fc2ブログ

2011-12-02

自分が気になる製作者10名挙げるならば

ちょっと流行ってるし自分も考えてみた。
敬称略

1.アリシア
highで一番燃えるのはこの方。
投手やってた時に、この人だけは「挑戦」してみたくなった。
つまり自分は、この人より遥かに格下だと感じている証拠。
今でもその印象です。

2.シャフト儲
安定感がハンパじゃない
「若手の時期から結果を残す」自分のポリシーの1つでもある
ぜひ参考にしたい

3.BOOM
いつになっても越えられない、高い高い壁
前述の「格下感」はアリシアさん以上

4.ラスト
成長型・お金など同条件のもとで
ヨーイドンで選手を作らせたらこの人が1位だと思う

5.卍零郎
奪三振厨の完成系。
色々と聞いてみたいことがある

6.うっひょう
1年目から3割残す調整の上手さを教授願いたい。

7.BeaM
デブ型作らせたらたぶんこの人が一番上手い。
器用だし

8.フーミン
この人は中距離ヒッターのトップクラス
一緒に競えたら楽しそう。

9.ガルデモ
チームメイト期間も長くて、野手のノウハウは結構この人に教わった
ゆうかりんの卒業のせいか最近やる気なさそうで心配

10.実験体
いつでもhighのことを真剣に考えられる精神力の強さを見習いたい
似顔絵作らなくなったのは個人的にかなりマイナスポイント


あんまりボノさんのと違い無かった。
スポンサーサイト



2011-11-29

瞑庵ちゃんへ

 /\__,ヘ,
 ☆ノハヾ
  ル*’ー’リ○ <許してニャン♪
 ○   ノ 
⊂(_)_)


おわり

2011-05-06

ミカサ

プロ通算25年
通算
打率:.305
安打:4427本
二塁打:659本
本塁打:588本
打点:2630点(歴代2位)
塁打:6940(歴代12位)

得点:1899
三振:2927個(歴代7位)
盗塁数:287個(成功率.667)
猛打賞:431回

得点圏:.335
出塁率:.372
長打率:.478
守備率:988(失策数91)
OPS:.850

タイトル
最優秀選手(3)…歴代15位タイ
最優秀新人(1)
首位打者(1)
本塁打王(7)…歴代4位タイ
打点王(7)…歴代3位タイ

最高出塁率(1)
ベストナイン(17)…歴代2位タイ
ゴールデングラブ賞(5)
月間MVP(16)…歴代3位タイ
オールスター出場(15)…歴代3位タイ
オールスターMVP(2)…歴代7位タイ
三冠王(1)



モデル
漫画「進撃の巨人」のミカサ・アッカーマンから拝借
訓練学校を「人類史上最高の逸材」との評価を受けて、首席で卒業
兵隊として万能の力を持つ

いつもはBuono!ネタで選手を回してた私ですが
ちょっとネタが枯渇してたので漫画より取ってみました
実はこの選手に取り掛かる前から、この選手でラストにしようという意志を固めつつあった
自分自身が社会人という新たなステージへとステップアップしないといけないこともあり
ゲームに時間・神経を配分することが困難になる
そして自分が(ある程度は)納得のいく選手を作ることが困難になることが予想された
私は、私というブランドを汚したくなかったんですね
自分の素行への評価はもうどうでもいいんですが、私の作成する選手の評価は落としたくない
評価する人間は、周りのプレイヤーはもちろんのこと、何より自分自身
自分が納得できない選手を作る=自分のストレスになる これじゃゲームをしてる意味はなくなってしまうね

ビジョン作成
では、最後にどういう野手を作成したいか?と考えたところ、行き着いた先は
「自分の集大成」
これを示してみたいと思った
しかしこれじゃコンセプトがあまりに漠然としすぎて育成にブレが生じる
自分の理想像は「打って走って守れる選手」
特に「打って」の定義は広いですが、粗削りなHR打者ではなく3割30本を打つ確実性のある打者を好みとしている
まあ万能な選手が好みなんですね リアルで言えば…現役だと青木とか糸井選手ですね 一番好きなのは緒方選手
ミカサ本人も万能な兵士ということでイメージに合ってる
そこらへんを踏まえて明確に目標を立てることにした
「三冠王を取る」「トリプル3を取る」「センターラインを担える選手を作る」
…欲張りすぎですね。そこは成長型と相談しながら進めていくことにした

始まりの始まり
さて初期能力と成長型
どんなに腕があっても、結局は成長型が重要なのは変わらない
ミートE/12 パワーC/132 弾道3 足E/12 肩F/10 守備F/9 エラーE/11 疲労E/12
初期特能:固め打ち(500P) 三振男(削除200P)

成長型:「伸び悩みの時期だろうが諦めずにがんばれ」
これで晩成とかチートすぎワロタンゴwwww
上の目標を目指す権利、スタートラインに立つことはできた

1年目
私が育成するに当たって、最も重要視しているのが1年目
この年で何ができたかによって選手の完成度・ビジョンが変わってくると思う
なので1年目は個別に段落を作ってみた
当時のソフトバンクは投手陣が心もとないが、野手陣はリーグ1の打線を誇っていた
1番~8番まで3割超えが狙える野手陣…センターラインも充実している
そんな中、9番に置かれた私ですがどんどんチャンスが巡ってくるくる
上位打線が相手Pを攻略してくれて、試合の後半には中継ぎの名無しor若手投手と対戦できた
おかげで1年目から.274 7本 72打点と満足のいく成績を残せた
当然、こんだけ打点を稼がせていただければ新人王はあっさり受賞
育成の方も、やや忙しくなりつつも自宅練習場を有効に利用し、600P近くの経験点を稼ぐことに成功
オフにアベレージヒッターを習得することに成功
打率を先に求める私には最優先に獲得したい特能になっている

恵まれまくった若手時代
2年目は成績を少々落としたものの、.250 70打点はキープ
三振男を削除し、チームも優勝して年俸も潤沢=将来の資金が安泰
幸先の良いスタート
3年目は指名打者として1年を過ごす
とにかく打線が繋がる繋がる
泡立チロー選手、YUI歌手、デントナUSA選手、幸うす江選手、バル選手、山田選手、岩沢まさみ歌手、椿原アナ
そして私…なんと9人中8人が3割到達という状態に
私も.311 92打点という成績でベストナインを獲得することに成功
チームも優勝し、パワーヒッターも獲得し、良いスタートを切れた
4~6年目もチームは繋がる打線を武器に首位を獲得
自分も打率2割中盤を守りつつ、順調に育成を重ねていけた
また指名打者というポジションが丁度穴場になっててベストナインの乱獲に成功
これもチームの守備意識が高いおかげ。助かります
なお、5年目で晩成早が発覚

中軸に入り始めた中盤
転生期が到来したチーム事情から、7年目から5番に座ることに
ポジションも三塁へ。チームも順位を少しずつ落としていった
このあたりから少しずつ長打も意識し始め、15本前後は打てるように
1番~4番の選手が確実性ある打者ばかりだったから自分もつなぐ意識を大事に設定してた
しかし、守備に不安が
3年目のバルさんに遊撃をお願いしてしまっている状況
本来は自分がやらないといけないんだろうけど…
8年目より少しずつ能力を上げていくことに
しかし三振増えるわ打率落ちるわで散々
9年目より4番へ。投手力も落ちてきて野手の長打力も落ちてきて…まさに正念場
自分が求められてくるのは長打力 まだミート寄りにして3割を狙っていきたいと思ったけど
ここは勇気をだして少し長打寄りの意識へ
結果、.297 19本 102点をなんか色々惜しい成績に…。しかしやっぱり自分は打率を捨てきれない様子

ラッキー本塁打王時代
10年目に一気に開花 ピークはまだだったんだけども、成績が遂に成就する
.326 36本 135点…守備はまだまだだけど、なかなか私好みの納得いく成績
…と思ったら、本塁打王と打点王を獲得してしまっていた
この時期はライバルがほとんどおらず、この程度でタイトルが取れてしまうレベルになっていた
50本打ってもダメな時もあれば、こんな時もある 非常に恵まれている
11年目は大きく打率を落とすが、後半に巻き返して本塁打王・打点王を獲得
打点に関しては本当に椿原アナ・岩沢歌手・YUI歌手(バル選手)に支えられたと思う
4人はセンターラインを担いながらも常に.360ほど打率を残してくれていた なんて頼もしい…
ここでちょっと後悔してるのが盗塁○の習得。
ここで威圧感を取っていれば、もっと打点は伸びたかもしれない。
しかし自分はトリプル3も狙いたかった。目標に沿っているから悪手とは言い難いし、結果論になるけど…ちょと後悔
12年目に最盛期が来て、三冠王のカギとなる打率を伸ばすためにミートを重点的に伸ばすも、3割30本120打点止まり。
長打力も落ちるとは…ちょっとここらへんは迷走していた。
13年目MVPも獲得 ちょっと復活かも…と思うも、10年目と見比べると進歩がみられない
14年目~15年目もタイトルは獲得するも、納得いかない成績に
守備はBDBBまで伸ばせ、中堅も二遊もできるようにスタンバイ
GG賞にはあまり恵まれなかったけどね
盗塁○を取って走力を伸ばしてもなかなか30盗塁に到達しない
試合数を限定して盗塁方針を代えさせてもらおうという欲望にもかられたけど ここは我慢
結局、トリプル3の夢は儚く散るのであった

悲願達成
チームも打線を中心に少しずつ上向きはじめ2位に 自分もコンスタントにタイトルを獲得してた
オリックスの壁は厚かったけどね
そして18年目、遂に悲願を…
.385 44本 152打点
三冠王達成!!!
最難関だった打率はあっさりと独走したものの
本塁打と打点はオリックスの不如帰選手と最後の最後まで競った
自分より遥かに格上の製作者だったので競ってて楽しかったし、また緊張もした
何年もhigh penaやってるけど、三冠王の瞬間はやっぱり嬉しかった
打線は「点」ではなく「線」
自分1人の力ではなく、チームに取らせてもらえた三冠王

劣化後
劣化直後は50本154打点とキャリアハイを残すものの
そのあとは緩やかに長打を減らしていった
またチームもBクラスに落ち始めて、このまま終わってしまうのかな…と思いつつも
自分の通算成績を見ると、打点がかなりの好位置にいることに気づく
最後だし、できる限り粘ってみようかなとも思い始める
ここで感謝したいのは、その意図をくみ取ってチームも限界まで4番で起用し続けてくれたこと
特に23年度では13本と明らかな衰えを露呈してたけど4番に座らせてくれた
3番には3割30本打てる選手が育っていたにも関わらずのこと
おかげで105打点を挙げることができた
何とかスケ貼りなどで貢献しようとは思ったものの
この頃から社会人生活が始まり、満足に貼ることもできなかった
ただただ申し訳なかった
最後はゴミのような能力になりつつも、何とか歴代2位の2630打点に辿り着く
そして戦力外…チームとhigh penaに別れを告げる


こんな感じです


まとめ
ミカサが主に注目を浴びたのは打点ですが
打点を稼ぐには本塁打が手っ取り早いですよね
そんな中でも、自分は最後の最後まで打率に拘った
カタオモイ、Blue-Sky-Blueの過去の長距離砲たちが通算3割を超えてたように
自分自身の育成の癖は最後まで消せなかった
これはもう、自分の個性としてしょうがないのかな、と思う
早熟であれ、晩成であれ、持続であれ
①「通算3割を超えてなければ話にならない
という思いが自分の中にある
もちろん他人の作る選手は別ですがね それはポリシーというか、価値観の違い
少なくとも自分の選手はその概念に縛られていたようです
今更ながら、それがミカサでよーく分かった
どんなに歴代記録を争う手に汗握る状況でも、自分の癖は抜けないんだと

そして打点はチームのおかげといったけど
上の成績一覧で色を変えた中でピックアップしたいのが、ベストナインとAS出場回数の項目
この項目についてもミカサはかなり上位に食い込むことができたんだよね
「回数」=「年数」でもある
つまり、早い時期からある程度の活躍はできていた、ということ
これがもう1つの私の癖
②「早いうちから結果を求める」
ミカサは私の2つの癖を踏まえた上で 多くの結果を残すことができた
自分の集大成を作る、という目標は十分に達成できました


最後に言いたいのは
今回の選手はいつも以上にチームメイトに負担かけてしまったなと
晩年が特にひどかった
本当、ギリギリのところまで自分を上位に起用してくれて感謝しかない
みいちゃん2世の方は自分をチームのために上位に置くべきと論じてましたが…
世代は流れるんです 今度は次の世代の主砲が4番に座ってタイトルをガッツリ稼いで欲しい
そうしてチームは巡っていくんじゃないかなと考えてます
最終年の9番起用は、疲労がもう限界だった 回復したくても自分はもう時間がない
指揮官の方は最後の最後まで自分に気を配ってくれていたんじゃないかと思う
ファッキューとかキモいとか色々と構ってくれたソフトバンクには感謝しかありません><



さてこれから
本当に自分のことで精いっぱい
毎日怒られて毎日学んでいる日々
資格の勉強も進めないといけないし 趣味も辞めるつもりはない
自分がいけそうだな、と思ったらまた戻ってこようかなと思う
逆にもう戻ってこれないかもしれないし、すぐに戻ってくるかもしれない
そこは分からないけど それまではお休みさせてもらいます

何か質問とかあったら答えられる範囲で答えますのでー

2011-04-23

帰ってきたよ~+雑記

2週間ほど名古屋へ研修に行ってまいりました
色んな体験ができたし、協力してくれた講師やスタッフにもすっごく恵まれて良い経験になりました
名古屋は桜も綺麗だったしね。
配属はどうなるか分からないけど、愛知県だったら全然良いかな
趣味の都合上、関東以外は拒絶な心境だったけど 愛知も良い街だった
ちょっとだけ三重にも行ったけど…あそこはまぁ…うん…w
ただ、2週間休みなしだったためかなーりきつかった
プライベートの時間も皆無で常に団体行動だったし
同期はみんな超個性的で面白いし優しいけど
超個性的がゆえに たまに疲れるなぁーって思うことはある
ていうか、よっぽど気の合う相手じゃない限り2週間ずっと一緒じゃ疲れるもんだ
何はともあれ、この土日は久々の休日 ゆっくり楽しみたいな
土曜日はショッピングで終わっちゃったけどね
明日は℃スマコン 現場で精神をリフレッシュ
じゃ、雑記を

・Rock'n Buono!4開催
8/20(土)なんばHatch 14時 18時
8/22(月)Zepp Nagoya 18時
8/27(土)横浜Blitz 15時 18時30分
8/28(日)横浜Blitz 14時 18時

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!新曲もね!!!!
と思ったけど、そこまで燃えてこない…
Re;Buono!ツアーがあまりに良すぎて完全燃焼してしまいました
あれ以上を期待するのは難しいし酷なこと…という思いが頭にこびりついています
ホールを1日は入れてほしいという思いもある
でもやっぱりBuono!だけは特別、本当に特別
謎すぎる平日名古屋は無理だけど 他の日程は全部行きます。
ていうか平日名古屋も有休取って行きますから。勘弁してくださいね、未来の上司様
気になるのは新曲。早く詳細がほしい…


・high pena
何だか中断になってましたね。。
今年でラストイヤーだったし 研修で休みもなかったしあまり見れなかったので事情は良く分からんが
新規登録で枠を確保したってことだよね
まあ、私は不正ってのはバレなきゃ不正ではないと思ってます
今回はあからさまなそれだったのでここまで燃えちゃってるのかな
ネカフェからの登録ってのはもう本当対応が難しいはず
とりあえず、管理人も対応に動いてくれていた
私は詳しくないけど、犯人の特定ってのは本当に骨の折れる作業と聞きます
実らなくてもしょうがない作業をしてくれた
それを管理怠慢と責めるのは酷ってもんでしょう
ともかく、管理人さんにはお疲れ様ありがとうと言いたい

うーん…やっぱり
自分の行動は、何かと理由をつけたり独りよがりな自論で正当化しつつ
本当に不可避の事態が来たときは受け止めるというよりは受け流す
己が納得いかないことが起きれば他人を巻き込んでも前に出る
やっぱり最近、瞑庵さんはみいちゃんに似ている気がする
以前は自分の育成理論を基に、良い意味で泥臭くがむしゃらにトッププレイヤーの背中を追いかけるってイメージで
今みたいな印象は受けなかったんだけども


・私的ランキング
地震で恐ろしいほど市場が冷え込んでいます
とりあえず4月も下旬ってことでまとめてみると
…ひっどい…
その理由は単純に1つ
新曲自体がリリース延期が続いているってことですかね
なので2月の旧譜が未だに入り続けている状態なんですよ
その中でちょっといいなーと思った曲は
さよなら傷だらけの日々よ / B'z
ですかね、かっこいいー
といいつつ、最近はずーーっとsupercellのアルバムばかり聞いているんですがね…w


Buono!について面白いネタがあったから更新したいけど暇が…

2011-02-08

結構好調らしい

PSPアーカイブスでプレイしてたFF7・8・9を無事終えました
10年前とは違って色々とストーリーを楽しめました
しかし通常の戦闘がめんどくさく思えてしまうのは年取ったせいかな…
特に8は当時糞ゲーって思ってたけど
今プレイしてみると、キャラの心情が複雑に交錯してて面白かったですね



とりあえずhigh pena

転生期を迎えた野手陣の事情もあって4番に座ることになったミカサ内野手
特能が心許ないなりに、何とか長打を打とうと頑張ってるんだけど…
184年度はちょっと苦しかったかな
3割20本100打点行けるかなと思ったけど僅かに届かず

今季は確変入ったおかげでタイトル争いしている状況
しかし打点がブッチギリ 椿原アナ、歌手・岩沢、YUI選手の1~3番がとっても優秀なおかげです。助かります。
…いま気付いたけど、自分は今まで本塁打王を取ったことが無いらしい
何年間もプレイしているのに…うーんちょっと自分にガッカリ
思い返してみると、そもそも大砲型の作成が圧倒的に少ない。投手が1番多い
自分自身が3番打者に座るような選手が大好きなんですよね
リアルだと青木(適正は1番だろうけど)や稲葉選手とか
なので.350 20本を打つような選手を目標とすることが多いんですよ
安藤さんとかもそうでしたね
やっぱりチームの貢献度を考えると打率・守備だけでなく、長打も打てた方が良いに決まってるし
頑張ろうとは思うんですが…頑張った結果がBlue-Sky-Blueだからなぁw
主砲になるつもりが、3割30本の典型的3番5番選手になってた、っていう
どうしても打率への拘りは捨てられないんですよ
…まぁ、言い訳ですね
本当に上手い人は打率も本塁打も両立させるもんですからね
3割30本で満足せず、3割50本を目指すメンタルを持たないとダメですね


…広島にいた人が削除されました
他チームのことだから彼の情報は少ないし、削除云々の経緯も詳しくは分からない
しかし、あの能力では私でも個宛を送るなり対処してたんじゃないかな
現在のhigh penaでは、球速を捨てた選手は痛打を食らう
球種は適度に納めて、1つ1つの球種をできれば制球中心に磨いていく…のが一般的
過去にいたへいほー(うぇー)投手、桜野くりむ(みゆきち)投手のような熟練者がやるなら受け入れられるでしょうが
新規で無名製作者がやってしまえば間違いなく厳しい視線を浴びせられますね
つまり実績・信頼というものはとーーっても大事ってことです
high penaで見えないステータスだけど、もっとも重要な能力の1つ、と考えてます

じゃあ実績と信頼って何だろう
私は気の利いた、優しい言葉はヘタクソ
巧みな話術でチームをまとめられるような器もない
采配もある程度のポリシーは持ってるものの、行きあたりばったりな物が多い
一番簡単なのは「成績を残すこと」ですよね
そしてチームへの姿勢 いかに貢献しようとしているか…ですよね
上手くても、特に喋らず自分勝手に育成してあっさり移籍する人とかでは信頼はされない
そんなわけで私は成績以外にも色々喋ったりチームの穴を埋めるように育成することを心がけてます
当然のことと言われたらそれまでですがね
と言っても結構移籍してるし、自分勝手な一面もあるのでアレなんですがw
実績と信頼を残せば 結果的に自分に有益なものとして帰ってくるんじゃないかな と思ってます


今ミカサはピーク前で この話はまだまだ先の話になるんですが
この選手でいったん区切りをつけようかなーと思ってます
遂にねー…私も社会人になってしまうんですよ
特に最初の3ヵ月なんかは不慣れなことばかりで非常にキツイことが予想されます
研修で各地に飛ばされるからPCもまともに触れないかもしれない
…その前に、卒業旅行で消えるかもしれないけどw
プロフィール

あるせす

Author:あるせす
とりあえず気になったらコンサートに行ってみよう
という趣味

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる