁砲)」の黒子を意識しているようでw
「アタシ無双」「ハートに響く言葉でプリーズ」「汝のバカっぷりを愛せ」
っていう全開な歌詞もすっごいツボです
これはぜひ聞いてほしい曲 かっこいい!

・*7.LOVE&ROLL
激しく駆け抜けた後でテクノ調のこの曲
「君の知らない物語」のカップリング曲ですね
nagiさんの声が活きてるのはこの曲が一番じゃないかなーって思ってます
淡々と進んでいるけど耳に流れ込んでくる声とアレンジが心地いい
とにかくnagiさんが歌うと可愛い!

・*8.Fell so good
おおお…ジャズ!!!ジャズアレンジが印象的な1曲です
これも前曲と続いて耳に流れ込むような曲
復讐→ロックンロールとヘビーな流れがあったように、ここも流れになっているんですね
いや、アルバム全体が1つの流れなんでしたね…
歌詞は甘酸っぱいものではなく、何気ない風景を歌ったもの
これも耳通りが良くてすごくいい

・*9.星が瞬く夜に
3rdシングルの両A面曲ですね
supercellらしい本当にシンプルでキャッチーで聞きやすいロックナンバー
シングルとして聞くとそこまで印象はなかったのですが
アルバムの中に入りこの流れの中で聞くと、公判を告げるような感じがしてよかったな

10.うたかた花火
こちらも3rdシングル ナルトのED曲でしたね
supercellの初のバラード曲でした
どこまでも綺麗で美しいメロディと、透き通っていて繊細な声
他のアーティストでは聞けない綺麗なバラードでした
特にCメロは反則級 「甘い吐息…」のnagiさんの歌い方はぐっと来ます
ただ歌詞が最高級に甘酸っぱくて…色々とつらいですw

11.夜が明けるよ
ラストを告げる1曲
タイトルの通り、夜明けを告げるように優しい1曲でした
いい感じに余韻を残し、大きな力を持つ次の曲へと向かっていく

12.さよならメモリーズ
2ndシングル
2010年1位にさせていただいた通り、すっごく気に入っている曲です
静かにアカペラから始まり、感情を揺さぶってくるギターが繋がってAメロが始まる
Bメロ→サビ、Cメロ→大サビ→ラストと階段を上るように盛り上がっていくのが凄い
とにかく感情が揺さぶられる…燃えてきます
歌詞ものすごく甘酸っぱい こんだけ青春の香りが漂う曲は無いでしょう
nagiさんも優しく強く甘く歌い上げてくれる…
特にラストの告白は本当に凄い そしてその後のギターがもうね…ここでも西川さん、ありがとうと言いたいw
個人的に最後の最後、nagiさんの溜息で終わるのがたまらないんですよねw
最高の1曲です

13.私へ
さよならメモリーズの満足感・余韻を残したまま、最後の曲へ
最後は2分ちょっとの短い1曲 しかしこの曲が担う役割は非常に大きい
この曲のメロディは…「君の知らない物語」なんですよね
そうくるのかぁ~!と凄く興奮した自分
歌詞の最後、「私は知っているから 自分だけの物語を」と締める
これで物語はおしまい じゃなくて続いていくんですね
「君の知らない物語」で始まり、「自分だけの物語」で終わる
全て聞き終えたとき、なんだか凄い高揚感でした


そんなこんなで、凄く気に入ったアルバムです
震災後は本当に辛いニュースしかないけど、このアルバムは自分に喜びを与えてくれました
本当にありがとうと言いたい

初回盤を購入したのですが、特典が凄くいい!
フォトブック?で楽曲を全て解説してくれているんですよね
こういうのは本当にたまらないんですよね><

ここまで良い!と思ったのは個人的にはBuono!2以来かも

2011-03-26

新生活

パソコンが壊れた
研修先が名古屋になった
色々準備が大変でなかなか更新できない
4月は休み無し…ツアー参戦は無理ぽ


話題を振られてたのでひとつ
流し打ちが流行ってた頃、私はほぼ投手一筋でした
初めて野手完走した安藤さんも流し打ちは劣化後に取ったんじゃないかな?
なので「1割」の人間に入るので分かりません
私は基本的に引っ張り意識だからね

2011-03-19

Buono!ライブ2011winter ~Re;Buono!~まとめ

※全公演参戦
2/11 横浜BLITZ
2/20 渋谷C.C.Lemonホール
2/21 なんばHatch

遅れましたが、書いておきたかった
2週間という非常に短いスパンで行われた今ツアー
久々の新曲リリース、初期の作家陣の復帰
非常に良い流れでのツアーで非常に楽しみでした
自分の高まりももちろん最高潮。迷うことなく全公演参戦を決意
私的ランキングで3連覇は適わなかったけど 間違いなく今でも1番の熱意を捧げてるユニット
初日の前日は22時に消灯して力を蓄えてたんだっけなw

【Buono!ライブ2011winter ~Re;Buono!~】 セットリスト
01 ゴール ※1コーラス目はVTR
02 Independent Girl~独立女子であるために ※バンド登場
03 雑草のうた
04 ガラクタノユメ
05 ロッタラロッタラ
MC
06 co・no・mi・chi
07 キライスキダイキライ
MC
08 You’re My Friend (アコーステックバージョン)
09 星の羊たち (アコーステックバージョン)
バンドソロ演奏(キーボード)
10 ガチンコでいこう!
11 うらはら
12 カタオモイ。
MC
13 JUICY HE@RT
14 ロックの神様
15 泣き虫少年
16 MY BOY
ドルチェ紹介 D マイマイ・B ナオミチ・G マーティ・Key eji
17 れでぃぱんさぁ
18 恋愛ライダー
Encore
19 One Way = My Way ※タオル回しあり
20 ラナウェイトレイン
MC ドルチェ手繋ぎ万歳して退場Buono!メンバー挨拶
21 タビダチの歌 or Last Forever

【Buono!ライブ2011winter ~Re;Buono!~】 セットリスト2
01 ゴール ※1コーラス目はVTR
02 Independent Girl~独立女子であるために 
03 雑草の歌
ドルチェ退場
04 Kiss! Kiss! Kiss!
05 ロッタラロッタラ
06 co・no・mi・chi
07 キライスキダイキライ
MC
08 うらはら   
09 ホントのじぶん
10 ガチンコでいこう!                
MC
※ドルチェ再登場
11 You’re My Friend (アコーステックバージョン)
12 星の羊たち (アコーステックバージョン)     
13 バンドソロ演奏(キーボード) 
14 JUICY HE@RT
15 ロックの神様   
16 カタオモイ。    
17 泣き虫少年          
18 MY BOY          
ドルチェ紹介 D マイマイ・B ナオミチ・G マーティ・Key eji
19 れでぃぱんさぁ
20 恋愛ライダー
Encore
19 One Way = My Way ※タオル回しあり
20 ラナウェイトレイン
MC ドルチェ手繋ぎ万歳して退場Buono!メンバー挨拶
21 タビダチのうた or Last Forever


【Buono!ライブ2011winter ~Re;Buono!~】 セットリスト3
01 ゴール ※1コーラス目はVTR
02 Independent Girl~独立女子であるために 
03 雑草の歌
ドルチェ退場
04 Kiss! Kiss! Kiss!
05 ロッタラロッタラ
06 キライスキダイキライ
MC
07 うらはら   
08 ホントのじぶん
09 ガチンコでいこう!                
MC
※ドルチェ再登場
10 You’re My Friend (アコーステックバージョン)
11 星の羊たち (アコーステックバージョン)     
12 バンドソロ演奏(キーボード) 
13 JUICY HE@RT
14 ロックの神様   
15 カタオモイ。    
16 泣き虫少年          
17 MY BOY          
ドルチェ紹介 D マイマイ・B ナオミチ・G マーティ・Key eji
18 れでぃぱんさぁ
19 恋愛ライダー
Encore
20 One Way = My Way ※タオル回しあり
21 ラナウェイトレイン
22 Bravo☆Bravo
MC ドルチェ手繋ぎ万歳して退場Buono!メンバー挨拶
23 タビダチのうた or Last Forever


特筆点を

・開幕パンチ
横浜BLITZでのこと 興奮しすぎて気分が悪くなるくらい緊張してた中で始まったオープニング
何度も書いた「ゴール」の演出
3つの大きなスクリーンにそれぞれ3人が写しだされる
暗い中、自分のソロパートになるとモノクロで歌っている姿が映し出される
サビに入ると…3つのスクリーンがふっっと点灯する!
ここだけでもうゾワッと興奮の感覚が来たんだけど…
Cメロの「僕らはどこへ向かうの…」ここだけは真っ暗な状態で流れる
そして大サビになると…
照明がバッとつき、3人が登場!!!1月のGLAYコンと似た登場の仕方だった
この瞬間、4年ぶりに味わう人生で最上の感覚が駆け巡った
4年前、初めてのコンサートに行った時のこと 大塚愛だったんですが
1曲目のユメクイ「僕は今 夢旅のなかー…」と暗闇の中からはじまり、サビが終わってイントロが流れる時
パッッと照明が一気について登場したシーン 大好きな曲から始まり、この登場 固まったまま泣いた覚えがあるw
あの時以来の極上の感覚でした
改めて分かったのがこの状態になると、まったく動けない 固まる そして勝手に涙が出てくる
大塚愛の時、この感覚があまりに極上すぎて…それ以来自分は色んな現場に行くようになる
現場に行き続けるのも、あの感覚をもう一度味わいたいと思ってたから
半ば諦めかけていたんですが、ここでまた味わうことができた…
これ以上にない、最高のオープニングでした
ゴールという曲は2度と忘れられない思い出の1曲になりましたね

・オールスターとも言えるセットリスト
3つセトリがありますが、こう見るとBuono!の中でも人気の高い曲が集中している印象ですね
前回はロックの神様・泣き虫少年を削ったりしてたのですが今回はオールスター状態
直前のシングルでは「再出発」と銘打ってたし、ちょっと豪華なセトリにしたんでしょうかね
当の自分は横浜で、2曲目に独立女子が来た瞬間全力でスイッチ入れることができた
ノリやすさ含めて良い流れだったなーと思います
そしてガラクタノユメ→ロッタラ…2曲とも、TOP5に入るほど好きな曲なんですよ。片やトップだしね
ロッタラのイントロが流れた瞬間、嬉しさのあまり柵を全力で殴って思ったことは
「これはBuono!だけじゃなく全体含めて、過去最高の神コンじゃないか?」ということ
そしてBuono!で凄い嬉しいのは 今回はいらなかった曲たちでセットリストを組んでも十分いけるということ
消失点、じゃなきゃ、マイラブ、MHLSなど人気曲がまだまだ多い
層が厚いというか…外れ曲が無いんだなぁって。

・全編バンド
上のオールスターセットリストを助けたのはこの全編バンド
今までは後半から~だったんですがね
全編バンド仕様にして、最初に独立女子などバンド曲を消化できたおかげで
後半に満を持してロックの神様など錚々たるチート曲たちをもってこれたんじゃないかなって
ドルチェのみなさんも本当に頼もしいというかナイスでした 上手く調和してるというか
ドルチェの顔とまで言われた潤子さんが別仕事で不在の中
ナオミチさんも煽ってくれて今ツアーで凄く好きになったし、ejiさんはソロ伴奏などさすがのリーダーシップだし
マーティさんも可愛らしく頑張ってくれたし、マイマイさんはガチドラムでめちゃめちゃ大好きだったし…
途中からは頭のリミッターが外れるくらい熱くなった
まあ渋谷からは仕様変更されちゃいましたがね
全編バンドをやめちゃったのはとにかく残念だったな、理由も言わないしさ
とにかく全編バンドは終始熱かったですね

・アコースティックへの挑戦
自分はBuono!にアイドルとしての一面以上にアーティストとして期待しているみたいで
常日頃、妄想で「こういう演出があったらいいな」「こんなことやってくれたらいいな」とニヤニヤしてるんです←
その1つが、このアコースティックだった 凄い嬉しかった
ドルチェの皆さんも前に来て演奏するんだけど この形は…まんまYUIと同じw
マイマイさんのおかげだろうな…とすぐ気付いた 本当に頭が下がります。。
歌う曲は2曲 ユアマイと星の羊たち
ユアマイは特に2ndアルバム曲の中で一番好きな曲で ここでもゾワっと嬉しさで毛が逆立ったな
ただ3人は緊張してたのか綱渡りをするような歌だったので…まだまだ経験とか色々足りないのかなと
それでも雰囲気は凄い出ててよかったです!
こういう、アーティスト的な演出もしっかりできるところを見せてくれて嬉しかったのもある
またやってほしいな…。I NEED YOUとかでやったら面白いと思うんだよね
個人的な妄想では、カタオモイを1番アコースティックorアカペラでバラード調でしっとりとやる
2番になったらバンドアレンジへ…と繋がれたら興奮でたぶん死にますねw
B'zがイチブトゼンブでやってた演出なんですよね。あれ良かったんですよねー。。

・3つのセットリスト
今回は横浜・渋谷・大阪とそれぞれセトリが微妙に違ってました
リピーターには嬉しい仕様だね!…と言いたいけど、横浜が神過ぎただけに渋谷と大阪がやや劣って見えてしまった
でも、自分は怒りとかそういう気持ちは無かった 残念ではあったけど
上に書いたとおり、横浜ではあまりに興奮しすぎた 嬉しかった
通算300公演近くコンサート行ってるんだろうけど、その中でトップに立つ満足度だった
「こんな神コンを、何度も味わっていいの?そんなこと、許されるの?」
と、渋谷開演前はあまりに嬉しすぎてリピートすることに罪悪感を覚えていたんですよ
ここでこのツアーを何度も味わうともう二度と、他の現場に足を運ばなくなるんじゃないかと思った
それはそれでアレですね、舌が肥えすぎってやつです
なので少し救われた気分でもありました
まあただ、渋谷・大阪の前半は「アイドル面を出した前半」というハイブリッドなそれではなく、本当にただのカラオケコンだったような気がしますがね
なんの演出もないしね

・化けた曲たち
CD音源やカラオケコンサートではなく
バンドアレンジとなって評価を改めた曲が何曲かありました
最初はco・no・mi・chi Buono!の曲の中で2番に好きじゃない曲だったんですが
横浜で生バンドで聞いた時は好印象だったんですよねー…案外音が厚いというかなんというか
とはいえ生バンが横浜だけで終わってしまったので残念なところでした
そしてMY BOY!!!今回のツアーの立役者と言って良い1曲
つんく曲の中では一番盛り上がるってことで もともと重宝されてた曲なんだけど
生バンになってギターとキーボードが際立つのは当然
何よりマイマイさんの力強いドラムがこの曲と凄く合ってた
横浜で聞いた瞬間から「これはやばい!」と思ったw
周りでもヘドバンする人が多発、自分もツアー中とツアー後に首痛に悩まされる日々が続きました←
新曲3つもやっぱり生バンだと印象が違いましたね
特にJUICY HE@RTはベースがグングン来る感じで凄く好印象でした><
何が言いたいかというと ドルチェありがとうってことです

・終幕
そんな熱かったライブを締めた演出も良かった
Last Foreverでは階段を上り、スクリーンに映し出された扉を開けて消えていき
タビダチのうたでは両手を広げて光の中で消えていくという演出
特にLast ForeverではCD音源で階段を上って 最後に扉を開けて閉める…というSEが入ってるんですが
それを再現してくれた形となって、ライブの締めとしてはこれ以上ない終わり方だったなと思います
Wアンコールがいらない、と思えるくらい綺麗な終わり方でした
終わった後の余韻が凄く良い感じ
ただし、前にいるとドライアイスで何にも見えなくなるんですけどもw


書いたとおり、すっごい楽しかったツアーでした
後半のラッシュだけでなく、最初から最後までフルに楽しめた感じです
特に横浜公演はこれ以上ない公演となりました
ドルチェとの相性というか 生バンも今回は特に凄くて
今は7人バンドのトリプルボーカル的な感じで見ている気がする

今のBuono!の力を全て出し切ったようなツアー
このグループをさらに好きになった気がします
言葉にできないくらいの満足感 毎回の完全燃焼
特に横浜公演ではこれ以上ない感覚を味わえました

ずーっと探してた感覚を味わいたかった という現場に入る目的を達成してしまった
半ば諦めかけてた中で味わうことができた…しかもここ3年間で一番熱意を注いだグループで
このツアーが終わった時、「もう思い残すことは無い」とも思った
完全燃焼しても次の公演になったら強引に焚きつけてまた完全燃焼
これを3回繰り返した結果、本当に燃焼しきってしまいました
そんな状態だったので、今ですら「次はどの現場に行こう?」とかあまり考えられない状態です
ベリキューに限らず、コンサート自体の参戦回数が減るのは濃厚かな…とか思ったり
それほど、そんな風に思ってしまうほどここで完全燃焼してしまいました

ハイブリットパンチが「S」
Rock'n Buono!2が「E」
Winterフェスタが「A」
We are Buono!が「A」
Rock'n Buono!3が「B」
そして今回は迷わず「」とさせていただきます

それでは終幕

2011-03-19

これからの更新予定

震災で自分のリアルも本当に大きく変わってしまいました
入社式は迎えられるのか?4月から住む場所を変えますが、そこは震災地
本当に暮らせるのか?むしろ内定取り消しもあるのでは?
卒業式も無くなりました
西日本へ就職したり、今生の別れとなる友人もいるでしょう
彼ら彼女らとの別れがこんな形で終わってしまうと思うと悲しい
16年間の学生生活がこんな形で終わると思うと寂しい

色々たまってます
私のブログは気分のまま、流れのまま勢いで書いてます
このご時世ではネタがあっても書く流れ・気分にもっていけません
なので溜まっちゃってます
とりあえず更新する予定のもの

・Buono!Re;Buono!ツアーまとめ
執筆中
このツアーだけはやっておきたい。
情熱はあるけど、筆がすすまない

・supercell「Today Is A Beautiful Day」レビュー
2ndアルバムです
地震以降、「不幸中の幸い」という喜びはあっても本当に純粋な吉報は無かった
そんな中、このアルバムがリリースされて手にとって聞いてみた
本当に素晴らしかった 良いアルバムだった
少しでも光を射してくれた、感謝の気持ちを込めてこのアルバムについて書きたい

・今回の地震について思ったこと
東京に帰ってきて唖然とした
食べ物もない、紙もない
そんな状態で、思ったこと

2011-03-13

とりあえず

自分は大丈夫です。今は地元の新潟にいます
その新潟も中越で震度6が来たりなかなか荒れてます

まだまだ安否確認とれない友人が多くいて気が休まりません
会社の会合も全部中止になり、しばし地元に滞在することになりました
被災にあった福島・いわきなどには自分も行ったことあって
空気が綺麗でラーメンがおいしくて凄く良い街だった
一人でも多くの人が助かってほしいな

…本来なら今頃、同窓会だったんだけどな。。

2011-03-07

ここ最近についての雑記、1~2月の模様とか

Buono!ライブレポを全力でキモく熱く書き終えたところで止まってましたねw
これで終わってるとマジでキモいからちょっと書くことに

ちょっくら卒業旅行でグアム行ってきました
肉食ったり泳いだり観光したり…
その代償が日焼けと人生で2番目につらい腹痛を伴う下痢←
まあ、楽しかったですw
その影響でhighペナ190年度はほったらかしだったのが残念
まだ能力伸ばせた時期だったんでね…

1月2月の音楽的なそれ
リアルではAKBがミリオン行きましたね
ヘビロテがミリオンいくなら大いに納得なんですが
うーん今回の曲はあんまり好きになれないなぁ…
今年に入る前から懸念してたけど
期待している歌手が去年とあんまり変わらないんですよね…
つまり自分が新たに気にいったっていう歌手を発掘できてないんですよね
うーん歳をとって頭が固くなっていってんのかなぁ…
と思ったら、最近ナオト・インティライミの曲が良いなぁとか思ったり
男性で出てくるのは本当貴重なので嬉しかったりする
後はプッシュされまくりのmiwaですね
とりあえず、アルバムが楽しみ

私的ランキングのメモ見てみると
やっぱBuono!とび抜けましたね><まあツアーであれだけ燃えればね…
とりあえず昨年よりはかなり小幅な動きになってますね
去年の2月~3月は強かったからなぁ…supercellに嵐に

そういえばsupercellの2ndアルバムが来週発売されます
タイトルは「Today Is A Beautiful Day」
すっごく楽しみです!


ここらで終わりにしておきます
3月はかなり忙しいのでこのブログもそろそろ限界かもな、と思い始めたり
プロフィール

あるせす

Author:あるせす
とりあえず気になったらコンサートに行ってみよう
という趣味

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる