fc2ブログ

2012-01-15

2011年 年間1位&まとめ

*1 雑草のうた / ラナウェイトレイン / JUICY HE@RT Buono! 90.2
上半期1位
2位と大差をつけて1位を独走したのはBuono!
というか、もう年間1位も確定じゃないかなこれ
1年のリリース停止を経て出したシングルは3曲入り
何といっても嬉しかったのは、作家陣が岩里さん井上さんAKIRASTARら
自分が大好きな作家陣が返ってきてくれたこと!最初から期待度が違いましたね
曲も現場で聞いていくにつれて評価が上がり…そしてその現場も最高のツアーだった
雑草のうたは力強いロックナンバー
「未完成です死ぬまで」というフレーズが物凄く気に入っています
学生と社会人の狭間を体験したこの上半期 その壁にブチ当たる中で、このフレーズは何かと励みになった
ラナウェイトレインは明るいような…しかし少し悲しいくらい依存してしまっている歌詞
3曲の中で一番お気に入りです
JUICY HE@RTはギラギラしたアレンジ こちらも力強い
2月にリリースされて震災の低迷期を経て5月中旬まで入り続けました
初動から圧倒的でしたが その後も長く入り続けて完全に独走してました
途中からClariSの追い上げもありましたがね さすがです

まとめ
*1 雑草のうた / ラナウェイトレイン / JUICY HE@RT Buono!
*2 コネクト ClariS
*3 GOOD LUCK MY WAY L'Arc~en~Ciel
*4 会いたいロンリークリスマス ℃-ute
*5 夏ダカラ! Buono!
*6 WHITE KAT-TUN
*7 LOVE SURVIVE SCANDAL
*8 Everyday,カチューシャ AKB48
*9 少女の祈り? Acid Black Cherry
10 ULTIMATE WHEELS KAT-TUN

11 Kiss me 愛してる ℃-ute
12 小さな魔法 ステレオポニー
13 アイガアル Every Little Thing
14 Lotus 嵐
15 Heaven is a Place on Earth fripSide
16 MY BOY Buono!
17 笑ってたいんだ/NEW WORLD MUSIC いきものがかり
18 XXX L'Arc~en~Ciel
19 nexus/Don’t cry/アナタニFIT ClariS
20 oath sign LiSA

21 やさしくなりたい 斉藤和義
22 家族になろうよ 福山雅治
23 Pride/CUTE! SCANDAL
24 本気でこの地球の平和を願ってるんだよ!/彼とお店がしたい モーニング娘。
25 シャングリラ Acid Black Cheery
26 No.1 UVERworld
27 Singing! 放課後ティータイム
28 春になったら miwa
29 桃色スパークリング ℃-ute
30 ロッタラ ロッタラ Buono!

31 My Dearest supercell
32 さよなら傷だらけの日々よ B'z
33 HELLO~Paradise kiss~ YUI
34 Only you モーニング娘。
35 441 miwa
36 甘酸っぱい春にサクラサク Berryz工房×℃-ute
37 歩いていこう いきものがかり
38 迷宮ラブソング 嵐
39 今のキミを忘れない ナオト・インティライミ
40 ごはんはおかず / U&I 放課後ティータイム

41 RUN FOR YOU KAT-TUN
42 BIRTH KAT-TUN
43 いつか シド
44 MONDO PIECE UVERworld
45 桜色 中川翔子
46 Unmei♪wa♪Endless!! 放課後ティータイム
47 Green a live YUI
48 ありがとう ステレオポニー
49 1,2,3,4 ヨロシク! SKE48
50 翔 ゆず


年々アイドルとアニソンも比率が多くなっている気がする

アーティスト別
10 ステレオポニー 60.9
(小さな魔法、もしも歌えなくなったら、ありがとう)
2010年8位
上半期6位
小さな魔法が大部分を稼ぎ、10位に滑り込みました
様々な世界観を持つ彼女ら、今後も楽しみです

*9 放課後ティータイム 61.7
(U&I、Unmei♪wa♪Endless!、Singing!)
2010年1位
下半期7位
昨年、枚数・質ともに圧倒的な1位を獲得したHTT
今年は劇場版公開開始に伴い、2作リリースがありました
12月に一気に稼ぎ、3年連続の10位入り

*8 AKB48 82.7
(桜の木になろう、Everyday,カチューシャ、フライングゲット、風は吹いている、上からマリコ)
2010年7位
上半期5位、下半期11位
リアルでは手が付けられない状態になってるAKB
2009年から3年連続の10位入り、やっぱり大きい存在になってます
曲自体は下降気味なのが気になりますが

*7 SCANDAL 85.8
(Pride、ハルカ、LOVE SURVIVE)
上半期7位、下半期8位
今年大躍進のSCANDAL
特にLOVE SURVIVEは最高に格好よく、結果として7位に
どんどん力をつけてきている印象です

*6 L'Arc~en~Ciel 101.0
(GOOD LUCK MY WAY、XXX、CHASE)
下半期1位
今年の夏に活動を再開したラルク
昔から聞いてて、今でも普通に聞くのはラルクとミスチルくらいでしょうか
曲もラルクらしい曲が並び、大満足の下半期でした
大ベテランの復活は嬉しいです

*5 Acid Black Cherry 102.8
(少女の祈り?、ピストル、シャングリラ、蝶、CRISIS)
上半期10位、下半期3位
少女の祈りのほかに、5か月連続リリースが効いて5位に入りました
この人もラルクと同じく、安定しておりました
こう活動を続けてくれるのは嬉しいな

*4 ClariS 115.8
(コネクト、nexus)
上半期12位、下半期2位
新規参戦のClariSが4位に!
何といってもコネクトでしょう。
2012年も、supercell(ryo)の楽曲提供でリリースが決まっています。
めっちゃ楽しみ!

*3 ℃-ute 128.0
(会いたいロンリークリスマス、Kiss me 愛してる、桃色スパークリング、世界一HAPPYな女の子、甘酸っぱい春にサクラサク)
2010年5位
上半期2位
上半期2位だったのですが、下半期に大きく失速して3位に
それでも3年連続の10位入り、もう立派な柱と言っていいのかな

*2 KAT-TUN 128.7
(CHANGE UR WORLD、ULTIMATE WHEELS、WHITE、RUN FOR YOU、BIRTH)
上半期3位、下半期10位
今年のKAT-TUNは凄く良かった!上半期の3位より1つ上げました
年間通して活動してくれたし、亀梨くんの野球チャレンジも楽しく見てた
今年はKAT-TUNの存在が非常に大きかった1年です。
来年もぜひ!

*1 Buono! 203.0
(ロッタラ ロッタラ、MY BOY、雑草のうた、夏ダカラ!)
2010年4位
上半期1位、下半期4位
2008年、2009年1位
間違いなくここ5年で№1の3人が今年もブッチギリで1位
リリース2曲はいずれも5位入り 1強時代を表しています
2012年は1月に新曲リリースが決まっています
そしてコレがやばい もう1位は確定かもしれない
完全に1強状態です


結局今年もメンツに大きな変動は無かった
ClariS、SCANDALは初登場かな
それでも…
昨年デビューのmiwa、復活のいきものがかり、UVERworldらすぐ下にいて
だいぶ落としたけど、YUIやsupercellだっている
ただ昨年期待した菅原紗由理とかどうしちゃったんだろう…
DOESがシングルリリース0だったのも痛かった
そして何よりも…近年柱として毎回楽しみにしていたしょこたんが大失速してしまったのが超痛い
3rdアルバム聞いた時点でそんな予感はしてましたがね…「歌手」としてまとまりすぎちゃいました

1月のリリースを見てると、2011年よりは良い年になってくれると思い…ます。

新人
今年は…ナオト・インティライミ、ClariS、LiSA、Kiss my Fits、ゴールデンボンバーあたりでしょうか
一部、実際には新人じゃない人たちいるけどそれは愛嬌
昨年は菅原紗由里でしたが今年は…
LiSAで。
数値からいえばClariS一択だけど、ガルデモ時代からの成長、ポルノ・いきものがかりを破っての鮮烈デビューを見て、期待を寄せたくなりましたね
基本的に学業優先のClariSは、存在が安定しない…てのも理由にありますが

まあそんなこんなで2011年も終了。
2012年はもう1位が決まったようなもんなのでちょっとアレですが
16年目に突入していきます
スポンサーサイト



2012-01-11

2011年 年間2位~5位

風邪ひいた
インフルじゃなくてよかった

*5 夏ダカラ! Buono! 53.1
下半期3位
まさかこの曲が年間5位とは…
Buono!一強の時代、そして全体の衰退を象徴するかのようなランクイン
A面の夏ダカラ!はBuono!初のシングルミディアムナンバー。
発売当初から評価も別れましたが、自分は好きです。
特にラストの桃子のパート念じたくなる。「いけぇ!!頑張れ!!!」と。
しかしカップリングのIce mermaidが残念。
福山雅治の「化身」のようなアレンジですが、イマイチかっこよさも出ておらず、残念なデキに
現場でもイマイチな曲でした。
しかしそれでもこの位置。Buono!というグループに、いかに依存しているかが分かります。

*4 会いたいロンリークリスマス ℃-ute 54.0
10年年間5位
11年上半期2位
10年12月1日リリース。たった3週間で2010年年間5位に入り込んだ勢いそのままに
1月中ずーーっと聞いていた曲です 結果として上半期2位、年間5位に入り込んできた
個人的にハロプロ、というかつんくは年に1作確変してくるイメージ
昔からそんなイメージだったのですが、ヲタになった今ではそれが来るとどうしようも無く高評価をつけてしまう
しかもそれを℃-uteに書いたとなれば…まあこうなりますね
相変わらずハロプロ臭さは残るのですが、Aメロ→Bメロの流れが綺麗
特にBメロは個人的に超ツボ 4月の合コンで聴くこともできたので嬉しかったな
ハロプロ発の歌謡曲としてはここ数年で最高の部類に入るんじゃないかなーと思いました
得点を去年のと合計したら100を超えました。これはBuono!ロッタラ以来の快挙です
2年連続5位入りもロッタラ以来。℃で一番好きな曲になりました。

*3 GOOD LUCK MY WAY L'Arc~en~Ciel 57.7
下半期1位
ここでラルクの復帰シングルが登場!映画「鋼の錬金術師」主題歌です。
数年ぶりのリリースとなる1曲ですが、1段目は超キャッチーでノリやすい、READY STEADY GO!のような曲に仕上がってます。
曲自体、というかAメロの勢い、サビに晴れ渡るかのような爆発するメロディ
そして何よりも、透き通るかのような、綺麗なhydeの歌声
これがラルクアンシエル!文句無しの1曲
夏に大きな活躍を見せ、下半期1位、年間3位にまで登りました。
15年間、ラルクは頑張ってくれてます。ありがとう!
来年にも大いに期待!

*2 コネクト ClariS 85.4
上半期11位
下半期2位
今年、大革命を起こしたアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」OP曲。
初めて聞いた時の感想は……。なんだこの曲は!?というのが正直な感想です。
サビは疾走感があり、迷いを駆け抜けるような感覚。
しかしAメロはとにかく哀愁が漂っている。嘆きのようなフレーズ・メロディが連なる。
そしてBメロは非常に幻想的、かつ前向き。実現したい願いを表しているかのよう。
1曲に込められた思いが多すぎる!!
それを、スーパールーキー・ClariSが透き通る綺麗な歌声でしっかりと表現しています。
個人的には「何もかもが歪んだ世界で」というフレーズがたまらなく好き。
アニメタイアップとしても、まどかマギカの10話を見ると、絶対にハマるようなデキ。ぴったり。
中学生ユニットが歌う曲なのだろうか。まさに「奇跡」の1曲。
この曲がある限り、ClariSには期待し続けざるを得ません。

2012-01-07

2011年 年間6位~10位

ついにトップ10!
しかし指数は非常に低め。
10位のKAT-TUNは42.5ですが…去年の10位・バクチダンサーは54.5。
42.5って言うと16位程度なんですよね。
今年がどれだけ低迷したか…

10 ULTIMATE WHEELS KAT-TUN 42.5
上半期5位
去年は脱退問題で大きく揺れたKAT-TUNでしたが 今年は精力的に活動しています
2年前にかなり高順位にしたKAT-TUNはジャニーズの中でも最も期待しているグループの1組なので嬉しいな
さて、これはCMでお馴染みの1曲です
CMでは非常に馴染みやすいメロディですぐ耳について「おっいいな」と思った人が多いかもしれません
しかしフルで聞くとまったく別の印象…!
ストリングスを使った優雅なイントロとAメロBメロともに重厚なアレンジが入っていてサビで爆発
雑草のうたとともに2月を支えてくれました、非常にかっこいい1曲です
ぜひぜひフルで聴いてみてほしい1曲!!納得の10位入りです

*9 少女の祈りⅢ Acid Black Cherry 44.2
上半期10位
下半期43位
3年ぶりの9位入り!さすがです
1stアルバム「BLACK LIST」に収録されていた人気曲「少女の祈り」の続編という曲
ABCらしいヘビーなアレンジでメロディも凄くかっこいい
個人的にはBメロのアレンジが凄い好きですね
最後のギターの締めも好き ただ歌詞がちょっと今回は好みじゃなかった…
それでも全体が低空飛行の中での安定感
5月~7月の期間に頑張ってくれました

*8 Everyday,カチューシャ AKB48 44.7
上半期4位
未来永劫更新不可能と言われてたミスチルの初動記録を破り、オリコン年間1位(当時)に君臨した曲
確かに年間1位の風格が感じられる曲ですが 歴代1位の風格は無いよなぁ…と思いつつも
イントロの入り、サビのキャッチーさと甘酸っぱさが良いと思いました そんなこんなで8位入り
何だかんだでAKBも3年ぐらいずっと前線にいるんだなぁ…
大声ダイヤモンドの時はここまで大きなユニットになると思わなかった
6月を支えてくれた1曲です

*7 LOVE SURVIVE SCANDAL 46.9
下半期4位
SCANDALが7位入り!BABY ACTIONの先行シングルでした。
SCANDALに今までないような、疾走感と力強さを持った1曲
Aメロ、Bメロ、サビと流れも良いし完成度が高い!
ハルカのような歌謡曲寄りの歌よりは、こういう力強い歌を歌った方がかっこいいですね
そこらへんZONEとは違った強みだと思う
アイガアル、夏ダカラ、笑ってたいんだとともに夏を彩ってくれました。

*6 WHITE/Perfect KAT-TUN 48.4
上半期3位
再びKAT-TUN!!今年出した2枚とも10位入り…凄い凄い
ULTIMATE WHEELSも方はかっこいい印象を持ちましたが
こちらは変わってとにかく爽やかで軽やかで馴染みやすい!
イントロのギターから爽やか 本人たちも爽やかに歌い上げてくれてます
間奏→ラップ→間奏→Cメロ→大サビの流れも凄く良い
カップリングのPerfectもスピード感があってよかったな
本当におすすめの1枚です
ただ残念なのは売上はどんどん落ちてきていること
こんなに良い活動してるのになぁ…

2012-01-07

2011年 年間11位~15位

新年明けてそうそう、帰るのが日付変わりである。
それなのに一番で上がっているのである。
何なんだこの部署

15 Heaven is a Place on Earth fripSide 36.7
下半期6位
劇場版「ハヤテのごとく!」主題歌
最初のサビから始まり、イントロで爆発して、超爽やかでポップなAメロに入る
この流れが非常に良かったです。
全体的にもfuture gazer以上にキャッチーで爽やかで馴染みやすく
何度聞いても飽きない1曲でした。
リリースは8月でしたが、12月の末…現在までずーーーっと入り続けた
only my railgun、future gazerに続き、上位ランクインはもう3年目になるんですね…
気が付けば、立派な柱になっていました

14 Lotus 嵐 38.3
上半期8位
相葉くん主演ドラマ「バーテンダー」主題歌
TruthやMonsterのような雰囲気を持った曲
ミステリアスなアレンジとキャッチーさだけでなく
今作は大野くんとニノによるフェイクが凄く印象に残りますね
リーダーのラストのwoーと上がるところは凄く良い
大震災で個人的にあまり音楽を聞かない時期もありましたが
その苦しい時期を支えてくれた、貴重な1曲となりました。
今年はリリースが落ち着いて、ここ近年の大爆発は見られませんでしたが
嵐は2007年からずーーっと上位にいる大きな存在…ありがたい

13 アイガアル Every Little Thing 38.9
下半期5位
月9ドラマ「全開ガール」主題歌
15周年を迎えた往年のベテラン、ELTが13位にランクイン!!
初めて買ったCDがELTだった自分としては、非常に嬉しいです。
イントロのキーボードからとても優しい音が耳に流れて来て
喉も落ち着いたもっちーがさらに優しく、柔らかく歌い上げます。
心に癒しを与えてくれる、2011年屈指の良曲だと思います。激戦の夏を彩ってくれました。
このランキング、15年間集計すると歴代1位はELTなんですよね。
それほど自分にとっては偉大な存在なんです
喉が不調で一時期非常に聞くのが辛い時期がありましたが
今のEvery Little Thingも好き!と言えるようになりました。

12 小さな魔法 ステレオポニー 39.1
10年下半期24位
11年上半期7位
昨年12月にリリース 年明けも4月上旬まで入り続けるほど長く聞いてました
何といっても…優しい!!曲の雰囲気がすっごく優しくて安心できる
ボーカルのAIMIも声を張りあげることなく、綺麗なファルセットで曲を彩っています
この時代、こんなにやさしい曲は新鮮でしたね
しかし…曲ごとに多種多用な雰囲気を出せるステレオポニーはもっと評価されていい
ドラムが走る「スマイライフ」ギターが重い「ツキアカリのミチシルベ」疾走感ある「はんぶんこ」
そして優しい雰囲気を持つこの曲ね 凄いよ凄いよ
ますますステレオポニーが好きになった1曲です

11 Kiss me 愛してる ℃-ute 39.4
上半期6位
…完全に現場補正やんwww
最初は「うるさい曲」って感じであんまり好印象じゃなかったんですが
現場で聞き始めてからどんどん伸ばしていって結局この好位置に
気が付けば屈指の盛り上げ曲になり
イントロが来たら「よし!」と思えるようになりました。
ただ楽曲大賞2位は意外でしたがね
個人的には大サビで「wow wow…」と繋げるところが個人的に超ツボ
2月~5月と息長に入り続けました

▼Pick up
世界一HAPPYな女の子 ℃-ute

最初は超ワンダフルの焼回しって印象で
あまり好きじゃなかったんだけど…ツアーを経て馴染みが出てきました
カップリングの偉大な力を!も使いやすそう
しかし指数は全然伸びませんでした。現場以外では聞きたくなる曲ではなかった

2012-01-05

2011年 年間16位~20位

仕事始め。

16位~20位とついにTOP20に。
ここ近年は上半期の方が圧倒的に強い傾向があったけど
今年は下半期の方が強いですね

20 oath sign LiSA 28.2
下半期10位
アニメ「Fate/zero」OP曲。LiSAさんの1stシングルです
リリースは11月後半。約1か月の短い期間で20位にまで滑り込みました。
1stシングルではありますが、彼女は昨年よりGirls Dead Monster・ユイ名義で上位にランクイン。
自分のとこでもかなり上位に入っていましたね。
ただ声が特徴的、という印象でしかなかったガルデモ時代より大きな進化を遂げ
この1枚ではとにかく攻撃的で力強い!張りのある声がより一層魅力的になりました。
それに加え、このoath signでは嘆きのような儚さを表現していて、潜在能力の高さが伺えます
曲も非常にかっこいい。さらに上位に入っているClariSのコネクトに続き、渡辺翔さんはツボのようです。
オリコンでは同発のいきものがかり、ポルノグラフィティを退けての初登場5位という鮮烈なデビュー。
満を持してスーパールーキーとして登場!これからの活動が楽しみです。

19 nexus/Don’t cry/アナタニFIT ClariS 30.4
下半期9位
こちらも昨年9月10日デビューの若手2人!若手どころか、女子中学生2人組のユニットです
ややこもり気味で、声量も乏しいですが、透き通る声と軽やかなメロディが魅力的。
個人的にはアナタニFITのBメロが儚げでとても好きです。
事務所としてはZONEの後輩にあたり、タイアップも常時つけて精力的に活動しているClariS
芸能活動を行っていることは親と担任教師しか知らず なおかつ顔出しはせず、学業優先
いつ引退してしまうか分からず、危うい存在ではありますが 応援してみたくなります

18 XXX L'Arc~en~Ciel 33.2
下半期8位
夏にシングルを出して復活したラルクの第2弾シングル!
hyde作曲らしい、幻想的なイントロに独特なリズム
Aメロからサビまで隙がなく、ダークな旋律が癖になります
往年の名バンドですが、今でも古臭さを感じさせない
やっぱりこのバンドは凄い!とこの曲で改めて知らしめた印象です。
10月中旬にリリースされ、11月まで存在感を示してくれました。

17 笑ってたいんだ/NEW WORLD MUSIC いきものがかり 36.5
下半期7位
いきものがかり復帰シングル第一弾!
「笑ってたいんだ」は底抜けに明るく前向きで、恐ろしくキャッチー。元気を与えてくれます。
「NEW WORLD MUSIC」はめざましTVで毎日流れてますね。病み付きになるようなメロディが秀逸。
どちらもいきものがかりらしい、万人受けする完成度の高い2曲で、誰にでもオススメすることができます
夏の激戦時期にリリースされ、大きく貢献してくれました。
やっぱりいきものがかりがいると安心する

16 MY BOY Buono! 36.7
09年年間8位
11年上半期9位
これはひどいww2009年リリースの曲なのですが
Re;Buono!ツアーの影響で2年ぶりに入ってきました
生バンドで大覚醒を遂げたこの曲
下半期は入りませんでしたが、ツアーが行われていた2月ごろに
新曲の雑草のうたとともに、支えてくれました。

▼Pick up
ゼロ BUMP OF CHICKEN

お馴染みのBUMP!「FF零」主題歌です。
個人的にはここ最近の数作は特に印象の残らない曲が多かったのですが
この曲は最近の楽曲にはない、力強さが籠っていて
久々にBUMPでハマったシングルです
プロフィール

あるせす

Author:あるせす
とりあえず気になったらコンサートに行ってみよう
という趣味

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる